大麻栽培に必要な栄養素

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻栽培に必要な栄養素

大麻栽培に必要な栄養素

目次

    大麻の主要栄養素と微量栄養素

    大麻植物が成長に必要とするさまざまな栄養素、なぜそれらが必要で、どのように吸収するのかについての記事です。

    大麻植物は様々な栄養を必要とします。

    ミネラルと元素の微妙なバランスに依存して、成長サイクル全体の主要な生理学的役割を果たします。

    これらの栄養素には、主要栄養素と微量栄養素という2つの主要なカテゴリに含まれます。

    栄養素と微量栄養素

    大麻植物は、たんぱく質、炭水化物、脂肪が人間の食事の要を構成するのと同じように、大量の多量栄養素を必要とします。

    植物は、大量の窒素(N)、リン(P)、およびカリウム(K)に依存しています。

    これらの栄養素の需要、またはNPK比率は、成長の段階に応じて変化します。

    植物を植えると、Nの需要が高くなり、PとKの必要性が少なくなります。

    対照的に、植物は開花期に必要なNとPとKの量がはるかに少なくなります。

    これらの3つの要素は、土壌内の主要な栄養素を構成します。

    それとは別に植物は空気と水から、炭素、水素、酸素という3つの追加の主要栄養素を取得します。

    植物は健康で無病、そして生産性を維持するために、かなり長い微量栄養素のリストを必要としますが、これらの分子を少量しか必要としません。

    しかし、見逃すと深刻な事態に陥る可能性があります。

    これをビタミンの人間の必要性と比較することができます。
    多くは必要ありませんが、不足すると健康に大きな打撃を与えるイメージです。

    可動性と不動性の栄養素

    大麻の栄養素には、移動性と不動性の特徴があり、輸送性を定義する用語です。
    植物は移動栄養素を最も必要とする場所に移動することができます。

    したがって、植物は新しい成長の健康を優先するため、移動栄養素の不足は古い葉に最初に現れます。

    対照的に、不動の栄養素は固定されたままでした。
    欠乏症の症状は、これらの栄養素へのアクセスが不足しているため、新しい成長に現れます。

    以下のリストで、どの栄養素が可動性と不動性の特性を備えているかについて説明します。

    イオン栄養素

    大麻植物は、有機物を抑制し、そこからミネラルを抽出することができません。

    代わりに、微生物は有機農業環境でこのハードワークを行います。
    彼らは肥料と堆肥を分解し、中に閉じ込められている栄養素を解放します。

    対照的に、合成肥料は非有機的な環境で植物が容易に吸収できる栄養素で土壌を利用しません。

    いずれにせよ、植物は栄養素をイオンとしてのみ取り込むことができます。
    これらの帯電した粒子は、正電荷(カチオン)または負電荷(アニオン)のいずれかを備えています。
    たとえば、植物はカチオンアンモニウムまたはアニオン硝酸塩の形で窒素を吸収します。

    彼らは、2つの陰イオンの形のリンと、陽イオンK +の形のカリウムにしかアクセスできません。

    簡単に言えば、植物の根に入るには栄養素を分解するか、精製された形で供給する必要があります。
    これらの栄養素は、拡散などの受動的なプロセスを介して入りません。
    代わりに、ATP(エネルギーの細胞内通貨)と膜結合タンパク質を利用した能動輸送を介して入ります。
    このプロセスにより、イオンが根域から根組織に移動することができます。

    空気と水からの栄養素

    大麻植物は、3つの主要栄養素を自給自足で入手します。
    これらの要素は、空気から取り込まれるか、光合成の副産物として生成されます。

    炭素

    植物は、気孔として知られている葉の表面の小さな孔を通して空気から二酸化炭素を「吸い込み」ます。
    しかし、気孔は二酸化炭素が入るために常に開いているわけではありません。
    リソースの需要に応じて、一対の孔辺細胞が各孔を開閉します。

    二酸化炭素は植物の健康に重要な役割を果たします。
    植物はガスを成長に必要なエネルギーに変換し、水と一緒に使用して光合成を行います。

    水素

    植物は光合成中に水分子から水素を作ります。
    彼らは光エネルギーの力を利用することによってこの反応を達成します。

    水素は植物の成長のためのもう一つのビルディングブロックとして機能します。
    植物は水素イオンを使用して、光合成中に電子輸送チェーンを駆動します。

    酸素

    植物の地上部は、二酸化炭素を分解して酸素を取得します。
    対照的に、根は光にアクセスできず、光合成を行わないため、酸素を吸い込みます。

    植物は、光合成によって作られた貯蔵されたグルコースからエネルギーを放出するのを助けるために、呼吸のプロセス中に酸素を必要とします

    土壌からの栄養素

    大麻植物が必要とする残りの主要栄養素は、腐敗した有機物または合成肥料のいずれかの形で、土壌に由来します。

    以下のこれらの重要な物質の機能を発見してください。

    窒素

    窒素は、大麻植物において硝酸塩の形で移動栄養素として機能します。
    植物は、成長サイクルを通じて他の栄養素よりも窒素を必要とします。

    ただし、土壌窒素の98%は有機的な形で存在します。
    微生物はこの貴重な物質をミネラル化して植物がそれにアクセスできるようにするために必要です。

    いったん中に入ると、植物は一般的な成長と発達のために窒素に依存しています。
    要素はまた、植物が光合成を実行することを可能にするクロロフィル分子の重要な部分を形成します。
    窒素は、アミノ酸の重要な構成要素、つまりタンパク質の構成要素としても機能します。

    リン

    リンは移動栄養素として、新しい未成熟な成長に利用できます。
    植物はその要素をアニオンとして取り込み、それを生理学的プロセスの長いリストで使用します。

    リンはすべての生きている植物細胞で発生し、その重要性の証拠です。

    エネルギー移動、光合成、デンプンと糖の変換に役割を果たします。
    リンは植物の周りの栄養素の移動を助け、次の世代への遺伝的特性の伝達を助けます。

    この要素は、根の発達と茎の耐久性に寄与する栄養段階で重要な役割を果たします。
    リンは成長サイクルの後半で、植物が病気に抵抗するのを助け、花の形成と生産性にも役割を果たします。

    カリウム

    大麻植物はこの可動性栄養素をミネラル化したカチオンの形で取り込みます。

    突然、この重要な要素にアクセスできなくなった場合、作物は非常に大きな病気などになる可能性があります。

    カリウムは植物の成長、代謝機能、ストレス耐性、根の成長、および根系の構造に寄与します。
    カリウムは水の保全にも重要な役割を果たします。
    先ほどお話しした孔辺細胞を覚えていますか?気孔を開閉するにはカリウムが必要です。

    植物は、これらの小さな開口部から二酸化炭素を取り込むたびに水分を失います。
    水が不足すると、植物は気孔を閉じてできるだけ多くの水を保持するためにカリウムを必要とします。
    植物はまた、酵素の活性化因子およびタンパク質合成の主要なプレーヤーとしてカリウムに依存しています。

    微量栄養素

    微量栄養素は少量で必要とされますが、植物生理学において基本的な役割を果たします。
    通常、欠乏は非常にまれですが、欠乏は健康、成長、および収量に悪影響を及ぼす可能性があります。

    ボロン

    ホウ素は細胞壁を強化するのに役立ちます。
    それは重要な構造的役割を果たし、要素の約90%が細胞壁を構成する大きな炭水化物分子の架橋を助けます。
    植物がホウ素を欠乏すると、構造的に損なわれる可能性があります。

    カルシウム

    植物は構造的完全性のためにカルシウムを必要とします。
    ペクチン酸カルシウムの形の不動の栄養素は、植物の細胞壁と膜を一緒に保持します。
    要素はまたホルモンおよび酵素の活動を調整するのを助ける細胞内メッセンジャーとして役立ちます。

    光合成の複雑なプロセスに寄与するもう1つの要素である銅は、植物が炭水化物やタンパク質を代謝するのにも役立つ移動栄養素です。

    半可動性栄養素である鉄は、植物が葉緑体の構造と機能を維持するのに役立ちます。
    葉緑体は、光エネルギーを植物細胞で使用できる糖に変換する細胞小器官です。
    鉄はまた、多くの酵素や色素の重要な成分として機能します。

    マグネシウム

    移動性栄養素であるマグネシウムは、光合成の背後にある非常に強力なものになるでしょう。
    この要素は、クロロフィル分子の心臓部を形成します。
    クロロフィル分子は、糖を生成するために使用される太陽光を取り込む構造を可能にします。
    植物はまた、細胞分裂、タンパク質合成、リン酸代謝、酵素活性化のためにマグネシウムを必要とします。

    マンガン

    マンガンは、大麻植物内の最も重要なシステムと機能のいくつかに貢献しています。
    これらには、窒素同化、呼吸、および光合成が含まれます。
    この要素は生殖においても重要な役割を果たします。
    花粉管の成長と花粉の発芽を助けます。
    大麻のブリーダーは、この不動の栄養素がなければ仕事を失います。

    モリブデン

    モリブデンは、植物がアミノ酸を合成できるようにする2つの酵素で重要な役割を果たします。
    これらの酵素の1つは、硝酸塩を亜硝酸塩に変換するのに役立ち、もう1つは亜硝酸塩をアンモニアに変換します。
    植物は、この移動栄養素を需要の高い箇所に簡単に与えることができます。

    硫黄

    植物はこの半可動性の栄養素を少量だけ必要とします。
    しかし大麻植物は、それ無しで必須酵素を形成するのに苦労するでしょう。
    さらに、硫黄は植物性タンパク質、ビタミン、アミノ酸の構築に役立ちます。

    亜鉛

    亜鉛は、少量で植物の主要な変化に影響を与えます。
    不動の栄養素はさまざまな酵素とタンパク質の一部を構成し、成長ホルモンの産生と節間伸長を助けます。


    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド