大麻収穫量UPテクニック!!ロリポップをやってみよう

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻収穫量UPテクニック!!ロリポップをやってみよう

大麻収穫量UPテクニック!!ロリポップをやってみよう

目次

    大麻は有限のエネルギーを持っています。
    栽培者として、あなたは可能な限り最高の芽を生み出す部分にエネルギーを向けるのを助けたいと思うでしょう。
    ロリポップはまさにそれを行うための最良の方法の1つです。

    これは、ScrOGやメインライニングなどの他の手法とうまく組み合わせて、上部のつぼみを強化することを目的とした剪定手法です。

    ロリポッピングは、大麻が最大限に芽にエネルギーを集中させるのに役立つ剪定技術です。
    簡単でストレスが少なく、いくつかの例外的な芽の大量収穫を生み出すのに役立ちます。
    あなたの大麻をロリポップすることについてもっと学ぶために以下を読んでください。

    ロリポッピングのメリット

    大麻は、他の植物と同様に環境から取り入れた光、水、栄養素からエネルギーを生成します。
    ただし、このエネルギーは限られています。ロリポップは、栽培者の間で言及されているように、あなたの植物が適切な場所で芽を育てることでそのエネルギーを集中させるのを助けることです。
    より具体的には、それは最も光を受ける植物の部分に焦点を移します。

    トリミングされていない、または訓練されていない大麻は、クリスマスツリーのように成長します。
    彼らが開花する準備ができるまでに、彼らはほとんど光が通り抜けることができない密な蓋をしたような状態です。
    もちろん、光が下に向かって芽に到達しないことを意味します。
    手つかずのままにしておくと、これらの下部ノードは、効力、風味、香り、およびバッグの魅力に欠ける、小さくて乾いた「ポップコーン」のバッズを生成します。

    ロリポッピングは、大麻の各枝の特定のポイントまでの成長を取り除き、最上部の芽へのエネルギーを最大化することを含みます。
    ロリポップすることで、光を適切なノードに向けるだけでなく、植物の限られたエネルギー貯蔵を最適化することができます。
    最終的な結果は、最大の効力と風味を備えた大きくて密度の高いバッズで、より重い収穫になります。

    あなたの大麻をロリポップする方法

    ロリポップは簡単なテクニックですが、それでも注意が必要です。
    開花し始める直前にロリポップしたいと思うでしょう。
    ゆっくりと計画を立てて進める必要がありますが、剪定(不要な枝の削除)もお勧めします。

    1. あなたの植物を剪定するために鋭くてきれいな鋏を使用してください。
      たとえば、湾曲したトリミングはさみは、ノードの近くで正確なカットを行うのに最適です。
      大きくて太い枝の場合は、一対の鋏を購入してください。
      まず葉を取り除くことから始めます。
      植物の下の方の枝は明らかに十分な光を得ることができません。最初にこれらを取り除きます。
    2. 上記を対処したら、カイルクシュマンの剪定アドバイスに従い、植物の高さの少なくとも50%を壊さない枝を取り除くことをお勧めします。開花の初期の数週間に植物が伸びると、これらの枝は日陰になり、適切に成長することはありません。
      ロリポッピングでは、枝全体を削除する必要はありませんが、必要に応じて剪定を組み合わせて使用​​することがよくあります。
    3. 次に、植物の真ん中で成長している枝、特にキャノピーの下にある枝の除去を開始します。
      彼らは十分な光を得られない可能性が高いだけでなく、この内部の葉はまた、大きなバッズに発展する可能性のある多くの場所を覆っています。
      また、この段階で、枯れたり黄変したりしている枝や葉を取り除く必要があります。
    4. 最後に、あなたは実際に個々の枝をロリポップすることを手に入れたいでしょう。
      一部の栽培者は、各枝の先端から3つ以下のノードを残すことを推奨しています。
      しかしそれは個々の植物の株、サイズ、そして健康に大きく依存します。
      剪定する時間も関係します。
      たとえば、植物が小さく、トリミングが遅れている場合は、上位4/5ノードより下でトリミングすることをお勧めします。
      いずれの場合も、各ブランチの最上位ノードに至るまでのすべてを取り除きます。
      各枝をロリポップしたら、ライトを反転する前に、植物が回復するまで2〜3日与えることをお勧めします。
      また、過度に剪定しないでください。
      剪定しすぎると成長が妨げられる可能性があります。
      これまでロリポップを試したことがない場合は、ゆっくりと始めて、理想的な剪定に進んでください。

    ロリポッピング VS デフォレーション —違いを理解する

    落葉はロリポップと同じテクニックではありませんが、多くの栽培者は2つを混合させます。
    どちらも葉の除去を伴いますが、ロリポッピングは植物の底部に焦点を当てています。
    本質的に、それは十分な光を得られない成長を取り除くことです。
    このプロセスにより、植物は、光が豊富なキャノピーの上部にある芽の発達にエネルギーを集中させることができます。
    視覚的には、ロリポップされた植物は、ロリポップスティックのように、下に向かって葉がない裸の茎を持っています。

    一方、落葉とは、植物のすべての部分の露光量と気流を改善することです。
    枯葉剤は、上部のつぼみを独占的に優先するのではなく、すべてのつぼみにチャンスを与えます。
    試してみたい場合は、落葉のプロセスとそれがもたらすメリットについて詳しく読むことをお勧めし ます。

    ロリポッピングをSCROGおよびMAIN-LININGと組み合わせる

    収量のサイズと品質を実際に改善するには、ロリポップを他のトレーニング手法と組み合わせることをお勧めします。

    たとえば、メインライニングは、大麻の自然な頂芽優勢を制御するための鍵です。
    トッピングとLSTを組み合わせて、Y字型の多様体のような主茎を持つ対称的な植物を作成します。
    これを行うたびに、植物が発達するコーラの数を増やし、エネルギーの流れをすべての枝に均等に向けるのに役立ちます。

    これは特に、ロリポッピングに非常によく合うテクニックです。
    これらの2つの技術を組み合わせると、成長空間の光を最大化するだけでなく、芽を生成するための植物のエネルギーを強化します。

    メインライニングに加えて、ロリポッピングはScrOGでも非常にうまく機能します。
    ScrOGは、メッシュスクリーンを通して成長を織り込むことによって均一なキャノピーを開発することを目的としていることを忘れないでください。
    ScrOGをメインライニングおよびロリポップと組み合わせることにより、植物がこのキャノピーにエネルギーを均等かつ効率的に向けるのを支援します。

    今日からロリポッピングを始めましょう!

    開花時期が近づいている場合は、ライトを反転する前にロリポップテクニックを試すことを強くお勧めします。
    ただし、ゆっくりと控えめに始める必要があることを忘れないでください。
    この手法に慣れていない場合は、同じ系統のさまざまな植物でさまざまな程度のロリポップと剪定を試してから、収穫時に結果を比較して、そのスイートスポットを見つけてください。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド