大麻の苗に水をやる頻度

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻の苗に水をやる頻度

大麻の苗に水をやる頻度

目次

    植物に水を与える適切なタイミングは、さまざまな要因によって異なります。
    大麻を初めて栽培する場合、屋内・屋外を問わず、水やりの頻度や植物が必要とする頻度を十分に理解することは非常に難しいことです。 鉢の大きさ、系統、条件、基質など、多くの要素が大きく関わってきます。一般的には、培地が60〜70%程度乾燥したら水やりをするのがよいでしょう。
    以下では、大麻の水やりに関する注意点を説明します。

    大麻の水やりに影響を与える要因

    まず、「どのくらいの頻度で水をやればいいのか」という質問は、基本的に無意味であることを、すべての栽培者が理解する必要があります。

    大麻の水やりの方法や、大麻に栄養を与える最適なタイミングは決まっていませんが、栽培者それぞれが、自分にとって最も実用的な方法に基づいて、自分なりの方法を確立しています。 

    大麻は品種によって異なるので、すべての植物に有効な水やりのスケジュールはありません。 
    大麻の水やりの量や頻度を決める要素は、遺伝、植物の段階、栽培環境、水やりのたびに餌を与えているかどうかなど複数ありますが、主なものは鉢のサイズ、培地、そして環境条件です。

    中型 

    ご存知のように、基盤は根が成長する場所であり、お好みのミックスによって、水を多く保持したり、少なく保持したりすることができ、水やりの量や水が蒸発するまでの時間に影響を与えることができるのです。
    蒸発速度が速くなります。また、ココファイバーが多く含まれている場合、ココは水分を長く保持できるため、水が蒸発するのに時間がかかることがあります。

    ポットサイズ

    水やりの頻度に影響するもう一つの要因は、鉢の大きさです。基質が多ければ、より多くの水で水をやる必要があり、水が蒸発するのに時間がかかります。明らかに、これは植物のステージに依存します。
    まだ苗のうちは60Lの鉢に植えていても水をたくさんやる必要はありませんが、成長するにつれ、条件によっては水やりの回数が増え、水が蒸発するのに時間がかかります(10Lの鉢と比べた場合)。

    環境条件

    しかし、水やりの頻度に影響を与える主な要因は、栽培条件です。湿度が高すぎると水分の蒸発に時間がかかり、逆に低すぎると水分の蒸発が早くなるため、このようになります。

    環境条件によって、水やりの回数を増やしたり減らしたりする必要があります。 
    また、湿度が高すぎると蒸散を促し、植物がより多くの水を吸収して早く蒸発させる一方、温度が低いと蒸散が遅くなり、水が蒸発するのに時間がかかるようになります。

    大麻の水やりの最適な方法

    水やりの方法は、前述したように、あなたの環境次第です。水やりには、手で水をやる方法、点滴で水をやる方法、底面給水する方法など、いろいろな方法があります。

    土壌とココ

    土とココ(パーライトなど他のものを混ぜたもの)が最も一般的な用土で、好きなように水を与えることができます。

    手水

    これは雑草植物の最も基本的な水遣りの方法です。通常は、流出が確認できるまで十分な水を追加します。このように水やりをすることで、生育中の培地は常に十分に飽和状態に保たれ、しかも乾燥が促されることなく、空気容量が増えることもありません。

    ボトムフィーディング 

    大麻の根に水を吸わせるという、非常にシンプルで確実な水やりの方法です。これは、培地が十分に乾燥している場合にのみ正しく行われ、ウィッキング作用によって水が根の上方に吸い上げられるのです。

    大麻の水やりにはいろいろな方法があるので、自分に合った方法で行ってください。 
    多くの生産者は、この方法で給餌することが最も有利であると断言しますが、塩分の蓄積ははるかに大きいという意見も多くあります。

    点滴灌水システム

    点滴灌漑システムは、土耕栽培ではあまり一般的ではありませんが、ココ栽培や水耕栽培では素晴らしい選択肢になります。この方法は、鉢の上に小さなホースを設置し、そこから水滴をノンストップで放出して大麻の苗に水を与えます。
    そこで、どれくらいの頻度で水をやればいいのかのイメージを持つために、大麻に適切な水を与えるための小さなガイドを紹介します。

    初心者のための大麻給水スケジュール

     実生植物性開花水洗頻度は?
    ココまたは土≈100-200ml≈300-600ml≈700-1500ml通常の水+10〜20%程度2〜4日に1回

    ただ、このガイドラインは、10~12Lの鉢で最適な条件で栽培された植物を対象としていることに留意してください。

    • 苗木の段階 – 湿度65~70%、温度20~25度
    • 植生ステージ – 湿度70~40%、温度20~26度
    • 早期開花 – 湿度40~50%(毎週約5%ずつ低下)、温度22~28℃。
    • 遅咲き – 湿度30~40%、温度18~24度

    植物の代謝は条件によって影響を受け、水の吸収量を決定します。 
    25℃、湿度60%で栽培するよりも多くの水を必要とすることに注意してください。

    ハイドロポニックス

    さて、水耕栽培では、ドリップ灌漑システムなど、植物に自動的に水を与えるシステムを導入する必要があります。時間指定灌漑を利用した水やりは、肉体労働を軽減するだけでなく、大麻の苗に全く同じ量の水を、安定して与えることができます。ドリップ杭を使用した有機栽培の培地は、手で水をやるよりもはるかに早く成長しますし、農業分野では非常に大規模に再現されています。

    エアロポニックスおよび水耕栽培の設定のための大麻水耕ガイド

     実生植物性開花水洗頻度は?
    ハイドロ (パーライト、クレイペレット、ロックウール)100-400ppm500-1200ppm100-1600ppm限りなく0ppmに近い15min ON, 15min OFF (24/7)
    エアロポニックス100-400ppm500-1200ppm100-1600ppm限りなく0ppmに近い5s on 4-5min off (24/7)

    そこで、餌の与えすぎを防ぎ、大麻に与えるべき量を知るために、水耕栽培と空気耕栽培の表を紹介します。ソイルやココは、使用するブランドによって必要な量が異なるので、そのブランドが推奨する量に従うように留意してください。
    の濃度で水に含まれる養分の量)を測定して大麻に与える方がよいでしょう。

    水耕栽培やエアロポニックスで栽培する場合は、常にppmを測定する必要があります。  
    水には微量栄養素(微量ミネラル)が含まれており、大麻が直接水にさらされるため、それを吸収してしまうからです。
    水耕栽培やエアロポニックスでは、水の純度が非常に重要であることを覚えておいてください。

    水や栄養剤は? 

    植物に水を与えることは一つのことですが、養液を与えることはそれとは異なり、考慮すべき点がいくつかあります。大麻の根毛は、細かい水の膜に触れるだけで、必要なものを取り込むことができます。

    水のみ

    これは基本的に、母なる自然がすべてやってくれる、オーガニックでシンプルな方法です。有機栽培の土壌には、必要な第一元素と微量元素がすべて豊富に含まれているため、必要なのは微生物が生きていくために必要な水分量を保つことだけです。
    また、有機物を分解するためには、温度や水分が必要です。

    栄養液

    栄養供給表に従っているほとんどの生産者は、最後の数週間までさまざまな栄養素を混ぜて与えている。開花サイクルの最後の部分はフラッシング期間となり、2つの理由から普通の水が植物に供給される。

    溶けていない塩分を分解する

    10週間以上経過すると、栄養塩がかなり過剰に蓄積されることがあります。特に、水耕栽培システム用に設計された化学ベースの栄養剤を使用する場合は、注意が必要です。

    この間、葉が黄色くなり始めるのは正常なことです。 

    水は生命の源であり、また溶媒でもあります。つまり、最後の14日間で、残った塩分を洗い流し(フラッシュ)、灰の風味と品質を高めることができるのです。

    予約栄養素を使い切る

    最大限の栄養を含んだ溶液から切り替えるのは大変なことですが、植物を飢餓状態にして、保留されている栄養をすべて使い切らせる必要があるのです。このとき、大麻草は急速に欠乏し始め、栄養素が使い果たされるサインとなります。

    大麻培地の過飽和

    良かれと思ってやったことが、残念ながら、水や栄養が多すぎても、それ以上成長しないので、水のやりすぎ、栄養の与えすぎは、大麻の植物に負担をかけることになるのです。

    オーバーフロー

    培地の水はけや保水性が悪いと、水分の蒸発が遅くなり、さまざまな問題が発生します。
    葉から発生する蒸散は、根の周りの過剰な水量を補う必要があります。植物は葉や根を経由して水を運ぶ方法を見つけるので、過飽和によって、植物の成長の完全性を危険にさらし、成長を阻害する原因となります。
    また、扇の葉がしおれるのは、根元が過飽和状態になり、植物が喜んでいない証拠です。 

    植物の成長を妨げないように、水のやりすぎには注意してください。 
    これは、植物が水不足になるアンダーウォータリングの際にも起こりうることです。
    水中栽培でも同じような特徴が見られますが、水を多めに与えず、鉢が軽く持ち上がるまで培養土を空気に触れさせるようにしてください。
    根元が冷たく湿っていると、嫌気性菌に感染し、大麻が枯れてしまいます。根域を酸素の多い状態に保つことは非常に重要で、フェルト鉢が人気の理由の一つです。
    その際、水量が多すぎると、大麻に必要な栄養素を取り込むことができなくなる。

    過剰摂取

    過剰な水やりをしたときと同じように、強すぎる養液を与えるとミネラルが蓄積され、結果として栄養素がロックアウトされ、欠乏症が次々と発生し始めることになります。
    これは、大麻が過剰なミネラルを利用できず、葉の先端を焼いてしまうためで、早く対処しないと葉全体が焼けてしまうこともあります。 

    与え過ぎると植物の成長に影響を与えるので、欠乏症に注意しましょう。 

    栄養剤の燃焼が進むと、葉の先端が茶色くなり、パリパリになり、時にはねじれることもあります。これは瓶詰めの栄養剤を使用した場合によくあることなので、もし入手できるのであれば、有機肥料を検討することをお勧めします。
    pHが低いと、植物に必要な栄養素が根から吸収されにくくなるため、pHを許容範囲内に保つことが、このような問題を避けるための一つの方法となります。
    そのため、適切な栄養を与えていても、pHが高くなったり低くなったりすると、植物が吸収できなくなり、与えすぎと同様の症状になることがありますが、実際には栄養不足と呼ばれる栄養不足が原因で起こります。

    フラッシング

    植物がpHの問題や栄養分の過剰に悩まされている場合、フラッシングは問題を解決するための最良の方法です。

    フラッシングを行うことで、phを補正し、培地や根に含まれる余分な栄養分を取り除くことができます。 
    これにより、pH値が修正され、培地や根に含まれる余分な栄養分が洗い流され、植物に一から栄養を与え始めたり、pH値を修正して、大麻の植物が再び必要な栄養分を吸収することができるようになるのです。

    マリファナウォータインのトップヒント

    そこで、初心者の方が栽培する場合、この記事で挙げたような問題を起こさないためのヒントをいくつかご紹介します。

    ポットを計量して水を与えるタイミングを知る

    水やりの割合を計算する良い方法は、水をやらずに一番軽くしたときの培地の重さを感じることです。この重さが、水やりの前に植物が毎回必要とするポイントです。こうすることで、水やりのタイミングがわかり、水のやりすぎの心配がなくなります。

    指で水分が足りているか確認する。

    もし、手で水やりをしていて、用土が十分に湿っているかどうかわからない場合は、鉢の側面に指全体を差し込んでみてください。指先の湿り気や乾き具合で、次の水やりのタイミングを判断してください。

    水草に常温の水をかける

    冷たい水はショックを起こし、根元の冷えを促すので、常温の水(20~23℃前後)で水やりをするのがよいでしょう。

    点灯時または30分前までに水を与える。 

    消灯間際の水やりは避けましょう。庭の湿度レベルが上がり、根の周りの酸素濃度や温度が下がってしまうことがあります。

    最後に

    培地が最も軽量化されるタイミングを知ることは、初心者が栽培に取り組む際の大きな出発点となります。植物が水を飲む量と蒸散する量のバランスを見つけることは、実体験を必要とする学習曲線であり、ベルトの下で何度も栽培することが必要です。

    完璧な組み合わせが見つかれば、大麻の植物もそれに応えてくれるはずです。また、屋外の大麻に水をやる場合、基本的にやり方は同じですが、雨の日には特に注意が必要です。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド