大麻栽培での屋内と屋外の長所と短所

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻栽培での屋内と屋外の長所と短所

大麻栽培での屋内と屋外の長所と短所

目次

    大麻を育てるのに最適な場所はどこ?これはいい質問ですね。経験豊富な10人の栽培者に聞いてみても、それぞれ微妙に違う答えが返ってくるでしょう。今回の記事では、屋内と屋外の栽培方法の主な違いをご紹介します。

    大麻栽培の醍醐味のひとつは、自分の好みや状況に合わせて趣味をアレンジできることです。屋外で太陽の光を浴び、足の指の間に草を挟んで過ごすことが何よりも好きな人は、庭で大麻を栽培することを選択できます。ガジェット、コントロール、ステルス、そして屋内の快適さを好む人は、屋内での栽培がお勧めです。

    最終的な栽培場所は、必ずしも選択できるものではありません。厳しい法律のために屋内での栽培を余儀なくされる生産者もいれば、予算や家主の目を気にして屋外での栽培を余儀なくされる生産者もいます。

    初めて大麻を栽培する方、どちらかの環境でしか栽培したことがない方は、ぜひそれぞれのメリット・デメリットを考えてみてください。 決断する前には、様々な変数を考慮する必要があります。例えば、屋外の植物には1日6時間以上の直射日光が必要ですが、北向きの庭や木の影になっている場所では、この重要な条件を満たせない可能性があります。

    ここでは、屋外と屋内で大麻を栽培する場合のメリットとデメリットをご紹介します。

    屋外で大麻を育てることのメリットとデメリット

    なぜ、大麻を屋外で栽培する必要があるのでしょうか?1万2,000年以上も前から栽培されていることからもわかるように、大麻は屋外で育つことができます。しかし、”屋外 “といっても漠然としています。世の中にはさまざまな気候や風景があり、大麻がすべての場所でうまくいくわけではありません。ここでは、大麻を屋外で栽培することのメリットを探り、その前にデメリットを見ていきましょう。

    屋外で大麻を栽培するメリット

    自然の太陽光を浴びること、微生物の多様性、広いスペースなど、すべてが大麻を屋外で栽培することを可能にしています。太陽の下では、健康で生き生きとした植物を育てることができるだけでなく、大きな収穫を得ることができます。

    • より多くのスペース

    屋外で栽培することの最大のメリットの一つは、十分なスペースがあることで、大麻草を生育させることができることです。 十分なスペースがあれば、根を張り、天蓋を広げ、屋外で栽培された植物は、その遺伝子の可能性を最大限に発揮することができます。

    苗を庭のベッドに移植すると、ポットなどの容器の制約から解放されます。苗は大きな根を張り、大量の養分と水を得ることができるのです。もちろん、屋外で栽培する人の中には、容器を使用する人も少なくありません。これは、植物を望ましい大きさに保つのに役立ちます。しかし、より広いスペースがあれば、大きな鉢を使って、より背の高い、より生産性の高い植物を育てることができます。

    スペースが広がれば、種も増える。そう、大麻栽培者の多くは、庭の生物多様性を高めるためにコンパニオンプランツの栽培を選択し、害虫の被害を減らし、病原菌の拡散を抑え、土壌を保全しているのです。この “ポリカルチャー “は、アブラムシなどの一般的な害虫[1]を防ぐための優れた生物学的防除法となります。さらに、化学薬品や市販の薬剤への依存度も低くなります。コンパニオンプランツとしては、シロツメクサ、カモミール、ディル、ボリジなどが人気です。

    • 太陽の光

    屋外に植えられた大麻は、太陽の光を浴びながら日々を過ごします。しかし、その土地の気候によっては、太陽の光を浴びる頻度が高いものもあります。室内灯と同じように、太陽の光は大麻の葉の中の葉緑体に当たり、光合成を促進します。しかし、太陽の光は人工的に作られた光に比べて、さまざまな利点があります。

    UVB。前者は植物にとって脅威ではありませんが、後者はDNAにダメージを与えます。 植物は、どちらの紫外線にも反応して、カンナビノイドやテルペンなどの二次代謝産物を含んだ樹脂の保護層を作ります。 そのため、このような放射線を浴びることで、つぼみの効果や匂い、味[2]が改善される可能性があります。

    • 多様な土壌の生物学

    屋外の庭のベッドには生命が溢れています。苗床を作り、たっぷりとマルチングし、不耕起の原則に従うことで、バクテリア、菌類、原生動物、線虫、節足動物、ミミズなどが繁栄する土壌の食物網を作ることができます。 これらの種は、有機物からの栄養素が植物に利用されるまで、相互に循環させます。

    また、いくつかのバクテリアや菌類も根と共生関係にあり、糖分と引き換えに重要なミネラルを採掘します。栄養素だけでなく、健全な土壌の食物網は良好な土壌構造を形成します。菌糸やバクテリアのバイオフィルムは土壌粒子の集合体を形成して浸食を防ぎ、ミミズは土の中をトンネル状に進み、通気性と排水性を向上させます。

    • 安価なコスト

    大麻を屋外で栽培すると、特にミニマリスト的なアプローチをとる場合は、スタートアップのコストを大幅に削減することができます。温室やポリタンク、灌漑システムは決して安くはありませんが、数袋のコンポストと数枚の段ボールを用意するだけで、驚くほどの収穫を可能にする掘り出し物のないベッドを作ることができます。栽培期間が短い栽培者でも、適切な遺伝子を持っていれば、この技術をうまく利用することができます。

    屋外で大麻を栽培することのデメリット

    屋外での栽培は、陽光と虹ばかりではありません。ダイナミックな生活環境の中では、些細な問題から完全な不作まで、さまざまな課題が発生します。ここでは、露地栽培の生産者が直面する最大の問題点をご紹介します。

    • 害虫の圧力

    野菜を育てたことのある人なら、害虫のことはよく知っているでしょう。 ナメクジは苗を一晩で枯らしてしまうし、アブラムシは植物から樹液を吸い取ってしまうし、根を食い荒らす線虫は気づかないうちに土の下に穴を開けてしまう。 屋外で栽培する前に、毛虫、ハダニ、コナジラミなどを作物から遠ざける方法を学んでおく必要があります。

    • 天候不順

    屋外で栽培されている大麻に深刻な影響を与える気象現象は数多くあります。 強風で枝や茎が折れたり、集中豪雨で根腐れしたり、開花期に病気が発生しやすくなります。 また、猛暑や干ばつによる水濡れや枯れの可能性もあります。また、春の遅霜や秋の早霜で植物が完全に枯れてしまうこともあります。

    • 適さない気候

    北緯では屋外での栽培はかなり難しくなります。 生育期間が短く、雨の多い気候のため、この地域の栽培者は花の咲くのが早い品種に限られており、そのため、通常、標本は小さくなり、収穫量も少なくなります。 このような環境では、自生種が特に優れていますが、樹木のようにそびえ立つサティバの生産性には及びません。

    • 母なる自然への畏敬の念

    屋外で栽培する場合、季節に合わせて移動しなければなりません。 これは、母なる自然との密接な関係を育む一方で、忍耐を必要とすることを意味します。光周期品種の花を早く咲かせるために、光のサイクルを変えることはできません(ライトデップ技術を使う場合は別です)。 日が短くなるのを待つ必要があります。

    • 控えめな印象

    屋外の植物は、屋内の植物に比べてはるかに目立ちます。近所の人や通りすがりの人は、開花期にテルペンの香りを嗅ぐことができます。サティバ系の大型品種は、フェンスの上にキャノピーを突き出しています。たとえ合法的な地域に住んでいたとしても、つぼみのついたキャノピーは泥棒にとってはお金のようなものです。法律や窃盗から逃れるためには、都市部から離れた場所でゲリラ的に栽培することをお勧めします。

    室内で大麻を育てることのメリットとデメリット

    屋内での栽培は、シェルター、コントロール、そしてステルス性を提供します。しかし、限られたスペースでは、植物の能力を十分に発揮できないことがよくあります。しかし、そのようなことはありません。室内でマリファナを栽培することのメリットとデメリットをご紹介します。

    屋内で大麻を栽培するメリット

    屋内栽培者は、栽培スペースで起こることのほとんどすべてを決定することができます。光のサイクルや水やりのスケジュールを選択し、栽培したいときに栽培することができ、強風や豪雨の心配もありません。

    • より優れた制御

    屋内での栽培は、コントロールがすべてです。 照明をコントロールできるので、植物の成長に最適な光を浴びることができ、曇りの日がない。 また、光周期を12時間点灯、12時間消灯にすることで、光周期を持つ品種の開花時期を正確に選択することができます。屋内栽培では、温度や湿度などの重要なパラメータをコントロールすることもできます。栽培サイクルのさまざまな段階で最適な温度と湿度を維持することは、健康的な成長と病気のリスクの低減につながります。

    • シェルター

    4つの壁、天井、床があるので、嵐で植物が倒れる心配も、湿気で収穫前の花がカビてしまう心配もありません。屋外で何が起こっても、いつでも快適に植物と触れ合うことができるのです。

    • 裁量権

    室内での栽培は、プライバシーが守られます。もちろん、シェアハウスに住んでいたり、大家さんが不定期に訪問してきたりするなど、例外はあります。しかし、自分の家やアパートに住んでいるのであれば問題ありません。 泥棒が庭を覗き込んだり、露地栽培の匂いが近所に充満したりする心配はありません。 確かに室内の植物は匂いがきついですが、カーボンフィルターや消臭剤を使用することで、すぐに改善されます。

    • 永続的な収穫

    オフシーズンとは?秋になると、屋外の生産者が冬に備えてベッドを片付けたり、マルチングしたりしている間に、屋内の栽培者は次の収穫に向けて種を発芽させます。 室内で栽培すれば、瓶の在庫がなくなることもありません。 現在の植物が終わりに近づいたら、別の種を鉢の土に植えれば、一年中、永遠に収穫を楽しむことができます。

    屋内で大麻を栽培することのデメリット

    暖かさ、シェルター、プライバシー、コントロールなど、魅力的な要素がたくさんありますよね。しかし、ゲストルームに栽培用テントを設置する前に、4つの壁の間で栽培することのデメリットについて知っておく必要があります。

    • 微生物の少ない環境

    屋内の環境は、屋外に比べて土壌が無菌状態にあると言えます。袋入りのコンポストを使って栽培を始めても、高度に発達した土壌の食物網の恩恵を受けることはできません。豊かなミニチュアエコシステムを構築することはできますが、それには時間がかかります。 屋内で栽培する人の中には、少しでも屋外を真似しようとする人が増えてきました。 戦略としては、小さなコンパニオンプランツの栽培、カバークロップの使用、ミミズや有益なバクテリア、菌根菌の土壌への導入などがあります。

    • より高価に

    室内での栽培には、かなりの初期費用がかかります。 高品質の栽培用ライト、栽培用テント、扇風機、カーボンフィルター、湿気の多い地域にお住まいの方は除湿器など、高価な機材が必要になります。 それに加えて、追加の機材を購入する必要があります(詳細は後述します)。また、セットアップが完了した後は、オペレーションを維持するために、電気代や水道代を少し多めに支払わなければなりません。

    • 太陽の光に負けない照明器具

    室内灯は、大麻を健康的に育ててくれる優れものです。しかし、室内灯には、太陽光に含まれる重要な要素である紫外線がありません。前述したように、紫外線を浴びると、大麻は自らを守るために樹脂の生産を活発化させます。 栽培者の中には、UVAを放出する照明を使用する人もいますが、これは二次代謝産物の生産量を増やすのに役立ちます。 しかし、紫外線を浴びることで、テルペンやカンナビノイドの濃度がさらに高まり、屋外で栽培された植物は植物化学的に優位に立つことができます。

    大麻を育てるために必要なもの

    屋外で大麻を栽培するには、いくつかの道具が必要になります。以下のチェックリストには、栽培を進める上で必要なアイテムがまとめられています。

    アウトドアギア

    お好みの大麻の種栽培エリア(ノーディグベッド、レイズドベッド、コンテナ)良質な堆肥コンポストボックス/エリア
    ウォーターバット給水缶オーガニックな栄養素マルチング(干し草、わら、堆肥、枯れ葉、刈り草など)
    直射日光が6時間以上当たる場所防虫ネット剪定ハサミトリミング用ハサミ
    乾燥用ラック養生ジャー

    屋内用ギア

    お好みの大麻の種グローテント/ルームコンテナ高品質の培養土
    オーガニックな栄養素照明除湿機ファン
    排気口とカーボンフィルター温湿度計水を受けるトレイ剪定ハサミ
    トリミングハサミドライイングラック養生ジャー

    屋内での栽培と屋外での栽培、どちらがより良い大麻を生産できるのか?

    芽の質という点では、インドア派もアウトドア派も、毎年トップクラスの収穫があります。しかし、あまりにも多くの要素が絡み合っているため、一概にどちらが優れているとは言えません。アンダルシア地方の生産者は屋外でより良い葉を作ることができるでしょうし、ノルウェーに住む生産者は屋内の栽培室で気候をコントロールすることができるでしょう。それぞれの環境には明らかなメリットがありますが、最終的には個人の好みと、自分の状況に合ったものを選ぶことになります。

    屋内でも屋外でも、どちらも楽しめる

    両方を試すことができるなら、どちらかに決めてもいいのでは?幸運なことに、屋内の栽培テントでしばらく過ごした後に、屋外の作物を手入れする生産者もいます。大麻の栽培に慣れていない方は、最初にどちらかの場所で栽培を始め、最初の収穫を終えたら、もう一方の場所で栽培してみてはいかがでしょうか。経験は最高の教師であり、実際に試してみて初めて自分に合った方法がわかるのです。春から夏にかけては気候の良い時期を利用し、暗くて寒い時期には室内で栽培するようにしましょう。

    しかし、第3の選択肢もあります。 温室とポリトンネルは、ハイブリッドなアプローチです。温室は、構造物の中でのみ可能な高度な保護と気候管理を提供する一方で、植物に自然の日光を当てることができます。しかし、ガラスはUVBのほとんど、UVAの約半分をカットしてしまいます。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド