大麻植物に最適なPH値

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻植物に最適なPH値

大麻植物に最適なPH値

目次

    ガーデニングの世界では、pHはすべてに影響を及ぼし、影響を受けます。
    さらに言うと、植物を育てるプロセス全体はpHバランスの具体的な胸躍る研究です。

    あなたは素晴らしい大麻を育てようとしています。
    種子は発芽し、小さな大麻が今熱心に成長しています。
    高品質の栄養素に多くのお金を費やし、大切な若葉に適切に水をやり、 栄養を与えることを確実に行います。

    しかし、異変が起こります。
    植物が病気にかかっている可能性があることに気づきます。
    葉が変色し、成長が止まっています。
    これを認知する前に、植物は枯れつつあり、これがどのようにして起こったのか答えが分からず困惑します。

    過剰な水やりや過剰な栄養補給などの致命的な欠点がある中で、pHの不安定さは大麻栽培で最も一般的な問題の1つです。

    pHが非常に重要である理由を理解するために、最初に概念自体を理解しましょう。


    PHとは何ですか?

    pHは、酸性またはアルカリ性がどれほど含まれているか図る尺度です。

    pHスケールは1〜14の範囲で、pH 7は中性(純水のpH)です。
    pHが7未満の場合、物質は酸性と見なされます(酢またはレモンジュースを考えてください)。
    pHが7を超える場合、石鹸、漂白剤、およびアンモニアの場合と同様に、物質はアルカリ性です。
    より科学的に言えば、pHレベルは、植物に与える水中の水素イオンの濃度と関係があります。

    pHスケールは基数10に対して対数です。

    つまり、pH6の水はpH7の水よりもすでに10倍酸性です。

    大麻を栽培するときにPHが重要なのはなぜですか?

    ご存知のように、すべての植物は健康な成長のために栄養素を必要とします。
    それらは、主要栄養素である窒素、リン、カリウムに加えて、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅などの微量栄養素とミネラルを必要とします。

    植物がこれらの栄養素を得ることが出来ない場合、それは欠乏症や他の深刻な健康問題につながります。
    大麻の問題は、土壌で成長する場合、約6〜7の範囲の小さなpH範囲内でのみ栄養素を吸収できることです。

    pHがそれよりも低いか高い場合、植物は栄養素が存在していてもそれを取り込むことができません。

    したがって、「栄養素のロックアウト(締め出し)」によって栄養素が不足します。
    大麻が野生で繁栄する場所では、土壌は通常わずかに酸性です。

    したがって、自家製の大麻植物もわずかに酸性の環境を好みます。

    ただし、大麻の栽培方法は、植物の最適なpHレベルにも影響します。 ハイドロポニックまたは土壌なしで成長した大麻は、土壌が成長するよりもさらに低いpHを必要とします。

    大麻を育てるのに最適なpHは何ですか?

    土壌:6.0〜7.0 pH

    土壌で育つ場合、根域の最適なpHレベルは6.0から7.0の間です。 ただし、この範囲内に「最適」な固定の番号はありません。
    代わりに、最適な栄養摂取をサポートするために、この範囲内で自然な変動を許容することは良いことです。

    調整するたびに、少しずつ異なる方法を試してください。

    たとえば、ある散水ではpHを6.2に調整し、次の散水では6.6に調整できます。
    6.0〜7.0の範囲内にある限り、問題はありません。
    土壌はまた、pHの不均衡に関してはより許容的であり、それだけで十分です。
    液体栄養素を投与しない純粋で有機的に成長する場合、pHはそれほど問題ではありません。
    有機物を含む改良および堆肥化された土壌を使用している場合、内部の微生物が栄養素を根に運びやすくします。
    ただし、標準的な培養土と液体栄養素を使用しているほとんどの栽培者は、実際にpHを考慮する必要があります。

    水耕栽培と土壌:5.5〜6.5 pH

    ハイドロと無土壌の成長は、pHに関しては別の問題です。

    Cocoのように無土壌で育つ場合、根域での最適なpHレベルは、土壌よりもやや低く、5.5〜6.5の間である必要があります。同じことが水力発電のすべての方法に当てはまります。
    これらの方法では、栄養素の摂取をサポートするために、pHレベルを許容範囲内で変動させることも同様に重要です。

    たとえば、水力発電では、カルシウムとマグネシウムは主に6を超えるpHレベルで吸収されますが、マンガンなどの他の栄養素はさらに低いpHを好みます。
    繰り返しになりますが、水耕栽培の仕組みでは、栄養素ごとにpHレベルが自然にわずかに変化するため、問題にはなりません。
    pHレベルが最適な5.5〜6.5のpH範囲を超えた場合にのみ、修正する必要があります。
    ココ、パーライト、または水耕栽培で栽培する場合、水を介して根域に直接栄養素を投与する責任があります。つまり、pHの大幅な変動は土壌よりもリスクが高くなります。

    水力および無土壌の成長に使用される不活性媒体は、単に水分を保持し、植物の根をサポートします。
    したがって、栄養素を投与するときは、植物に過負荷をかけないように注意してください。

    PHをテストする方法

    pHレベルの管理とは、水または養液をテストし、それに応じて調整することを意味します。
    これは複雑に聞こえるかもしれませんが、実際にはそうではありません。
    pHをテストするには、デジタルpHメーター、または滴剤付きのpH測定キットを使用できます。 この場合どちらの方法が「最良」であるかについての意見は異なります。

    正確で読みやすいデジタルpHメーターを好む人もいれば、非常にシンプルで調整を必要としないて滴剤を好む人もいます。 両方を試して、好みを見つけてください。

    栄養素や修正を加えた後、水のpH値が変化するため、pHを測定します。
    溶液を混合した後、pHメーターまたはドロップを使用してpHレベルをテストします。
    水耕栽培をしている場合は、栄養素を追加してから数分後に貯水池からサンプルをテストします。

    大麻pHメーターの使用方法と調整方法

    PHを調整する方法
    pHが成長するセットアップに最適な範囲から外れている場合は、それを修正することが重要です。
    これは、どの栽培店でも入手できる「pHアップ」および「pHダウン」製品を使用して行うことができます。
    pHが高すぎる場合は、もちろんpHを下げる必要があり、その逆も同様です。
    水道水のアルカリ性を考えると、多くの場合、pHを上げるのではなく、下げる必要があります。

    これは、pHを1本下げるだけでうまくいく可能性があることを意味します。
    結果を確認するには、通常、これらのpH調整製品をごく少量必要とすることに注意してください。
    必要な量を追加してから、メーターまたは液滴で水をテストします。

    すべてを理解したとき、植物を育てることができます。
    また、季節の変化やその他の要因が水道水のpHに影響を与えることにも注意してください。
    これは、栄養溶液がすべての栄養素と一致していると仮定するべきではないことを意味します。
    代わりに時々確認し、植物が本来あるべき状態にあることを確認してください。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド