大麻の栽培:有機と合成/無機栄養剤の比較

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻の栽培:有機と合成/無機栄養剤の比較

大麻の栽培:有機と合成/無機栄養剤の比較

目次

    有機栽培か合成栽培か、どちらにも長所と短所があるため、初めて大麻を栽培する人にとっては決断が難しいかもしれません。
    有機栽培か合成栽培かは長い間議論されてきました。有機栽培の栄養剤は大麻の香りと味を良くすることができますが、すべての栽培設定に適しているわけではありません。合成栄養素は厳しい味の花になると言われていますが、水耕栽培のセットアップのような特定のタイプのセットアップに適しています。

    有機養分による栽培

    有機植物栄養剤は、天然の生きた資源に由来し、微生物と協力して植物に必要な栄養分を供給することに重点を置いています。堆肥、バットグアノ、骨粉、魚粉、石膏などの天然物質から作られ、購入することもできますが、コンポストやKNFの技術を使って作ることもできます。
    微生物が栄養素を分解するためには、温度が低すぎると働きが鈍くなり、栄養素を利用できるようになるまでに時間がかかるなど、微生物が効率よく働けるような環境を整える必要があります。

    有機栽培の大麻の栄養剤を使うということは、土とその中の微生物を大切にすることであり、微生物にとって良い環境を維持できなければ、死んでしまう可能性があるわけです。有機栽培の栄養素は、通常、微生物が栄養素を分解するのに時間がかかるため、徐放性であると言われていますが、これは不足を発見したときに、不足を解決するのに時間がかかるというデメリットもあります。
    天然栄養素は、有機大麻を栽培する際に、芽の香りと味を高めるのに適した方法です。水耕栽培の場合は、微生物が生息する有機物(土)が不足するため、ほとんどの水耕栽培には適していないことを覚えておいてください。また、有機物であるため、合成栄養剤に比べて害虫を寄せ付けやすいということも覚えておいてください。

    合成/無機栄養剤による栽培

    合成栄養剤や無機栄養剤は、鉱物から抽出したもの(生物由来ではない)で、研究所で有害な不純物を残して、鉱物から抽出するプロセスで製造されます。このタイプの肥料は、通常、より効果的な最終製品を製造するために製造中に変更されたミネラルを含んでいます。無機肥料は、微生物が最初に分解する必要のある有機肥料とは異なり、利用可能な栄養素のレベルが高いため、栽培環境によっては無機または合成の栄養素が有利になる場合がある。無機肥料には、マクロおよびミクロの栄養素が一定量含まれており、通常はボトルに記載されている栄養素の正確な量が記載されているため、通常、簡単に使用することができます。
    合成栄養剤の場合、植物に直接栄養を与えることになるので、根に届くとすぐに植物に栄養が行き渡ります。このため、不足した栄養を素早く補給することができますが、栄養の与えすぎで植物が火傷することもあります。有機物とは異なり、合成栄養剤は土でも水耕栽培でも使用できます。有機水耕栽培用栄養剤もありますが、これは入手が難しく、無肥料栽培用に特別に作られています。

    有機と合成/無機:長所と短所

    なぜ合成栄養剤が使われるのでしょうか? 有機栄養剤の利点は明らかですが、どちらにも長所と短所があります。 どちらを選ぶかは、あなたの栽培環境にとってどちらが適切か、何を買う余裕があるか、何を好むかによって決まります。

    有機的な長所 

    •  過給による燃焼の可能性が低い

    通常、緩やかに放出されるため、栄養素が一度に吸収されることはなく、植物が焼ける可能性は低くなります。

    •  有益な微生物

    有機栄養素に必要な微生物を大切にすることは、栄養素を利用できるようにするだけでなく、他の面でも植物に恩恵を与え、結果としてより成長し、より健康な植物を育てることになります。

    •  持続可能で再生可能

    100%オーガニックの栄養剤は、天然物を使用しているため、適切な手入れをすれば土を再利用でき、環境への負荷が少ないのが特徴です。

    •  栄養素の無駄が少ない

    栄養分は土の中にとどまって微生物のエサとなるため、結果的に栄養分の無駄が少なくなります(節約にもなります)。

    •  バッズの味と香りを引き立てる

    生産者は、有機栄養素が蓄積されないことを発見し、フラッシュが容易になり、より風味豊かで強い香りのバッズを得ることができます。

    有機的な短所

    •  スローリリース

    有機物の栄養分は、微生物が分解する必要があるため、植物に吸収されるまでに時間がかかる。

    •  不備の解消が遅れる

    生育が遅いため、植物が欠乏症を示した場合、欠乏症を避けるために有機茶を淹れたり、粉末の栄養剤で土壌改良したりしない限り、それを修正するのに時間がかかることがあります。

    •  虫がつく確率が高い

    虫は有機物に集まるし、有機物の栄養剤には有機物が含まれているので、毎日、栽培スペースに虫がいないか注意してチェックしないと、簡単に害虫が発生してしまうんです。

    •  割高になることもある

    有機栄養素は製造に時間がかかるため、合成栄養素よりも高価になるのが一般的です。

    合成の長所  

    •  栄養素に対するより多くの管理

    合成栄養剤は、ミネラルの量と比率が正確に作られているため、植物に与える栄養分の量をコントロールしやすくなっています。このため、生育期には窒素を多く、開花期にはリンを多く与えることが容易にできます。

    •  欠陥の早期解決能力

    根に直接栄養を与えるので、欠乏症を早く治すことができるのです。

    •  より安く、より簡単に

    ボトル入りの合成栄養剤は製造に時間がかからないので、どこの栽培店にも置いてあり、種類も豊富なため、安価で購入できます。

    合成の短所 

    •  オーバーフィードしやすい

    根に直接栄養を与えるので、与えすぎによる火傷は超簡単(よくあること)です。

    •  栄養剤の蓄積

    合成栄養剤に含まれるミネラルが蓄積されると、植物に栄養が過剰になり、適切にフラッシングしないとバッズの香りや味に影響を及ぼす可能性があるということです。

    •  環境に悪い

    合成栄養剤は再生可能な資源から作られたものではなく、メーカーはその製造に多くのエネルギーを使っており、環境にも悪い。

    大麻と栄養

    大麻に必要なミネラルは17種類あり、そのうち3種類(炭素、水素、酸素)は空気や水に含まれていますが、残りの14種類は土壌や養液として供給する必要があります。 

    大麻の栄養剤

    空気中や水中に自然に存在する土壌または養液に添加する必要があります。
    主な副栄養素副次的な大栄養素微量栄養素非必須栄養素
    炭素(C)窒素(N)カルシウム(C)ホウ素(B)アルミニウム(Al)
    鉄 (Fe)
    銅(Cu)セレン(Se)
    水素(H)カリウム (K)マグネシウム (Mg)塩素(Cl)コバルト(Co)
    酸素(O)リン(P)硫黄(S)マンガン(Mn)シリコン (Si)
    モリブデン(Mo)

    マクロ栄養素と微量栄養素の他に、非必須とされる栄養素がありますが、それは、それらを供給しなくても植物は栄養不足を示さないが、供給すると植物の成長に大きな差が出るからです。

    最後に

    有機栄養剤と合成栄養剤はどちらも長所と短所があり、最終的に判断するのはもちろん自分自身です。 初めて栽培される方は、どちらか一方に決めるのは難しいかもしれませんが、両方を試してみて、どちらが自分に合っているかを判断することをお勧めします。 両方試してみて、どちらが自分に合っているかを判断することをお勧めします。効果的に使用するために必要なものを理解し、時間とお金の無駄を省きましょう。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cannabisdnalabs

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド