土壌と微生物、大麻の健康にとって最高な土とは何か?

ホーム / ブログ / 栽培について / 土壌と微生物、大麻の健康にとって最高な土とは何か?

土壌と微生物、大麻の健康にとって最高な土とは何か?

目次

    大麻栽培に土壌微生物が重要である理由

    土壌微生物は、土壌内に生息するさまざまな種類のミニチュア生物です。
    これらの生き物のいくつかは植物と相互に有益な関係を形成し健康を保護し高めるのに役立ちます。

    微生物という用語は、細菌、ウイルス、真菌など、肉眼では見ることができない微生物を表すために使用されます。

    土壌と植物の健康に関しては、微生物が絶対的に重要です。
    私たち人間は、それらの機能と特性をより深く理解することを好むことがありますが、物事に対して孤立主義的なアプローチを取り、自然の一部を互いに分離してまいがちです。

    私たちはしばしば、生命の網が実際にどのようにつながっているか、そして生物がどのように相互に依存し、時には相互の生存を助けるために重要な共生関係を形成するかを過小評価してしまいます。

    共生関係は、微生物と植物の土壌内に非常に多く存在します。大麻栽培者は相互関係を利用して健康な土壌を作り活力に満ちた植物を育てましょう。

    土壌微生物学者で土壌生物学研究者のエレイン・インガム博士によるこの引用は、微生物でいっぱいの健康な土壌の重要性を詳しく述べています。

    「きれいな水が必要な場合は、土壌に生物学を取り戻す必要があります。作物を育てて収穫したいのなら、土壌と肥沃度を破壊するのではなく、時間とともに構築しなければなりません。 これらのエンドポイントに到達する唯一の方法は、土壌中の生活を改善することです。」

    植物と微生物:共生同盟

    植物には脳がなく、私たちが知る限り(間違っているかもしれませんが)意識はありません。
    そして植物は外部環境を変化させて形作ることを可能にする化学的メカニズムを持っており、この魔法の多くは内部で発生します。

    土壌は、そこに生息する植物の単なる栄養源と見なされることもありますが、実際には、土壌が微生物の生命に満ちた複雑で驚異的な生態系であることが発見されています。

    植物や微生物は、土壌環境内で自分のビジネスを気にしているだけでなく、積極的に相互作用し、協力して生活を少し楽にし、生存の可能性を高めます。

    微生物の活動は、ホルモンのシグナル伝達の変化、病原性微生物の忌避または打ち負かし、栄養素の生物学的利用能の向上など、さまざまなメカニズムによって植物の成長を促進することができます。

    栄養素の摂取

    これらのメカニズムはすべて、屋内大麻栽培者にとって特に条件が厳しく、生物多様性がはるかに大きい屋外で作物を栽培している栽培者にとっての利点です。

    ほとんどの大麻栽培者は、健康で適切な成長を確保するために植物が必要とする3つの主要栄養素である窒素、リン、カリウム(NPK)の栄養素を知っています。

    土壌微生物は、植物が吸収しやすくするために土壌内の栄養素を解放するのを助けるのに非常に役立ちます。 土壌微生物は、無機分子内に結合しているNPKなどの閉じ込められた栄養素を代謝し、植物が利用できるようにします。

    一部のバクテリアや菌類など、土壌内のさまざまな微生物は、これらの形態の栄養素を分解する能力を持っており、そうすることで、植物が恩恵を受けることができる形にそれらを放出します。

    これらの微生物の同盟国は、自然環境における植物成長の重要な推進力であると報告されています。 屋内と屋外の両方の大麻栽培者が、土壌内の微生物から多大な恩恵を受ける可能性があることは明らかです。

    この関係は、全てを与えてくれるものでも、また取るものでもありません。

    植物は重要な栄養素を多くの経路から得ますが、微生物も植物に与える側だけではなく受け取る側でもあります。

    植物の根は、浸出液と呼ばれるさまざまな物質を土壌に放出します。
    これらの浸出液の一部には、微生物が栄養源として使用できる糖、アミノ酸、有機酸が含まれます。

    これらの浸出液は、根の中のマイクロバイオームを活発化させるのに重要なものです。

    これらの栄養素は病原性微生物を引き付ける可能性がありますが、いくつかの有益な微生物は、見返りにこれらに対する防御機構を植物に働きかけます。

    微生物と植物と菌根

    おそらく、すべての植物/微生物同盟の中で最も興味深いのは、菌類と呼ばれるカテゴリーの生物群です。

    菌根菌として知られている菌類の一種は、植物の根と結合することが知られています。

    根として見ることができる菌類の地下部分は菌糸体と呼ばれます。 菌根菌の菌糸体は、植物の根の延長として機能し、根が単独で機能する場合よりも広い領域から栄養素を吸収できるようにします。

    菌根菌は、糖質の植物浸出液から生き残ることにより、植物と同盟を形成します。
    その見返りに、菌類は菌糸体を介して土壌から集められた追加の水分と栄養素を提供します。

    菌根菌は2つの主要なタイプに見られます。

    外生菌根は根の外側に鞘として生息しますが、外生菌根は実際には植物自体の内部に生息します。

    菌類の力を利用して植物の養分吸収を促進しようとしている大麻栽培者として、過剰な肥料の追加や殺菌剤の使用は、これらの生物に損傷を与え、その効果を低下させる可能性があることに注意する必要があります。

    バクテリアのいくつかの種も土壌食物網の重要な構成要素です。 それらは食物連鎖と栄養素のリサイクルにおいて重要な役割を果たすだけでなく、植物の根と直接相互作用して印象的な利益を提供します。

    細菌種は大気から得た窒素を固定し、大麻植物が重要な栄養素を利用できるようにする上で重要な役割を果たす成長促進剤を生成し、有機物を吸収しやすいよう分解し栄養素を解放するのを助けます。

    悪い微生物を倒し、栄養素を解放するという意図的な生活を送った後、これらの小さな仲間は死に、さらに多くの植物栄養素を根域に放出します。

    ミックスの藻類成分は、善玉菌の健康を維持するのに役立ちます。
    これらの有機体は、最適な生理学的機能に必要な60の重要な微量元素を植物に供給しながら、肥料の刺激やpHの変動から細菌を保護します。

    ルートディフェンス

    菌根菌は植物に追加の栄養を提供する能力に長けています。また、線虫から植物を保護するように作用する防壁も兼ね備えてます。

    線虫は微細なワームのような生き物であり、数千匹の種類のうち、ほんの一握りの種類しか土壌で生活していません。
    記録されている線虫の種は20,000種を超えており、地球上で最も数値的に豊富な生物群の一つです。

    いくつかの線虫は大麻に有益ですが大体は有害です。
    植物寄生性線虫は、大麻植物の根を食べ、その健康と成長を阻害してきます。

    線虫の種類

    外部寄生性線虫は、根圏(植物の根を取り巻く土壌のゾーン)内に生息し、根の外側の細胞を食べていることが知られています。
    内部寄生性線虫は実際に根自体に入り、農作物に損傷を及ぼします。

    菌糸体は、菌糸と呼ばれる小さな鎖で構成されています。
    これらの小さなストランドは、根を食べる線虫を捕獲し、植物の根系を攻撃するのを防ぐのに役立つことが知られています。

    捕食性線虫

    すべての線虫が大麻作物にとって脅威となるわけではありません。
    実際、捕食性線虫として知られるいくつかの種類の線虫は、植物のセキュリティチームとして機能しています。

    有益な線虫は植物が利用できる形で栄養素を放出するので、栽培者の植物を健康に保つのにも役立ちます。

    捕食性線虫は、厄介な物になると大麻の根をむさぼり食うネグサレセンチュウなど植物寄生性線虫など、他の根茎に生息する土壌微生物を食べます。

    捕食性線虫は、4つの異なる分類学的グループに属しています。

    単生線虫は口腔を持っており、多くの場合、単一の歯、多数の大きな歯、いくつかの小さな把持歯、またはこれらすべてを備えており、その歯は獲物を刺すために使用します。

    ドリライミド線虫は針状の歯を持ちオドントスタイルとして知られています。
    彼らはこの歯を使い獲物である有機体を倒し、餌を与え、そうすることで根圏内の大麻マンチャーの数を最小限に抑えるのに役立ちます。

    ディプロガスター線虫は歯と小さな口を持っていることがわかっています。 一般に土中に多数見られ、8〜15日のライフサイクルで有機肥料を分解しています。

    最後に、アフェレンキッド線虫は針状のスタイレットを持っており、これを利用して獲物の線虫に侵入し、麻痺する消化酵素を注入します。 その後、獲物の体の中身を食べます。

    有益な線虫の紹介

    有益な線虫は凶暴な方法で生活しながら土壌内の多数の望ましくない居住者からあなたの大麻植物を保護し、短い寿命の中で大麻の成長に影響を与えます。

    大麻の庭に捕食性線虫を導入する場合は、午後遅くか夕方に行ってください。 これは線虫を直射日光にさらさせないようにするためです。

    線虫を導入するまでは冷蔵庫に保管しておきましょう。
    導入する前は土壌をわずかに湿らせ、適用後に水をやる必要があります。

    土壌全体ではなく、保護したい植物の真下にそれらを追加します。
    線虫を適用する最も簡単な方法は、使用する製品の指示に表示されている正しい量の水と線虫を混合することです。

    収量の質と量を高めるために土壌内の有益な微生物の数を増やして健康を高めよう

    土壌内の微生物学の強化と堆肥を作るプロセス

    以下は高品質の堆肥を作成して適用する方法です。

    堆肥化は実際には微生物の仲間によって実行されるプロセスです。 彼らは、食品廃棄物、雑草、その他の庭の廃棄物などの有機物を高品質で栄養豊富な土壌に分解するように働きます。

    剪定、木片、わらなどの『茶色の材料』と一緒に、草の切り抜き、葉、果物や野菜などの『緑色の材料』を堆肥に十分に追加してください。
    空気がヒープ(ツリー構造)のすべての部分にアクセスし、材料を分解するのを助け堆肥のヒープを回転させます。

    この堆肥を土壌に加えると、有益な微生物と多くの健康をもたらす栄養素を提供するのに役立ちます。
    これは、大麻栽培者が土壌への合成製品や肥料の追加を削減したり、中止したりするのに役立ちます。

    大麻栽培のための液堆肥を使おう

    液堆肥とは強力な必須栄養素混合物を大麻作物に与えるための優れた自然な方法です。
    液堆肥は多種多様な有機物を使って作ることができます。

    野菜の栄養価と味も高めることが実証されているので、大麻の品質の観点から何が達成できるかは誰にも分かりませんが、試す価値は大いにあります。

    植物やミミズ堆肥などの出発原料に水に加え一定期間醸造します。

    好気性(酸素あり)または嫌気性(酸素なし)の醸造がより有益であるかどうかには違いがありますが 、ポンプを使って作られた好気性の液堆肥は有益な微生物の数を増やすと言われています。

    不耕起栽培とは

    耕運とは将来の作物のために土壌を準備するために使用される農業および園芸の方法です。

    しかし、この作業は土壌の健康に有害なアプローチの可能性があります。

    土壌侵食と、過剰に大量の二酸化炭素を放出することが示されています。
    耕運は土壌内の微生物の生命の喪失にも関連しています。

    毎年恒例の土壌の耕作には、表土が約5センチメートルで回転されます。

    これが起こると、有機物が豊富な土壌である腐植土が元素にさらされ、それに生息する豊かな微生物の生命に損害を与え、自然のプロセスを妨害します。

    不耕起園芸とは、単に耕作によってこの繊細な生息地を乱さないことを意味します。
    この方法は、年月が経つにつれて土壌中の有機物の絶え間ない増加を維持するのに役立ちます。

    この蓄積は、最終的にはより健康な土壌とより栄養価の高い植物につながります。

    農薬の使用を避ける

    農薬は、工業型農業や非有機栽培者によって、不要な害虫に対処するための化学的方法としてよく使用されます。

    これらの化学物質の使用は害虫に対しては効果的かもしれませんが、人間と環境の健康に大きな悪影響を与えることが示されています。

    農薬はさまざまな健康状態に関連しており、水系に簡単に侵入し野生生物に害を及ぼす可能性があります。

    農薬は不要な害虫を殺すだけでなく、有益な土壌微生物にも悪影響を及ぼします。

    そうすることで、土壌内で行われるエネルギーサイクル作業を停止または減少させます。
    たとえば、窒素固定およびリン可溶化微生物は、農薬で汚染された土壌で不活性になることが観察されています。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド