大麻栽培を始めるなら、種子とクローンどちらからが良いですか?

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻栽培を始めるなら、種子とクローンどちらからが良いですか?

大麻栽培を始めるなら、種子とクローンどちらからが良いですか?

目次

    大麻を栽培する際には、種子かクローンか、どちらから栽培を始めるか2つの道を選ぶことができます

    種子は信頼性が高く、簡単で入手しやすいです。

    一方のクローンは迅速で効率的です。
    マザープラントの特徴をそのまま受け継いでいます。

    どちらの方法でも、最終的には同じ結果であるカンナビノイドが豊富なバッズが得られますが、そこに至るまでの道のりは異なります。

    クローンのスピード感を好む生産者もいれば、種から育てていく方法を好む生産者もいます。

    初めて栽培する人も、経験豊富なグロワーも、将来的に実験をして結果を最大化できるように両方の技術を学ぶことが重要です。

    種子とクローンにはそれぞれ長所と短所があります。
    それぞれの特徴を天秤にかけると、どちらの道を進むかを決めることができるようになるでしょう。

    種から大麻を育てることの利点

    栽培者の中には種から始めることを「純粋な」栽培方法と考える人もいます。
    それが本当かどうかは別として、収穫の時には深い満足感が得られることは確かです。
    世界中のほとんどの家庭栽培者は、種子を使って栽培を始めています。

    これは、ほとんどの国では種子が入手しやすく、合法的であることが主な理由ですが、それだけではありません。
    ここでは、種から栽培を始める最高の理由をいくつかご紹介します。

    入手が簡単

    インターネットのおかげで、簡単に大麻の種を手に入れることができるようになりました。
    今日では、技術確立されたシードバンクのリストからオンラインで簡単に種子を注文することができます。

    慎重に発送されたオリジナルのパッケージをあなたの郵便受けに直接送ってくれるので、あなたが家から出る必要はありません。

    大麻そのものが違法である国でも、未発芽の大麻の種子、注文、所有、収集することは合法であることが多いのです。

    種子から始めることで、土の中に植えてしまうまでは、法律を犯していない側にいることができます。

    ゼロからのスタート

    種子は、最終的な結果をより満足のいくものにするだけでなく、栽培者は遺伝学的に新鮮なバッチから始めることを可能にします。

    これらの小さな DNA のパッケージには、劣悪な生育環境や病気にさらされていないコードが含まれています。
    後述しますが、クローンに同じことが言えるわけではありません。

    自分のオリジナル株を繁殖させる

    種子から大麻を栽培する技術を習得したら、独自の株を作り始めることができます。
    お気に入りのメスを大切なオスと交配させれば、成長期の終わりには、数百粒の自分の種子を手に入れることができます。

    言い換えれば、あなたは「種を作る」のではなく、自分だけの系統を作る事が出来るのです。

    最高に快適な喫煙体験のために、自分の好きな形質に絞り込んでください。

    フェミニズドシード=ダンクフラワーズ

    通常の種子は両性具有で出てきますが、高品質のフェミニン化種子は99%メスの保証があります。
    なぜこれが重要なのでしょうか?

    ご存知のように、メスの大麻は生産者が求めている粘り気のあるカンナビノイドが豊富な芽(バッズ)を生産します。

    対照的に、オスは花粉嚢を生産します。
    繁殖には必要ですが、繁殖したバッズの収量には有害です。

    フェミニン化された種子を使えば、通常はオスを取り除くために費やす時間と労力を大幅に節約することができます。

    その結果、質の高いバッズをたくさん手に入れることができます。

    種子から大麻を育てる利点と不利な点

    上記を読んだ後、種から始めることは完璧に思えるかもしれません。

    しかし、何事にも欠点があります。
    それを念頭に置いて、シードを使用することの有利でない側面に話を移してみましょう。

    発芽しない種子もある

    評判の良いシードバンクは、より高い発芽率のシード提供しますが、すべて種子が発芽するわけではありません。

    残念ながら、あなたが何をしても、いくつかは不発弾です。
    このため、たとえ1株だけを育てる予定であっても、いくつかの種子を使って栽培を始めることをお勧めします。

    ジェノタイプ VS フェノタイプ

    同じ植物からの種子は全て、わずかに異なる遺伝子型、つまり固有の遺伝子コードを持つ特徴があります。
    親から子孫へ、兄弟から兄弟へと、遺伝的な変異は常に存在します。

    これは、種から特定の親の正確なレプリカを生成しない事を意味し、あなたが成長する兄弟姉妹の違いがあります。

    同じ種を10個植えると、高さ、色、風味、収穫量に多少のばらつきがが見られます。

    これを「個体差」と呼びます。

    大麻植物はまた、フェノタイプに影響を与える要因である外部環境に基づいて特定の形質を発達させます。

    温度、湿度、光、栄養分、水はすべてフェノタイプに影響を与える可能性があります。
    このようにして均一な作物を得ることはクローンよりも困難です。

    クローンに比べて、収穫までに時間がかかる

    最後に、種子はクローンよりも収穫までに達するまでに時間がかかります。

    生命の最初の兆候である発芽を見るのに、数日から1週間かかることがあります。
    その後、植物が成熟した苗になるまでには、さらに1~2週間ほどかかります。

    クローンから大麻を育てる利点

    クローンとは、植生しているマザープラントから採取した挿し木のことです。
    クローンを入手したら栽培者は、土や水耕栽培の培地に導入する前に、その挿し木を発根させます。

    その名が示すように、クローンは母植物の正確な遺伝子コピーを提供します。

    以下が示すように、これはメリットでもありでメリットでもあります。
    まず、利点について説明しましょう。

    メス株から新しいメス株が生まれる

    クローンは正確なコピーであるため、マザープラントのメス株からの挿し木すると別の同じメス株が生まれます。
    これにより栽培者は通常の種子から栽培する場合に生じる、不発芽を回避することができます。

    また、メス化した種子からオス株が出てくるという小さなリスクも避けることができます。

    クローンは時間を節約します

    苗期の時間を節約する

    クローンがあれば、種が発芽して適度な大きさの苗に育つのを待つ必要はありません。

    実際にはその段階を完全にスキップすることができます。

    挿し木を根付けさせるだけで、すぐに成長する植物を手に入れることができます。

    マザーの遺伝子をコピーする

    クローンは、マザープラントの遺伝子情報を正確に提供します。

    正確な遺伝子コピーとして、サイズ、味、形態、生産性など、マザープラントのすべての特性を引き継ぎます。

    種子は遺伝的および環境的要因により、元の植物とはわずかに異なります。(個体差が存在する。)

    クローンから大麻を栽培することの不利な点

    クローンから成長させる場合に遭遇する問題をいくつか挙げます。

    クローンを見つける

    種が欲しいですか?
    オンラインでシードバンクを探しに行きましょう。

    クローンが欲しいですか?
    幸運を祈るしかありません。
    なぜならクローンは元気なマザープラントから切り取る必要があるためです。
    ツテもなく、クローンを見つけるのは困難です。

    さらに、それらがあなたの手に渡る前に違法であるため、輸送するのは非常に危険です。
    自家栽培している仲間へ訪問する事がほとんどの国でクローンを見つけるための最良の方法かもしれません。

    気をつけなければならないこと

    種はタフです。
    種は土にすぐに植えることができます。

    クローンはデリケートに扱う必要があります。
    挿し木を急いで処理し、良いスタートを切ることができなかったりすると、根を出す前に死んでしまいます。

    壊れやすい挿し木は最高のスタートを切るために、カスタマイズされたパラメータを備えた特別に調整された環境を必要とします。

    最適な湿度レベルと、微調整された一貫した温度が必要です。

    これらの理由から、特に種子から育てている場合は、彼らのニーズに応えるために、栽培室に追加のスペースを設定する必要があります。

    マザープラントの悪い特性も継承してしまう

    マザープラントは持っている悪い特性を含め全てをクローンに渡します。
    あなたがそれを知っているかどうかに関わらず、マザープラントは根本的な遺伝的問題または欠陥を持っている場合があります。

    いくつかのクローンを作成するまでは明らかにならないかもしれませんが、遺伝的欠陥を持ち合わせた場合、ある程度のダメージを受けることになります。

    クローンまたは種子、どちらから大麻を育てると良いですか?

    正直なところ、答えは完全に主観的です。
    すべて栽培者の個人的な好みとスキルに要約されます。

    初心者は種を使用することで遥かに簡単な時間を過ごし、より良い結果を得ることができます。

    クローンは、よりトリッキーで少し経験豊富な栽培者に最適です。

    ベテランの栽培者は、繁殖目的で、または最初から最後まで植物を見通すために種子を選択します。

    成長する世界の全てのものと同様に、実験することで自分のやり方を見つけることができます。

    両方を試して、ご自身の栽培スタイルに最適なものを確認してください。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド