大麻栽培室の臭い対策

ホーム / ブログ / 大麻栽培 / 大麻栽培室の臭い対策

大麻栽培室の臭い対策

目次

    栽培室の臭いが屋外に漏れるのを防ぐことができれば、栽培を安全に終了できる可能性が大幅に高まります。  大麻栽培室の臭い対策が不十分だと、栽培者が作物を没収される主な原因の1つになっています。 

    ここでは、絶対にバレないようにするための秘訣をご紹介します。

    カーボンフィルター

    多くの生産者は、緊急の交換が必要な場合に備えて、予備のカーボンフィルターを常に持っています。  カーボンフィルターは、芳香族テルペンを除去し、フィルター内に閉じ込めることで機能します。 

    室内栽培の一般的なルールの1つに、カーボンフィルターは栽培室の設備に欠かせないというものがあります。  多くの栽培者は、安全性を高めるために、古いカーボンフィルターが寿命を迎える前に新しいカーボンフィルターに交換することを好んでいます。  カーボンフィルターは、湿度が低いと長持ちする傾向があります。

    オゾン発生装置

    オゾン発生器は、カーボンフィルターほど必要不可欠なものではありませんし、安全上の理由から誰もが好むものではありません-オゾンは危険です。  しかし、一部の栽培農家にとって、オゾン発生器は、カーボンフィルターから漏れるかもしれないわずかな臭いも安全に除去することを保証するものです。 

    オゾン発生器は、通常、カーボンフィルターから排出される排気の流れに設置されます。  しかし、適切なオゾンレベルを得るためには、慎重なコントロールが必要です。  都市部で過剰なオゾンを発生させると、不要な注目を浴びる可能性があります。

    適切なシール

    カーボンフィルター、ファン、ダクトの間に適切な気密性があることを確認してください。  密閉されていないと、濾過されていない空気を誤って栽培室から取り出してしまい、外部に気づかれてしまうことがあります。 

    多くのハイドロショップでは、基本的なものだけでなく、より高価なプロ用のダクトシールも販売しています。

    無駄な空気を排除する

    栽培室から排出される排気を取り除く最適な方法を見つけてください。  多くの生産者は、屋根の煙突から強制的に排出することを好みます。  また、排気のダクトをロフトにあるエアブリックに接続する生産者もいます。  しかし、それではロフト内に熱がこもってしまい、冬場は大変なことになります。 

    暖かい屋根の空間は、夏には気づかれないかもしれませんが、冬には暖かい屋根が霜や雪を防ぎ、大麻栽培のギブアップサインとなる可能性があります。  可能であれば、暖かい排気を直接屋外に排出しましょう。  また、可能であれば、玄関からではなく、家の裏側など、人から離れた場所で換気するようにしてください。 

    現実には、多くの家庭菜園家(アパート住まいなど)は、空気を室内に戻す以外の選択肢はない。  理想的ではありませんが、フィルターを定期的に交換し、窓を開けて新鮮な空気をたくさん取り入れることができれば、多くの場合、うまく機能します。

    ファンとカーボンフィルターの互換性

    ファンとカーボンフィルターの互換性を確認する。  小さなカーボンフィルターに大量の排気を送り込むような換気扇では意味がありません。 

    フィルターが風量に対応できない場合は、より大きなカーボンフィルターが必要で、そうしないと臭いが屋外に漏れてしまいます。 

    臭いの少ない系統? 

    生産者の中には、ある種の低臭気品種は、より少ない注意で栽培できると感じている人もいるようです。  しかし、ほとんどの生産者は、低臭気品種であっても、満開時には強い臭いを発すると感じています。 

    植物の遺伝に頼らず、臭いに対応できるような栽培室を綿密に計画するようにしましょう。

    第2カーボンフィルターの使用

    大型のリーガル・グロウの中には、排気を内部の部屋に排出するものもあります。  この空気は、2つ目のカーボンフィルターでろ過された後、最終的に屋外に排出されます。  多くの人にとってこれは不要なことですが、アメリカの合法栽培農家がどのように臭いの問題に対処しているかを見るのは興味深いことです。

    オナジェル

    アメリカの調剤薬局でよく使われている、ニオイを抑えるためのジェルです。  臭いを除去する天然植物エキスが含まれており、他の臭気対策と組み合わせて使用することができます。 

    オナジェルは、栽培室以外での人気が高く、「万が一、家の中に大麻の臭いが残っていたら」と考えて使用されることが多いようです。

    収穫のコツ

    大麻を収穫するには、テントの中に入ってジッパーを閉め、切り始めるのが一番だと思う生産者もいます。  また、深夜など人が少ないときに、テントの扉を開けて収穫することを好む生産者もいます。  

    大麻の栽培は簡単で、いくつかの簡単な注意事項を守れば安全でもあります。  しかし、室内で大麻を栽培する最も安全な方法は、常に臭いを消すように栽培計画を立てることです。  

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    Telegram
    https://t.me/cannabisdnalabs
    *ダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/telegram/

    Session ID
    052ff60ec4656d31fc4936959a00ef1c98a474a2a248cde47836e32d18cdc7d42a
    *ダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/session-private-messenger/

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    お買い物カゴ

    取扱いブランド