大麻の最適な水やりの方法

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻の最適な水やりの方法

大麻の最適な水やりの方法

目次

    大麻は一般に回復力のある植物で、ほとんどの品種は給餌や水やりの失敗にある程度耐えることができます。しかし、間違った濃度や量の水や栄養素を与え続けると、根深い問題を引き起こし、作物に害を与えたり、致命的なダメージを与える可能性があります。

    大麻の植物は、特に開花期には豊富な水を必要とします。一般的に、植物のライフサイクルのどの段階においても、長期間にわたって水を絶つことは望ましくありません。また、水分が不足すると栄養分が失われ、成長が遅くなるだけでなく、栄養不足になる可能性もあります。

    ほどほどが肝心

    しかし、水のやりすぎは多くの新米栽培者が犯す過ちです。水をやりすぎると、ピシウム(根腐れ病)、ボトリチス(灰色カビ病)、うどんこ病などの原因となり、極端な場合には栄養毒性や嫌気性(無酸素状態)土壌の状態を引き起こすこともあります。これらの問題は悲惨で、初心者が修正するのは非常に困難な場合が多いのです。

    この方が、腐敗やカビ、栄養焼けを防ぐことができ、また根の密度を高めることができます。しかし、根が乾き始める前に水を与えるようにしましょう。

    適切なバランスを見つけることは非常に重要で、品種(熱帯地方のサティバは非常に喉が渇きやすく、インディカ種の多くは湿気を嫌う)や植物のサイズ、成長段階、さらに培地の選択などの要因によって異なります。

    大麻の苗はいつ水をあげればいいのですか?

    大麻の水やりに最適な時間帯については、いくつかの論争があります。ほとんどの栽培者は、大麻は夜間に水をやるべきだと思っていますが、中には一日の早い時間に水をやるべきだという意見もあります。

    大麻の水やりは夜間に行うべきだという意見には、自然環境では太陽が照っているときは雲がかかっているため、降水量が少ないという意見がある。また、葉の上に止まっている水滴が熱や明るい光にさらされると、「虫眼鏡」のような働きをし、葉が焼けてしまう可能性があるとも述べている人が多い。

    しかし、肥料に長時間触れていると葉焼けが起こることがあるようです。いずれにせよ、葉っぱではなく土に水をかけるようにすれば、起こりうる問題を完全に回避することができます。

    一方、日中の早い時間に水やりをすると、植物の成長の基本的なプロセスの多くが日光によって行われるため、植物が利用可能な栄養素をより効果的に利用することができます。夜間の涼しい時間帯に土が湿ったままだと、カビの発生を促進する可能性があります。

    屋外で栽培する場合は、蒸発速度が遅いため、気温の高い午後よりも午前中に水やりをするのが最適と思われます。室内で栽培する場合は、HPSのような「高温」照明では温度がすぐに上昇するが、ピークに達するまでには通常時間がかかるため、照明を点灯した頃に水やりをするのが望ましい。

    大麻の水やりはどれくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?

    最初のうちは、少量の水を頻繁に必要とし、室温が高く相対湿度が低い場合は1日に2回程度まで与えることができます。成熟するにつれて、与える頻度を減らし、量を増やすことができます。一般的に、大きな花を咲かせる植物には、少なくとも2~3日に1回、水を与える必要があります。

    水やりのタイミングは、用土の水分レベルを確認することでわかります。表面は乾いているが、水面下はまだ多少湿っているような状態である。もし、5cm以上の深さで乾いたままであれば、植物が乾燥しすぎている可能性があります。

    これは、用土の水はけの良さによって大きく変わる可能性があります。例えば、ココは通常、最初は毎日、株が大きくなるにつれて1日2回の水やりが必要ですが、これは保水性が非常に高いため、一度にたくさん与えると培地が飽和して風通しが悪くなるためです。

    経験を積めば、目視確認や容器の重さを調べることで、給餌のタイミングを判断できるようになります。乾燥した容器は、水を満たした容器よりも明らかに重さが軽くなります。

    大麻の水やりの手順について

    まず、道具を準備します。水源、pHメーター、pHダウン(強酸であれば何でもよい)、選んだ養分、じょうろやホースなどが必要です。

    水は常温のものを使用します。温水や冷水を使用すると、植物にショックを与え、ストレスを与え、時には回復不可能な状態になることがあります。使用する前に24時間放置しておくと、より正確にpHを測定することができるため、ほとんどの場合、水を使用する前に放置しておくことが望ましいとされています。

    土で育てる場合は、pHは6.0-6.5の間が望ましく、無肥料培地で育てる場合は、この値は多少低くてもよい(ココは5.5-6.0の範囲を好む)。必要であれば、pHダウンでpHを下げ、よく混ぜる。pH が不適切な場合、根が栄養素を効果的に処理できないため、栄養焼けやさまざまな欠乏症の原因となることがある。

    メーカーの説明書に従って栄養剤を加え、よく混ぜ合わせる。栄養剤の濃度は、株が若いときや移植直後など、株や植物の成長段階によって調整することができます。

    じょうろやホースなどを使って、鉢の下のトレイに水滴が見えるくらいまで水をやります。多くの生産者は、養分の蓄積を防ぐと考え、全体の10~20%の水を排出することを目標としているが、これには異論もある。

    養分の蓄積は、養分の過剰供給(または過湿やpHの問題による根からの吸収の低下)により発生し、養液を追加するのではなく、純水で洗い流すことにより解決することができます。

    この基本ガイドは、初心者の方が大麻の栽培を成功させるために必要なことをすべて説明しています。ただし、地域の気候や品種、培地の種類などによっては、この基本原則を修正する必要がある場合があります。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cannabisdnalabs

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    お買い物カゴ

    取扱いブランド