大麻栽培にカーボンフィルターを設置して臭いを抑えよう

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻栽培にカーボンフィルターを設置して臭いを抑えよう

大麻栽培にカーボンフィルターを設置して臭いを抑えよう

目次

    大麻のバッズは芳醇で他の花と比較にならない特殊で素晴らしい香りがします。
    しかし、このテルペンがもたらす美しい香りは人によっては好ましくない香りかもしれません。
    あなたの趣味が被害者を作る場合もあります。

    そこで、カーボンフィルターを使用して空気から疑わしい臭いを取り除き、プライベートで栽培する大麻が見つからない方法を学び、ステップバイステップガイドに従って自宅で独自のカーボンフィルターを作成する方法も今回は学びましょう。

    屋内で大麻を栽培することには多くの利点があります。
    温度、湿度、水、照明を完全に制御できます。

    大麻の健康を高め、収量を最適化し、病原体や害虫を寄せ付けないようにすることを可能にしてくれます。

    ただし、屋内での成長には欠点もあります。

    それは非常に強い臭いがすることです。

    私達はこの心地よいフローラルな香りに慣れるかもしれませんが、夕食にゲストを迎えるとき、ゲスト達はあなたの家のテルペンの香をしっかり感じているはずです。

    人によっては、友人や家族に大麻の特徴的な香りにさらすことは問題ではないかもしれませんが、家主とお節介な隣人はまったく別の話です。

    方程式から導かれた方法で、この強い香を取り除くことで、屋内での栽培作業を完全にプライベートに保つことができます。

    何十年にも渡り探求した結果、ついに非常に上手く機能するキット、カーボンフィルターに出会いました。

    これらのステルスデバイスがどのようにして明らかな香りを根絶し、大麻を秘密に保つことができるかをご覧ください。

    カーボンフィルターとは?

    カーボンフィルターは、あらゆる屋内栽培環境で重要な役割を果たします。
    テントを育てる以外に、これらの装置はエアコンや炉にもあり、きれいな空気を通過させながら汚染物質を捕らえるのに役立ちます。

    大麻の栽培に関して焦点となる「汚染物質」は芳香族テルペンです。 これらの心地よい分子は大麻の味と効果を決定しますが、強烈な香りも放ちます。

    カーボンフィルターは、小さな少量の細孔を持ち、加工処理された炭素の形態である活性炭の層を装備している特徴を持っています。

    これらの小さな穴はフィルターの表面積を大幅に増やし、化学反応と濾過を行うため多孔質で出来ています。

    カーボンフィルターのしくみ

    カーボンフィルターは、吸着の原理(表面への分子の付着)を使用してテントにあるテルペンが豊富な空気をこすり落とします。

    活性炭は表面が強化されているため、作業に最適な物質として機能します。
    物事を概観するために、1グラムの活性炭はなんと『3,000m²の表面積』を備えています。

    テルペンがフィルターを通過することを確実にするために、栽培者は栽培スペースに密閉された空間、大袈裟に言うならば隙間の無い真空空間を作り出す必要があります。

    使用中のカーボンフィルターの要件に一致する排気ファンは、空気をデバイスを通して成長テントから引きずり出します。

    適切な吸引により、テルペンが豊富な空気がすべてフィルターを通過し、栽培テントの側面から漏れるのを防ぎます。

    臭いのある空気が正しい速度でフィルターを通過し始めると、活性炭が空中のテルペンを捕捉し、他の分子を通過させて、大麻の明らかな臭いをテントから染み出すのを防ぎます。

    排気ファンの外部出口にダクトを取り付けることにより、栽培者は無臭の空気を最も近い窓または換気塔から排出することができます。

    栽培スペースのどこにカーボンフィルターを置くか

    カーボンフィルターは通常、栽培テントの天井のすぐ下に吊り下げられます。
    次の手順を使用して、それらを完全に配置します。

    互換性のあるCFM(立方フィート/分)とダクト直径を備えた排気ファンにフィルターを接続します。

    ダクトテープを使用して、2つのデバイスをしっかりと固定します。
    成長テントのルーフバーからセットアップをできるだけ高く吊るします。

    ダクトを排気ファンの出口に接続し、ダクトテープで固定します。
    ダクトの反対側の端をテントの側面にある指定された穴に通します。

    ダクト出口を開いている窓または換気シャフトの近くに配置します。

    DIYカーボンフィルターの作り方

    水耕栽培店、金物店、eコマースWebサイトはすべて、効果的なカーボンフィルターを幅広く提供しています。

    ただし、自分で作成することでコストを削減でき、将来の成長プロジェクトで役立つスキルを身に付けることができます。

    以下のヒントに従って、必要な資料を準備し、組み合わせる方法を学びましょう。

    材料

    ホームセンターに一度足を運び、家の周りをざっと見ただけで、独自のカーボンフィルターを作成するために必要なすべての材料を入手できます。

    リストから次の項目を確認してください。

    • A)アルミスクリーン、ワイヤーのロール
    • B)同じ直径のPVCクリーンアウトキャップとPVCアダプター
    • C)ドライヤーベントホース
    • D)ダクトテープのロール
    • E)キルトバッティングの役割
    • F)ランドリーバスケット(理想的には蓋付きのもの)
    • G)活性炭

    すべての材料が揃ったら、それらを広い清潔な作業エリアに置いて建設を開始します。
    次の手順を使用して、これらのランダムな断片から独自の作業用カーボンフィルターを作成します。

    ワイヤーまたはアルミニウムスクリーンから、PVCクリーンアウトキャップの直径に一致するチューブを作成します。

    キャップを一方の端に挿入し、ダクトテープを使用して所定の位置に固定します。

    開いた端を上に向けてチューブをバスケットに入れ、バスケットの縁と同じ高さになるようにチューブを下にトリミングします。

    バスケットからチューブを取り出します。PVCアダプターを開放端に挿入し、ダクトテープで2つの物体を所定の位置にしっかりと密封します。

    キルトの中綿を2つに折り、厚さを2倍にしてから、チューブに2つの層を巻き付けます。
    ダクトテープですべてを所定の位置に貼り付けます。

    同じ方法でさらに中綿を折り、洗濯かごの壁の周りに二重層を形成し、ダクトテープで固定します。

    PVCアダプターを上に向けて、チューブをバスケットの中央に配置します。
    チューブとバスケットの壁の間に3cmの隙間が残るまで、壁にさらに中綿を追加します。

    隙間を活性炭で埋めます。
    バスケットの上部をさらに2層のバッティングで覆い、PVCアダプターに穴を開けます。

    ドライヤーホースの一方の端をクリーンアウトキャップに取り付け、もう一方の端を排気ファンに取り付けます。

    カーボンフィルターの交換は必要なのか

    すべてのカーボンフィルターには一定の寿命があります。
    活性炭の表面が蓄積して詰まると、多くの分子を吸収する能力を失います。

    それが起こるまで平均して、DIYフィルターであっても約2年間空気をきれいに保つはずです。

    栽培テントの外で大麻の香りが突然し始めた時、それは有効期限が切れたことを意味します。
    その場合は、フタを外して使用済みカーボンを新品と交換してください。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド