オーガニック大麻栽培パーフェクトガイド

ホーム / ブログ / 栽培について / オーガニック大麻栽培パーフェクトガイド

オーガニック大麻栽培パーフェクトガイド

目次

    大麻を有機栽培することは、あなたの土壌、あなたの庭、強いては地球にとって良いことなのです。

    以下のガイドをマスターして信じられないクオリティの大麻を育て、あなたのガーデンの健康と質を高めましょう。

    大麻を有機栽培するということは、大自然が『意図して作った神秘のハーブ』を栽培することを意味します。

    在来種、原生大麻は世界中の至る所で野生に繁栄しています。
    これは、高品質の土壌と生物多様性が植物の成長をサポートし、必要なファクトを全て自らでサイクルさせている事を意味します。
     
    大麻業界は多くの品種を掛け合わせる事と技術開発を繰り返し、ある種の到達点、革命期に入ったと言っても過言でないフェーズに入りました。

    改革革命が起きた今だからこそ、敢えてルーツに戻る事により、最高品質のバッズと、健康的な植物が現れるはずだと私達は信じて止みません。

    錬金術と同じように、これからの有機大麻の世界は、価値の低い廃棄物を価値の高い資源に変える正しいサイクル、有るべき姿になる必要があります。

    大麻を有機栽培することは、信じられないほどの収穫をもたらすだけでなく、私たちの庭と環境にも利益をもたらしてくれます。

    大麻に適した有機質土壌

    高品質の有機大麻は、『土壌の健康』という主要な要素の一つに依存しています。

    数十年の土壌栽培研究をする中で、私達は栄養素のあるポイントを注視すべきではならないと気がつきました。

    これは、あくまで『還元主義的』な見方です。

    近年の土壌科学の進歩により、大麻植物は自身の健康と繁栄を維持するため土壌内の複雑な相互作用、つまり土壌食物網に依存していることが研究の結果示されてきました。

    土壌食物網と植物の知性

    土壌食物網は、多くの微生物、昆虫、さらには鳥や哺乳類で構成されています。
    これらの生き物は、多くが『捕食者と被食者の両方』として機能し、有機物を大麻植物が利用できる栄養素に分解する上で重要な役割を果たしています。

    これらの健康な生きた土壌で栽培作業を開始すると、潜在的な栄養不足や害虫の問題、および植物病原菌を回避するのに役立ちます。

    以下は、植物は土壌から直接栄養分を吸い上げるだけでない。という一般的に知られている知識とは対照的な内容になります。

    彼らは自分たちの食べ物を耕作します。
    これは文字通りであり、根圏(根圏の表面か​​ら約2ミリの領域)に糖(浸出液)を放出し有益なバクテリアと真菌を引き付けます。

    これらの有機体の幾つかは根と協力して、植物が栄養素をよりよく吸収することを可能にします。
    糖に引き寄せられた他の微生物はより大きな生き物の食物として機能します。

    線虫と原生動物(土壌食物網ピラミッドの次のステップゾーン)は、これらの微生物の一部を食べ​​ます。

    これはバクテリアや菌類が有機物を分解し、内部に閉じ込められた栄養素を貯蔵するのに非常に効率的です。

    線虫と原生動物は超極小の排泄物を土壌内にします。
    その後、植物はこの排泄物を生物学的に利用可能な部分栄養素を食べる、言わば『恩恵』を収穫します。

    キープレーヤー

    植物はこの相互作用によってエネルギーを作るだけではありません。

    引き付ける有機体も土を形作り、大麻の健康な成長のために最適な環境状態に保つのを互いに助け合います。

    最も重要な土壌食物網の生命体

    バクテリア:これらの小さな生き物は、土壌粒子を互いにくっ付けたままにし、成長する培地構造をぬるぬるした状態にする物質を生成します。
    また、植物性食物を排出するより大きな生命体の食物としても機能します。

    菌類:菌類は、土の形を与え、崩れたり洗い流されたりしないようにする網状の構造(菌糸体)を生成します。
    有益な「菌根菌」も植物の根系と連携して栄養素の取り込みを改善します。

    線虫:これらはより小さな生命体を食べ、栄養素を植物が利用できる形に変化させます。
    良い線虫は「悪い線虫」を遠ざけます(後者は植物の根を切り刻みます)。

    ワーム(みみず):必ずしもワームを栽培室に持ち込むべき!と、言う訳ではありません。
    しかし、ワームは土壌中で非常に重要です。
    みみずは栄養素を培地に作り、彼らの作るトンネルは通気管を作り、排水機能を含め植物の根に発達させるのを助けます。

    原生動物:これら小さな小さな動物たちは土壌中のバクテリアを食べます。
    彼らは遊離栄養素(フン)を排出するだけでなく、細菌集団がより速く成長させる為の反応促進を上げます。

    土壌生物を保護する方法

    有機大麻が人工的に栄養を与えて育てるよりも優れている理由がシンプルかつ全てを超越している理由が少しだけ分かったでしょう。

    全ての土壌生物を見守る方法で栽培することで、あなたの土壌は季節ごとに豊かになります。

    しかし、これを実現するにはどうすれば良いのか。

    まずは良質の有機質土壌を購入することから始めます。
    それを手に入れたら、これをペット(または何十億もの小さなペット)のように扱いましょう。

    園芸の天才達は、土壌生命の破壊を最小限に抑えた時間を掛けるガーデニング手法を開発してきました。

    以下の方法はリスク回避テクニックです。

    •耕す事:健康な土壌を作るのは時間が掛かります。
    耕したり掘ったりすると、有益な生命をすぐに破壊してしまいます。 土の中に彼等が存在するのには理由があります。
    耕す事では土の表面に表されてしまい、紫外線やその他の有害な要素にさらされ死滅します。
    これは貴重な真菌ネットワークも破壊します。

    •農薬/除草剤/殺菌剤:その名前が示すように、これらの化学物質は特定の生命体を殺しますが、死滅するその多くは有益です。
    健康な土壌食物網は、有毒な化学物質を使用せずとも多くの病気や害虫から身を守るのに役立ちます。

    •化学肥料:合成栄養素を豊富に含んだ化学肥料は、ワームの仲間など、土壌の重要な生命を刺激します。
    有機不耕起(または不耕起)は、上記の慣行を避けることを目的としています。
    それは、表面に高品質の土壌の浅い層(ベッド)を作り、微生物の生命を乱すことなく植物の根を発達させることを含みます。

    不耕起の利点は次のとおりです。

    • 表土と有益な有機体を保護します
    • 時間とお金を節約します
    • 蒸発を遅くします
    • 炭素を土壌に閉じ込めておく

    ベッドor鉢

    健康的な土壌生物を維持する方法が分かった、大麻植物を何で育てるかを決める必要があります。
    ベッドまたは鉢の2つの主要な選択肢があります。

    •ガーデンベッド

    ガーデンベッドは肥沃な土地の大きなパッチであり、根が土壌の奥深くまで浸透することを可能にします。
    特定の個体、モンスターサイズになるサティバの一部の品種は、樹木の様な巨大な高さに達しますので注意が必要です。

    ただし、屋外のベッドは外的要因にさらされながら育てなくてはなりません。

    過度の降雨、突然の熱波、育成初期の遅霜から身を守るのは比較的困難です。

    •コンテナ

    コンテナで栽培することで、栽培者は必要に応じて植物を物理的に動かすことができます。

    天候が悪化した場合は、温室または屋内に移動できます。 また日陰や太陽の元に移動することができます。

    全てのコンテナが同じになる訳ではありません。

    プラスチックやセラミックの容器は、成長する培地で保持するという目的を果たしますが、植物の根が望ましい方法で成しない原因となる可能性があります。

    ファブリックポット(布製鉢)は、このスタイルの成長に関しては最良の解決策を提供します。

    ファブリックポットはジオテキスタイル技術(土木などの用途に使用される繊維製品)を利用して、通気を促進しながら適切な水分を保持します。

    これは、真菌病原体と脱水症を同時に防ぐのに役立ちます。

    主要栄養素と微量栄養素

    大麻植物は、最良の結果を生み出すために多様かつバランスの取れたな栄養を必要とします。

    私たち人間と同じように、大麻は食物の2つの主要なカテゴリーの栄養を必要とし、3つの例外を除いて土壌から全ての栄養素を取り込むことができます。

    葉の小さな小さな孔(気孔と呼ばれる)から二酸化炭素を吸い込み、光合成中に水を分解して酸素と水素を生成します。

    微量栄養素

    まず、植物が大量に必要とする3つの栄養素、適切には微量栄養素として知られているものについて見ていきましょう。

    それぞれの役割と、いくつかの有機的な情報源について説明します。

    微量栄養素源


    窒素

    •栄養成長に必要
    •クロロフィル分子の一部を形成します
    • 海藻
    •肥料
    •ワームキャスティング


    カリウム

    •光合成に必要
    •気孔の開閉
    •CO₂の取り込みを調整します
    •ATP生成のための酵素を活性化します
    •昆布粉
    •緑砂
    •木灰


    リン

    •エネルギー伝達において重要な役割を果たします
    •糖類やでんぷんを変換します
    •栄養素の移動を助けまる
    •遺伝的特徴を次の世代に引き継ぐ
    • 骨粉
    •肥料
    •リン鉱石

    微量栄養素

    その名前が示すように、少量の微量栄養素を必要とします。

    微量=それほど重要ではないという意味ではありません。

    これらのミネラルや元素の不足は、成長を妨げ、収量を減らします。

    微量栄養素不足による効果と微量栄養素群


    ボロン

    •細胞壁の構築を支援します
    •細胞分裂に不可欠
    •受粉と種子の発達に重要
    •堆肥と有機物


    カルシウム

    •植物の成長と栄養へ関与
    •細胞壁の沈着
    •土壌の塩分を減らします
    •水の浸透を高めます
    •卵殻


    •主要な酵素を活性化します
    •光合成に必要
    •炭水化物とタンパク質の代謝を支援します
    •有機堆肥
    •酪農糞尿


    •重要な代謝プロセスの鍵
    •DNA合成
    •クロロフィル合成
    •葉緑体の構造と機能を維持します
    •肥料
    •キッチンスクラップ(生ゴミ)
    •緑砂
    • 海藻


    マグネシウム

    •クロロフィル分子の中心原子
    •光合成に不可欠
    •有機堆肥


    マンガン

    •光合成、呼吸、窒素同化に貢献します
    •発芽に関与
    •根細胞の伸長と根の病気に対する抵抗力を支援します
    • 海藻


    モリブデン

    •硝酸塩を亜硝酸塩に変換し、次にアンモニアに変換します
    •窒素固定プラントの共生窒素固定細菌が必要
    •昆布粉
    •緑砂
    •糖蜜
    •ニームミール
    •木灰


    硫黄

    •重要な酵素の形成を助けます
    •タンパク質合成を支援します
    •肥料


    亜鉛

    •酵素とタンパク質形成の重要な部分
    •成長ホルモンの生成を助けます
    •ノード間の伸長を支援します
    •昆布(葉面スプレー)

    植物の栄養

    大麻に様々な栄養素へ与えるには、高品質な生きた土壌が必要です。

    堆肥と有機物が豊富な良質の土壌を作る事でこれらのミネラルや栄養素を十分に摂取することができます。

    根は有機物から直接ミネラルを引き出すことは出来ませんが、根は自らの浸出液を使い根圏に有る様々な要素が奏でるオーケストラを指揮することができます。

    有機栽培者としては、堆肥や堆肥茶、ミミズ堆肥など、栄養価の高い有機物を土壌に十分に供給出来るよう上記の栄養素と大麻の関係と状態を調べ、バランスよく与えるテクニックが必要です。

    菌根菌

    これは根圏に生息する主要な植物同盟カテゴリーの1つです。

    これらの種は、植物の根と物理的な結合を形成し、根に付着します。

    菌根菌は植物の浸出液を食べ、その見返りに有機物を消化し、特定の栄養素を植物に送り込みます。

    他の土壌微生物群は相乗効果でエネルギーを送ります。この有機物を十分に与えておくと、足元に栄養素の永続的なサイクルが生成されます。

    有機肥料と化学肥料

    肥料を土壌に加えることにより成長培地は栄養分で豊かになります。

    有機肥料は土壌食物網が天然物質を植物が摂取できる栄養素に変えるまで時間の経過と共にゆっくりと分解する有機物に由来します。

    対照的に、化学肥料は工業規模で合成されます。
    それらの多くは石油産業の副産物であり、本質的に酸性になる傾向があります。

    栽培者は、ある種の肥料を必要としています。
    植物はゆっくりと土壌から栄養分を引き出し、栽培者が何かを追加しない限り時間の経過とともに枯渇したままになります。

    これらから分かるように、有機肥料と化学肥料の両方が大麻の育成に大きく左右されます。

    もちろん、有機栽培者は前者を選ぶでしょうが、好奇心のためにそれぞれの長所と短所を見てみましょう。

    有機肥料

    有機肥料は、高濃度栄養素を含む天然素材です。
    これらの材料の多くは、構造内に閉じ込められた元素やミネラルを特徴とし、堆肥、海藻、ミミズ堆肥、骨粉が含まれます。

    時間の経過とともにそれらを分解するバクテリアや菌類の食物として機能し、植物がそれらの栄養素を吸収することを可能にします。

    栽培者は栄養素が『吸収されるのに掛かる時間』を最小限に抑えるために高濃度栄養素を持っておくべきです。

    これらには、堆肥茶、ワームジュース、発酵植物の処方が含まれます。

    長所:

    •有機物の自然分解を模倣し、支援します。
    •土壌飼料活性サイクル
    •有害な化学物質がなく、完全に安全
    •濃縮製剤はより迅速な吸収を可能にします

    短所:

    •堆肥の山は稼働するまでに最大1年以上の時間が掛かる場合がある
    •調製品には多くの異なる栄養素が含まれているため、栽培者が特定のミネラルや元素を増やすのが難しくなります

    化学肥料

    化学肥料は植物が必要とする多くの主要栄養素と微量栄養素を含む人工物質です。

    それらは多くの添加剤と密接に関連しています。

    長所:

    •すぐに吸収される
    •特定の投与が可能

    短所:

    •土壌食物網での生活を刺激する
    •肥料焼けを誘発する恐れがある
    •大気汚染と水質汚染を増やす
    •土壌を酸性化する
    •土壌からミネラルを枯渇させます

    PHは有機栽培でどのように機能するか

    有機栽培者はpHにあまり注意を払う必要がありません。

    それでも問題が発生する可能性は勿論あります。
    すべての土壌には特定のpH値があります。

    皆さんは理科の授業で0〜14の範囲の尺度を覚えていますか?

    0〜6の値は酸性を示し、7は中性を示し、8〜14はアルカリ性を示します。

    なぜ栽培者はこれを気にする必要があるのか?。

    大麻は、僅かに酸性の土壌(6〜7の間)で好み繁殖します。

    土壌が酸性またはアルカリ性になり過ぎると、根は養分を吸収するのに苦労します。
    これは養分ロックアウトとして知られる現象です。

    最終的には、栄養不足が発生し、植物の健康と生産量が低下します。

    栽培者は、簡単なpHテスターを使用して土壌サンプルを都度、測定する必要があります。

    pHの問題に取り組むための方法は、合成pHの「アップ」および「ダウン」をコントロールする市販品の適用がベターと思われがちです。

    ですが、土壌のpHバランスを回復するための有機的な方法もあります。

    酸性土壌:
    • 重曹

    アルカリ性土壌:
    • レモン
    • お酢

    堆肥

    堆肥は、全てのオーガニックガーデンの基盤を形成しています。

    生ごみや庭の廃棄物をリサイクルするだけで、独自の土壌改良剤を作成できます。

    微生物を詰め込んだ堆肥の山は、枯れ木や枯れ葉、ジャガイモの皮まで、あらゆる有機物を「ブラックゴールド」に分解します。

    「成熟した」堆肥の山から得られる栄養分が豊富な材料を使用して、ベッドをドレスアップし、培養土を作ることが出来ます。

    堆肥化には主に2つの形態があります。

    遅行堆肥

    遅行堆肥化の印象的な主だった利点は以下になります。

    •二酸化炭素排出量を削減します
    •お金を節約します
    •強力な天然肥料
    •土壌の健康を改善します

    遅行堆肥化パイルは、緑と茶色の2種類の材料で構成されています。

    緑の材料は窒素を供給し、茶色の材料は炭素を供給します。
    健康的な好気性微生物をサポートするのに十分な空気をパイルに確実に取り込む為に、25〜50%の緑と50〜75%の茶色のバランスを目指してください。

    緑の材料には、生ごみ、草の切り抜き、海藻、動物の糞尿などがあります。

    茶色の素材には、枯れ葉、段ボール、わら、木材チップなどが有ります。

    前述しましたが新しい堆肥の山は、使用可能な堆肥になるまで数ヶ月かかる事があります。

    材料を供給し続けると、近い将来、永続的な栄養素になります。

    ワーム堆肥

    ワーム堆肥化は、有機栄養素のより迅速な供給源を提供します。

    プラスチックのトートバッグまたはバケツを使用して、簡単なワーム堆肥を作成できます。

    ワームと腐葉土堆肥、キッチンスクラップ(生ゴミ)の供給を混ぜます。ワームはそれをむさぼり食い、有用な堆肥を作ります。

    ワームキャスティングには、有益な真菌、バクテリア、およびカリウム、カルシウム、亜鉛、銅、リンなどのミネラルが含まれています。

    ワームがワームキャスティングの一貫した供給を開始するのに数週間しかかかりません。

    これらをガーデンベッドやポットに重ねて、土壌食物網全体に栄養を与えます。

    ワーム堆肥は「ワームジュース」(ワームピーとも呼ばれます)も生成します。

    蛇口の付いたプラスチックタンクにワーム堆肥を入れ、水を投入します。

    数日毎にそれを排出し、ミネラルと微生物の含まれた液体を成長培地へ追加します。

    肥料

    特定の動物の固形、液体廃棄物は使用可能な栄養プロファイルを備えています。

    高レベルの微量栄養素は、肥料をあらゆる有機栽培の庭の重要な資源にします。

    一般的な肥料には、鶏肉、牛、馬、ラマ、ウサギ、羊が含まれます。

    ですが、『新鮮な糞尿』を与えると、植物が汚染されてしまいます。

    これは窒素が多すぎる為です。

    これにより起きうる事故に窒素焼けがありまるまでに6ヶ月から1年の間腐らせる必要がある事を忘れないでくだ。

    堆肥と同様、肥料は有機物に結合した栄養素を特徴としています。

    これは有益な微生物のた為の食物を提供することを意味します。

    微生物がそれを使える様になると、大麻は栄養素を吸い上げられるようになります。

    栽培者は、肥料を使用し堆肥の山を豊かにし、トップドレッシングとしても使用できます。

    地元の農場や園芸用品センターをチェックすると安価、もしかすると無料の肥料を手に入れる事も可能な場合もあります。

    数ヶ月待つ手間を省くために必要な古い肥料を家に持ち帰ってみてください。

    有機的に供給する方法

    あなたは今、大麻の為の最高の有機食品源について知る事が出来ました。

    以下は有機的な方法を使用して大麻植物を養うための最良の方法です。

    これらの技術は非常に簡単であり、貴重な微生物の生命を無傷に保ちながら植物の成長を刺激します。

    マルチ

    マルチングとは、ベッドやポットに有機物を重ねることです。

    微生物が日光の曝露を嫌うと言ったのを覚えていますか? マルチングはその問題をいくつか解決します。

    地元の森を散歩して、地面を見てください。

    むき出しの土の露出したパッチが見られる事は滅多にありません。 枯れ葉、棒、有機物の層は土壌の生命を保護するための「皮膚=カバー」を作ります。

    このカバーは、土壌を養うために時間とともにゆっくりと分解します。

    マルチングは、自然の知性を複製するように機能します。 このプラクティスの利点を覚えておきましょう。

    -季節を超えてゆっくりと植物に栄養を与える。

    • 菌類に良い食べ物
    • 雑草の成長を抑制
    • 湿気を保持する
    • ある害虫を湾で保ちます
    • ガーデンをすっきりさせます。

    選択可能な有機マルチには多くのタイプがあります。

    あなたがから選ぶことができる有機マルチの多くの異なるタイプがあります。以下のものは、あなたの庭に栄養を与え、土の健康を増進させます。

    • キノコの堆肥
    • 木材チップ
    • バーク(樹木の皮)
    • 腐った糞尿
    • 海藻類

    栽培者は、カバークロップを使って「生きたマルチ」を作ることもできます。

    カバークロップとは、その肥料効果に着目され、狭義の意味で「緑肥作物」として認識されていますが、収穫することを目的としない圃場環境を改善するために植えられる作物の総称を指しています。

    大麻の間にカバークロップミックスを播くことで、土壌の食物網の健全性を高める生きた “カーペット “を作ることができます。

    空豆のようなカバークロップは、窒素を固定し、土壌のレベルを高めるのにも役立ちます。
    成長に合わせてカバークロップ植える事により有機物を土に還流させる事ができます。

    発酵植物ジュース

    発酵植物ジュース(FPJ)は、韓国式自然農法(KNF)の実践に由来します。

    タンポポやイラクサなど、栄養分が豊富な植物を収穫します。
    これらの種はまた、成長ホルモンだけでなく、葉に有益な有機体を含んでいます。

    以下でそれを作る方法を学びましょう。

    1.収穫したての植物をマッシュアップし、バケツに入れます。
    2.ミックスの3分の1を構成するのに十分なブラウンシュガーを追加します(これは微生物に栄養を与えます)。
    3.よくかき混ぜます。 新聞を上に置き、1時間座らせます。
    4.新聞紙を取り除き、混合物の上に重いレンガを置いて余分な空気を取り除きます。
    5.布とひもでバケツを覆い、暗い部屋に2日間置きます。
    6.レンガを取り除き、混合物を1時間空気を抜いてから、再度覆います。
    7.暗い部屋に2〜3週間置きます。

    1. FPJは発酵し、この時点で散布準備が整います。
    2. 0.1〜0.2%の濃度でスプレーまたはルートドレンチとして適用します。 堆肥茶 有機栽培者の重要なツールである堆肥茶は、線虫からバクテリアまで、大量の必須栄養素と有益な生命体を提供します。

    作るには、水で高品質の堆肥を醸造する必要があります。

    効果:

    •植物の成長を促進します
    •有益な生物を連れてきます
    •病気を抑制します
    •有毒な化学物質の必要性を排除します

    コンポストティーの作成方法

    トップドレッシングは成長期に土壌へ栄養素を追加する非常に簡単な方法です。

    春先に最初のトップドレッシングを追加し、その後3週間毎に再度土壌に補充するだけで大麻を健康な状態に保ちます。

    日本人に馴染み深い昆布は栄養素の豊富な供給源と素晴らしいトップドレッシングの一つです。

    昆布をそのままベッドや鉢の上に敷き重ね、水やりをするだけです。

    フォリアスプレー/葉状散布

    葉面散布は、栄養処方と有機的な害虫駆除の形態でもあり、栄養不足を治療し害虫種を一掃するための迅速な方法として機能します。

    葉の表面に散布すると、栄養素は気孔から取り込まれ、根系を迂回し体内へ供給されます。

    葉面散布は、浸水した土壌、pHの不均衡、または根での養分吸収を減少させるその他の問題に対処する場合に特に役立ちます。

    堆肥茶、ワームジュース、FPJはすべてこの方法を適用できます。

    アロエベラ

    アロエベラは大麻の庭には欠かせない植物です。
    この多肉植物は、栄養素と保護化合物を満載した粘性のあるゲルを生成します。

    土壌の健全性を高め、庭の生物多様性を高め、収穫を向上させ、環境にダメージを与えるのではなく、環境を改善してくれます。

    ニームオイルなどの天然物質は、うどんこ病などの真菌病原体と戦うために葉面散布として適用することもできます。

    概要

    これであなたは純粋かつオーガニックな方法で大麻の栽培を成功させる準備ができました。

    壮大な収穫を達成するだけでなく、時間をかけて土壌を健康にし、堆肥を自分の物にする事が出来るようになります。

    ガーデンに出る前に、これまでに説明した主なポイントをおさらいしておきましょう。

    • 土壌の食物網の生命と構造を維持するために不耕起を利用する。
    • 栄養素は重要です。高品質の堆肥やトップドレッシングを使用すれば、化学薬品を使わずにすべての栄養素を補給することができます。
    • pHを時々チェックし、自然な方法で調整しましょう。
    • 生ゴミや庭のゴミを有効活用しましょう。遅行法やワーム法で堆肥を作りましょう。
    • 肥料は簡単に手に入り、あなたの庭に良い影響を与えてくれます。
    • マルチングで自然を真似しましょう。
    • 堆肥茶、葉面散布、FPJは微生物と栄養分をすぐに与えてくれます。

    これらのテクニックを使えば、自然に逆らうのではなく、自然との調和が図れます。

    沢山の収穫と幸せがあなたにありますように。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド