品質と収穫量を最大アップするテクニック!!スーパークロップ完全ガイド

ホーム / ブログ / 栽培について / 品質と収穫量を最大アップするテクニック!!スーパークロップ完全ガイド

品質と収穫量を最大アップするテクニック!!スーパークロップ完全ガイド

目次

    スーパークロップは状態と環境に対して適切に実行されると生産能力を高めるだけでなく樹脂の生産と効力を高めることもできます。

    スーパークロップは、非常に印象的な収穫量をもたらす事が出来る高度な大麻トレーニング技術です。
    とはいえ、これまで試したことがない栽培者にとっては気が遠くなる可能性があり、正しく行わないと事故に繋がる可能性があります。

    壊れた枝は収穫量を減らすだけでなく、あなたのガーデンへ病気のリスクを高めます。

    適切な解説とヒントと少しの忍耐があれば、経験の浅い栽培者でさえ、大麻をスーパークロップすることで収穫と高いハイをもたらすクオリティを得ることができます。

    この記事では、スーパークロップとは何か、なぜ、いつ行うのか、そしてどのように機能するのかを説明します。

    なぜスーパークロップをするのか?

    スーパークロップは、枝をつまんだり曲げたりして、外側の裏地をそのままにして内側の繊維に損傷を与える高ストレスのトレーニング手法です。

    直感に反しているように見えるかもしれませんが、この種のストレスは実際にあなたの植物に利益をもたらし、より活発な栄養成長とより良い芽の発達を促します。

    捕食者や他の形態のストレスに反応して、雌の植物は自然にカンナビノイドとテルペンに富む毛状突起を生成します。

    したがって、スーパークロップ時にあなたが与えるダメージは、植物の防御機構を引き起こし、植物がより多くの栄養素を吸収し、その成長を促進すると考えられています。

    スーパークロップのテクニックと大麻のストレスを軽減する為のテクニック

    スーパークロップであなたの大麻がどのように成長するかを操作する方法です。

    トリミングされた後、あなたの大麻の枝は弱くて薄っぺらに見えるでしょう。
    ですがこの状態を利用して、(LSTを使用する場合と同様に)枝を結び付け特定の方向に成長するように植物に教えることができます。

    プラントが回復するにつれて、あなたの大麻は仕立てされたポイントは太くて硬い接合部と分岐枝を形成します。

    開花中、これらの接合部はあなたの植物のバッズの重さ、そして植物自体の全体的な構造を支えるのに役立ちます。

    スーパークロップに必要なもの

    枝を固定して所定の位置に保持するための紐またはジップタイ
    ガーデンステークス/ダボ
    ガムテープ

    スーパークロップする時期

    新人栽培者の場合は、成長期に1回だけ、理想的には開花に戻す3〜7日前に植物をスーパークロップすることをお勧めします。
    これにより、芽の発達にエネルギーを集中し始める前に、作物のストレスから回復する時間が与えられます。

    害虫の蔓延、栄養不足、またはその他の種類の負のストレスに対処出来ない弱い大麻を決してスーパークロップをしてはいけません。
    スーパークロップは非常にストレスの多い技術であり、それに対処できるようにするには、高い健康状態である必要があります。

    この手法の経験がある場合は、開花後2週間以内に2回目のスーパークロップを行うことをお勧めします。
    これは、植物が開花の初めに爆発的な成長の最終期間を示す傾向があるためです(「ストレッチング」として知られています)。

    その後、あなたの植物を回復させ、いつものようにそれらに栄養をやる/水をまきます。
    トリミングされた枝に沿ってバッズの増加に気付くはずです。

    スーパークロップに慣れてきたら、このテクニックを自由に試してみてください。
    大麻のライフサイクル中に、さまざまな方法でさまざまな時期にスーパークロップを行うことができます。
    一部の栽培者は、栄養段階の早い段階でスーパークロップが急速な成長とより大きく、より構造的に健全な植物の火付け役になると感じています。

    成長をより良く促進させる為にスーパークロップをしている場合は、3番目のノードが成長したら実行する事をお勧めします。

    少しのLSTと同じく大きくて強いバッズが開花し、密度の多いグロウスペースでさえもサポートする躯体へと成長します。

    一方、キャノピーを均一にし、樹脂の生産を増やして、より大きく、より芳香のある、超強力な収穫をしたい場合は、栄養後期と開花初期にスーパークロップを使用できます。

    スーパークロップする方法

    スーパークロップは多くの新人栽培者を驚かせますが、それにはある程度の理由があります。
    この技術を実行するには経験とスキルが必要であり、ミスが植物の成長を著しく阻害する可能性があります。
    適切な知識があれば、次の成長段階でこのテクニックの見返りを得ることができます。

    トリミングするブランチを決定する

    成熟しているが、古くも木質でもない枝をトリミングすることをお勧めします。
    他の枝よりも著しく高い枝は、開始するのに適した場所です。
    スーパークロップを行うと枝が低くなり、より均一なキャノピーが作成されます。

    枝の底をトリミングすることから始めます。
    親指、前指、人差し指の間でそっと握りながら、成長させたい方向に少し曲げます。
    目標はブランチのコアを粉砕して、必要に応じて操作できるようにすることです。
    優しくすることを忘れないでください。
    枝を指の間で数秒間転がして柔軟性を高めてから、目的の方向にそっと曲げます。

    各作物の間に数センチを残して、枝を上っていきます。 先端から2〜3ノードを超えるものをトリミングすることはお勧めしません。

    枝が切り取られ、希望する方向に傾いたら、紐またはジップタイを使用して各収穫場所で枝を結びます。
    スーパークロップの秘訣は、枝の内側が柔らかくて可鍛性があり、外側は完全に無傷のままであるスイートスポットを見つけることです。

    スーパークロップ後、枝/植物は片側に寄りかかり、先端は約90°に曲がるはずです。 あなたが新人の場合、これを正しく行うには試行錯誤が必要な場合があります。

    壊れた枝を修正する方法

    経験が浅い場合は、最初に植物をスーパークロップしようとした時に、枝を幾つかを壊してしまう可能性があります。
    これが発生した場合でも、気を悪くしないでください。 確かに残念ですが、状況を修正できる可能性があります。

    折れた部位から滲み出る浸出液の周りをテープで留めるか、ダクトテープでスナップして包帯を巻きます。
    必要に応じて、近くの別の支部または庭の杭に結び付けて支部を支えます。
    一週間以内に包帯テープを取り除くことができるはずです。

    治癒するにつれて、曲げたり折ったりしたすべての場所(あなたが壊した場所を含む)で大きな結び目が成長します。
    これは完全な状態であり有益な状態です。

    スーパークロップ、メインライニング、LST:勝利の組み合わせ

    さらに大きな収穫量を得るには、メインライニングやLSTなどの他の手法と一緒にスーパークロップを使用します。 前者は「多様体」の作成を含みます。

    これは本質的に、単一のノードから2つの主要な茎を生み出すために植物をトッピングすることを意味します。
    後者は、結果として生じる茎を曲げて地面と平行に成長させ、光の透過を増加させ、その過程で栄養成長を制御することを含みます。
    これらの技術をすべて組み合わせることで、高度な栽培者はスペースとリソースを最大限に活用して、見た目は奇妙ですが、印象的な大麻植物から本当に素晴らしい結果を生み出すことができます。

    スーパークロップは、気が遠くなるようなものですが、(何をしているのかを知っている限り)収穫量のサイズと品質に大きな影響を与える可能性のある優れた高ストレス技術です。

    この記事から得たテクニックを基にネクストレベルの栽培者へ成長して頂けたら幸いです。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド