オートフラワーはどのくらい収穫できますか?

ホーム / ブログ / 栽培について / オートフラワーはどのくらい収穫できますか?

オートフラワーはどのくらい収穫できますか?

目次

    味覚、効果、薬効、収量など、オートフラワーの栽培を希望する理由はいくつかあります。オートフラワーの収穫量は、瓶がどれだけいっぱいになるか、また、栽培者としてどれだけ成功するかの分かれ目となります。
    オートフラワーの収穫量は50-250gですが、遺伝、条件、栄養分によって影響されます。

    1. 収量(イールド/yield)とは何か?

    収穫量は、乾燥重量と湿潤重量で測定されますが、大麻を収穫し、刈り取り、乾燥させた後、最終的に乾燥させた芽の量が正式な収穫量となります。

    シードバンクでは、1株あたりの乾燥重量ではなく、平方メートルのシナリオで収量を表示することが多いことにお気づきでしょう。450-550gr/m2」という数値は誤解を招く恐れがあるだけでなく、この数値の結果には多くの変動要因があります。では、1株からどれくらいの葉っぱが収穫できるのでしょうか?
    オートフラワーの収量を最大化する方法を知りたい方は、こちらをお読みになって、収量を向上させてください。

    2. 留意事項

    天候

    オートフラワーを屋外で栽培する場合、気候が収穫の結果に大きな影響を及ぼします。
    オートフラワーの大麻は、適切な温度、湿度、日光に依存して生育するため、収穫する芽の品質と量に反映されます。
    しかし、夏が短く、冬が寒い地域では、熱帯気候のように1年に何度も栽培して素晴らしい結果が得られるとは限りません。

    段階日中温度夜間温度相対湿度
    植生前半(1-2週目)22-28°C18-22°C70%
    植生後半(3-4週目)22-28°C18-22°C65%
    開花前(5週目)20-26°C20-26°C60%
    開花前半(6-8週目)20-26°C20-26°C55-50%
    開花後半(9~10週目)18-24°C17-20°C50-40%

    ご存知のように、オートフラワーは生育の各段階で一定の条件を必要としますが、一般的な目安として、植生段階では温度18〜24℃、湿度70%前後を保ち、徐々に下げて開花前段階の60%近くになるようにするとよいでしょう。
    その後、オートフラワーがつぼみを形成し始めたら、湿度は50%前後、開花期の終わりには40〜45%になるようにします。

    ポットサイズ

    誰もが1メートル四方の栽培スペースで栽培できるわけではなく、バルコニーやテラス、裏庭に置いておける小さくて目立たないオートフラワー・カウントに頼らざるを得ない人もいるはずです。
    大麻を育てる場所によって、大きな鉢と小さな鉢のどちらかを選ばなければならず、それが結果的にオートフラワーの大きさ、ひいては収量に影響を与えることになる。
    例えば、大きなサイズのオートフラワーを10-12リットルの鉢で栽培する場合、最適な条件であれば、1株あたり50-150gの収穫が可能です。

    • 12リットル以上の鉢でオートフラワーを栽培する必要はありません。
    • シーオブグリーン(SCRoG)は、5~7.5リットルの小さめの鉢が必要です。
    • 地中に直接植えるのも良い方法です。

    使用される栄養素

    N-P-K(大栄養素)と微量要素(微量栄養素)を豊富に含むサプリメントをオートフラワーに与えることは、生産性を高める一つの方法であることは確かです。理想的な水やりの比率を維持する限り、有機栄養素や完全な生きた土に投資することは有利に働きます。
    これは、有機栄養素が合成栄養素とは異なる働きをするからです。

    有機給餌は、あなたの大麻の植物と共生関係を形成する有益な微生物と良好な土壌を維持することから構成され、この方法では、菌が栄養素を分解し、あなたのオートフラワーが栄養素と水分を吸収するために容易にする根圏に水分を保持しながら植物が生成した糖類を食べます。
    一方、合成栄養剤は根に直接栄養を与えるため、土壌を健康に保つ必要がありません。合成栄養剤は微生物が死んでしまうため、簡単に与えられる反面、与えすぎで植物が焼けてしまうことがあります。
    合成栄養剤を使用する場合は、栄養剤を作る際に推奨されるガイドラインに従ってください。

    • 最後の2週間は普通の水だけを与えて、オートフラワーのフラッシュを行います。
    • 品種によっては、養液の吸収量が多いものと少ないものがあります。

    プラント数

    もうひとつ、収穫量に影響するのが栽培スペースに植える株の数ですが、大きなサイズのものを数本育てるか、小さなものをたくさん緑の海に詰め込んで育てるか、それぞれにメリットとデメリットがあります。
    例えば、1m2の栽培スペースで栽培する場合、1〜2本の大きなオートフラワーを育てるか、最大6本の小さなオートフラワーを育てるか、これは当然ながらあなた次第です。
    また、SCRoG(Sea of Green)を栽培するのか、それとも自然栽培にするのか、あらかじめ決めておくとよいでしょう。

    シーオブグリーン/SCRoG(Sea of Green)

    もし、小さなオートフラワーをたくさん密集して栽培することを選択するのであれば、その設定に適した品種であることを確認してください。この場合、5~7.5リットルの鉢に植えて、1メートル四方に6~10輪の花を咲かせることができます。

    SCROG

    SCRoGの栽培では、1m2に20輪の花を植えることはできませんが、7〜10リットルの鉢に2〜5輪の花を植えることは可能です。SCRoGネットにきちんと水を入れさえすれば、キャノピーを密にし、素晴らしい結果を得ることができます。

    大型植物

    また、1~3号鉢の大きさであれば、150cm程度まで大きく育てることができますので、10~15Lの鉢をお勧めします。

    プラントトレーニング

    オートフラワーの品種に関しては、品種によってある種のトレーニング方法を適用するのがベストです。そうすることで、より大きな収穫を促し、バッズに直射日光を当て、収量をさらに増やすことができます。
    トレーニングは、植物にストレスを与えることになり、逆に植物の成長を妨げ、収穫量を減少させることになるので、トレーニングの効果が期待できる場合、または過去に経験がある場合のみ行うことをお勧めします。

    プラントトレーニングには、LSTとHSTの2種類があり、どちらも栽培者が照明器具を最大限に活用したり、栽培スペースが限られている場合に植物の大きさをコントロールするために、オートフラワーの構造を修正し、形を整えるために役立ちます。
    LST(ローストレストレーニング)は、基本的に植物に傷をつけずに枝を曲げたり縛ったりすることで、その名の通り、HSTに比べてオートフラワーにストレスを与える可能性が低く、通常オートフラワーに推奨されている方法ですが、自分が何をしているのか分かっていれば、HSTでも十分です。

    高負荷トレーニング(HST)は、大麻の株をトッピング、落葉、またはフィミングによって切断することで、LSTを行うときと同じ結果を得ることができますが、植物の一部を切断した時点で作業が終了するため、より少ない作業で済みます。

    • 低ストレストレーニングとは、株の高い部分を縛り、大きな芽が均一に生育するようにすることです。
    • 花が咲き始めたら、植物トレーニングの類は避けた方がよいでしょう。
    • SCROGのセットアップを使用することで、収穫量を増やし、より効率的な栽培スペースを確保することができます。

    栽培品種

    もしあなたが自宅で栽培していて、一粒一粒の種を最大限に活用したいのなら、あるいは商業栽培をしていて、何よりも生産を優先したいのなら、この仕事を助ける最高の遺伝子を見つけることがあなたを優位に立たせるでしょう。
    ハイブリッドオートフラワーには様々なインディカとサティバの特徴があり、収穫量に関して言えば、あるものは他のものよりも報酬が高いです。

    サティバが優勢なハイブリッドはインディカが優勢なハイブリッドよりも常に収穫量が多いと思わないでください。サティバはより成長し、その結果より多くの収穫がありますが、インディカはより密度の高い芽を作り、一見生産量が少なくても、最終的にはより重くなることがあるのです。
    つまり、収穫量にこだわって品種を選ぶべきですが(高収量を求めるなら)、自分の栽培スタイルや栽培条件に合った品種を選ぶべきということを念頭に置いておいてください。

    • 品種によっては、開花に時間がかかるものや、収穫量が多いものがあります。
    • 寒冷地に適した系統と暑い気候に適した系統がある。

    3. より大きな利回りを得る方法

    1. キャノピーを開放すると、すべての開花部位、特に下部の開花部位に直射日光が当たるので、バッズに十分な光と風通しを確保するためには、オートフラワーをトレーニングすることが一番です。これにより、収穫の質と量を向上させるだけでなく、オートフラワーの幅と高さをコントロールすることができるようになります。
    2. オートフラワーは、9-10 週間のライフサイクルにおいて、より多くの日光を浴びるほど、より多くのバッズをつけることができます。春の終わりから初夏にかけて植え付けると、屋外で最も良い結果を得られることが多い。室内で栽培する場合は、1株あたり少なくとも75Wを供給し、18/6、20/4、24/0などのライトサイクルを試してみるとよいでしょう。
    3. プラントトレーニングは、栽培スペースを本当に最大限に活用し、均一で維持しやすい作物を作るための素晴らしい方法であり、大麻の植物から最高の収穫を得るための方法です。
    4. 竹の杖を使って早い段階で支えを加えることで、植物が芽の重さに耐えられるようになり、枝を折るリスクなしに本当に太い芽を成長させることができる。
    5. 開花の早い品種を栽培することで、同じ栽培テントと同じ光のサイクルのもとで、数週間ごとに収穫を続けることができます。

    4. 最後に

    最高のオートフラワーの収穫量について考えるとき、考慮すべき変数はたくさんあります。シードバンクが提案する数値を叩き出すには時間がかかりますし、あくまでも目安にしかなりません。照明、品種、栄養素、植物のトレーニング、気候、場所の理想的なバランスは、屋外に植えるときに有利になるように、あらかじめ計画しておく必要があります。
    温度、湿度、風量、養分などは、蒸散や光合成などの基本的なプロセスに影響を与えるので、これらの要素をチェックし、調整するための適切な機器を備えておくことが重要です。
    もちろん、あまり気にせず栽培することもできますが、一粒一粒の種を大切にし、収穫を次の段階に進めるためには、少なくとも温度と湿度を測定・調整できる基本的な道具を揃えることを強くお勧めします。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド