大麻栽培中に発生する病気ガイド

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻栽培中に発生する病気ガイド

大麻栽培中に発生する病気ガイド

目次

    原生の大麻は本来、病気や害虫の影響を受け難い比較的強い植物です。
    品種改良された強い個体も存在しますが、デリケートな品種も多数あります。

    経験の浅い栽培者は外的要因、特に栄養不足、害虫、カビ、水やりにて発生し得る問題に直面する場合、経験不足から発生した問題を正しく特定するのが難しく大きな被害を被ってしまいがちです。

    このガイドを使用して、大麻の病気の症状を特定し、毎回大規模で健康的な収穫を達成できるようにしましょう。

    他の作物と同様に、大麻は害虫、真菌感染症、ウイルス、および収穫の品質とサイズに悪影響を与える可能性のある他のさまざまな問題にさらされる可能性があります。

    たとえば、根腐れやカビから栄養不足を区別する方法を知ることは、大麻の病気を早期に治療し、植物の健康への影響を最小限に抑えるための鍵です。

    栄養不足

    経験の浅い栽培者は、大麻には窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)の3つの栄養素が必要だと考えることがよくあります。

    これらの主要栄養素は確かに健康な成長に不可欠ですが、大麻植物は栄養成長と開花の両方を促進するために、マクロ栄養素、二次栄養素、および微量栄養素の複雑な混合を必要とします。

    植物が適切な量の栄養素を摂取しないと、老若葉の死や葉の変色を引き起こす欠乏症を発症します。

    栄養素の不足は通常、栄養不足、pHの不均衡、および栄養素のロックアウトによって引き起こされます。
    未処理のままにしておくと、栄養不足は植物の発育を著しく阻害し、その収量の質と大きさの両方を低下させる可能性があります。

    栄養不足の正確な症状は、植物が不足している栄養素によって異なります。
    一般的な症状には次のものがあります。

    古い葉、若い葉が死ぬ
    黄変または茶色の葉
    赤または紫の茎
    斑点または乾燥した葉
    カールした葉の先端とエッジ
    ストレッチ
    反った葉と茎

    いくつかの栄養不足は、植物に与える量を増やすだけで改善できます。
    ただし、pHの不均衡や栄養素のロックアウトの結果である場合、植物は異なる処理方法を必要とします。

    肥料焼け

    不足の反対である栄養素の火傷は、植物が必要以上の栄養素を摂取したときに発生します。
    過給は栄養素の火傷の原因ですが、ここでも、pHの不均衡や栄養素のロックアウトも一般的な原因です。

    栄養素の火傷の特徴的な兆候は、乾燥した茶色で、葉の先端や縁が丸まっている兆候が見られます。

    厳密な補給カレンダーに従い、各補給の前後にpHとECレベルをチェックして、植物が栄養素を摂取しているだけでなく、適切に吸収できることを確認する必要があります。

    栄養素の火傷は通常、化学肥料の使用にのみ関連しているパターンが見られます。

    徐放性の処方を持つ有機栄養素は、分解されて植物に吸収されるまでに時間がかかるため、通常、栄養素の燃焼を引き起こしません。

    栄養素のロックアウト

    栄養素のロックアウトは、植物、その培地、および肥料の間の化学反応によって引き起こされます。
    この反応は本質的に培地から栄養素を吸収する植物の能力を阻害し、最終的には栄養素の欠乏に繋がります。

    栄養素のロックアウトは通常、濃縮化学肥料を長期間使用した場合に発生します。

    肥料からの微量の栄養素と塩分が培地に蓄積し、その結果pHを変化させ将来的に植物の栄養素吸収能力を妨げる可能性があります。

    通常、栄養素のロックアウトは、基質をpHバランスの取れた水で洗い流し、補給レジーム(ルール)を最初からやり直すことによって概ね改善されます。

    経験豊富な多くの栽培者は、同じ問題に再び遭遇することを避けるために少ない栄養補給で開始することを選びます。

    PH関連の問題

    他の植物とは異なり、大麻は低いpHでも栄養素を吸収することができます。
    土壌、水、または肥料が規定より高い数値である場合、植物は適切に栄養を吸収する事が出来ません。
    高価な栄養素を浪費するだけでなく、栄養素の不足やロックアウトに対処しなければならない場合もあります。
    この事態に直面すると知識がない場合、諦めてしまう可能性があります。

    大麻植物は、わずかに酸性の土壌で育つことが好きで、最適なpHは約6〜7です。 ただし、6〜7 pHの間の変動により、大麻がさまざまなマクロ栄養素、二次栄養素、微量栄養素を吸収する能力がある事が分かりました。

    水耕栽培または無土壌でのグロウでは、大麻は5.5〜6.5のpHで最もよく成長します。
    繰り返しになりますが、ある程度の変動は、植物がさまざまな栄養素を適切に吸収するのに役立ちます。

    過湿性または過疎性のカンナビスの兆候

    いずれにしても、大麻に水を与え過ぎたり、水を与えなさすぎたりすると、植物の生物学的プロセスの多くが阻害され、ストレスや成長阻害の原因となります。過度に湿った土壌や乾燥した土壌は、条件によっては、カビ類のブヨやハダニなどの害虫を引き寄せます。

    残念なことに、水をやりすぎた植物も水没した植物も同じ症状を呈します。
    しかし、土壌を見れば、どこが間違っているのかが分かることがよくあります。
    もし土壌が乾燥していたら、水やりの量が少なすぎます。

    水のやりすぎや水不足を避けるために、以下のことを覚えておいてください。

    水やりは、土が完全に乾いてからにしましょう。
    鉢には水はけの良い穴が開いていることを確認しましょう。
    枯葉剤を散布したり、ロリポップを施したりすると、土の周りの空気の流れが良くなり、より早く乾くようになります。

    根に関連する大麻の問題

    根は植物を定位置に固定するだけでなく、培地から酸素、水、栄養素を吸収し、それらを茎と葉と花に運びます。

    植物の根はまた、光合成中に生成されたエネルギーを貯蔵および放出して、成長を促進し、必要に応じて傷害に対処します。

    大麻栽培者に影響を与える最も一般的な根関連の問題のいくつかは次の通りです

    ルート・バウンド

    大麻は成長期、小さな鉢の内部では根がバウンド(絡まり団子状態)になります。

    根が鉢の内周全てに隙間なく伸びてくると結び目ができてしまいます。
    これは大麻にストレスを与えるだけでなく、水や養分を取り込む能力にも影響を与え、栄養欠乏やpHの不均衡、養分のロックアウトにつながる可能性があります。

    根腐れしている場合は、より大きな容器に移植する必要があり、その際には可能な限り根をほぐすようにしましょう。

    重度の場合は、鋭利なハサミやナイフを使って根を剪定する必要があるかもしれません。

    移植後、移植のストレスから回復するために、少なくとも1週間は植物を休ませてください。

    将来的に大麻が根腐れしないようにするには、定期的に適切なタイミングで鉢上げをしましょう。

    例えば、苗は、ある程度背が高くなり、スターターポットの外周を覆うほどの葉が出てきたら、移植することができます。

    根腐れ

    根腐れとは、その名の通り、根が腐って病気になった状態のことです。
    土壌やココナッツファイバーの培地では、通常、排水の問題や水のやりすぎが原因で発生しますが、どちらも根の周りに停滞した水が溜まり、バクテリアや真菌の繁殖地を作ります。

    ハイドロセットアップでは、根の腐敗は、通常、熱、光漏れ、水の酸素レベルの不足、または貯水タンク内の腐敗物質によって引き起こされます。

    これらの原因の全てタンク内部に根腐れ細菌や真菌(フザリウムのような)が存在するのが原因です。

    腐った根は茶色とぬるぬるした外観と、時には臭い臭いを発します。

    地上部では、根腐れを持つ植物は、黄色や白の葉になり、垂れ下がり、しおれてしまいます。

    また、根腐れは、大麻が培地から栄養分を取り込もうとするのに苦労するため、植物の栄養不足を引き起こす可能性があります。

    根腐れを治療するには、植物の根に有益なバクテリアを投与して病原体と戦わさせる必要があります。

    土の中で栽培している場合は、新鮮な土と新しい容器に植物を移植し、土壌の通気性をよくし、鉢には十分な排水孔を設けてください。

    あなたの大麻が水耕栽培で成長している場合, あなたのセットアップ全体を綺麗にし消毒する必要があります。

    酸素が多く含まれた新しいタンクを作成し、光漏れや熱に対処し再開しましょう。

    環境について

    屋内でも屋外でも、温度、湿度、光、気流などの環境要因は、適切に調整されていないと植物にストレスを与える可能性があります。

    熱と寒さストレス

    大麻植物は、ライフサイクルのさまざまな段階でさまざまな温度を好みます。
    気温が高くなりすぎると、植物は上向きにカールした葉を発達させ、見た目も乾燥した感じもします。
    時間の経過と共に熱ストレスを受けた植物は、葉の端に沿って茶色の斑点や白い斑点を発生させることもあります。

    屋内の熱ストレスに対処するための最初のステップは、ファンを使用して植物の周りの空気を移動し、換気システムを使用して古い空気を取り除き、外部からの新鮮で冷たい空気に置き換えることです。

    それだけでは不十分な場合は、エアコンを使用して、栽培スペースの温度をより細かく制御する必要があります。

    最後に、ライトが過度の熱を発している場合は、別の照明ソリューション(LEDなど)に投資する必要がある場合があります。

    極端な暑さがあなたの植物にダメージを与えるのと同じように、寒さもそうです。

    植物が15°C未満の温度にさらされると、成長が遅くなり(光合成が低下するため)、カビなどの病原体に対処するリスクも高くなります。

    ストレスの兆候が見られなくても、低温で育つ植物は通常、最適な温度で育てられた植物ほど多く収穫されません。

    これらの問題が発生しないようにするには、温度と湿度のガイドラインに従い、次のことを忘れないでください。

    温度計と湿度計を使用して、栽培室の温度と湿度を測定します。
    ファンを使用して、植物の周りの空気を動かします。
    換気システムを使用して、栽培室の内外に空気を循環させます。

    低熱LEDグローライトを使用してください。

    極度の暑さや寒さを扱う屋外栽培者の場合は、天気予報に注意を払い、気温が最高/最低に達すると予想されるときは大麻を屋内へ入れてください。

    また、温度や湿度をより細かく制御するために、温室またはポリトンネルの使用を検討してください。

    ライトバーン

    軽い火傷は、空間的な制約がある場合と経験の浅い栽培者にとって起こりやすい問題です。

    これは、大麻植物がグローライトに近づきすぎて、芽が白くなり(開花中)、葉が黄色になるときに発生します。

    幸いなことに、軽い火傷の処理は通常非常に簡単です。
    ライトを植物から遠ざけるだけです。

    それらが不可能な場合は、LSTを使用して、大麻が高くなるのではなく、低くて広く成長するように促すことをお勧めします。

    屋外の栽培者であれば、火傷について心配する必要はありません。
    太陽は遠すぎて、植物に大きな害を及ぼすことはできません。

    ただし屋内で苗を育てる場合は、これらの問題を回避するために若い大麻を日光に徐々に順応させることを忘れないでください。

    風害

    大麻はそよ風の中で成長するのが大好きです。
    残念ながら、強風はあなたの植物に取り返しのつかない損傷を引き起こし健康な葉を細かく切り刻み、芽生えた枝を壊し、時に根こそぎひっくり返す可能性があります。

    屋内栽培者は風害について心配する必要はありません。
    一方、屋外の風から植物を保護するためにできることがいくつかあります。

    • 他の植物の近くに植える、フェンス、ガーデンベッド、壁など、風を遮断する役割を果たしてくれるものの近くに植える。
    • クローバーやアルファルファを植物の根の周りに植えて、根こそぎにならないようにしましょう。
    • 大麻の茎を伸ばしすぎないようにしましょう。
      大麻カビ:芽の腐敗とうどんこ病 カビは大麻栽培者にとって大きな問題です。
      それはあなたの大麻から命を奪うだけでなく、いくつかのカビは直接芽を標的にし、あなたが収穫する機会を得る前にバッズ破壊します。

    大麻に影響を与える2つの最も一般的なカビは、白いうどんこ病(WPM)とボトリチス(芽の腐敗)です。

    名前が示すように、白いうどんこ病は、植物の葉の表面に細かい白い小麦粉のような粉末を残します。
    最終的に、カビは植物の残りの部分に広がり、光合成を中断し、葉をゆっくりと黄色に変えてから完全に大麻を殺します。

    進行した段階では、WPMは植物に小さな黒い胞子を残し、空中に浮遊して広がる可能性があります。
    感染した植物を完全に治す方法はありません。

    代わりに、カビが感染した部分を剪定し、健康な部分だけを成長させながら、カビの広がりを最小限に抑えるようにする方法もあります。

    灰色かび病としても知られるボトリチスは、通常、植物の茎の根元から感染し、ゆっくりと個々の枝に向かって進み、接触した芽を腐らせて行きます。

    ボトリチス感染の最初の兆候は、単一の芽または枝や主茎全体を乾燥され、しおれ変色させた葉にします。

    影響を受けた芽をよく見ると、灰色または青みがかったカビが成長しているのがわかります。

    それが成熟するにつれて、ボトリチスはまた、直接接触または空気を介して他の植物に広がることができる小さな黒い胞子を生成します。

    大麻のカビとの戦いは難しいです。
    やらなければならない最初のアクションは、あなたの大麻が罹ってしまった特定の感染症を調べることです。

    そこから、延命させるか絶命させるかを判断できます。

    菌類の特定

    真菌感染症は、収穫の規模と質に悪影響を与える可能性があります。真菌の問題は屋内と屋外の両方の栽培者の間で非常に一般的な感染症の一つです。
    予防が鍵です。

    ダンピングオフ

    ダンピングオフは、最も一般的に苗に影響を与える一般的な真菌感染症のひとつです。

    これは通常、Pythium、Botrytis、およびFusarium菌によって引き起こされます。
    それらがあなたの土壌に存在するか、別の植物によってあなたの栽培室/庭に持ち込まれたかにかかわらず、これらの菌類は若い苗の茎を攻撃し、苗をぐったりさせ、24時間以内に苗を確実に殺します。

    セプトリア

    黄色の葉の斑点としても知られているセプトリアは、植物の葉を攻撃し、黄色または茶色がかった斑点を点在させる真菌です。

    通常、開花直後に植物を攻撃し、最初に低葉に現れます。 治療せずに放置すると、セプトリアは植物を上っていきます。

    通常は芽を攻撃しませんが、葉を多く破壊する可能性があります。
    これは植物にストレスを与えるだけでなく、光合成能力にも影響を及ぼし、効果的に成長を阻害し、収量を減らします。

    フザリウム

    フザリウムは、大麻作物全体を破壊することができる致命的な真菌です。
    フザリウムは、何年もの間土壌に休眠状態にあり、明らかな症状なしに攻撃することができるため、検出が難しいことで有名です。

    それらに感染すると、根に真っ先に向かい根を腐らせ同時に植物を通る栄養素と水の流れを遮断します。

    影響を受けた植物は垂れ下がり、しおれ始め数日内死にます。 フザリウムの治療法はありません。

    この真菌に感染した場合、その大麻を淘汰し土壌と鉢を捨て、栽培スペースを消毒し、新しい栽培を開始し直す必要があります。

    ピシウム

    ピシウムは、以前は真菌として分類されていた寄生藻の一種で、大麻植物の根を攻撃します。

    ピシウムは根腐れの主な原因の1つで、どの成長段階でも大麻植物を攻撃することができますが、苗木は、湿った培地のために特に危険です。

    水耕のセットアップで成長している場合、ピシウムの蔓延を見つられる利点があります。

    茶色の変色と、植物の根の周りのガンキー、ねばねばした、またはぬるぬるした塊は、根腐れの明らかな兆候です。

    ピシウムは根腐れの症例のほぼ90%に関与しています。

    残念ながら、土壌やパッシブハイドロシステム(ココやパーライトなど)で栽培している場合、ピシウムの検出は非常に困難です。

    ピシウムは、栄養不足から軽度の火傷まで、あらゆるものに似たさまざまな地上症状を引き起こすためです。

    アルテルナリア

    アルテルナリアの蔓延は、すべての農作物の最大20%の腐敗の原因であると推定されています。

    アルテルナリアは、暖かくて湿度の高い条件が大好きです。
    また、貧しい土壌で育つ植物、過去に他の真菌の問題を抱えていた植物、または不十分な栄養管理に苦しんでいる植物も対象としています。

    アルテルナリアは植物のライフサイクルのどの段階でも発生する可能性がありますが、開花する植物に最も影響を与える傾向があります。

    アルテルナリアの蔓延の明らかな兆候は、葉に黄色の境界線がある紫褐色の斑点です。 時には、葉を覆っている真菌の小さな黒い胞子(分生子として知られている)を検出することもあります。

    残念ながら、アルテルナリアを治療する方法はありません。
    それは種子由来の真菌であり、ある植物から別の植物へと急速に広がり、果実を感染させて食べられないままにします。

    バーティシリウム

    バーティシリウムは別の壊滅的な植物菌です。何年もの間土壌で、その時が来るまで休眠状態で待機してます。

    最終的に、真菌は根なら侵入し木部に移動し増殖します。
    これは、水と栄養分を根から植物の残りの部分に輸送する維管束組織です。

    それが成長するにつれて、真菌は木部をブロックし、水と栄養素の流れに影響を与え、植物の一部(葉、枝、花を含む)を枯死させてしおれさせます。
    バーティシリウムはまた、土壌に近い茎の周りに茶色の変色を引き起こす可能性があります。

    他の多くの菌類と同様に、バーティシリウムは急速に広がり、影響を受ける植物に深刻なダメージを与えます。

    あなたが庭でそれを見つけた場合、あなたの最善の策は、感染した植物を淘汰し、真菌が広がらないように栽培設備を滅菌することです。

    将来の感染を防ぐために、すべての表土を取り除く必要があります。

    ウイルス性大麻の問題

    ウイルスは経験の浅い栽培者にとっては検出が難しい場合があり、短期間で深刻な被害をもたらす可能性があります。

    タバコモザイクウイルス

    タバコ農園で最初に同定されたタバコモザイクウイルス(TMV)は、奇形の湾曲した葉を引き起こし、はっきりとした黄色のモザイクのような斑点があります。

    弱く変色した茎(通常は赤または紫)を発症する可能性がありますが、他の植物はまったく症状を発症せずにウイルスを運ぶ可能性があります。

    タバコモザイクウイルスには治療法がありません。
    あなたが庭でそれを見つけた場合、あなたの最善の策は、ウイルスの拡散を避けるために感染した植物を取り除くことです。

    大麻害虫のスポッティング

    害虫は、特に屋外で大麻栽培者に共通の問題です。

    FUNGUS GNATS

    真菌のブナは、ミバエによく似た小さな黒い虫です。
    他の害虫とは異なり、植物の葉や花を攻撃することはありません。

    しかし、彼らの幼虫はあなたの植物の下の土壌に住んでいて、ゆっくりと彼らの根を食べてしまいます。
    時間が経つにつれて、これは葉の黄変、しおれ、栄養不足の症状、および発育阻害を引き起こす可能性があります。

    真菌のブナは大麻栽培者にとって非常に問題ある害虫の一つです。
    彼らの幼虫は店で購入した土壌に既に存在している可能性があります。

    水をやりすぎて湿度が高いと、これらの小さな厄介な虫が庭や栽培室に引き寄せられます。

    本来、真菌のブナは害虫ではありません。
    ニームオイル、珪藻土、および有益なバクテリアや昆虫(たとえば、バチルスチューリンゲンシスやてんとう虫など)は、早期に捕まえれば、真菌のブナを寄せ付けないようにするのに役立ちます。

    ハダニ

    ハダニは、収穫に大混乱をもたらす可能性のあるもう1つの一般的な害虫です。
    これらの小さなクモは黒または赤のいずれかの色をしています。

    暑くて乾燥した状態が大好きです。
    何よりも悪いことに、これらの小さなダニは非常に急速に繁殖します(メスは2〜4週間で1日あたり最大20個の卵を産みます)。つまり、被害を最小限に抑えるために、侵入をすばやく捕まえる必要があります。

    ハダニの最初の兆候には、葉の小さな斑点や点描、葉の下側の細かい白い網(後で植物全体に広がる可能性がある)などがあります。
    未処理のままにしておくと、これらのダニは葉を殺し、植物の成長を阻害し、その収量を減らす可能性があります。

    ハダニは、多くの市販の農薬に対して特に耐性があります。
    ハダニの蔓延を治療するには、影響を受けた葉を剪定し、ニームオイルと水の混合物で植物を刈り取り、てんとう虫を使用してダニを殺し、将来の蔓延を防ぐことをお勧めします。

    アブラムシ

    アブラムシは、大麻を含む栽培植物に影響を与える最も破壊的な害虫の1つです。
    顕微鏡で見ると、これらの虫は、サイズが1〜10 mmの小さな緑、黒、赤、または白のバッタやコオロギのように見えます。

    メスのアブラムシは通常春の初めに孵化し、その数はわずか数週間で急速に増加します。
    彼らがあなたの栽培室や庭に入ると、アブラムシは大麻植物を食べ始めます。

    葉、茎、花(ハニーデューとして知られている)に樹液のような物質を残します。
    ハニーデューはアリやカビを引き付けます。
    どちらも植物に害を及ぼし、てんとう虫などの捕食性昆虫を撃退し、アブラムシの侵入を増加させます。

    アブラムシは健康な葉を殺すだけでなく、植物から別の植物に病気を広めることもできます。
    ハダニや真菌のブナと同様に、影響を受けた葉を剪定し、水とニームオイルの混合物で植物を剪定し、アブラムシを撃退して戻ってこないように有益な捕食性昆虫を導入することをお勧めします。

    リーフマイナー

    リーフマイナーは様々な昆虫の幼虫であり、その名前が示すように、葉に穴を掘って餌を与えて成長します。
    それらは通常、小さな虫やウジのように見え、通常、サイズは1mmで、淡黄色または緑色です。

    通常、冬の間は土壌に隠れ、春に現れます。 成熟したら葉に産卵します。
    次に、この卵は葉が地面に落ちるまでに孵化し、葉を食べさせてプロセスを繰り返します。

    リーフマイナーは葉に白または黄色の線を残します。
    ハダニやアブラムシと同様に、影響を受けた葉を取り除き、水とニームオイルの混合物で植物をホースでつなぎ、捕食性の昆虫を使って葉の採掘者に対処する必要があります。

    キャタピラーズ

    約2万種以上のグループで全て共通点あり、キャタピラーズは大麻を完全に破壊する驚異的な存在の一つです。

    彼らが蛾や蝶の幼虫であるかどうかに関らず、毛虫達は大麻を食べ、一時的に繭状の家を作り仲間を呼ぶことさえあります。

    ほとんどの毛虫は食べて葉に卵を産みますが、悪名高いアワノメイガは茎を貫通し内部からバッズを食べます。

    毛虫から大麻を保護する唯一の方法は、ルーペで定期的に大麻を検査し、毛虫とその卵(色は黒、白、または赤)を見つけることです。

    また、退屈な毛虫の明らかな兆候である、茎の穴や茶色の小道に注意してください。

    その他の一般的な大麻の問題

    植生から受粉まで栽培室では他にもさまざまな問題が発生する可能性があります。

    これらの大麻特有の問題を防ぐために知っておくべきことは次のとおりです。

    雌雄同体

    大麻は雌雄異株であり、オスとメスに別れて誕生します。
    しかし、雌雄同体は単一株で両方の性器を作り出すことができます。

    これは、遺伝学、種子操作、またはストレスの結果である可能性があります。

    雌雄同体は生存本能です。
    シンセミラ大麻の生産は自然とは程遠いものです。

    女性は、樹脂の生産を最大限に高め、果実の風味と効力を向上させるために、非常に長期間無受粉のままにされます。

    残念ながら、これらの長い開花時間(および不適切な湿度と温度、不十分な照明、不適切な摂食、pHの問題などの環境ストレス要因)により、女性は最終的な生殖の試みで「バナナ」と呼ばれる男性の生殖器官を発達させる可能性があります。

    何を探すべきかを知っていれば、雌雄同体を見つけるのは難しくありません。

    彼らは、メス株を受粉させてあなたの収穫全体を台無しにします。
    これを避ける為にすべき事は一つしかありません。
    素早く見つけるだけです。

    逆転と緑化

    顕花大麻植物は、光の周期を中断すると、栄養段階に戻る可能性があります。
    経験の浅い栽培者は誤って植物を元に戻す可能性がありますが、経験豊富な栽培者は、同じ植物から複数の収穫を得るために意図的にベジ期へ戻すことがあります。

    素晴らしいように聞こえますが、再ベギングにはリスクが伴います。 再植生された植物は、収量が少なくなる傾向があり、雌雄同体の兆候を示す可能性があります。

    受粉した植物

    受粉は、成長するシンセミラ大麻の最大級の事故です。
    フェミが受粉すると樹脂の生産を停止し、種子の開発に全力を注ぎます。

    受粉したバッズの兆候は膨らんだ苞葉です。
    ピンセットを使い苞葉を開き中に種子があれば、受粉した植物を手に入れることができます。

    残念ながら、受粉を逆転させることは出来ません。
    最善の策はオス株を淘汰し、他のメス株がどのように受粉しているかを分析し、それらを生き続けるか、淘汰して最初から新しい成長を始めるかを決定することです。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド