屋外の大麻はどのぐらい日光を必要とするのか?

ホーム / ブログ / 栽培について / 屋外の大麻はどのぐらい日光を必要とするのか?

屋外の大麻はどのぐらい日光を必要とするのか?

目次

    ※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。

    大麻は太陽を愛する植物です。
    大麻が適切に成長して開花するためには、どれだけの日光が必要か知っていますか?

    あなたの大麻が必要とする日光の量と、それを最大限に活用する方法を見つけてください。

    1.大麻が日光を必要とするのはなぜですか?
    2.日光とグローランプからの人工光の違いは何ですか?
    3.屋外の大麻はどのくらいの日光を必要としますか?
    4.屋外で間接的な日光の下で大麻を栽培できますか?
    5.大麻はいつ屋外で開花しますか?
    6.赤道と半球の日光に違いはありますか?
    7.北半球と南半球で大麻を栽培して収穫する時期
    8.赤道沿いや熱帯地方で屋外で大麻を育てる方法
    9.熱帯大麻株を理解する

    日光が多ければ多いほど良いです。
    それが屋外で雑草を育てる黄金律です。
    残念ながら、私たち全員が1日中太陽が降り注ぐテラス、バルコニー、パティオ、または庭にアクセスできるわけではありません。
    この記事では、大麻と太陽との情熱的な関係を詳しく見て、屋外の植物が素晴らしい収穫を生み出すために必要な日光の量を示します。

    大麻が日光を必要とするのはなぜですか?


    大麻は、光合成の力によって、太陽からの光エネルギーを化学エネルギーに変換し、成長を促進します。
    あなたの植物は、太陽から吸収したエネルギーを使用して、環境から得た水、二酸化炭素、ミネラルを酸素とエネルギー豊富な糖に変換して、健康な根、枝、葉を発達させます。

    グローランプからの太陽光と人工光の違いは何ですか?

    日光が人工グローライトを「打ち負かす」かどうかは、大麻コミュニティで古くからの議論であり、どちら側にも熱狂的な派閥がいます。

    自然に代わるものはないと確信していますが、人工照明の下で屋内で育つことにも多くのメリットがあることを理解しています。

    私たちは個人的に太陽の下で成長するのが大好きです。
    なぜなら、それは無料であり、太陽の力を複製できる工業用ランプがないからです。
    ただし、大麻植物に10〜12時間の遮るもののない日光を提供することは、平均的な自家栽培者にとって、特に植物を目から見えないようにしようとしている場合は難しい場合があります。

    室内での栽培は、プライベートな栽培ができるだけでなく、ライトの下で栽培することで、植物の環境や光のサイクルをよりコントロールすることができるという利点もあります。

    屋外の大麻はどのくらいの日光を必要としますか?


    大麻は1日あたり10〜12時間の直射日光が当たると最も幸せになります。
    あなたが自分の目で見たことがあるかもしれなませんが、大麻は本当に活発に成長します、そしてそれ故にそれらの成長を促進するために大量の太陽エネルギーを必要とします。

    最低6時間以上の日光が遮られることなく当たれば、屋外で健康的な大麻を育てることができます。


    ただし、日照時間が少ないと成長が遅いため、最適な量の太陽を得る植物よりも軽くて低品質の収量を生み出す可能性があることに注意してください。

    あなたは屋外で間接的な日光で大麻を育てることができますか?


    いくつかの栽培フォーラムを読むと、1日1〜2時間の直射日光で収穫できたと言う栽培者がたくさんいます。
    結局のところ、大麻は野生で栽培する場合、かなり厳しい条件にも耐えることができる丈夫な植物です。

    ただし、自宅で大麻を栽培する場合は、収穫量のサイズと品質を最大化するために最適な条件を提供する必要があります。
    それらが日陰で成長している場合、あなたの植物は太陽に届き、長くて細い枝、いくつかの芽の場所、そしてより少ない樹脂で軽くて風通しの良い芽を発達させます。

    大麻はいつ屋外で開花しますか?


    屋外では、夏至の後、日が短くなり、夜が長くなると、光周期の大麻が開花します。
    北半球では、6月の夏至の後に開花します(6月20日~21日)。南半球では12月頃、開花を開始します(12月20日または21日)。

    日中の時間は屋内よりもはるかにゆっくりと減少するため、屋外の植物は徐々に開花し始めることを覚えておいてください。
    屋内では、スイッチを押すだけで植物をべジ期から開花させます。

    赤道と半球の太陽光には違いがありますか?


    はい、半球と赤道(または南回帰線と山羊座の間の熱帯収束帯)の日光には非常に大きな違いがあります。

    地球の軌道を考えると、1年のさまざまな時期に太陽に向かって傾いています。
    北半球は6月の至点で太陽に最も近く、南半球は12月の至点で太陽に最も近くなります。
    太陽に近いほど直射日光が多くなり、対応する半球での日数が長くなります。

    ただし、赤道は常に太陽から同じ距離にあります。
    したがって一年中、一定の12時間の日光を浴びます。

    北半球と南半球で大麻を栽培して収穫する時期


    北半球の屋外栽培者は、場所にもよりますが、通常、春から初夏の間に種子を発芽させます。
    たとえば、イベリア半島に沿って、生産者は3月上旬に開始し、8月までに2つの完全なオート品種を栽培することができます。
    ただし、さらに北に行くと、霜、雨、雹、またはその他の不利な条件に直面しないように、栽培者は少し遅れて開始する必要があります。

    一方、南半球の栽培者は、早ければ9月に栽培を開始し、通常は3月から5月の間に収穫しますが、一部のサティバは6月上旬までに収穫できる場合があります(遺伝学と地域の気候によって異なります)。

    屋外で育つときは、どの遺伝学を扱っているか、そして季節のさまざまな時期に植えられたときにそれらがどのように反応するかを知ることが重要です。
    たとえば、大きなサティバを栽培している場合は、植物が大きくなりすぎないように、少し後で栽培を開始することをお勧めします。
    一方、オート品種を使用している場合は、できるだけ早く種子を地面に植えて、2つの収穫を1つの成長期に絞り込むようにしてください。

    赤道沿いや熱帯地方で屋外で大麻を育てる方法


    前述のように、赤道沿いの地域では、年間を通じて12時間の日光が安定して降ります。
    赤道上にある地域に住むことができれば、一年中屋外で大麻を栽培できるかもしれません(もちろん天候が許せば)。
    これらの地域では、光周期品種はオートフラワーと同様に振る舞い、成熟すると自動的に開花する可能性があります。

    一方、南回帰線とかに座の間は、夏至と冬至に続いて、1日あたり最大10.5時間と13.5時間の日光を浴びます。
    これらの地域では、天候によっては一年中大麻を栽培できる可能性があり、光周期の変化ではなく年齢に基づいて光周期が開花する可能性があります。

    熱帯大麻株を理解する


    大麻はアジアにルーツを持っているかもしれませんが、植物は地球のほぼすべての隅に広がり、適応することができました(人間の助けのおかげで)。
    熱帯と赤道の独特の気候と光の周期に適応した品種は、通常、さらに北または南に成長するように適応した品種よりもはるかに早く発芽します。
    彼らはまた、はるかに長くべジ期にとどまり、開花しながら葉を発達させ続け、細長い風通しの良い芽を生み出す可能性があります。

    赤道光周期株はオートフラワーと同じような動きを見せることがありますが、それらは本当のオート品種ではないことを覚えておいてください。
    オートフラワーには、カンナビスルデラリスの特定の遺伝子が含まれており、年齢によって引き起こされるホルモンの変化に基づいて開花します。
    光周期赤道株はこの遺伝子を持っていないので、光周性の品種の開花は光の変化によって引き起こされる可能性があります(赤道に沿っているか熱帯にあるのと同じくらい最小限です)。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド