人気大麻品種「OG kush」とは?

ホーム / ブログ / 品種紹介 / 人気大麻品種「OG kush」とは?

人気大麻品種「OG kush」とは?

目次

    90年代生まれの人気品種OG kush

    ※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。

    OG kushは、北カリフォルニアの大麻株(一説にはChemdawgと言われている)がアムステルダムのヒンドゥークッシュ植物と交配された90年代初頭にフロリダで最初に栽培されました。

    OG kushのTHC濃度は20-25%

    OGkushのTHC濃度は、20%から25%の間で一貫して測定されています。

    OG kushは、密集したインディカのような構造を持つ中程度から大きなナゲットのような芽を持っています。
    葉は黄緑色ですが、寒い気候によって葉が紫色になる場合もあります。
    それはアントシアニン色素が活性化された結果です。
    鮮やかなオレンジ色の雌しべは、これらの色とりどりの花に対して際立っています。
    
    つぼみはトリコームで覆われており、銀白色の外観になり、触ると非常にべとつくようになります。
    
    つぼみは土のようなかび臭い香りがし、柑橘系の輝きがアクセントになります。
    全体的な印象は、ホッピークラフトビールの印象です。
    つぼみを燃やすと、松のような匂いがします。
    
     煙は古典的なインディカのように、ハッシーでスパイシーな味がします。
    
    
    
    
    
    
    OGkushの効果は、身体よりもヘッドフォーカスに効きますです。
    音や色が強調されているように見えることがあります。
    この感覚の変化は、すぐに多幸感に向かって進む気分の全般的な隆起に道を譲るかもしれません。
    
    精神的刺激と気分の改善の組み合わせにより、パーティーや活発な会話に適しています。
    また、ビデオゲーム、運動、さらにはセックスなど、身体と心に関わる活動を強化する優れた方法でもあります。
    
    その穏やかな高揚効果のために、OGクッシュは昼間または夕方に楽しむのに最適な株です。
    特別なお祝いの社会的環境、または単独で楽しむことができます。
    
     OG Kushの医療効果は、不安とうつ病を一時的に緩和する効能持っています。
    注意欠陥障害に苦しんでいる人にも役立ち、頭痛や片頭痛の緩和も報告されています。
    
    
    OG kushの種子は屋内または屋外で栽培できます。
    OG kushは一般的に短くてふさふさしており、高さが1m程度で育つため、屋内栽培は多くの人にとってより便利な傾向があります。
    
    OG Kushは植物は室内で栽培した場合、9週間以内に開花します。
    
    
    OG Kushのお求めはこちらから
    
    OG Kush
    https://cd-labs.com/product/rqs-og-kush-fem/
    OG Kush auto
    https://cd-labs.com/product/fast-buds-og-kush-auto/

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド