ソイルとは!?大麻栽培用のこだわり土壌を作ろう

ホーム / ブログ / 栽培について / ソイルとは!?大麻栽培用のこだわり土壌を作ろう

ソイルとは!?大麻栽培用のこだわり土壌を作ろう

目次

    こだわってある土壌とはなにか?

    自家製または有機栽培の有機製品で作ることができ、大麻植物が種子から収穫までに必要なすべての栄養素を含むように設計されています。
    土壌は、生きている微生物を含む100%有機成分で調製されており、自然界に見られるのと同様の生態系を作成するのに役立ちます。
    屋外でも屋内でも使用することができます。
    自然と同じように、たとえば堆肥化などの他の方法と同様に、土壌中で一緒に働く有益な微生物を作成して維持することで構成されます。
    これは、合成肥料や農薬を使用せずに収穫の品質を高める自然な方法です。

    どうして自分で土壌を作るのですか?

    自分でこだわった土壌で栽培する場合、いくつかの利点があります。
    正しいレシピを使用することで、大麻が自然の中で育つ土壌とほぼ同じ100%有機培地を作成できます。
    その土壌での成長は、大麻の成長プロセスも促進します。正しく行われると、水だけで十分で、pHを確認する必要はありません。
    その土壌で育てられた植物は淡水で維持されます、あなたの植物が空腹であるのを見た場合にのみ栄養素を加えるべきです。
    それだけでなく、微生物は生き続け、土壌を適切に維持している限り、微生物を無期限に再利用でき、時間が経過するにつれて、より豊かになり、その結果、各サイクルの後により良い収穫が得られます。

    長所

    使いやすい
    有機源から作られているため、pHを確認したり(水源が「クリーン」である場合)、余分な栄養素を追加したりする必要がないため、一度作成すると非常に使いやすくなります。

    より良い品質向上
    香りと風味が良くなるだけでなく、滑らかな花を生み出します。

    フラッシュする必要はありません
    合成栄養素を使用せず、植物が栄養素を吸収するタイミングと時期を選択するため、栄養素が蓄積されることはありません。

    短所

    始めるには費用がかかります
    お住まいの地域によっては、適切な材料を見つけるのが難しい場合があります。
    良い結果が期待できる場合は、高品質の天然成分を使用する必要があります。

    時間がかかります
    独自の土壌をゼロから作るには、完成までに30〜60日かかりますが、数か月かかる場合でも、結果は間違いなく価値があります。

    やや遅い成長
    根に直接給餌していないため、成長速度がわずかに遅いことに気付く場合がありますが、締め切りがあるか、できるだけ早く収穫したい場合を除いて、これはまったく問題になりません。

    自分だけのオリジナル土壌を作る

    独自の土壌を作成する前に、すべての材料が揃っていることを確認し(土壌の準備ができたら、後で追加することはできません)、混合するのに十分なスペースがあることを確認します(作成する土壌の量によって異なります)。

    最高品質の土壌を作るために必要な資材

    非常に重要なことは、堆肥化プロセスが適切に機能するためには、それが放出する熱が必要であるため、コンテナまたは防水シートが必要であることです。
    このレシピはSubCoolのスーパーソイルレシピに基づいており、一部の材料の代替品や代替品を簡単に見つけることができますが、このレシピは多くの生産者に使用され、大きな成功を収めています。

    SubCoolのスーパーソイルレシピ

    成分量

    • 有機土壌(ココファイバーと菌根を含む)4kg
    • オーガニックワームキャスティング2.2kg
    • 骨粉200g
    • 血粉200g
    • バットグアノ(開花用)200g
    • ロックリン酸塩150g
    • エプソムソルト100g
    • ドロマイト65g
    • アゾマイト65g
    • フミン酸10g
    • パーライト(オプション)1kg

    元のレシピは100ガロンの土を作るように設計され、1ガロン(約4kg)になるように変更されていることに注意してください。

    ステップバイステップガイド

    すべてを投入して混ぜることができることを心に留めておいてください。
    しかし、ステップバイステップガイドに従って土壌が適切に混ぜられておるのなら何度も混ぜる必要がないことを保証します。

    ステップ1:タープに土1kgを広げます。
    ターコップにココファイバーまたは菌根が含まれていない場合は、ここで追加する必要があります。
    約45gの菌根と1kgのココファイバーが必要です。

    ステップ2:骨粉を加えてよく混ぜます。スーパーソイルは、100%有機農薬で処理する必要があります。

    ステップ3:アゾマイトとドロマイトをパイル全体に散布し、さらに1kgの土を追加します。

    ステップ4:ワームキャスティングとパーライトの半分(使用する場合)を追加し、1 kgの土で覆います。

    ステップ5:ワームキャスティングの他の半分を、血液ミール、バットグアノ、エプソム塩、リン鉱石、フミン酸と混ぜ、最後の1kgの土を加えてよく混ぜます。

    堆肥化プロセス

    次の7〜10日間は、少なくとも1日1回、材料が混合されていない場所が見られなくなるまで土壌を混合し続けます。
    7〜10日が経過し、土壌が十分に混合されたら、保管します。
    コンテナ(ゴミ箱のように)または防水シートの中。
    土壌が速く乾かないように、土壌を密閉容器に保管する必要があります。
    土壌は常に湿っている必要がありますが、完全に濡れている必要はありません。
    湿気は堆肥化プロセスを継続するために不可欠であり、乾燥するとプロセス全体が停止します。
    あなたのスーパーソイルは、堆肥化プロセスの間、湿っていてよく混合されているべきです。
    次の30〜60日間は、土壌混合を日当たりの良い場所に維持する必要があります。
    この期間中、スーパー土壌は熱を放出し始めます。
    これは、微生物が栄養素を効果的に分解していることを示しています(堆肥化プロセス)
    プロセスは正常に進んでいます。
    堆肥化期間が経過すると、スーパー土壌を使用する準備が整います。

    スーパーソイルチップ

    プロセスを加速したい場合は、ミックスにワームを追加することもできます。それらは土壌を曝気し、プロセスを加速するのに役立ちます。
    バグは有機物と豊かな土壌が大好きです。先ほど作成した土壌ミックスはバグに最適な場所です。
    コンテナまたは防水シートが完全に閉じていない場合は、必ずバグを確認してください。
    スーパーソイルコンポストの濃度が高くなるほど、それを使用するときにそのことを念頭に置いてください。

    スーパーソイルを使用する

    このスーパーソイルは非常に濃縮されており、植物を燃やす可能性があるため、スーパーソイルの混合で使用したのと同じように、スーパーソイル1部と通常の有機土壌3部を混合する必要があることに注意してください。
    培地を1kg入れます。
    250gのスーパー土壌を鍋の底に追加し、750gの通常の土壌を上に使用します。
    あなたの植物がより多くの栄養素を必要とすると思うなら、水をやるときに栄養素を放出する遅い放出のトップフィードとしてスーパー土壌を加えることができます。

    スーパーソイルは植物には強すぎる可能性があります。
    ナッツを焦がさないように適切に混ぜてください。
    また、使用している土壌または水のpHレベルが6〜7で、400 PPMを超える微量元素を含まない限り、pHレベルを確認または調整する必要はありません。
    水道水が十分でない場合は、最初にろ過できます。
    水源が良好になったら、不足の兆候がない限り、pHを再度確認する必要はありません。

    結論として

    有機栽培は大麻を安価で効果的に栽培するのに最適な方法です。
    ボトルの栄養素を混ぜるだけでは時間がかかりませんが、花の香りと味に違いが見られます。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド