大麻栽培において相対湿度と温度は重要です

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻栽培において相対湿度と温度は重要です

大麻栽培において相対湿度と温度は重要です

目次

    相対湿度と温度

    大麻を栽培するために器材や肥料、手法にいくらこだわっても、相対湿度と温度が制御されていない場合は無意味になります。
    「相対湿度」と「温度」これら2つの主要な要素について詳しく学んでください。

    室内栽培の最終結果は、栽培者が植物の成長に影響を与える要因を管理する方法に大きく影響されます。
    植物の収量、サイズ、全体的な健康状態を向上させる他の方法を考えていると、忘れがちな2つの基本的な要素があります。
    それは、「温度」と「相対湿度」です。
    この記事では、これらの両方の要素を最適な範囲内に保つ方法を要約し、最良の結果を達成するために維持する必要のある特定の情報を提供します。

    温度と湿度レベルの相互作用

    湿度レベルと温度は互いに密接に関連していることを理解することが重要です。
    湿度は通常、相対湿度(RH)と表記します。
    これは、同じ温度での水蒸気の分圧と水の最大蒸気圧の比です。
    暖かい空気は冷たい空気よりも多くの水蒸気を保持するという基本原理を理解すると、全体のアイデアが得られます。
    これが、栽培室から大量の暖かい空気を抜き取り、理想的には冷たい空気を入れなければならない理由の1つです。
    暖かい空気は水蒸気を多く含んでいるだけです。

    湿度レベルと温度:種子の採取から収穫まで

    大麻を育てるときに湿度と温度の制御が実際に何を意味するかを定義する必要があります。
    大麻植物の寿命を4つの異なる段階に分け、健全な成長を確実にするために湿度レベルと温度を調整する必要があります。
    湿度と温度の制御は複雑で価値がないとは思わないでください。
    パラメータを特定の範囲内に保ち、できるだけ一定にすることが重要です。
    あなたがしなければならない最初のことは、過去の最大値と最小値も表示する、湿度計と温度計、できればメモリー機能付きのデジタルものを購入することです。
    値を比較するために栽培室に複数のデバイスを設置する必要はありません。

    幼苗の段階

    湿度 65〜70%

    この時期はまだ根が充分に発達していないので、湿度を高めにして葉から水分を摂取させます。
    ライト点灯時の温度:20-25 C°(消灯:4-5 C°低下)

    植生期間

    湿度 40-70%

    この時期は、だんだん根も発達していくので湿度を毎週5%下げていきます。
    根は、より多くの水を吸収します。
    葉からの蒸発は植物を冷やします。
    ライト点灯時の温度:22〜28°C(消灯:4〜5°C低下)

    開花期

    湿度40〜50%

    この時期は湿度を下げることが非常に重要です。
    60%を超えるとよくないです。
    温度を少し下げるといいでしょう。
    ライトが点灯している温度:20-26 C°(高温を避けてください)

    開花後期(収穫の1〜2週間前)

    次の手順は必須ではありませんが、歩留まり、風味、外観を改善できます。
    できる限り湿度レベルを下げる:30-40%
    日中の気温を下げ、気温差も大きくする(昼/夜)
    ライト点灯時の温度:昼24°C 夜18℃

    湿度レベルと温度の調整

    ほとんどの生産者は、相対湿度と気温の両方を低く保つのに苦労するでしょう。
    これは開花期で最も重要なことです。
    一部の寒冷な地域では、温度または湿度レベルを上げる必要があります。
    暖かい空気は冷たい空気よりも多くの水分を保持するという基本原則を覚えていますか?
    これを念頭に置き、相対湿度と温度が相互に影響し合うという事実に注意してください。

    湿度を下げる方法

    除湿機を使用する。
    ホースを取り付けて任意のリザーバーを使用できるものが理想的です。
    多くの除湿器の大きな欠点は、タンクの容量が低いことです。
    これにより、タンクを連続的に空にする必要があります。
    換気装置の能力を高める。
    これにより、より多くの空気を入れ替えして、環境の湿度を停滞させることができます。
    作物に十分な換気をすることは不可欠です。

    気温を下げる方法

    室内の大麻栽培では植物の数を無理に増やさないでください。
    暗闇の段階を作る夜と日中にライトの照明をスケジュールします。
    LEDやLECなどの新しい照明器具を使用すると、温度を少し下げることができます。
    新鮮な空気の誘引力を高め、これらの温度を少し下げることができます。
    エアコンの設置。

    湿度を上げる方法

    濡れたタオル/布を栽培室に掛ける。
    大きな水タンクを備えた加湿器を設置する。
    ライトがオンになる直前、またはオフになった直後に植物に散水する。
    調整可能な加湿器の使用する。
    水のバケツや濡れたタオルを置いて水分を蒸発させると、室内の大麻作物の相対湿度レベルも上昇します。

    温度を上げる方法

    より大きな成長ライトにアップグレードする。
    (より多くのワット=より多くの熱)
    テントの底に暖房マットを置く。
    サーモスタット付きのシンプルなスペースヒーターを使用する。
    高温では植物はより多くの量のCO2を消費します。
    一部の経験豊富な栽培者は、栽培室にCO2ジェネレーターを組み込んでいます。
    これにより、温度を上げることができます。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド