光スペクトルとTHCレベルを上げる方法

ホーム / ブログ / 栽培について / 光スペクトルとTHCレベルを上げる方法

光スペクトルとTHCレベルを上げる方法

目次

    光のスペクトルとは一体何なのか?

    光のスペクトルは大麻栽培をする上で無視できない要素です。
    大麻植物にとって理想的な環境を作り出すことは、自然の原理を理解することによってのみ達成可能です。

    皆さんは屋内栽培を計画する際に複数の目的を念頭に置いて始めるでしょう。

    より高い収穫を達成するため、THCレベルを上げるため、または単に植物の全体的な健康状態を改善するためのシナリオを作成することは、栽培をする上で不可欠な部分です。

    戦略的計画

    大麻栽培における戦略とは、様々な科学分野の知識とリンクし、それらの調査結果を事前定義し、目標の達成に役立つ技術ソリューションに一致させるという課題が含まれます。

    優れた栽培者と将来の専門家を差別化するのは献身と情熱に加えて学ぶ意欲です。

    物理学の基礎をベースに光のスペクトルが大麻植物の成長にどのように影響するか。

    並外れた品質の大麻を栽培するために必要なことを学びましょう。

    光のスペクトルとは何か?

    太陽は、ガンマ線、X線、紫外線、可視光線、さらには電波を含む太陽放射の形でエネルギーを放出します。

    オゾン層がこの放射線を遮断し、その大部分を宇宙に反射するので地球上の生命は命を育むことが出来ます。

    このフィルタリングプロセスにより、300nmから1100nmの波長が植物に到達します。
    この光のさらに小さな波長のみが私たち目で感じる事の出来る光を意味します。

    その光と呼ばれる物を私達は光スペクトル、色スペクトルまたは可視スペクトルと呼び、波長は380nmから約750nmの範囲です。

    180-280nm-UVC:非常に有害で、幸いにもオゾン層にほぼ完全に吸収されます。
    280-315nm – UVB:THCレベルの上昇、日焼けの原因でもあります。
    315-400nm – UVA:大気に吸収されず、一般的にブラックライトとして知られています。
    380-750nm –可視光スペクトル:波長のバンドは可視色を表します
    700nm-1mm –赤外線:750nm以上では見えませんが、皮膚では熱として感じ取れます。

    色温度(ケルビン)とそれがあなたの大麻にどのように影響するかを知ろう。

    光スペクトルはTHCレベルを上げる

    グローライトを買いに行くと、「色温度」という言葉に出くわすでしょう。
    これは光の本質、電球によって提供される光の外観を説明する方法であり、ケルビン(K)で測定されます。

    色温度は、光の物理的な温度を意味するのではなく、光源の暖かさや冷たさの程度、つまり「視覚的な温度」を意味します。

    ライトのケルビン度が高いほど青みがかった外観になります。 これを「クールな」ライトと呼びます。

    一方、ケルビン度が低い電球は「暖かい」赤みがかった光を発します。

    色温度は光のスペクトルと同じなのか?

    厳密に科学的な意味では違います。
    色温度とは通常、ランプによって生成された光が人間の目にどのように見えるかを説明する方法として使用されます。

    LEDや蛍光灯などの一部の種類のライトではライトのスペクトル分布や波長が記述されていません。

    白熱電球からの光は、可視光スペクトル全体に広がる光を放射します。

    電球からの白色光は、光に「含まれている」波長(スペクトルの色)の混合の結果です。

    LEDや蛍光灯などの光は、スペクトル内にギャップまたはピークがあり、いくつかの狭い波長から光を放射する場合があります。

    言い換えれば、
    光が目に同じように見えても、植物が健康な成長に必要な特定の波長(色)が欠落している可能性があります。

    LEDは非常に狭い色スペクトルで発光する傾向があるため、LEDグローライトは通常「フルスペクトル」セットアップとして装備され販売しています。

    大麻植物に必要なスペクトルの、そのほとんどをカバーする異なる色をLEDで構成しています。

    これらのフルスペクトルLEDは、さまざまな赤と青で構成されており、多くの場合、追加の白色LEDと混合されています。

    COBライトなどの新しいLEDは、自然光にほぼ近い光スペクトルを放射します。
    カラースペクトルに「ギャップ」はありません。

    大麻植物を並外れた本物にする方法

    グローライトを選択する際、6,000〜6,500Kの高いケルビンで「昼光」色を発する涼しい光を使用してください。
    開花には、約2,800Kの赤みがかった温かみのある光が最適です。

    「両方の長所」を兼ね備えた色温度が約3,500Kのグローライトもあり、ベジ期と開花期の両方に使用できる物もあります。

    光スペクトルが成長にどのように影響するか

    地球上に生息するすべての生物は、環境の変化に反応し順応するために周囲で何が起きているのか、その情報を常に本能的に必要としています。

    自然淘汰と進化に関して、ある種の他の生物よりもわずかに有利な生態を大麻はしています。

    実に興味深いことに大麻植物は、浴びた光から多くの情報を受け取り、波長の様々な帯域にほぼ瞬時に反応します。

    大麻の光のスペクトル

    1.栄養段階健康な葉のための「青い」光
    (範囲:400-500nm;理想:460nm)

    栄養段階では、できるだけ多くの枚数の葉を目指し、植物がかなりコンパクトに保たち、背丈は伸びすぎないようにし、強い茎を発達させることに重点を置きましょう。

    大麻が自然界で成長するとき、春と夏の高い太陽の角度は、より多くの「青い」波長が大気を透過するため大麻植物が強く、大きくて健康な葉を成長させてくれます。

    屋内栽培者は、これらの目標を達成するために、最初の数週間はメタルハライド電球、コンパクト蛍光灯(CFL)、または青い光の帯を備えたT5 / T8照明器具を使用する傾向があります。

    2、開花期–巨大なつぼみの「赤い」光
    (範囲:620-780nm;理想:660nm)

    大麻植物が開花期に入るとき、出芽を促進するために多くの「赤い」波長を含む光スペクトルに大麻をさらすことによって、最高の収量を達成することができます。

    スペクトルに高度な「赤」を含む照明ソリューションを選択することは、夏の終わりと秋の太陽の浅い角度を模倣するための最良の方法と言えます。

    植物が660nmの「赤」の波長にさらされると、光合成の速度がピークになります。

    最新のNASAの調査結果は、光合成の主要な要因として関連付けられていない「緑」の波長でさえ、植物の成長に影響を与える可能性があることを示唆しています 。

    UVBライトでTHCレベルを上げる

    紫外線、特にUVB波長(280-315nm)への高曝露がTHC生成の増加の原因であると疑う専門家がいます。 爬虫類用のUVB電球は決して高価ではありません。まだ恐らくですが、UVB電球を試してみる価値があると考えます。

    なぜ強力な大麻が高地で自然に成長する在来種に由来するのか疑問に思ったことはありませんか?

    この理論は、標高が高いということは、大麻植物と太陽の間の大気が少なくなり、紫外線への露出が高くなるという事実に基づいています。

    これらの強い紫外線を故意に浴びれば、私たちの肌はダメージを受け、人体は保護としてメラニンを生成することによって反応、保護します。

    大麻植物はおそらく同様のことをします。
    それはより多くの樹脂とTHCを天然の日焼け止めの様に生成すると考えられます。

    より良い強い大麻を栽培するための理論または費用効果の高い方法を扱っているかどうかを言うのは時期尚早ですが、その概念は実践的な実験には十分妥当であるように思われます。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド