SCROG(緑のスクリーン)法で大麻を育てる

ホーム / ブログ / 栽培について / SCROG(緑のスクリーン)法で大麻を育てる

SCROG(緑のスクリーン)法で大麻を育てる

目次

    大麻を訓練(LST等)することは印象的なお手本となり、素晴らしい収穫をもたらすことができます。

    ScrOG技術は、スペースの利用から植物の生産性まで、あらゆる面で成長を改善します。
    栽培者は収穫量を増やし、病原菌のリスクを減らし、作物の活気づけることができます。

    ScrOG(緑のスクリーン)は、均一で水平なキャノピー(天蓋)を形成するトレーニング手法です。
    この植物構造を作成することには無数のメリットがあります。

    SCROGテクニックとは何ですか?

    大麻植物は、なにも処置せずに育てると横に広がらずに縦に育ちます(背が高くなります)

    ScrOGテクニックは、下の枝を上に、上の枝を下に上げて、均等に分散された平面全体に伸ばすことを目的としています。

    成長中の培地の上にスクリーンを配置することにより、耕運機は植物が成長して成熟するときにメッシュを通して枝を織ることができます。

    個々の枝をリダイレクトし、画面全体に縦方向に走らせることで、栽培者は平らな水平キャノピーを実現します。

    SCROGで大麻を栽培することの利点

    しかし、そもそもなぜScrOGなのか?この手法には、次のような多くの利点があります。

    露光量: ScrOGキャノピーは露光さえ受けます。
    訓練を受けていない大麻植物は、植物の他の部分よりも高くなる1つのメインコーラを備えています。
    つまり、ライトリグはこのポイントより上に留まらなければなりません。
    対照的に、ScrOGセットアップでは、照明リグをすべての花の真上に吊るすことができます。

    収量:各芽部位は十分な光を受けるため、光合成の可能性を最大化し、サイズと樹脂生産の増加につながります。
    このレベルのトレーニングはまた、主幹と中央コーラの両方を大きくします。

    通気:緑のスクリーンは、キャノピーの上下に適切な空気の流れを受け取ります。
    ファンの添加は、さらに真菌病原体の危険性を減らすことでメリットを活かします。

    スペースを最大化する:小さな植物を多く育てるよりも、小さなスペースで単一の詰まった植物からより多くの収量を得ることができます。
    隠さなければいけないような自家栽培者は、この方法で生産量を最大化できます。
    耕運機は、複数の植物を訓練しつつ、それらを単一のScrOGに集約することもできます。

    ScrOGするタイミング

    植物が壁(スクリーン)に接触し始めるとすぐに、壁に沿って植物を誘導し始めます。
    植物の根元から約20cm上に壁(スクリーン)を配置することをお勧めします。
    よって、植物の成長速度によりいつScrOGを開始するかが決まります。

    各植物の頂点がスクリーンを通して成長し始めるので、「タック」プロセスを開始します。
    各チップがスクリーンから5cm上に成長するのを待ちます。
    個々のシュートをスクリーンの下に押し込み、次の正方形に向けます。
    タックはScrOGプロセスの基礎となるので、各ブランチを成長させる方向に注意してください。

    ベジ期を通してこのプロセスを続けます。
    画面がほぼいっぱいになったときに開花を誘発するには、12/12ライトサイクルに切り替えます。

    植物が伸び始めたら、次の2〜3週間にわたって、各枝を押し込み、織り続けます。
    この成長の増加により、植物が真の開花期に入る前にスクリーン内を埋め尽くして、成長を遅らせることができます。

    ScrOGしないとき

    早すぎる植物の押し込みや織りは避けてください。
    急いで先に進みたくなるかもしれませんが、スクリーンをはるかに超えて成長するだけです。
    植物をメッシュにトレーニングするのが早すぎると(植生の初期段階で)、余分な作業が発生します。
    テントのスペースが不足することもあります。

    ScrOGする方法:主な考慮事項

    ScrOGの設定は複雑に見えるかもしれませんが、この手法はほとんど作業を必要としません。
    大麻の栽培経験が限られている場合でも、すぐにテクニックを使い、良い結果を生み出すことができます。
    以下のガイダンスに必ず従ってください。そうすれば、良い収穫ができます。

    適切な株を選択する

    トレーニングの有無にかかわらず、栽培者は常に自分の好み、空間的制限、気候に合わせて株を調整する必要があります。
    一部の遺伝学は、他の遺伝学よりもScrOG技術とはるかに互換性があります。
    以下の仕事に最適な特性を確認してください。

    伸縮性のあるサティバ:サティバが優勢な栽培品種は、性質が弱く、背が高く、伸縮性があります。
    栽培者は簡単に枝を織り、ScrOGでいっぱいにすることができます。
    もちろん、小さな低木を選択することもできます。
    スペースを最大化するために、より多くの植物を利用するだけです。

    株のマッチング:栽培者は、同じScrOGセットアップでいくつかの異なる株を栽培して、さまざまな花を作ることができます。
    あなたがしなければならない仕事を最小にするために、同じような平均の高さに達する株を選ぶようにしてください。

    適切なポットを選択してください
    成長を最適化するには、正しいポットサイズを選択する必要があります。
    この変数は、ScrOGに組み込む植物の数に応じてシフトします。
    次の要因を考慮してください。

    複数の植物:より小さなスペースで複数の植物を育てたい場合は、間隔を考慮する必要があります(詳細は以下を参照)。
    このため、各植物はより小さな鉢を必要とします。
    11リットルのポットは、植物の成長を最適化しながら、スペースを最大限に活用します。

    単一の植物: ScrOGセットアップで単一の植物を使用する場合、ポットサイズを増やすことができます。
    25リットルのポットは、あなたの植物に太い根系と大きなキャノピーを生産するのに十分です。

    植木鉢: ScrOG技術は、キャノピーの通気を大幅に改善します。
    植木鉢を使用すると、成長する培地の通気が大幅に増加します。

    適切なプラントスペース
    ScrOGで複数の植物を育てるということは、お気に入りの株をいくつか収穫できるということです。
    高THCと高CBDの品種を一緒に栽培することができ、テルペンプロファイルに基づいて植物をマッチさせることもできます。

    複数の植物を育てる際の最も重要な要素の1つとして、正しい間隔は、可能な限り最高の収量を促進しながら、カビの形成を最小限に抑えるのに役立ちます。

    目標:最良の結果を得るためにできるだけ多くの植物にフィットし、同時にそれらを十分に離して露光と通気を増やします。

    最大ポットサイズ11Lで、1平方メートルあたり4つの中小規模の植物を絞ることで回避できます。

    スクリーン:高さ、サイズ、素材
    ScrOGスクリーンの作成は簡単です。
    あなたがフラットパックの家具を作ったり、壁に絵を掛けたりしたことがあるなら、あなたは合格です。
    次のリソースと機器があることを確認してください。

    サイズ:これはあなたが育てたい植物の数とそれらのサイズに依存します。
    スペースが本当に限られている場合は、エリアが処理できる大きさのスクリーピーは完全に均一である必要があるため、スクリーンが大きすぎると、スクリーンが小さすぎる場合よりも問題が少なくなります。寸法がわからない場合は、少しオーバーシュートしンを作成してください。

    スクリーン:弦または麻のコードが最適です。
    大麻の枝は糸のざらざらした質感にほとんど密着しており、後から簡単に処分できます。

    フレーム:成長スペースよりわずかに小さい4枚の木材を使用して、正方形(または長方形)のフレームを作成します。
    均等なサイズの4本の脚を切り取り、フレームの上部からネジで取り付けます。
    PVC配管を使用して同じデザインを作成することもできます。アイフックをフレームの上部に6cmの間隔でねじ込みます。
    ひもを付けます。

    ScrOGする方法:手順

    苗の段階で数週間後、あなたの植物は栄養を与える段階に入ります。プラントがScrOGメソッドと完全に互換性があることを確認するには、チェックリストから次のタスクにチェックマークを付ける必要があります。

    トッピング:各植物が5つのノード(枝が茎と出会うポイント)ができた後、最も高いノードで植物をトッピングする必要があります。
    はさみを消毒し、メインステムを切り取ります。
    トッピングは、植物に成長を1つではなくいくつかの主茎にそらすように強制します。
    これにより、ScrOG法により適した横方向の成長が促進されます。

    セットアップ:スクリーンを成長中の培地の上部から約20〜40cm(成長している植物の種類によって異なります)上に配置します。
    画面全体に均一な露出が得られるようにライトを配置します。

    織り方:ベニバナインゲンやホップとは異なり、大麻の枝はつるのようには機能しません。
    スクリーンに手動で織り込む必要があります。
    過密を避けるために、各正方形を個別の枝で埋めることを目指してください。
    優しくて効果的であること。
    ブランチが特定の方向に進みたくないと感じた場合でも、ブランチを壊すリスクを冒さないでください。
    スクリーンを埋め、影や混雑を防ぐために、さまざまな方向に分岐を向けます。

    スクリーンがいっぱいになるまで、開花の初期段階を通して織り続けます。
    柔らかく編みながら、所定の位置に枝を固定します。

    剪定: 植物をトッピングした場所の下から枝を取り除きます。
    これにより、植物は利用可能なすべてのエネルギーをキャノピーに向けるようになります。
    これらは、栄養素と水の独自の供給を必要とします。
    それらをプラントから削除して、リソースを解放します。

    メンテナンス:大麻は、ScrOGプロセス全体を通してストレスを感じることがよくあります。
    すべての編み込みの直後に水をまくようにしてください。
    今後は、上部の3〜4cmが完全に乾いたときにのみ土壌に水をやります。
    不足を避けるためにあなたの植物に最適な栄養素を十分に与えておいてください。

    他の大麻トレーニング技術でSCROGを強化する

    ScrOGを単独で使用すると素晴らしい結果が得られますが、他の手法と組み合わせると、結果を別のレベルに引き上げることができます。最も効果的なものをいくつか紹介します。

    LST
    低ストレスのトレーニングでは、大麻の枝をそっと曲げて縛り、植物の形を操作します。
    大きなストレスがなくても成長を妨げることはないので、植物はプロセス後に回復するのにほとんど時間がかかりません。

    LSTは、ScrOG中にいくつかの方法で使用できます。
    植物の先端を縛り、主茎を土壌と平行に配置することにより、栽培者は側枝を上向きに撃ち、はるかに生産的なキャノピーを形成します。
    または、LSTを使用して、トッピング後に4つの主要な分岐を固定し、「X」字型を形成します。
    これはあなたの植物を横方向に成長させ、スクリーンを埋めます。

    LOLLIPOPPING
    ロリポッピングは、枝から下葉と芽の部位を取り除くことを含む落葉の一形態です。
    その結果、通気が促進され、エネルギーはキャノピーの他の場所でより大きく、より生産的な芽に向けられます。

    この手法は、枝の下部にある劣った「ポップコーン」の芽を制限しながら、スクリーン上で成長する芽に集中するため、ScrOGメソッドに最適です。
    この技術は、栄養段階の終わりに消毒した清潔で鋭いはさみを使用して実行する必要があり、LSTおよびメインライニングとうまく組み合わせることができます。

    メインライニング
    このテクニックでは、植物を順番にトッピングして結び、均等なサイズのつぼみを積んだキャノピーを作成します。
    メインライニングは、下からメッシュスクリーンに差し込むオープンでよく分散されたキャノピーを形成することにより、ScrOGと連携します。

    手順:3番目のノードで各植物を上にして、2つの分岐する主茎を作ります。
    このポイントより下の成長をすべて取り除き、成長ホルモンとエネルギーを残りの茎に向けます。
    柔らかく編み込んで、2本の茎を土に対して直角に配置します。
    植物が少し成長した後、主茎の数を2倍にするためにすべての主芽をもう一度上にしてください。

    新しい主茎を結び、他のすべての新しい成長を取り除きます。
    植物の両側で完全に対称的なキャノピーが形になり始めていることに気付くでしょう。

    続けて、植物の両側に合計5回トッピングして、ScrOGテクニックの準備ができている合計32のメインシュートを作成します。

    スーパークロッピング
    スーパークロップを使用して、枝をより柔軟で織りやすくします。
    この方法では、枝を注意深く絞ってつまんで、ほとんど折れるところまで曲げます。
    これにより、光の透過が増えるだけでなく、ScrOGとの互換性が高まります。

    スーパークロップは、外側に開いた傷を作ることなく、内側の植物組織を損傷して茎を操作しやすくすることを目的としています。
    もちろん、それには比較的大きなリスクが伴います。
    あなたの植物がスクリーンに入る前に、栄養段階の間にテクニックを実行してください。
    次の手順に従って、植物をスーパークロップします。

    トレーニングするブランチを選択します。
    組織がしなやかで曲がりくねっていると感じる植物の古い部分から選択します。
    親指と人​​差し指の間の枝をつかみ、そっと握ります。枝の内側が柔らかくなったと感じたら、指の間でティッシュを約10秒間転がします。
    枝を成長させたい方向に曲げます。
    誤って構造の外側を裂いた場合は、枝にテープで包帯を巻いてください。
    最終的に、スーパークロップを使用すると、植物の形を整え、プロセスの後半でスクリーンに入る準備を始めることができます。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド