大麻栽培テクニック!!メインランニングとマニホールド

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻栽培テクニック!!メインランニングとマニホールド

大麻栽培テクニック!!メインランニングとマニホールド

目次

    あなたが栽培初心者であろうと、より有効的な方法を学ぼうとしている古参者であろうと、メインライニングは皆が知る必要のある重要なテクニックです。
    大麻植物をメインライン化すると、収穫量が増えるだけでなく、植物を確実に収穫することが可能となります。
    特に、栽培スペースが限られている場合に最適です。

    マニホールドの作成方法がわかれば、メインライニングは非常にシンプルで、大麻の栽培経験の年数に関係なく簡単に行うことが出来ます。

    マニホールドとメインライニングとは?

    まず初めに、メインライニングとメインホールドについて正確に理解しましょう。
    この手法は、LST、トッピング、およびScrOGネットのハイブリッドです。

    メインライニングとは、栽培者が1本だけでなく、いくつかの均一な枝を栽培するための方法です。

    マニホールドは、大麻の茎を分割し、Y字型のハブを作成することによってこれを達成する方法です。
    そうすることで、栄養素と天然資源をいくつかの枝に分割、転用します。
    この手法は単純かつ、余分な労力もほとんど必要ありません。
    大麻植物をいつどのようにメインライン化するかを知っていれば、数分で行うことができます。
    また、マニホールドを作成すると、新しい成長過程で複製をつくることが出来、毎回枝の数が2倍になります。
    中央の枝をしっかりと形成することができれば 4、8、12、16、さらには32と枝分かれします。

    大麻をメインライン化することには利点はあるか?

    大麻をメインライン化する一番の利点は、収量の増加です。
    中央の枝から派生したいくつかの小さなの芽ではなく、密集した均一な枝となり、収穫量も増加します。

    その他の利点は次のとおりです。

    Canopyサイズの拡大
    実行が簡単
    伸長生長をより細かく制御可能
    屋内外どちらでも可能
    スペースが限られている場合でも、いくつかの大麻植物を育てることが出来る
    一度行うだけでよい


    メインライニングは栽培の初期段階で行うため、1〜2回行うだけで済みます。
    つまり、注力するのは始めだけで、その後はただ収穫まで待つだけです。

    大麻植物をメインライン化する方法

    さっそく植物をメインライン化することが決まれば、あとは順序に沿って行うだけです。
    多くの機器は必要ありませんが、事前に植物が健康な状態かを確認しましょう。

    必要なもの
    大麻栽培する際に最低限必要なものは、裁ちばさみと植物/ケーブルタイだけです。

    マニホールドの生成

    マニホールドは、メインライニングプロセスの中心となる工程です。 マニホールドを生成するプロセスを実行した後、植生段階全体でそれを数回利用する方法を説明します。

    ステップ1
    苗が5〜8節分成長するまで待ちます。
    苗木を早めに植えないことが重要です。でないと、苗木が回復しない可能性があります。
    次に、植物全体を3節目(土壌から3番目の葉)まで切り取ります。

    ステップ2
    3番目の節の下にあるすべての植生を切り取ります。
    中央の茎のてっぺんから枝分かれし、2つの大きな扇形の葉が残っている状態です。(Y字型)

    ステップ3 
    2つのメインの茎を準備したら縛ります。
    若い大麻植物は壊れやすく、新しい成長を促すのは簡単です。
    目的は地面と水平に茎を維持することです。

    メインライニング

    正しく実行された場合、大麻植物はすぐに回復し始めるはずです。
    そして、マニホールドが生成されると、根は3節目の2つの枝の間で栄養素などを分割します。
    歩留まりを最大にしたい場合は、少なくとも8つの枝を作成することをお勧めします。

    マニホールドに関する知識を得たら、次はメインライニングの方法を学びましょう。

    ステップ1
    マニホールドの各枝が4つの新しい葉(のペア)を成長させるまで待ちます。
    次に、前と同様に、どちらか側を下にして3節目に移動します。

    ステップ2
    今回は、3番目のノードより下の葉をすべて切り取るわけではなく、代わりに2節目のみを削除し、1節目と3節目はそのまま残します。

    ステップ3
    反対側でこのプロセスを繰り返すと、計8つの枝が必要になります。(両方のメインブランチに2組の葉があります)

    ステップ4
    植物を管理するときに均一性はとても重要です。
    そのため、両方の中央の枝を固定し、新しく作成した枝を地面と平行にし、結んで調整してください。
    新しい茎を同じ高さに成長させたいので、週に2回ほど確認し、臨機応変に調整します。

    ステップ5
    植物が一定の高さまで成長するのを待っている間、水、栄養素、そして光を十分に与えます。
    高さに満足したら(テントや成長操作などによって異なる)ライトスケジュールを12/12に変更し、花を咲かせます。

    ステップ6
    上記のすべての手順を実行した場合は、よい枝葉がなっているでしょう。
    これで植物のメインライン化に成功しました。数週間で、収穫して楽しむための8つの密集した枝ができあがっています。
    開花中は、通常どおりに植物の剪定と管理を続けることが必要です。

    大麻の主なヒントと秘訣

    ・開花直前に葉をトリミングする:これはより一般的なヒントですが、開花直前または開花後から最初の2週間以内に、余分な葉をトリミングすることが重要です。
    こうすることで、新しく作成した各枝葉がしっかりと露出を受けことができます。

    ・植物が健康でない限り、メインラインを開始しないでください。
    メインラインは非常に簡単ですが、植物が健康である場合に開始することがとても重要です。

    ・週に2回植物をチェックし、その形を維持します。生長段階では、植物の生長速度がはやく驚くおどろくことでしょう。
    メインライニングは対称性の原則に依存しているため、週に2回大麻植物をチェックし、それに応じて結びを調整する必要があります。

    ・種子はクローンよりもメインライニングを受け入れます。
    大麻種子は自然と対称的に節を発達させ、均一なマニホールドの作成を大きく容易にします。
    クローンをメインライン化するときは、独自の判断が必要になります。

    ・枝をきつく締めすぎないでください。
    メインライニングの対称性を維持することと、枝を自然に発達させることのバランスのいいところを見つける必要があります。
    結束バンドは若い枝や新芽に損傷を与える可能性があるため、常用結束バンドよりも植物用結束バンドの方が適しています。

    ・メインライニングは水耕栽培のセットアップでも活用できます。
    水耕栽培で育てられた大麻植物をメインライン化することができます。
    この場合植物は土に直接固定されないので、結び方に注意する必要がありますが、効果は同様です。

    大麻植物をメインラインにするためのネットが必要ですか?

    ScroG(Screen of green)とは異なり、メインライニングはネットを使用しません。
    早期に大麻植物の主幹の成長している先端を固定し(トッピングし)マニホールドを作成することにより、各枝は通常よりも強固なものになります。
    まだメインライニング化されていない大麻植物の茎を見たことがあれば、他の枝よりもどれだけ太いのかがわかるでしょう。
    メインライニングを使用すると、1つだけでなく、複数の茎に同じ厚さと靭性を複製することができます。

    ScroGのネットのポイントは、既存の枝をサポートし、配光を均一にすることです。
    しかし、いくつかの枝葉を醸成し、より強い枝を奨励することによって、大麻植物はScroGのネットなしでも問題なく成長します。
    唯一、あなたがメインラインの植物に支柱が必要になるかもしれない時期は開花期の間です。
    超大型の枝葉になると、頑丈な枝でも、その重量に耐えることが困難になります。

    メインライニング vs スーパークロップ vs LST

    大麻を栽培する場合、栽培者は複数の技術を採用するのが一般的です。
    ただし、メインライニングは「オールイン」アプローチです。
    つまり、追加のトレーニングやトッピング技術を使用する必要がないように、植物の茎の構造をトッピングして操作することになります。

    スーパークロップ

    スーパークロップは、メインラインになっていない植物を形作る方法であり、多くの栽培者の間で人気がありますが、非常に工程が多く労働集約的です。
    スーパークロップと比較し、メインライニングはシンプルで、数分で実行でき、マニフォールドを確立した後は、栽培者が介入する必要はほとんどありません。

    LST

    メインライニングはすでにLSTの原則を採用しているため、どちらかを選択することではありません。
    成長テントのスペースが狭い場合は、メインラインを選択します。
    余裕がある場合は、LSTを練習して、結果を確認してください。
    LSTはそれほど大変な工程を含まないため、初心者や自信のない栽培者の間で人気があります。

    メインライニングを試してみるべきですか?

    メインライニングは、歩留まりを向上させることができる、シンプルで安価な技術です。
    メリットとデメリットを比較検討すると(デメリットは実際ほとんどありません)、大麻植物をメインラインにしない理由はありません。

    ただし、いくつかの例外があります。
    例えば、オートフラワーはメインラインにすべきではありません。
    自動開花大麻株は他のどの株よりも速く成長するため、トッピングによって引き起こされる負荷は最終的な収穫量にのみ影響します。
    メインライニングは、一般的に中型または背の高いサイズの株にも適しています。小型品種には適してません。

    メインライニングはほぼ完璧な手法であり、ほとんどの状況下で大麻植物の潜在能力を最大限に発揮することができます。
    それ以上の効果が得られないとしても、8つ枝は決して古くなることはありません。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド