室内で大麻栽培を始める前に知っておくこと

ホーム / ブログ / 栽培について / 室内で大麻栽培を始める前に知っておくこと

室内で大麻栽培を始める前に知っておくこと

目次

    室内大麻栽培に関連するすべての基本概念について、屋内で大麻を栽培するのは気が遠くなるように思えるかもしれませんが、スキルを身に付けたらもう戻ることはできません。
    適切な知識と設備があれば、新人栽培者でさえ自宅で素晴らしい収穫を達成することができます。
    プロセスの準備をするために、屋内栽培の概要を知りましょう。

    なぜ大麻屋内を育てるのか?

    屋内で大麻を栽培することには多くの利点があります

    • 一年中収穫
    • 作物の一貫性
    • 成長する環境の管理
    • 開花の制御(光周期株の場合)
    • プライバシー
    • 害虫が少ない

    大麻を屋内を育てるにはどのような道具や設備が必要なのか、屋内で素晴らしい大麻を育てるに必要なツールとは何でしょうか?

    指定された成長スペース

    これは予備の部屋、DIYテント、乾燥および格納も出来る食器棚、改装された家具、または古い冷蔵庫でもかまいません。

    温度計/湿度計

    これらを使用して、栽培スペースの温度と湿度を記録し変化点をトレースします。

    はさみ

    トリミングとトレーニングによる操作は、大麻がより良く繁栄し、より大きく、より密度が高くなり、強力なバッズを生み出すのに本当に役立ちます。

    PHおよびPPMメーター

    これらのツールは、培地のpHと電気伝導率を追跡して、植物が供給しているすべての栄養素にアクセスできるようにするのに役立ちます。

    ルクスメーター/タイマー

    大麻は光が大好きで、ルクスメーターは栽培室の光を測定して最適化するのに役立ちます。
    タイマーはライトサイクルを自動化する為に必要です。

    ストリング

    LST訓練のために大麻を縛るためや、植物の損傷を防ぐために、適切な園芸用ワイヤーなどを使用することをお勧めします。

    バケツ/計量カップ

    肥料の測定

    ルーペ

    開花時に大麻の毛状突起を検査し、害虫やその他の問題がないか葉を検査します。

    ガーデンステークス

    開花時に太い枝を支えるため。

    肥料

    これらは成長段階よって使用濃度や用途が変わりますが、生産的な収穫を導くためには十分な栄養素が必要となります。

    鉢、ポット

    11リットルの白いプラスチック製の鉢は、ほとんどの屋内栽培者の間で標準的なサイズです。
    ただし、布製の鉢やその他のスマートポットも使用できます。

    1平方メートルあたり約9個の11リットルポットを取り付けることができます。

    苗育成ポット

    園芸店で購入可能な既製品の一つ。
    湿度調整可能の通風口付きのカバーは水分の蒸発を減らして土壌の湿度を維持ことができます。

    アンダートレイは苗床に適当な温度を提供して、湿度のバランスも保たれます。
    うまく利用すれば、長時間繰り返し使うことができます。

    栽培スペースの準備

    屋内栽培室の設置に関しては、複数のオプションを利用できます。

    最も簡単なのは、既製の栽培テントをオンラインまたは栽培店から購入することです。
    テントにはさまざまなサイズと価格があります。
    成長テントの価格に影響を与える主な要因は、サイズとビルドの品質です。

    言うまでもなく最善策は、高品質で耐久性のある素材で作られたテントに投資することです。

    栽培テントを購入したくない場合はゼロから構築するか、スペースがある場合は戸棚や、小さな部屋を栽培スペースに変えることができます(スペースが大きいことに注意してください)光、熱、エアコンなどに費用がかかります)。
    最後に、創造性を発揮したい場合は、古い冷蔵庫や家具を改造して素晴らしい栽培室に変える人もいます。

    グロウを計画する場合は常に、成長スペースに起こる懸念要素を念頭に置いてください。

    •臭い:大麻は本当に強い香りがします! 大麻の香りを知っている人が知人に居る場合は、必ず炭素濾過された気流システムを設置してください。

    •音:バラスト、ファン、および抽出器はすべて作動中に音を立てます。 グロウを秘密にする場合は、高品質のファンと抽出器に投資し、グロウ室を封鎖してください。

    •換気:空気の停滞は、栽培室の温度と湿度のレベルを上昇させ、害虫、カビ、およびその他のあらゆる種類の問題を引き付ける可能性があるため、換気システムは屋内大麻栽培者にとって重要な要素の一つです。

    •CO₂:開花時に栽培室のCO₂レベルを補うと、収量のサイズと品質に有益な影響を与える可能性があります。 予算がある場合は、CO₂発電機に投資し、プラントが可能な限り最高のバッズを生産できるように検討してみてもいいでしょう。

    •照明:マーケットには無数の異なるグローライトがあり、どのブランド/モデルがあなたに合っているか、また持ち合わせた資産と、その価値がニアリーなのかを知る事が必要です。
    これは初心者にとって中々難しいかもしれません。

    LEDライトは人気が高まっていますが、HPSライトは間違いなく市場で最も一般的なライトの一つです。

    植物が燃えないように、キャノピーとライトの間に十分なスペースがあることを確認する必要があります。
    狭いスペースでは、横から成長を照らすことも検討してください。

    土壌栽培か水耕栽培の選択

    屋内で大麻を栽培するために使用できる一般的に2つの異なる方法=媒体があります

    •土壌:土壌を使用する事は、特に初心者にとって間違いなく大麻を最終行程までたどり着く(収穫まで栽培)最も簡単な方法です。

    高品質の既製の土壌に投資するか、独自の大麻スーパー土壌を作成してみてください。

    •水耕栽培:水耕栽培では、水または泥炭、ココナッツファイバー、その他の不活性物質の混合物などの土壌のない基質を主な成長媒体として使用します。

    植物は根を介して直接水溶性栄養素を供給されます。 これにより、飼料を緩衝する土壌がないため、栽培者は植物の養分摂取量をより細かく制御できます。

    経験豊富な栽培者にとって、このレベルの管理は大麻がより多くの栄養素をより速く吸収できるため、より大きく、より良い収穫をもたらす方法を熟知しています。
    初心者にはハードルが高い可能性があります。

    大麻屋内栽培の基本を理解する

    成長テントのセットアップの基本と投資する必要のある機器について説明したので、次に実際に大麻を成長させる為の基本を見ていきましょう。

    以下は、屋内で大麻を栽培する時に何が期待できるかについての一般的な概要です。

    これには、遺伝的選択、温度と湿度の調整、種子の発芽、栽培、開花、収穫などのプロセスが含まれます。

    適切な株の選択

    市場には無数の大麻があり、シードメーカーは常に新しい品種を絶えず交配し作成する事と、ディベートと研究に多くの時間およびリソースを費やしています。

    一般的に、初心者の栽培者にはインディカ優勢株をお勧めします。
    インディカ優勢株は速く開花し、コンパクトであり、素晴らしい結果を生み出します。

    サティバも勿論素晴らしいですが、その背丈の高さと開花期間と、個体により収穫量が少ない場合や、開始するリソースが少ない場合は、扱いが少し難しくなる可能性があります。

    単一の株に落ち着くことができない場合は、同じテントまたは部屋で複数の大麻の品種を栽培することはまったく問題ありません。

    しかしそれは様々な高さとバラバラの収穫時期の植物を扱うことになる事を覚えておいてください。
    これは、経験が少ない場合は難しいという事を知っておいて下さい。

    大麻の種子の発芽

    大麻の種子を発芽させる方法はいくつかあります。
    ただし、ほとんどの栽培者は、種子を湿ったペーパータオルで包み、種子が発芽するまで2〜3日間暗所に保管します。

    最適な温度と湿度の維持

    他の植物と同様に、大麻は特定の環境条件で見事なまでに成長します。
    温度と湿度は、間違いなく、植物の健康と成長に影響を与える最大の外的要因です。

    成長期の間、日中(またはライトオン)の温度は22〜28°Cに保たれ、相対湿度は40〜70%に保たれる必要があります。

    サティバ株は、指標よりもわずかに暖かく、湿度の高い条件に耐えることができます。
    ベジ期の消灯温度は18〜23℃の間である必要があります。

    開花中は、室温を20〜26°Cの間に保つ必要があります。
    この重要な時期に芽の腐敗やその他の真菌の問題を回避するために、湿度は50%を超えてはなりません。

    開花の最後の2週間(植物を洗い流す、フラッシング)湿度レベル30〜40%で、温度をさらに18〜24°Cに下げることを検討してください。

    成長段階(ベジ期)

    大麻は発芽後約2週間で栄養段階に入ります。
    大麻をどれだけ長く成長期に置くかはあなた次第です。

    ただし、ほとんどの栽培者は、大きくなりすぎないように、4週間後に植物を開花させます。

    あなたの大麻が健康な葉と強い根を発達させるために沢山の窒素とカリウムを必要とします。

    大麻成長期の一般的なNPKスケジュールと比率は次のとおりです。

    • 1週の4:2:3
    • 2週目と3週目の10:5:7
    • 4週の7:7:7

    (肥料の量の一例です、お使いの肥料の推奨量や作物の葉の状態などを見て、調整してください)

    栄養は躯体が比較的柔らかくさせる傾向を待っています。
    LST、ScrOGなどのトレーニング方法を使用して、植物の形を制御し、光へのアクセスを改善する場合にも使用します。

    植物の外観に満足したら、光の周期を変更して開花期に移行する準備が整います。

    開花期

    開花期は栽培者にとって大事な時期です。
    このフェーズの最初の数週間、あなたの大麻は加速し続けた成長を止めます。

    開花の2週目までに、あなたの大麻の性別を示し(受粉を避けるために雄花粉嚢に注意してください)、バッズの発達を開始する必要があります。

    植物が成熟するまでにかかる時間は株によって異なります。
    開花期が7〜8週間で収穫できる固体も有りますが、一部のサティバ種は成熟するまでに12週間以上かかる場合があります。

    開花中は花の成長と密度をサポートするために、大麻により多くのリンを与えたいと思うでしょう。

    繰り返しになりますが、栽培者は植物に独自の方法で肥料(栄養)を与えますが、一般的なNPKスケジュールと比率は次のようになります。

    • 開花初期の5:10:7(1週目と2週目)
    • 開花中期の6:15:10(3週目と4週目)
    • 開花後期の4:10:7(5週目と6週目)

    (肥料の量の一例です、お使いの肥料の推奨量や作物の葉の状態などを見て、調整してください)

    この段階では大きい鉢に移植したり、多くのトレーニングを行ったりすることはできません。

    多少の軽い落葉は問題ありませんが、この時点であなたが与える大きなストレスは、花を咲かせる能力を妨げるだけです。

    フラッシングと収穫

    フラッシング(ケミ抜き)は収穫の準備において非常に重要なステップです。
    すべての栄養素を遮断し、収穫前の最後の1〜2週間はpH制御された水のみを投与します。

    これにより、植物は栄養素を使い果たし、よりきれいで味の良い煙になります。

    ルーペを使用して毛状突起を注意深く監視してください。
    毛状突起の約70%が曇っていて、残りが明るい琥珀色の茶色になったら、植物を収穫する準備ができていることがわかります。

    大きなバッズを絶えず供給する永久収穫法があります。
    これには、2つの栽培室が必要です。
    1つは成長期(ベジ期)用、もう1つは開花用です。
    これらの段階を維持出来るグロウスペースを持つ事により、一連の顕花植物を収穫した直後に新しい植物を開花させる事が出来ます。

    気が遠くなるように思えるかもしれませんが、完璧な方法です。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド