大麻水耕栽培成長ガイド

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻水耕栽培成長ガイド

大麻水耕栽培成長ガイド

目次

    水耕栽培とは、水と養分溶液で植物(この場合は大麻)を栽培する方法であり、水を主要な媒体として使用し大麻を栽培する無土壌の方法です。
    大麻植物は不活性な成長培地で満たされたバケツまたはバスケットの中で成長し、水で満たされたタンクの上に吊るされます。
    水には植物が成長するために必要な栄養素のすべてが含まれており、水槽バブラーは、タンクをろ過するために使用されています。
    水栽培には多くのメリットがあり、それをこの記事でご紹介します。まずは最初に、水力学の歴史を掘り下げてみましょう。

    水力学の歴史

    水耕栽培の技術は、一見現代の進歩のたまもののように見えるかもしれません。しかし、水中で植物を育てる起源は、数千年前人類の歴史にさかのぼります。
    西暦前600年に作成された有名なバビロンの空中庭園は、水栽培の原理を利用したと理論づけられています。
    ユーフラテス川の隣にある地域は自然に乾燥していて乾燥しており、庭の作物は、川から始まる細流システムを使用して育てられたと考えられています。

    10世紀から11世紀にかけてのアステカ文明では、水耕栽培を利用して社会に栄養を供給していたことでも知られています。紛争によって土地を追われた後、これらの人々はテノクティトラン湖に定住しました。
    彼らは、土で浮き筏を作り、作物が水道水の層を通って成長し、その根を下の水に広げることを可能にしました

    水栽培の最新の例としては、1699年にイギリスの科学者ジョン・ウッドワードが挙げられます。
    水中でスペアミントの植物を栽培する例です。
    彼は、植物の種が土と混合された水源の中でより速く成長することを発見しました。水栽培の歴史は、大麻栽培も例外ではなく、様々な環境やシナリオでこの方法がいかに効果的であるかを表しています。
    この興味深い水栽培法の利点と、これを大麻の栽培に活用する方法を探ってみましょう。

    大麻水耕栽培のメリット

    もしあなたが水栽培の生産者と話をすれば、おそらくあなたはまず初めに言うであろうことの一つは、水栽培の植物は土壌栽培よりもはるかに速く成長するということです。

    水耕栽培の植物は、通常の30〜50%の速度で成長し、より多くの収穫量になるのが主な利点です。
    この最大の理由は、水栽培における栄養素は水中に含まれており、土壌ではないため根に直接とどけることができるからです。
    これとは対照的に、土の中で成長している植物は、養分を下から取り込むため、生産者はよい培地を探す必要があります。

    DIY水栽培システムを作るために必要な材料

    DIYする場合は、以下のガイドを参考にしてください。
    チェックリストは、基本的な準備に必要なもののすべてをカバーしています。
    リストの各項目にある、自身に適したものを見つけて下さい。
    別々に購入することで、照明などの重要なアイテムに重点的に費用をかけることが可能になり、他のコストを削減することができます。

    必要なもの:

    • A) 照明(LED または HPS)
    • B) 照明ハンガー
    • C) テントを育てる
    • D) 水耕栽培の貯水池とトレイ
    • E) エアストーンとポンプ
    • F) 生育培地 (例:coco coir)
    • G) ネットメッシュの植木鉢
    • H) 種
    • I)換気扇とダクト管
    • J) カーボンフィルター
    • K) 振動ファン
    • L) 水耕栽培の栄養素
    • M) pH および PPM のメートル
    • N)湿度計

    水耕栽培の費用

    水耕栽培というと、ハイテクなセットアップを想像するかもしれません。(例えば、自動化されたスイッチ、点滅するライト、カチカチ音をたてるタイマーなど)しかし、水栽培システムの費用は各個人によります。
    つまり単純なプラスチック製のバケツから、自己排水のできる容器のどれを選ぶかによる、ということです。

    栽培を始めるための生育培地を選ぶ

    水栽培の歴史とメリットを説明したところで、いよいよスタートです。まずは培地を選択することから始めます。

    培地とは茎と根の交点を所定の位置に保持する物質で、この場所から根は栄養分を求めて水中に成長します。
    不活性媒体はまた、根の上部への良好な空気アクセスを可能にします。
    最も一般的なものは以下です。 各々には独自の利点があるため、どれが最適かは場合によって異なります。

    クレイペブル


    最も人気のあるのがクレイぺブルで、粘土の小石は根の通気性に優れています。
    粘土の小石は、最適な栽培環境を提供するために栽培者がpHを変更する必要があるケ―スもありますが、事前に変更された小石を購入することもできます。
    粘土の小石を、根が成長するためのスペースのあるプラスチック製の水栽培バスケットに入れる必要があります。

    ロックウール


    ロックウールも人気があり、ウールの質感を持つ火山岩を使用して作成された物質であるため、この名前が付けられました。
    ロックウールは水分を保持する力を持っており、それは根の上部の水分補給を可能にします。 ロックウールは水栽培バスケット内に配置できますが、バケツやタンクの蓋の上部に直接入れることもできます。

    パーライト


    パーライトは高温にさらされると膨張する火山ガラスです。 庭の土壌で通気を提供するためによく使用されています。そのため、大麻の水栽培媒体として使用することもできます。

    COCO COIR


    ココナッツファイバーは、培地にとって持続可能な優れたオプションの一つです。 ココナッツの繊維であるココナッツファイバーは、通気性と保湿性に優れています。 ココナッツの繊維には、植物刺激ホルモンが含まれており、感染から根を保護することも知られています。大麻の成長を促すための水栽培のセットアップを選ぶ

    培地を選択したので次に使用する水耕栽培の種類を選択します。

    すべてのシステムは、栄養素が豊富な水溶液を利用するという点で類似していますが、セットアップは水への露出や循環などにおいては大きく異なります。

    以下のシステムのほとんどは購入が可能ですが、DIYスキルのある方は、バケツ、ドリル、ポンプ、エアストーンを使用して簡単に作成することもできます。

    ディープウォーターカルチャー(DWC)

    DWCは、初心者が始めるのに適しており、一番安価で済むことが多いです。植物を栄養溶液で満たしたバケツに入れ、空気ポンプで酸素を供給します。

    EBB AND FLOW(別名フラッド&ドレイン)

    このシステムは、水の流れがよいことが特徴です。
    このシステムは、水の出入り口を備えた栽培トレイの上に、いくつかのバケツを吊り下げて構成されています。これらの水路はいずれも、養分を含む外部タンクに接続されており、水の供給を循環するためのエアストーン、および水を栽培トレイに移動させるためのポンプが設置されています。根は常に水の中に沈んでいるわけではなく、定期的に水がトレイに新鮮な酸素と栄養価の高い水を供給します。ポンプサイクルが終了すると、すべての水は外部タンクに戻って排水されます。
    このシステムにより、定期的な栄養素の配給が可能になります。栽培トレイが空になっている間は、栽培者は簡単に根の手入れをしたり、植物を収穫したりすることができます。

    ドリップシステム

    水栽培におけるドリップシステムとは、土の中で栽培する場合のドリップ灌漑システムに非常によく似ています。このシステムは、粘土小石などの成長媒体で満たされた大きなトレイで構成されており、植物は直接培地に入れられ、各々が近くに独自のドリップパイプを持っています。ポンプと空気石を備えた外部の水タンクが常に各植物の上に点滴で水を供給しています。これらの植物の根は常に空気にさらされており、余分な水は培地を下って外部タンクに戻ってきます。

    栄養フィルム技術

    深層水培養が池での大麻栽培に相当するとすれば、栄養フィルム技術は川の上での雑草栽培に相当する。このシステムでは、植物を角度のついたチューブの中に入れ、一方から水が入り、もう一方から重力で水が出てくるようにします。根はチューブの中で成長し、流れる水にさらされます。水は空気石とポンプの付いたタンクから入り、サイクルが終わると戻ってきます。

    ウィックシステム

    このシステムは、粘土小石で満たされた点滴灌漑システムと同様、成長トレイを使用する基本的な水栽培のセットアップです。 トレイの下には水槽があり、そこからいくつかの芯が出て成長培地に入ります。 水は芯を上って移動し、媒体を受動的に水和します。 このシステムにはポンプは必要ありません。

    エアロポニックス

    おそらくエアロポニックスは、水栽培の最も未来的なバージョンであり、エアレーションと水分補給を最適化するために空気中に分散された霧状の水を使用しています。
    植物は、底の25%を埋める水の大きなタンクの上部に配置されています。
    水の下には、根の下にあるミストに水を送るポンプがあります。この細かい霧が常に根を浸し、植物は大量の空気と水を同時に受け取ることができます。

    栽培を成功させるための機器の滅菌作業

    システムを選んだ後は、有害な状況を防ぐためにしっかりと準備することが重要です。水槽の湿気や暗さは、病原菌に発生要因となります。このような汚染の可能性を最小限に抑えるため、はじめに機器を滅菌する必要があります。バケツ、トレイ、パイプ、タンクを消毒用アルコール、お湯、過酸化物で拭いてください。システムを滅菌したら、セットアップを進めましょう。

    定期的なメンテナンスが必要です
    すべての水栽培システムは、よりよい成長環境のために頻繁にメンテナンスが必要となります。以下がメンテナンスに必要な項目です。

    A)日々PHを確認する

    最適な生育環境を確保するためには、常に水のpHをテストする必要があります。水のpHがやや酸性の方が植物に栄養分を供給しやすくなります。

    そのため、pHは5.5~5.8が必要です。pHテストキットを使用して定期的に測定を行い、この範囲を維持するために週に1度は溶液を交換するようにしましょう。開花期には、pHは6が好ましい。

    B) 水温20°C を保つこと

    水栽培の大麻の成長において、水温は20℃が理想的です。この要因は、水温計を使用して監視し、温度が低すぎる場合は、給湯器を使用して変更することができます。

    C)正確な量の栄養素を提供すること

    水栽培の植物も、土壌栽培時と同様の栄養素を必要とします。最も簡単に栄養素をキープする方法は、植生と開花期間の両方のために必要な物質のすべてを含む、水栽培の栄養キットを購入することです。

    D)汚染を避けるために清掃を行うこと

    栽培トレイもタンクも、2週間に一度は清掃をする必要があります。この作業により、植物の根を病原菌や病気から守ることができます。準備段階でも同様です。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド