失敗しない大麻種子の発芽トラブルガイド

ホーム / ブログ / 栽培について / 失敗しない大麻種子の発芽トラブルガイド

失敗しない大麻種子の発芽トラブルガイド

目次

    種子が発芽しないのはなぜなのか?。
    発芽トラブルシューティングガイドを使用すると、大麻の種子が発芽しない理由を突き止めることができます。
    これらの発芽の問題点を見つけ、素晴らしいスタートを切りましょう!
    挿し木(クローン)を使用していない限り、大麻の成長は種子の発芽から始まります。
    なんらかの理由で種子が発芽しない場合は、大麻栽培を始めるチャンスを掴む前に成長が終わります。
    しかし、発芽の問題の背後にある理由を知っていれば、成長を素晴らしいスタートに導くチャンスが格段に増えます!

    大麻の種子が発芽しない理由はたくさんあります。
    種子が「発芽」しない最も一般的ないくつかの理由を次に述べていきます。

    悪い種

    あなたの地元(身近な所)からの「ミステリーシード」またはインターネット上の知らない販売者からの「バーゲンシード」の種の袋を手に入れましたか?
    もしそうなら、それらは発芽しない可能性があります。

    評判の良いシードバンクは、常に種子の品質と発芽率をテストします。

    あなたの大麻の成長を素晴らしいスタートに導くために、高品質の大麻の種子を調達することはあなたができる最善のことです。
    発芽率が良くなるだけでなく、植物は収穫時により良い収量でより健康に成長します。

    不適切な保管

    種子は食べ物と同じように、適切に保管する必要のある生物です。
    そうしないと、種子は分解したり、死んだりして発芽しません。
    種子を保管するときは、光、極端な温度、湿度に近づけないでください。
    温度が安定している暗所は良い保管場所です。
    長期保存の場合は、種子を密閉容器に入れて冷蔵庫に保管してください。

    素手で種子を扱う

    大麻の種子を素手で扱うと、バクテリアや真菌などのあらゆる種類の厄介なもので汚染される可能性があります。
    残念ながら、種子や苗木は、これらのタイプの有害な病原体に対して特に脆弱です。

    種子の腐敗を防ぐため、不必要な取り扱いは避けてください。
    清潔な手袋と消毒済みのピンセットなどを使用してください。
    これにより、種子が汚染されるリスクを大幅に最小限に抑えることができます。

    種子を植える位置が浅すぎたり深すぎたりする

    土に直接植えるときは、種子を深く埋めすぎないでください。
    あまりにも深い位置に植えると種子に十分な酸素が行き届かず、土壌中の水分が種子を圧迫し、種子を腐らせる可能性があります。
    同様に、種子が表面に近すぎると、発芽する前に乾燥してしまうリスクがあります。
    また、種子は出てきますが、キャップを外すことができません。
    丁度よい状態は、種子を約0.5〜1.0cmの深さに置き、土で軽く覆うことです。

    新品または滅菌済みの土壌とポットを使用しない

    種子の発芽を阻害する最大の要因の1つは真菌です。
    滅菌されていない古い再利用された土壌には、カビやバクテリアや昆虫などの他の有害な生物が含まれている可能性があります。

    あなたの種子はまったく発芽しないかもしれません、あるいは、土から出てきても数日後に枯れるかもしれません。
    「ダンピングオフ」として知られる病気により、苗木が突然曲がって茶色に変わることがあります。
    水のやりすぎ、水はけの悪さ、通気の欠如もこの可能性を高めます。

    解決策:これらの有害な有機体が含まれないため、滅菌済み(つまり新しい)培養土にのみ種子を植えてください。
    しかし、注意を払う必要があるのは基質だけではありません。
    また、カビやその他の有害な病原体を運ぶ可能性があるため、コンテナが清潔であることを確認する必要があります。
    発芽中に真菌の問題が発生した場合は、種子と汚染された成長培地を取り除き、最初からやり直すのが最善です。

    湿気が多すぎる

    基質の排水が不十分な場合、土壌中の過剰な水分が種子の酸素へのアクセスを妨げ、真菌の増殖を促進します。
    パーライトを加えることで、土壌の排水を改善することができます。また、植栽用コンテナの底には、水を排出するための穴があることを常に確認してください。

    湿気を抑えるためにカバーを使用している場合は、これにも穴があることを確認してください。
    カバーを頻繁に持ち上げて、新鮮な空気を交換できるようにします。苗が殻を落としたらすぐにカバーを取り外します。

    水分が足りない

    上記を念頭に置いて、種子は発芽するために水分を必要とします。
    土壌を湿らせますが、湿らせないでください。
    最良のアプローチは、細かいミスト設定のハンドスプレーを使用することです。
    透明な発芽フードまたはラップフィルムを使用して、土壌が乾燥しないようにします。

    種子に水をあげすぎた場合

    一部の栽培者は、コップ一杯の水で種子を発芽させるのを好みます。この方法は技術的には実行可能ですが、長時間放置すると種子が水により死んでしまうリスクもあります。
    種子は成長するために十分な酸素の供給を必要とします。

    種子の発芽に時間をかけすぎてしまう場合

    種子の発芽を長くしすぎると、安全に移植することが難しくなります。
    これは、根が空気や光にさらされる時間が長いほど、根が損傷する可能性が高くなるためです。
    さらに、直根が長いほど、移植時に偶発的な損傷のリスクが高くなります。

    種子に目を配り、直根が最大1〜2cmになったら移植します。

    水質が悪い

    水道水は、より成熟した大麻植物には問題ないかもしれませんが、種子や苗には問題になる可能性があります。
    水道水には塩素、フッ化物、塩分が含まれているため、健康的な成長に悪影響を及ぼし、種子の発芽を完全に妨げる可能性があります。
    ご自宅の水道水のphを確認してph6-6.5に調整してください。

    温度が高すぎる場合

    発芽環境の温度が高すぎると、成長が遅くなり、発育が阻害され、土壌が乾燥する可能性があります。
    種子の発芽に最適な温度は中程度の20〜25℃です。

    屋内で発芽していて気温が高すぎる場合は、ファンを使って、または窓を開けて涼しくすることができるかどうかを確認してください。
    それでも問題が解決しない場合は、栽培室のエアコンの設置を検討し、気温を抑えてください。

    温度が低すぎる場合

    同様に、気温が低すぎると種子の発芽を阻害するなど、多くの問題が発生する可能性があります。
    気温が低いと、他の植物病害のリスクも高まります。

    その場合どうするのか?。
    屋外で育てたい場合は、すぐに屋外に植えないでください。
    代わりに、屋内で発芽させ、苗木を数週間成長させます。

    注意しなければいけない項目を守り、外の気温が植物を屋外に設置するのに十分な温度になったことを確認します。
    通常、春の気温が高くなるのを数週間待つことは価値があります!

    発芽環境が明るすぎる。

    種子は発芽するのに光を必要としません。
    実際、光が多すぎると、発芽する可能性が低くなります。
    苗が実際に土から出てきたら、光があたるように配慮する必要があります。
    ただし、時間の経過とともに徐々に増加する前に、必ず低い光強度から始めてください。


    害虫、鳥、昆虫…

    信じられないかもしれませんが、大麻の種子は多くの種類の鳥のエサです。
    しかし、種を食べるのが好きな生き物は鳥だけではありません。
    他の生き物の中で、アリは発芽した種子からの直根を食べることを好みます。
    種子を安全に保つために、鳥の網、アリの罠、およびニームオイルやナメクジの罠などの他の予防策を使用してください。
    種子を頻繁にチェックして、問題が発生する前に侵入を見つけて対策をしましょう。

    土壌が固すぎる

    土が固すぎると、種子がはじけるのを防ぐことができます。
    コンパクトな土壌は種子から酸素を奪い、水はけが悪いと病気やカビのリスクが高まります。
    清潔な手で、種子をほんの薄い土の層で覆ってください。

    土壌が緩すぎる

    土が緩すぎると、種子を取り巻く空気が多すぎて、水分を適切に吸収できなくなります。
    種を蒔いたら、指で土を軽くたたきます。
    パーライトを追加して土壌をより風通しの良いものにする場合、約10〜20%で十分です。

    土壌が「熱すぎる」

    土壌が「熱すぎる」とは、栄養分が多すぎることを意味します。
    これは種子や苗にとって特に重要です。
    これらは実際には栄養素をまったく必要としないからです。
    そのため、成長の最初の数週間は肥料を与えないのが最善です。

    過密な鉢植え

    種子を発芽させた後、大麻の根は十分なスペースを成長させたいので、適切なサイズの鉢を使用していることを確認してください。

    一方、各鉢で1つの種子のみを成長させるため、土壌で利用可能な光や栄養素を奪い合うことはありません。

    スペースや資材が限られている場合は、密室した場所で多くの植物を育てるよりも、繁栄できる植物の数を少なくする方がよいでしょう。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド