大麻栽培水やり完全マニュアル

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻栽培水やり完全マニュアル

大麻栽培水やり完全マニュアル

目次

    大麻の健康と発達にとって適切な水やりが非常に重要です。
    大麻を育てる過程を通じて、植物が成長している間は水の摂取量は増加します。
    大麻は大量の水を必要とする植物ですが、同時に過剰な水をうまく処理できないため、植物に水をやる正しい方法と適切な時期を知ることが非常に重要です。


    水やりとは何ですか?

    水やりとは、土壌や表面を清潔にし洗浄することを目的として、水を土壌または表面に広げる作用です。
    植物に栄養を与えながら水分補給に貢献します。
    土の上に水を広げることは、鉢を水でいっぱいにすることと同じではありません。
    違いを理解した所で、大麻の栽培作業でその知識を生かします。

    大麻に最も適切な水とは?

    多くの栽培者がこの質問をします。
    さまざまな選択があり、正しい方法で実行すれば、すべてが正しい可能性があります。

    1.水道水

    植物に水をまく最も簡単で最も経済的な方法です。
    しかし、長期的には、塩素、カルシウム、マグネシウム、バクテリアなどの他の元素など、過剰または不足のために制御できないいくつかの要因により、最も高価なオプションになる可能性があります。

    どうすればこの問題を解決できるのか?
    水道水を70%の蒸留水と混合すると、水道水に含まれるすべての有害物質を補うことができます。
    それに加えて、塩素(またはその大部分)が蒸発できるように、開いた容器に少なくとも24時間置いておくことが重要です。
    このオプションを選択した場合は、水のpHとECレベルを抑えて、水やりに適しているかどうかを確認することが非常に重要です。
    大麻に水をあげる時は、水はできるだけきれいでなければなりません。

    2.雨水(一部の栽培者は雨水を使用することを好みます。 )

    雨水はその名のとおり、雨が降ると集めることが出来ます。
    集められたら、通常の雨水には多くのバクテリア、菌類、そして酸性ガスのようなものが含まれているため、他の要素を捨てるために殺菌されなければなりません。

    どうやって殺菌するのか?
    それはとても簡単です。
    雨水を数分間沸騰させる必要があります。
    沸騰させることで水から微生物を排除し、ろ過によりあらゆる種類のバクテリアやカビなどを排除することができます。これにより、水やりにすぐ使用することができます。

    注意!!
    水道水と雨水には多くの違いがあることを常に考慮する必要があります。
    雨水はより酸性で、そのpHは5,5-5,6の間にあり、空気中の二酸化炭素と常に接触しているため、水道水よりもはるかに汚染されている傾向があります。
    結論として、このオプションを選択する場合は、水からのpHとECレベルも測定することを忘れないでください。

    3.ボトル入れるか逆浸透水です。

    これらのオプションはいずれも、すでにろ過しているため、特別な前処理は必要ありません。
    殺菌されており、すぐ植物に水をやることが出来ます。
    それに加えて、それらは通常6から6.5の間のpHの値です。

    それはとても良い値です!
    ここまで読み続けていれば、栽培作業に適した水の種類をすでに選択できます。

    そして、強くお勧めすること:水道水、雨水、逆浸透またはボトル入りであるかどうかにかかわらず、それがPH6から7の間にあることを確認するために使用する予定の水のpHを測定することを忘れないでください。

    適切な灌漑を達成する方法

    正しい方法で植物に水をやる:植物の健康のための最良のプロセスは、乾燥した成長培地と湿気のある成長培地の中間です。
    土壌に湿気がある場合は、乾くまでもう少し時間をかけてください。
    大麻は非常に強い植物であり、土壌が完全に乾くまでさらに数日耐えることができ、その後再び水をやります。
    これらの手順に従うと、「乾燥 湿気 乾燥」のサイクルを大切にすることができます。
    これは、根が「繁殖」する為に、非常に重要です。
    PHレベルとECレベルを確認します。

    植物に水をまくのに使う水中の塩の濃度のレベルを知ることは非常に重要です。
    ECを使用すると、水に溶けている肥料(カルシウム、塩素など)の量を測定できます。
    これにより、植物の栄養素の過剰摂取を制御して、植物の栄養不足または栄養素の過剰摂取を回避できます。
    ECの正しい値は0,4と0,8の間にあります。

    植物の正しい水やり:ゆっくりと常に細心の注意を払います。
    急ぐ必要はありません。
    大量の水を使用するのではなく、少量の水を使用することをお勧めします。
    植物を呼吸させて、決して植物を水浸しにしないでください!
    一方、高温の気候では、夜に水をやることをお勧めします。 日中にやると根が病気になりカビが生えるからです。

    代わりに、気候が緩やかまたは穏やかな場合、植物に水をやるのに最適な根の温度が常にあるため、時間帯は重要ではありません。
    最適な気温は、温暖な気候または穏やかな気候で18〜24℃です。

    成長段階に応じた水やり

    成長の最初のステップである発芽では、水やりはまったく必要ではありません。
    種子は、前もって水をまぶしたペーパータオルの間で発芽します。
    ペーパータオルは濡らしすぎないでください! それらが湿りすぎると、多くのバクテリアが増殖して種子を腐らせる可能性があります。

    成長作用の次の段階を見分ける兆候は、種子の最初の根が約1cm現れるときです。
    その時、土壌を加湿してから、成長段階の始めるために種子を植えます。

    成長段階での水やり

    成長または発育段階として知られる第2段階では、いくつかの要因を考慮することが重要です。
    成長中の培地が湿っていないかどうかを確認します:大麻に水をやる前に、土壌が湿りすぎていないか、じめじめしていないかを確認します。
    土壌が沼地の様になっていないか、湿度が高すぎると、根は十分な酸素を得ることができず、バクテリアの増殖にさらされやすくなります。

    強力な根のシステムを発達させます。これは、適切な頻度で水をやり、毎日ではなく、常に以前述べたポイントを考慮して下さい。
    これらの2つの要素は、土壌を風通しの良い状態に保ち、植物が呼吸できるようにする為に非常に重要です。

    開花期の水やり

    植物が開花期に入ると、その根のシステムは強くなり、よく発達しているはずです。
    そのためには、植物にもっと頻繁に水をやり、土壌が常に湿っていること確認する必要があります。
    この段階では、大麻はより大きく、より多くの水を吸収することができます。

    水の量をどのように測定しますか?
    それぞれの植物は独特なので、植物の大きさ、土の種類、鉢の大きさなどの複数の要因によります。
    とにかく、10リットルの鉢を使用し、開花最初の4週間の間は250mlから500mlの水を使用することをお勧めします。

    すでに述べた様に、開花期の最初の数週間は、植物はより多くの水分を吸収する必要があります。
    しかし、5週間目以降は、土壌の湿度が高くなる傾向があるため、水分量を減らす必要があります。
    植物が開花の最終周期に達すると、根は部分的に劣化します。これにより、水や栄養分を十分に吸収できず、土壌は長期間湿気を保つ傾向があります。

    収穫期に近い水やり

    良いフラッシュは、収穫の数週間前に実行する必要がある非常に重要なステップです。
    この根の洗浄プロセスは、水(肥料なし)のみで、収穫前の最後の2週間に行う必要があります。 このようにして、土壌に蓄積された栄養素をうまく排除し、植物が自身の組織に蓄積された栄養素を利用できるようにします。
    植物が最終段階である収穫に達すると、必要な水を減らす必要があるため、各灌漑で使用とされる水の量を徐々に減らす必要があります。 植物が土壌中の過剰な水を処理しなければならない場合、その芽にカビが発生する可能性が高くなります。

    そして最後に、被子植物の灌漑における重要な事実を教えたいと思います。
    それらのサイズを考慮に入れる必要があります。

    オート品種に水をまく

    オート品種にはハンディキャップがあります。それはサイズです。なぜなのか?
    オート品種は素早く成長します。オート品種は光周期に関係なく開花し始めます。
    通常、約3−4週目に達すると開花を開始するため、水やりをコントロールすることは、強くて健康的な成長のために不可欠です。
    過剰な水やりをすると、何らかのストレスが発生し、植物が本来よりも小さくなる可能性があります。
    これを防ぐために、私たちは植物に少量の水をやる必要があり、土壌が濡れているときは常に控える必要があります。

    水やり失敗例

    鉢の下にプレートを使用する:根がカビになる可能性があり、これは植物の成長に悪影響を及ぼします。

    水の温度:夏には、暑い太陽の下に残された水は簡単に高温になり、植物の水やりに決して使用しないでください。
    冬の理想的な水温は18〜20℃です。寒すぎず、暑すぎない!

    素焼鉢:プラスチック製の容器よりも重いため、大麻の栽培にはお勧めできません。そのため、全体を計量して土壌に水が残っているかどうかを確認するのさらに困難です。

    毎日植物に水をやる:水やりのコントロール。一年で最も暑い時期の屋外栽培作業や、土壌が24時間で乾く場合など、非常に特殊な状況では毎日水をやる必要があります。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド