これで初めての栽培も安心!!大麻成長期ガイド

ホーム / ブログ / 栽培について / これで初めての栽培も安心!!大麻成長期ガイド

これで初めての栽培も安心!!大麻成長期ガイド

目次

    この記事では大麻種子発芽から開花期まで間の「成長期」について解説していきます。

    大麻成長期とは何ですか?

    大麻成長期とは、発芽後から開花期までの成長サイクルの期間です。
    大麻の種子が発芽すると、種子として土から出てきます。発芽したての幼苗は短い茎と2つの丸い子葉を特徴とします。最終的に、最初の「真の」葉が形成されます。
    その後の2〜3週間で、苗木は成熟し始め、多数のファンの葉(光合成に必要な構造)を生産し始めます。これは、成長期の始まりを示します。
    成長期は、品種の遺伝と栽培者の目標に応じて、3〜16週間(またはそれ以上)の間、続きます。
    この間に爆発的な成長が起こります。植物は通常、成長期の開始時に大きな容器に移植され、根系に拡大する余地を与えます。
    メインの茎が伸びて、節の間のスペースが劇的に増加します。
    インディカの品種は短いままで側方成長が多くなりますが、サティバの品種は枝分かれがはるかに大きくなります。
    光周期の品種では、光周期が短くなると栄養段階が終了して開花期に移行します。屋外では、これは季節が夏から秋に変わるときに起こります。
    室内では、植物を強制的に開花させるために、照明スケジュールを12時間オンおよび12時間オフの光サイクルにすると成長期から開花期に移行します。
    対照的に、自動開花栽培品種(オートフラワー品種)は、光サイクルではなく、年齢に基づいて開花を開始します。

    成長期の重要性

    成長期は、大麻植物のライフサイクルにおける重要な期間です。生産者は植物ができるだけ大きく、健康的に成長するための最適な環境条件を提供する必要があります。
    多くの場合、サイズは収量と同じです。植物が大きくなるほど、節や「つぼみの場所」が発達し、生産できる花が増えます。しかし、サイズだけが要因ではありません。
    一部の生産者は、植物を訓練することによって行うことができる優れた収量を達成しながら、植物を小さく保つことを好みます。
    これらの技術は、最初の花が出現し始める前の栄養段階で実装する必要があります。
    成長期は、多くの重要な生理学的機能が進行しています。
    ファンの葉は、光とCO₂をエネルギーに変換するために一生懸命働いています。根系が拡大し、植物の転倒を防ぐためのしっかりしたアンカーの役割を提供しています。
    根はまた、重要な栄養素と水を取り込む働きをします。この時期の植物の需要を満たすために、栽培者は適切な量の光、水、および栄養素を提供する必要があります。
    また、害虫や病原菌に気を配り、これらの脅威が作物に害を与えたり殺害したりしないように最善を尽くす必要もあります。最終的には、栄養期間が開花のステージを設定します。この期間中、より健康な植物は、開花と豊富な収穫のためにより多く準備されます。

    理想的な植物成長を達成する方法

    上記の要因は、成長するすべての大麻に適用されます。
    耕作者がこれらすべての変数の間の完璧なバランスをとることができれば、栄養段階で驚くべき成長が可能になります。
    植物の主要な需要は同じままですが、栽培者は屋内と屋外での栽培の違いに注意する必要があります。
    これら2つの非常に異なる環境では、生産者とその作物にさまざまな課題が生じます。

    屋内栽培

    通常、室内での栽培には、栽培テントまたは専用の栽培室で植物を育てる必要があります。これには、明確な長所と短所があります。
    屋内栽培者は、成長サイクルの全期間を通じて、環境をほぼ完全に制御できます。
    栄養段階では、1日あたり18〜24時間照明を実行するように選択できます。
    植物がさらされる光が多ければ多いほど、植物はより多くの光合成をすることができ、より爆発的な栄養成長をもたらします。
    屋内栽培者は、CO₂レベル、湿度、および温度を定期的に測定する必要があります。
    植物の成長を最適化するには、これらの要因を特定のパラメーター内に収める必要があります。
    生産者は、ファン、湿度計、加湿器/除湿器、換気扇などに投資して、スムーズな運用を維持する必要があります。
    これらのシステムは、タイマーとセンサーを使用して自動化できますが、これはアマチュアおよび趣味の耕運機にとって現実的ではありません。

    野外栽培

    屋外の栽培者は全体の成長サイクルの間、植物をあまり制御できません。
    要素が制御を取得します。これは状況によっては良いことです。
    光源を用意する必要はありません。頻繁な雨や灌漑システムにより、定期的に給水する必要がなくなります。
    屋外で理想的な栄養成長を達成するには、主に植物の防御力を高めることが重要です。
    昼食のためにあなたの植物を喜んで食べてくれるたくさんの生き物がそこにいます。昆虫などの小さな生き物は葉に穴を掘り、根をむしゃむしゃ食べますが、鳥や鹿などの動物は葉や茎に深刻なダメージを与えます。
    湿度の高い環境では、真菌感染症のリスクも高まります。
    捕食性昆虫などの生物的防除を庭に導入して害虫種を排除することができ、コンパニオンプラントを成長させてそれらを阻止することができます。
    ネッティングとフェンシングは、より大きな動物に対する効果的な防御線です。
    葉面散布はカビを遠ざけるのに役立ちます。栽培者はまた、良い空気の流れを受け入れる庭のエリアに作物を置き、よどんだエリアを避けます。

    最高の大麻栽培スタートを迎える

    苗の段階は成長期の直前です。
    それは大麻植物の人生の重要な窓であり、その運命を決定することができます。
    健康な栄養成長が最適な開花期に貢献するのと同じように、健康な苗の段階は成長サイクル全体で同じことを行います。
    この間に考慮すべき重要な要素をチェックしてみましょう。

    成長培地

    耕作者は、土壌や水(水耕栽培)を含むさまざまな媒体で植物を育てることができます。
    成長培地は、根が成長するためのスペースを提供し、土壌の場合、有機物と栄養素を提供します。
    菌根菌などの微生物を土壌に導入して、植物と有益な関係を築くことを検討してください。それらは有機物の分解と栄養素の摂取を助けます。
    水力発電のセットアップでは、良質のろ過された水から始めます。
    水道水には、過剰な塩素やその他の有害物質が含まれています。

    成長ライト

    光は大麻を育てるときに最も重要な要素の1つです。水やCO₂と並んで、光合成のプロセスにおいて重要な役割を果たしています。
    栽培者は植物が健康で丈夫に育つように、適切な照明のセットから始める必要があります。
    運用コストが低く、熱放射が少ないLEDライトが推奨されます。
    前述のように、屋内の光周期株は、成長期の間、1日あたり18〜24時間の光を必要とします。
    植物が受ける光が多いほど、植物の成長は速くなります。ほとんどの栽培者は、4〜8週間大麻を成長させます。
    この時間の後、開花を開始するには1日あたり12時間の光への切り替えが必要です。
    対照的に、オートフラワー品種は自分で開花します。最初から最後まで1日18〜24時間の光を与えてください。

    栄養

    大麻植物には特定の栄養要求があり、その必要条件は成長期と開花期で異なります。
    植物が成長期にあるとき、植物はより高いレベルの窒素を必要とし、それは茎と葉の成長に貢献します。また、気孔の開閉を調整し、エネルギーを生成するために、適切なレベルのカリウムも必要です。
    植物を植えるには、光合成に必要な量のマグネシウムと、細胞壁の健康のためにカルシウムも必要です。
    耕作者は植物栄養素を購入して物事を簡単にすることができます。
    Easy Grow Booster Tabletなどの製品は、植物が栄養ウィンドウ全体で必要とするすべての栄養素を提供します。
    水耕栽培をしている場合は、特定の栄養素を購入し、指示に従って適用してください。

    給水

    水、それは生命の液体。大麻植物は水に依存して土壌栽培、水耕栽培の両方で栄養素を吸収します。
    蒸散の過程で水は植物の茎を上に向かって葉まで移動し、必要な場所に栄養素を輸送します。
    しかし、水が多すぎると悪いことになります。水のやり過ぎは根の空気を飢えさせ、根腐れの発生につながります。成長期の間に植物に水をやるとき、再び水やりをする前に、上部の土壌が乾燥するまで待ってください。
    水耕栽培の場合は、成長培地から必要なすべての水を受け取ります。

    温度

    大麻は20〜30℃の温度で育つ。(18-25℃ぐらいが適応と言われています。)
    高い湿度にも耐えることができると言われています。(湿度のレベルが40%を下回らないようにしてください。)
    温度計と湿度計を使用して、温度と湿度の両方を測定できます。屋内栽培者は、ヒーター、エアコン、加湿器、除湿器を使用してこれらの条件を操作できます。
    屋外では残酷な熱波が侵入した場合、栽培者は直射日光が当たらないように工夫して植物を太陽から保護するといいでしょう。

    気流

    気流は、植物を健康に保つために不可欠です。
    成長テントでは、投入ファンと換気扇が空気を新鮮に保ちます。
    彼らはCO₂を取り込み、過剰な酸素を取り除きます。
    空気の流れは、カビの発生を防ぐのにも役立ちます。

    トレーニング

    トレーニングは栽培者が自分の意志で植物を変形させ、形作ることを可能にします。
    キャノピーが開き、より多くの光が透過します。
    トレーニングは、植物を扱いやすい高さに保ちながら、収穫量を増やすこともできます。
    低ストレストレーニング(LST)などの方法を使用して、茎や枝を曲げたり縛ったりして、植物の形を変えることができます。

    成長期の最初の2週間

    この間、植物は急いで成長します。生産者はそれらを継続的に監視し、それに応じてセットアップのパラメーターを調整する必要があります。
    Easy Booster Tabletを使用する場合、摂食は問題になりません。
    生産者は水やりを注意深く監視する必要があります。
    作物の土壌の上部〜中3cmの土が乾いたら水やりの合図です。
    植物は非常に速く成長するため、ライトの位置を変更する必要がある場合があります。
    植物の上部が光源に近づきすぎると、葉が軽いやけどを負う可能性があります。光源は植物の上部から約30cm離れた場所に吊るす必要があります。葉の黄変が発生した場合は、さらに離れて配置する必要があります。
    成長期の最初の2週間は湿度が高いことが重要です。空気中の湿気は植物の健康を高め、室内のファンを一時的にオフにすることで達成できます。

    成長期に考慮すべきその他の要因

    上記に加えて、成長する方法や場所に関係なく、栄養段階で考慮すべきいくつかの重要な要素があります。

    セックス

    オス株が栽培スペースのメス株に受粉させるのを防ぐために、大麻植物の性別決定は不可欠です。(フェミナイズドシードで栽培してる方は問題ありませんが、レギュラーシードで栽培しているなら注意が必要です)
    バッズを生産することを目標とする場合、耕作者はできるだけ早く男性を特定して取り除く必要があります。
    花粉が雌花を受精すると、種子を生産し始め、樹脂の生産を停止します。
    発芽後約4週間で、交配を行うことができます。
    オスとメスの植物の両方がプレフラワー(性を表す小さな組織片)を作り始めます。
    オスの植物はより球形のプレフラワーを作りますが、メスのプレフラワーは涙の形に似ています。
    栽培者はルーペなどの拡大ツールを使用して、節を詳しく見ることができます。
    オス株が特定された場合、それを栽培スペースから取り除く必要があります。繁殖目的で個別に保管するか、廃棄することができます。

    作物の配置間隔

    各植物はそれ自身のスペースを必要とします。
    作物を無理につめ込んで混雑したスペースは、お互いに影を落とし光を遮ることになります。
    ここでは多くの変数が作用します。株の遺伝子型は株の成長の大きさを決定しますが、トレーニング方法を使用して植物を飼いならすことができます。
    SOGテクニックを使用すると、栽培者は通常、1平方メートルあたり4〜16本の植物に適合できます。これには、多くの小さな植物をすぐ近くに植えて、水平な天蓋を形成することが含まれます。
    上記のように、低ストレストレーニング(LST)は植物を飼いならすために使用される別のテクニックです。これにより、栽培者は1平方メートルあたり約4本の植物に適合することができます。
    他に、ScrOGメソッドを使用して収量を向上させることができますが、1平方メートルあたり1つのプラントしか適合しません。

    トッピング

    トッピングは収穫の可能性を高めながら、大麻植物の背丈を制御する実証済みの方法です。
    主茎の上部を剪定することにより、栽培者は横方向の成長を促進することができ、ひいては収量を高めることができます。
    植物の節が3〜5個になるとすぐにトッピングを実行できます。これは成長期に行う手法です。
    トッピングのプロセスを何度も繰り返して、より多くの芽の部位を作り出すことができますが、剪定した部分の「回復」の期間を必要とし、必然的に成長期が延長されます。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド