マルチングを使用して大麻植物の健康と収穫の質を向上させよう!

ホーム / ブログ / 栽培について / マルチングを使用して大麻植物の健康と収穫の質を向上させよう!

マルチングを使用して大麻植物の健康と収穫の質を向上させよう!

目次

    庭師が毎週訪問しなくても、自然林がどのようにして健康が保たれるのか疑問に思ったことがありますか?

    マルチングとは、植えた植物の地表面(株元)をビニールなどで覆うことで、雑草の発生を防ぐほか、水分の蒸発や病害虫の発生を防ぐことができます。「マルチ」と呼ぶこともあり、古くからワラが利用されてきました。

    マルチをすると、大麻はどのような利益なもたらされるのか。
    大麻にはどのような根覆いが最適か。
    屋外の大麻植物にマルチを適用する方法と時期
    屋内で大麻植物にマルチを適用する方法と時期

    今回は以上を学び応用してみましょう。

    花壇、菜園、または木の下で根覆いを見たことがあるでしょう。
    大麻植物もマルチングの恩恵を受けることが出来ます。

    マルチは、土壌を断熱して水やりを減らすのに役立つだけでなく、植物に栄養を与え、友好的な昆虫、菌類、バクテリアを庭に引き付ける健康的な環境を作り出すこともできます。

    大麻庭にどのような利点をもたらすか

    マルチは、土の床の表面に適用される材料の層です。
    マルチングは健康的な植物を育て、より良い収穫を生み出すのに役立つ、試行錯誤された園芸技術です。
    多くの点で、マルチは保護バリアとして機能し、植物の表土を環境から保護します。

    マルチングの主な利点のいくつかは次のとおりです。

    より良い断熱

    マルチは土壌を断熱し、冬は暖かく、夏は涼しく保つのに役立ちます。
    これは根に最適な環境を作り出すだけでなく、土壌からの水分の蒸発を遅らせ、植物に水をやる必要性を大幅に減らします。

    土壌品質の改善

    マルチングは、土壌中の粘土を分解するのに役立ち、植物の根の周りの空気と水の動きを改善します。

    さらに、有機マルチが分解すると、土壌に栄養分を供給し、健康な微生物の成長をサポートして、土壌の質をさらに向上させ、同時に病原菌や害虫から植物を保護します。

    より簡単に除草が出来る

    マルチはあなたの庭の雑草の成長を防ぐのを助け、発芽してくる雑草を抜きやすくします。
    これは、大麻植物が雑草にさらされる可能性が高い屋外栽培者にとって理想的です。

    土壌侵食/圧縮の低減

    土壌は時間の経過とともに自然に圧縮され、侵食されます。
    マルチはこのプロセスを遅くし、土壌をより長く健康で新鮮に保つのに役立ちます。

    害虫および病原体のリスクの低減

    マルチは土壌温度を最適に保つことで、害虫や厄介なバクテリア/菌類から庭を保護するのに役立ちます。

    マルチのタイプとテクスチャについて

    • 細断または欠けた樹皮
    • 木のチップ
    • 細かく刻んだ葉と庭の挿し木
    • 草の切り抜き
    • ストロー
    • 新聞
    • 乾燥した、細かく刻まれた葉

    どのタイプのマルチを使用するかはあなた次第であり、庭の状態によって異なります。

    樹皮と木材チップ

    乾燥した木質マルチ(木材チップや樹皮など)は、分解するのに長い時間がかかり、土壌に供給される栄養素が少なくなります。

    ただし、交換の頻度も少なくて済み、土壌の構造と通気性が向上します。

    草木の剪定葉と庭の挿し木

    草木の剪定葉やその他の新鮮な緑の葉は乾燥した木質より速く分解されます。
    それらが分解されると土壌に窒素を供給し、昆虫、菌類、バクテリア、その他の微生物を引き付けます。

    新鮮な草木の剪定葉は分解するときに強い臭いを発することを覚えておいてください。少し不快かもしれません。

    ストロー

    藁マルチ(ストロー)は、特に冬の間、土壌を断熱するのに非常に効果的です。 また、土壌伝染性の害虫や病原菌から植物を保護するのに役立ち、アリやダニなどから守り、植物を保護するクモやその他の益虫にとって魅力的な環境を作り出します。

    新聞

    新聞は使いやすく手に入れやすい優れたマルチ素材です。 乾燥した木質の根覆いのように新聞の根覆いはゆっくりと分解します。 また、土壌に提供する栄養素は少なくなりますが、水分の保持、雑草の遮断、土壌温度の制御に優れています。

    乾燥した葉

    乾燥した葉は、特に大麻を栽培するために、間違いない種類のマルチの1つです。 表土の構造と通気を断熱および改善するのに優れており、水分の蒸発を防ぐのにも優れています。 何よりも、乾燥した葉は無料です!

    秋に通りに行くだけで、自然に落葉した十分な数の根覆いを見れますよね?これが自然林の健康が保たれる理由です。

    大麻に最適なマルチと屋外の大麻植物にマルチを適用する方法と時期

    マルチングはとても簡単です。
    退屈な作業のように見えるかもしれませんが、収穫を左右する可能性があります。

    以下はマルチが屋外の大麻を次のレベルに成長させることができるいくつかのシナリオの概要です。

    春にアウトドアの成長を始める

    あなたは経験豊富な不耕起有機大麻農家です。
    あなたはすでに健康な土壌生物圏を作り上げておりエンドウ豆やクローバーの冬の覆い作物を収穫する準備ができているとします。

    天気が少し良くなったら、100mmの粗いマルチで土を覆い、若い大麻の苗を太陽の下に植えます。

    苗を植えるには、周辺マルチをどかし地肌を剥き出しにし土壌の適切なサイズの穴をあけます。
    穴に水を入れ、マルチを植物の根元に向かって引き戻します。

    植物の茎のすぐ近くでマルチを薄くし、直接接触しないようにしてください。
    植物が腐る可能性がありますので、最良の結果を得るために40mmのコンジットプラスチックまたはプラスチックボトルをステムガードとして追加し、マルチを境界まで積み上げます。

    シーズンの後半、特に暖かい春と暑い夏のある地域で栽培している場合、マルチングは土壌の水分を保持するのに役立ち、植物に水をやるのに必要な量を減らします。

    あなたの屋外の庭の土壌の質を改善する

    あなたの庭は去年、全体的に少し失敗していましました。
    結果、後押しを必要とする質の悪い土壌になってしまったとします。

    では、どのようにして改善と回復作業をするのか。

    庭全体を25mmのミミズ堆肥または心地よい香りの堆肥で覆います。 または、庭全体をエアレーションした液堆肥を散布しましょう。

    100mmの粗いマルチ(木材チップや樹皮など)を適用し、1週間待ってから植え付けを開始します。 秋と春にこのプロセスを繰り返すと、すぐに健康的な不耕起有機栽培の庭ができます。

    屋内で大麻植物にマルチを適用する方法と時期

    栽培室の温度を操作する方法がない低予算の屋内栽培者の場合は、マルチを使用して植物の根を断熱し、冬は暖かく、夏は涼しく保つことを強くお勧めします。

    屋内では湿気の多い表土で繁殖する真菌と害虫を防ぐための費用対効果を鑑みても良いことしかありません。

    屋外の場合と同様に、苗の早い段階で屋内の大麻植物に茎に選んだマルチが接触しないことを確認しマルチを適用してみてください。

    屋内で大麻植物にマルチを適用する方法と時期

    清潔さは健康的な屋内庭園の鍵であるため、収穫後のセットアップ全体を「大掃除」することを常にお勧めします。

    病原体や害虫は小さく、どこかに閉じ込められた箇所に隠れるように単一の胞子や卵で次のタイミングを待っています。
    次の収穫が危険にさらされるないよう、大掃除は大切です。

    床全体を洗い流し、ポットを掃除し、ポンプとリザーバーを引き離します。

    栽培室のすべての機器を引き離し、清掃し、組み立て直します。部屋やテントの壁を洗い流し、霧状のノズルを交換し、バラストを掃除機で吸い取ります。

    これが信用出来ないよう聞こえると思われる場合は、藻類の感染や根のアブラムシに襲われた屋内栽培者に相談してください。彼らは恐らく掃除をしていないはずです。

    あなたが新人の栽培者であろうとベテランのベテランであろうと、あなたは大麻の庭でマルチの恩恵を受けることができます。

    手に入れるのは比較的簡単で安価であり、ほんの少しの作業で将来的に確実に利益が得られます。 ぜひお試しいただき、結果をご確認ください。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド