マリファナの種をうまく発芽させる

ホーム / ブログ / 大麻栽培 / マリファナの種をうまく発芽させる

マリファナの種をうまく発芽させる

目次

    今回はマリファナの種の発芽方法をご紹介します。スプリフでは最高品質のマリファナの種を生産しています。私たちは、細心の注意と愛情と正確さをもってこれを行い、いわば親元を離れた後の子供たちの活躍を見たいので、4つの異なる発芽方法についてお教えします。

    マリファナの種を直接地面に発芽させる

    これは母なる自然のやり方であり、マリファナの種を発芽させる最も簡単な方法かもしれない。この方法の利点は、種を地面に植えるときに根を傷つけずに済むことだ。種を1/4インチほど土に入れる。3~7日後に孵化する。発芽の間、土は十分に湿っている必要がある。そのため、私は最初の3日間は、土の表層が乾かないように、鉢の上にクリンプ・フィルムを少し巻いておくことにしている。

    湿らせたコットンでマリファナの種を発芽させる

    湿らせたコットンウールを2枚重ねて挟むのだ。コットンパッドが簡単ですが、普通のコットンウールでもかまいません。湿らせた2枚のコットンの間にマリファナの種を入れる。ブリーダーの中には、暗いところで発芽させたいので、2枚の受け皿の間にコットンウールを挟む人もいます。綿毛の湿り具合を毎日チェックし、濡れすぎてもいけないが、乾きすぎてもいけない。小さな白い根が出てくるのが見えたら、根を下に向けて種を入れる!- 種と挿し木用の)コンポストに入れてください。最初のうちは、苗を湿った状態に保ち、肥料はまだ与えないこと。

    マリファナの種をコップの水で発芽させる

    マリファナの種を発芽させるには、コップ一杯の水が一番早いと言われている。もし試してみたいなら、常温の水を使い、種をよく観察して、最初の小さな根が出ているのが見えたら、すぐに(種と挿し木用の)コンポストに入れること。水は毎日新しくしてください。

    プロパゲーターでマリファナの種を発芽させる

    最後の方法は、プロパゲーターとロックウール・キューブという道具を使う必要がある。プロパゲーターはミニチュアの温室のようなもので、ロックウール・キューブはロックウールの小さな立方体で、マリファナの種を発芽させるのに使う!プロパゲーターの大きな利点は、温度と湿度を調節できることです。ロックウールのキューブによく水をやり、マリファナの種を1つのプラグに1粒ずつ乗せる。苗が3~5センチになるまでプロパゲーターの中に置いてから、大きな鉢に入れる。

    種を発芽させる幸運を祈ります。この発芽のコツとスプリフの生存可能なマリファナの種を使えば、発芽は毎回大成功するでしょう!

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    Telegram
    https://t.me/cannabisdnalabs
    *ダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/telegram/

    Session ID
    052ff60ec4656d31fc4936959a00ef1c98a474a2a248cde47836e32d18cdc7d42a
    *ダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/session-private-messenger/

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    お買い物カゴ

    取扱いブランド