大麻栽培で苗に最適な環境とは?

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻栽培で苗に最適な環境とは?

大麻栽培で苗に最適な環境とは?

目次

    自然界では、大麻の植物は一般的に、暖かく、日当たりがよく、湿度が高く、微風が吹く環境で、強く、弾力性のある茎を伸ばします。プロパゲーター、ライト、家庭用扇風機を使ってこれらの条件を模倣し、苗を成功に導いてください。

    大麻の苗の段階は、最初の丸みを帯びた2枚の葉が展開したときに始まり、2~3週間続きます。このころには、最初の数対の鋸歯状の葉が生え、通常5本までの指がある。これが終わると植生段階に入りますが、とりあえず、大麻の苗に最適な条件をご紹介します。

    大麻の苗はいつから光に当てればいいのですか? 

    苗は、芽が培地の表面を割った直後から光に当てる必要があります。これは、最初に見える葉(子葉)が光合成を行うためで、光を取り込み、植物の成長に必要なエネルギーに変換する能力が十分にあるからです。理想的な光照射量と温度は、栽培環境に応じて系統ごとに異なります。

    屋外で育てた苗と光照射

    • まず、幼い苗は屋内で風雨から守るようにします。
    • 日当たりのよい窓辺を探し、10~14日間、苗を6~8時間以上直射日光に当ててください。
    • 1日に1時間ずつ日長時間を長くしていき、18/6サイクルにする。

    屋内育苗と光照射

    • 苗が土から出てきたら、光源に当てる。
    • 最適な結果を得るためには、ブルーライトスペクトルを使用します。
    • その後2-3週間は18/6のライトサイクルを守ってください。
    • 熱ストレスを避けるため、光源から安全な距離を置いて播種する。

    大麻の苗に最適な温度は?

    苗は、丈夫な茎と健康な葉を育てるために、厳しい温度設定が必要です。苗は、窓辺などの暖かく明るい場所で、日光をたくさん浴びられるようにしましょう。 室内栽培の温度は、人工光(HIDランプ、蛍光灯、LED)を使って設定します。日中の温度は、22~25℃を一定に保つようにします。夜間は18℃前後と涼しい状態を保つ。

    温度が高すぎたり、苗が光に近すぎたりすると、火傷をしてしまい、生存率が著しく低下してしまいます。

    異なる光源からの苗の安全な距離

    • HID照明(メタルハライドランプ)。電球から50cm
    • コンパクトな蛍光灯です。15cm
    • 蛍光管:数cm
    • LEDライト 30cm

    ライトスケジュール

    18時間の日光と6時間の暗闇になるように、青い光のスペクトルを持つ照明スケジュールを設定します。これは一般に18/6光周期と呼ばれるものです。健康な緑色の鋸歯状の葉が2~3枚伸びてきたら、光量を増やしてもよい。これは苗が生長期に入る頃です。

    生育の各段階に応じた光のスペクトルを提供するため、照度調光型LEDが最適です。

    大麻の苗に最適な湿度とは?

    湿度が高ければ、若くて弱い苗が疲れて喉が渇くこともないでしょう。苗は空気中の水分を利用して、小さな根系に簡単に栄養を与えることができます。湿度は、プロパゲーターを使用したり、スプレーボトルを近くに置いたりして管理することができます。苗に最適な相対湿度は65~80%RHです。

    プロパゲータの使用方法

    プロパゲーターは、生産者のツールキットには欠かせないアイテムです。苗を保護し、基質の水分を保持し、湿度を保ち、光を当てることが容易にできるため、幼苗を保管する場所として最適なのです。ペットボトルや卵パック、ヨーグルトの容器など、身近にあるものを使って、安価に増殖器をDIYすることができます。

    • 半透明のカバーをかぶせた平らなプラスチックトレイの上に、大麻の苗を並べます。
    • 空気が流れるように数個の穴を開ける。
    • 定期的に苗が乾いていないか確認し、必要に応じて水をかけてください。
    • プロパゲータは、お好みの光源の下、または窓辺に置きます。

    屋外苗のためのプロパゲータの使用

    • 苗は、一日のうちで最も日当たりのよい時間帯に、屋外で3時間日光に当てるようにします。
    • 毎日1時間、日光に当たる時間を増やす(天候に左右されない)。
    • 夜間に室内に戻す。
    • これを毎日繰り返すと、2週間後には大麻の苗は屋外で永住できるほど丈夫になります。
    • 苗が7cm以上に成長するか、鋸歯状の葉が2~3対確認できるまで、プロパゲータの中で管理します。

    室内苗のためのプロパゲータの使用

    • 苗の高さが7cm以上になるか、鋸歯状の葉が2~3組確認できるようになったら、プロパゲータから取り出します。
    • ごく弱い扇風機を苗の近くに置き、株の先端付近から風を当てる。

    屋内育苗のためのエアフロー

    野生の大麻は、そよ風に優しく踊らされながら、たくましい茎を伸ばしていきます。この空気の流れが、構造的な健全性を保つカギとなります。また、カビを防ぎ、苗の健康維持にも役立ちます。

    • 家庭用扇風機を苗の近くに設置する。
    • 扇風機を最小設定にする。
    • 植物の先端付近に直接風を当てる。

    大麻の苗に水をやる方法

    苗の段階では、光に向かって茎が伸びていくので、大麻の根は水と養分を求めて土の中に伸びています。株元から離れた場所で水を与えると、根は水を探すことを余儀なくされます。水を求める小さな争いを助長することで、健康でたくましい成長を促します。

    • 大麻の株元から離して水をかける。
    • 水やりの前に、培地を乾燥させる。

    土が乾いているかどうかは、指で2~3mmほど軽く押して確認してください。 苗への水やりは、穏やかなバランス感覚を養うことです。よく観察して、湿った状態が保たれるようにしましょう。

    大麻の苗のための土壌pH

    大麻の栽培には、弱酸性で湿度が高く、通気性の良い土壌が必要です。

    • 理想的な屋外用苗床の土壌pH:6.5-7
    • 理想的な屋内土壌pH:5.5

    大麻の苗のためのポットとコンテナ

    大麻の苗には、コップ1杯分、つまり250ml程度の容器が最適です。苗の高さが鉢の深さより高くなったら、5リットルの鉢に丁寧に移植し、最終的な鉢の大きさはお好み次第です。ヒント – ストレスを与えないよう、最後の植え替えは開花が始まる前に行いましょう。

    ロックウールのキューブやブロックは、苗にも使用でき、上記のように土に植えたり、大きなブロックに植えたりすることができます。

    これから14日間は、大麻の苗に十分な注意を払うようにしましょう。彼らはあなたに感謝することでしょう。栽培条件を一定に保つことで、植物は健康になり、生長段階への準備が整います。   基礎は設定されており、あなたは成功した収穫を確実にするために最高の遺伝を持っています。

    あとは、あなた次第です。辛抱強く、そして楽しんでください。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド