マザープラント選定完全ガイド

ホーム / ブログ / 栽培について / マザープラント選定完全ガイド

マザープラント選定完全ガイド

目次

    大麻のマザープラントは、お気に入りの作物の差し木(クローン)を入手する理想的な方法です。
    完璧なマザープラントを選び、育て、維持する方法を以下でご紹介します。

    あなたの世界を揺さぶる大麻の系統を見つけたら、何度も何度も体験したくなるでしょう。
    お気に入りの発見を繰り返す最も簡単な方法は、マザープラントからクローンを採取することです。
    マザープラントを使うことには多くの利点があります。
    血統の特性が既にわかっており、再現性があり、雌性が保証され、生育が多かれ少なかれ標準化されています。
    マザープラントは、よく手入れをすれば無期限に生育させることができ、何年も楽しむことができます。

    マザープラントを使うメリット

    タイミングが合えば、マザープラントをクローンニングすることで、ある日には収穫し、次の日にはより多くの植物を準備することができます。
    生育スケジュールが重なっても、いつでも花を咲かせることができます。

    SOGを使用する場合、マザープラントは幼苗の理想的な供給源となります。
    似たようなサイズのクローンであれば、背の高さや短さを考慮する必要のない均等なキャノピーが形成されるため、光の当たり方や収量の可能性を最適化することができます。

    マザープラントは必要なだけ大きくすることができます。
    スペースに余裕のある野心的な栽培者は、多くのクローンを育てるために大 型のマザープラントを必要とするでしょう。
    数本しか置けないような小さなスペースでは、それに見合うだけの小さなマザープラントが必要になります。
    大麻は、あなたの個人的な状況に合わせて簡単に操作することができます。

    挿し木で栽培するたびに、一貫した特性が保証されます。
    商業生産者は標準化を評価し、国内生産者は信頼性の高い性能を評価します。

    クローンにオスが混入するリスクがないため、効率的な栽培スペースをメスだけで満たすことができます。

    元気なマザープラントを育てるための条件とは?

    マザープラントを育てるというと、たくさんのスペースと道具が必要なように思われるかもしれませんが、実はとても簡単なことです。
    ここでは、健康なマザープラントを育てるために必要なものをリストアップしてみました。

    ・80×80×150cmのスペースを育てる

    小さな栽培テントはとても有効ですが、物入れの中でマザープラントを育て続けることもできます。
    狭いスペースでも小さくて元気なマザープラントを育てるために、盆栽の方法を使っている生産者もいます。

    ・ライトについて

    ほとんどの栽培者は、大体100~150W程度の低消費電力の蛍光灯を使用して、植物を管理しながら健康的に成長させています。
    植物の生育を促進させたい場合や、複数のマザープラントを一度に飼育している場合は、メタルハライドライトに切り替えることをお勧めします。

    ・換気扇(オプション)

    栽培室の空気を一新するために、100~200cm³の換気扇を使用することをお勧めします。
    また、マザープラントの周りの空気の循環を良くするために、小型の振動ファンの使用も検討してみてください。

    ・タイマーと温湿度計

    植物の日照時間を設定するタイマーや、栽培スペースの温度や湿度を把握するための恒温恒湿器などがあると非常に便利です。

    マザープラントの選び方

    マザープラントは、種子またはクローンから栽培することができ、その生涯を通じて植生に保たれています。
    マザープラントを選ぶには、元の植物を種から育てる場合、ある程度の準備が必要です。

    成長の特徴や効果の詳細な記録や写真を保管しておくと、物事が混乱しないようになります。
    単一系統の作物から最も優れた植物を選ぶか、または多系統の作物の中から最高のものを選びましょう。
    開花の2週目までに、雌雄がわかるので、オスを処分することができます。

    しかし、どの植物がマザープラントとして維持する価値があるかを知っていますか?

    大麻のマザープラントに求めるもの

    ・元気
    発芽が早く、苗と生長期の両方の段階で元気で健康的な生長を示す植物を選ぶ。

    ・根の健康
    健全な根のネットワークは、健全な植物の心臓部です。
    移植の際には、どの植物が最も健康的な根を張っているかをチェックし、マザープラントを選ぶ際にはその点に注意しましょう。

    ・害虫抵抗性
    害虫や疫病は、大麻の作物全体を台無しにしてしまう可能性があります。
    あなたは、一般的な害虫や病原体に対する自然な抵抗力を示しているマザープラントを選びたいと思うでしょう。

    ・雌雄同体
    クローン/マザープラントは同じ特性を継承するため、雌雄同体のクローンを作成したり、マザープラントとして保持したりすることはお勧めしません。

    ・開花の可能性
    あなたの植物が花を成長させる速度とそれらがどのように形成されるかに目を光らせてください。
    クローンが均質な構造、良好な花と葉の比率、および優れた毛状突起の生成を伴う花を生成するマザープラントを維持する必要があります。

    ・煙の風味や香りのレポート
    株を収穫したら、しっかりと乾燥させて硬化させた後に花を分析する時間を取るようにしましょう。
    株の風味と香り、効力、収量の大きさと質を考慮してください。

    理想的な世界では、これらすべての面で非常に優れた性能を発揮する植物を選びたいものです。
    しかし、植物は完璧ではないことを覚えておいてください。
    あなたはそれがマザープラントとして維持するために1つを選択することになると、いくつかの妥協をしなければならない可能性が高いでしょう。
    最終的な決定は、あなたが植物の中で最も大切にしている特徴にかかっています。

    種子から大麻のマザープラントを選ぶ方法

    大麻の種たちを発芽させると、庭や栽培室に植えられた植物は、多様な形状を示す可能性が高くなります。
    同じ株として販売されているにもかかわらず、一部の植物は節間が広くて大きく育つかもしれませんが、他の植物は小さくてふさふさしているかもしれません。
    植物の葉の色は、葉の大きさや形だけでなく、葉の色、花の香りや味も微妙に異なる場合があります。

    これは、現在市場に出回っている大麻の種子のほとんどがF1ハイブリッド品種であるためです。
    トウモロコシや小麦などの農作物とは異なり、大麻は、品種改良者が異なる植物の安定化に役立つ厳格な育種技術の対象にはなっていません。

    このことは、大麻の種子が予想外の結果をもたらすことがあることを意味しますが、栽培者や育種者には、さまざまな形質を持つ植物を扱う機会を与えることで、多くの可能性を開くことにもなります。

    種から育てている場合は、植物が2-3週間ほど成長期に入ったら、それぞれの植物から挿し木をすることをお勧めします。
    挿し木が発根するのを待ち、花を咲かせる前に最低でも 2 週間は発芽させるようにしましょう(種から育てた原種を植生状態にしたまま)。

    これにより、それぞれの植物の生育、クローンニングの可能性、花の発達を評価する機会を得ることができます。
    ここでは、種子からマザープラントを選択する際に見るべきいくつかの点があります。

    ・ストレスの閾値
    あなたの植物から挿し木を取った後、剪定のストレスに対処するのがベストかワーストだったかを記録しておきましょう。

    ・発根の可能性
    どの挿し木が一番早く根を張ったかを確認します。

    ・植物の成長
    挿し木を2~3週間放置すると、どの挿し木が最も早く成長し、最も健康的な葉をつけているかを確認します。
    室内で栽培している場合は、一般的に株間の間隔が短いものを選ぶとよいでしょう。

    ・開花の可能性
    開花期に入ったら、花の発達の速さ、花の形、樹脂の生成、香りを観察しましょう。
    また、クローンの花があなたの生育環境にどれだけ適しているかを念頭に置いてください。
    例えば、湿度が高く、高温多湿が苦手な場合は、カビが生えにくく、風通しの良い花を咲かせる株を選ぶことを検討してみましょう。

    ・収穫の品質
    収穫し、乾燥させ、挿し木を硬化させた後、それぞれの植物を試食して、風味、香り、効力を最終的に判断してください。

    大麻のマザープラントに栄養を与える方法

    マザープラントは一定の植生状態に保たれているので、窒素やその他の微量栄養素を確実に摂取できるようにしておきましょう。
    理想的には、マザープラントに有機肥料(ミミズ堆肥や堆肥茶など)を与えることで、土壌中の微生物の健康的な生活を促進し、植物の培地をきれいにして、根の部分に塩分が溜まるのを防ぐことができます。

    あなたは、野菜植物と同じように、マザープラントを肥料を与えることができます。
    しかし、一部の生産者は、よりマイルドな濃度の栄養素を含む特定の肥料をマザープラントに与えることを選択しています。

    マザープラントのメンテナンス

    植物を数ヶ月(あるいは数年)に渡って植生状態で維持するには、栽培者に代わっていくつかの作業を行う必要があります。
    適切なケアをしないと、マザープラントは栄養不足に陥ったり、根に問題が生じたり、手に負えない大きさに成長したりすることがあります。
    ここでは、最高のクローンを作るために、マザープラントを健康で幸せな状態に保つ方法を紹介します。

    ・定期的なトッピング

    マザープラントの大きさを管理するためには、トッピングが必要不可欠です。
    マザープラントの植生期に入ってから約2週間の早い時期に植え替えを行いましょう。
    新しい枝が光に向かって伸びてきたら、ピンチやLSTを使って土に向かって枝を下ろし、均一なキャノピーを作ります。
    定期的に植え付けを続けることで、栽培室やテントの中で生育するように訓練します。

    ・空気剪定の根

    マザープラントを管理する上での大きな課題の一つは、長期間にわたって鉢に入れたままにしておくことです。
    鉢の中に長く放置されたままの植物は、根腐れを起こしたり、栄養不足や成長の阻害、害虫や疫病の問題に発展することがあります。

    マザープラントの根を健康に保つには、自然に根を刈り込んでくれる布製の鉢で育てましょう。
    布製のポットは、根の先端に伸びた根を、空気の薄い膜で焼灼します。
    これにより、根が鉢の端まで届くのを防ぐことができるので、通常の鉢のように1ヶ月に1度程度の頻度で根を刈り込むよりも、1つの鉢で何週間も過ごすことができます。

    あなたがマザープラントを剪定するたびに、根の部分を検査するのにマザープラントを逆さまに反転させます。
    植物の根が鉢の形をした培地の外側に生え始めている場合は、清潔な園芸用の鋏やハサミを使って、根を刈り込む必要があります。
    理想的には、植物の根を元の大きさの5分の1に戻すことをお勧めします。
    植物を植え替え、必要に応じて鉢に余分な土を入れ、よく水をやります。

    マザープラントの根を刈り込むことは、植物を健康に保ち、根の問題から植物を守るための重要なステップです。

    ・恒久的な植生のサイクル

    マザープラントは無期限に成長の栄養段階に保つ必要があります。
    これは、24時間ごとに12時間以上の光を受け取る必要があることを意味します。
    彼らが植生室にいる場合、標準的な18/6日/夜の植生サイクルを取得します。
    あなたが成長率を遅くしたいならば、14/10の昼/夜のサイクルは彼らを植生に保ちますが、成長は遅くなります。 できるだけ早くより多くのクローンが必要な場合は、18/6のスケジュールを維持して急速に成長させてください。
    メタルハライドランプを使用して青色の光スペクトルを利用すると、理想的な植生が促進されます。
    メタルハライドランプを使用してブルースペクトルの光を利用すると理想的な植生が促進されます。
    また、フルスペクトルの LED を使用することも可能です。

    いつ大麻のマザープラントからクローンを取ることができますか?

    健康な大麻のマザープラントからクローンの採取を始めるには、大体2週間ほどかかります。
    植物が若いうちは、一度に2-3個のクローンを採取することをお勧めします。
    植物が大きくなってくると、徐々に挿し木の回数を増やしていくことができます。

    どのくらいの頻度でマザープラントからクローンを取ることができますか?

    剪定した後、マザープラントが回復するまでに最低でも2週間以上の時間を与えてから挿し木をすることをお勧めします。
    一度に多くのクローンを取りすぎたり、マザープラントが回復するのに十分な時間を与えなかったりすると、植物にストレスを与え、成長を鈍らせ、害虫や疫病にかかりやすくなります。

    健康なマザープラントと適切なクローンニングプロトコル栽培方法があれば、最高品質の芽を年に何度も収穫することができます。
    永久収穫法と呼ばれるこの方法は、クローンニングと収穫を適切なタイミングで行うことで、古いクローンが収穫されたらすぐに新しいクローンを開花させることができます。

    質問と回答

    マザープラントから何個のクローンを取ることができますか?

    これは、植物の大きさ、健康状態、年齢によります。
    小さくて若いマザープラントからは、一度に2-3個のクローンを取ることをお勧めします。
    一方、大きくてふさふさした母植物は、一度に6-8個のクローンを採取しても問題ありません。

    マザープラントは何個のクローンを作ることができますか?

    マザープラントは事実上無制限の数のクローンを生産することができます。
    しかし、ストレスを与えないように、クローンニングの間に最低でも 2 週間は休ませることが重要です。
    また、多くの生産者は、6-12ヶ月ごとに新しいクローンに交換することを選択しています。

    植物のクローンは何度も作れますか?

    マザープラントの遺伝的プロファイルは時間が経っても変化しませんので、何回クローンを作れるかに制限はありません。
    マザープラントが健康である限り、あなたが好きなだけ健康なクローンを作ることができるはずです。

    マザープラントは何ワット必要ですか?

    マザープラントはあまり光を必要としません。
    マザープラントの健康な成長を維持するためには、150W程度の光を与えることをお勧めします。
    中には、これよりも少ない光量を与えることで、母植物の成長を促し、より良い挿し木ができるようにしている生産者もいます。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド