11. 初めてのLSD体験

ホーム / ブログ / 私と大麻と薬物と / 11. 初めてのLSD体験

11. 初めてのLSD体験

目次

    紙を口に入れて30分

    ※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。

    リエからLSDを一緒にやろうと誘われて、昼間の栽培器具の設置でお腹が空いていたのでコンビニの焼きそばを買った記憶がある。

    「LSDは大麻と違って、味覚や食欲には来ないから先に食べたほうがいいよっ」

    そうリエに教えてもらった。

    焼きそばを食べ終えて、私はヨッシーにもらったLSDを出した。

    LSDはアルミに包んであり、灰色で無地の紙だった。

    ヨッシーは保存するなら冷凍庫に入れるといい。
    と教えてくれたけど、保存する間も無く当日に使うことになった。

    とにかく私は
    「こんな小さい紙屑がちゃんと効くのか?」

    と、思っていた。

    「準備ができたら、紙を舌の裏とかに30分ぐらい入れておいてっ」

    そうリエに教わり、私とリエは紙を口の中に入れた。

    特に味は無く、ただ紙屑を口の中に入れただけだった。

    そのまま30分ほど、リエと世間話をしていたと思う。

    まだ変化はない。

    「もう30分ぐらいたつから、口の中の紙は捨てていいよっ」

    と、リエに言われて紙を捨てた

    「どのぐらいしたら効いてくるの?」

    「口の中に紙を入れて30分、そこから20ー30分ぐらいしたら効いてると思うよっ」

    トータルで約1時間か
    LSDは効果が現れるまで結構長い。

    効きだしたら、一体どうなるのか?

    私はソワソワしながら、効果が現れるのを待った。

    また公園、そこで曲がる

    口の中の紙を捨ててから20分ほどたったと思う。

    リエが急に
    「効いてきたっ!!いま壁のそれがすごいっ!」

    と、部屋の壁のエアコンなどのダクト口になる、丸い円を指差して、すごい!すごい!とケタケタ笑っている。

    そして、目がギラギラしてた。

    瞳孔が開いているというのか、明らかにリエの目はギラギラしていた笑。

    私にはまだ変化は現れない。

    初めての大麻のように効かずに終わるのでは?と不安になった。

    リエは
    「公園に行こうっ。環境を変えると効果を実感できるかもしれないっ」

    と、私を外の公園に連れ出した。

    リエの自宅から歩いてしばらくすると公園があった。

    私はなにかしらをキメながら、公園を歩くことが多い。

    口からLSDを出して30分以上たった頃だろうか

    歩いている地面が膨らんで見えるような気がした。

    視界が狭い気がする。
    公園がダンジョンみたいだ。
    電灯が妙に眩しい。
    階段が、微妙に曲がってる?

    いつもと感覚が違うことに気づきだした。

    「多分、私も曲がった。いつもと様子が違う。なにかがおかしい」

    そうリエに伝えたが、実のところ私はそれどころの状態ではなくすごく不安な気持ちになった。

    「あんな小さい紙切れがこんなに効くなんて」

    私はLSDを舐めていた。
    草みたいなものだと思っていたが全然違う。

    想像していたより効いた。

    初めてのLSDの効果を実感して、またリエの自宅に戻った。

    え?誰?顔が微妙に違う。

    リエの部屋に戻り

    「ちょっと落ち着きたい。想像より効いてる」

    と、私はリエに伝えた。

    もしかしたらこの時、私はバットトリップだったのかもしれない。

    リエは
    「大麻吸うといいよっ。LSDで不安になったら大麻が効く」

    と教えてくれた。

    この状態からチャンポンで追いかけるのは大丈夫なのか?と疑問だったが、経験者であるリエの言葉を信じるしかない。

    私は大麻のジョイントを吸った。

    すると、さっきまでの不安はなくなり今度は楽しくなってきた。

    LSDが効いてきてからは

    手のひらを見ていると少し指が伸びたような
    手が膨らんでは、萎むような
    テーブルの上のタバコの箱が小さいような

    見るものが微妙に小さかったり、でかかったり、歪んでいたり、なにか違和感がある。

    落ち着いてきて、なんとなくLSDがわかってきた感じがする。

    私、個人的な感想だが
    LSDは不安と楽しい状態が行ったり来たりする。

    そこに視覚や思考のエフェクトが入ってるイメージだ

    不安になった時は大麻を吸うといい。
    大麻とLSDは相性がよかった。

    しばらくして、私はトイレに行った。
    その際に鏡にうつった自分を見て思った。

    「顔が違う笑。お前は誰だ笑笑」

    自分の顔が微妙に違うのである

    自分だけど、そっくりさんのような

    顔が変わったというより、顔に対する認識が根本的にズレてるような

    不思議な感覚だった。

    そして目がギラギラしていた笑。

    「いまの自分が微妙に違うなら、本当の自分は誰なんだ?」
    と、わけのわからない思考になる。

    トイレから戻り
    リエの顔を見ると、リエの顔も違って見えた。

    リエだけど、いつもと微妙に違うそっくりさんのように見えた。

    変わらず目はギラギラだ。

    「これがLSDか」

    初めての強烈なLSDの効果に、私は驚きの連続だった。

    長い時間があっという間

    LSDを口に入れたのが18時ごろだったと思う。

    効果が現れ出したのが19時ごろ。

    私はリエに
    「どのぐらいの時間、効果があるの?」

    と聞いた。

    「いつまで効いてるかよくわからないけど、5時間ぐらいは効いてる気がする。とにかく寝れなくなる。眼が冴える」

    そんなに長いのか
    と、私は驚いた。

    その後、私は
    19時から23時ごろまでリエの家にいた。

    楽しくなったり
    不安になったり

    ジョイント吸って
    音楽聴いて

    ささいなことを深く思考したり
    なにかに気付いて悟った気になったり

    LSDの体験は、言葉で表せないような効果と時間だった。

    約4時間があっという間だった。

    23時ごろになり、私のリエも状態がだいぶ落ち着いた。

    終電を逃してはいけないので、そのぐらいで私は帰った。

    リエの言った通り、帰宅しても目が冴えて寝れなかった。

    朝までyoutubeを見ていた記憶がある。

    いまとなっての話だが、私はLSDはあまり好きではない。

    状態はおもしろいけど、大麻と違って効果の時間が長くて、使用したままだと日常に支障があるからだ。

    私は大麻を吸いながらなら仕事ができるけど、LSDは無理だと思う。

    個人的に、色々とコントロールしづらい。

    3日ぐらい完全なオフがあるならやってもいいかな?
    私のとってLSDは、そのぐらいのものであった。




    つづく

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド