大麻開花期の完全ガイド

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻開花期の完全ガイド

大麻開花期の完全ガイド

目次

    この記事では、大麻開花期最初の週から収穫まで大麻の開花期をガイドします。

    屋外栽培と室内栽培の開花期の開始

    屋外で大麻を栽培している場合、日が自然に短くなる夏の終わりに向かって開花し始めます。
    室内で栽培している場合は、植物の開花期をより細かく制御できます。
    約4週間〜の栄養成長期の後に、自分のタイミングで日照時間を変更して大麻を開花させます。
    植物が受け取る光の日照時間が少なくなると、植物は葉ではなく芽の成長に自動的にエネルギーを集中し始めます。
    可能な限り最良の収穫を得るには、適切な栄養素、照明、環境調整とともにそれらを支援する必要があります。

    以下は、通常の8週間の開花期間の詳細な概要です。
    一部の系統は開花時間が短い、または長い場合がありますが、このガイドは、植物が収穫に近づくときに何が期待できるか、およびこの重要な段階で芽の品質を最大にするために何ができるかを理解するのに役立ちます。

    開花期1〜3週

    •現れる変化:開花ストレッチ、白い髪(雌しべ)、香り

    多くの生産者は、ライトスケジュールを開花期に変えるとすぐに成長を停止して、芽の発達を始めると考えています。

    開花の初期に、植物は成長を加速させて、伸張の期間(開花ストレッチ)を経験します。

    この「開花ストレッチ」は、可能な限り多くの日光を取得して繁殖の可能性を高めるために、周囲の植生を越えて成長する正常な現象です。

    さらに、節間距離が長いほど、花の房のスペースが広くなり、光の浸透がよくなります。

    この最初の1週間に期待できる成長の程度は、成長している株の品種によって異なりますが、この間に一部の株の高さがほぼ2倍になることがあります。

    開花の第2週は、植物を「性交」できる時期です。

    メスの株はその節(芽の部位)で長く白い雌しべを成長させ始めます。
    一方、オスの株は丸い花粉嚢を発達させます。

    種子から成長している場合は、受粉を避けるために株の性別を早期に判断して、オスとメスをすばやく分離してください(育種している場合を除きます)

    3週目までに、あなたの植物は徐々にフラワーストレッチをやめ、芽の発達に集中します。

    芽はまだ小さいですが、より大きな芽といくつかの毛状突起の発達に気づくでしょう。

    開花期1〜3週の栄養ガイド

    •栄養素:大麻の必要栄養素は開花し始めると劇的に変化します。
    この初期段階では、植物はより高濃度のリンとカリウムを含む養液によく反応します。
    どのNPKフォーミュラを使用するかは、あなた次第です。
    この予備段階では、植物が肥料焼けしないように、濃度に注意してください。

    どの段階で栄養素を増やすかはあなた次第ですが、開花2週目に行うことをお勧めします。

    •過剰摂取/欠乏症:成長期から開花期の栄養素への適切な移行は、特に新人の栽培者である場合、注意が必要です。
    必ず植物に注意を払い、欠乏や過食の兆候(死んだ、焦げた、または黄色の葉)がないかどうか確認してください。

    •LST:低ストレストレーニングは、植物を操作し、開花期の追加のストレッチに対処するための優れた方法です。
    LSTはまた、天蓋を均一にして、植物の下側の芽が十分な光を得るのを助けます。

    •温度:大麻は開花期の気温が低いほどよく反応します。
    日中の温度は約26°C、夜間の温度は約16–18°Cに保つことをお勧めします。
    夜間の温度を比較的低く保つことは、より良い芽の成長にとって非常に重要です。

    NPK
    5ー10ー7 approx

    EC
    1.2ー1.5

    HUMIDITY
    50–60% RH

    TEMPERATURE (Day/Night)
    26°C / 16ー18°

    開花期3〜4週

    •現れる変化:より大きな芽と、より強い香り。

    3週目と4週目までに、大麻植物は完全に成長を停止し、芽の発達に完全に集中します。
    あなたは作物が日常的に大きくなり、厚いカリックス、より多くの白い雌しべ、そして毛状突起の素敵な層を発達させることに気付くはずです。あなたの大麻はより強い香りを放ち始めます。

    開花期3〜4週の栄養ガイド

    •栄養:植物の芽が大きくなるにつれて、より多くの栄養素が必要になります。
    繰り返しますが、開花のこの段階で使用する正確な栄養液はあなた次第ですが、摂食の変化に対する植物の反応に細心の注意を払うようにしてください。開花中の一般的なNPKの式は6ー15ー10です。

    •湿度と空気の流れ:湿度と空気の流れに注意することが非常に重要です。
    よどんだ湿った空気は、カビやバクテリアの繁殖地を作り、また害虫を引き付けます。

    相対湿度を40〜50%に保ち、ファンまたは換気を使用して栽培室の周囲の空気の循環を維持することをお勧めします。

    NPK
    6ー15ー10 approx

    EC
    1.5 approx.

    HUMIDITY
    50% RH

    TEMPERATURE (Day/Night)
    24ー26°C / 16−17°

    開花期4〜6週

    •現れる変化:最大の開花と大きく密な芽。 香りがピークに近づきます。

    5週目と6週目までに、植物は開花し始めます。
    芽は大きく、厚く、白い雌しべを積んでいる必要があり、トリコームと豊富になり、素晴らしく刺激的な香りを放つはずです。

    つぼみをよく見ると、数週間前のつぼみの外観からかなり劇的な変化が見られます。
    がくは特に大きく、つぼみはより濃く重く見えます。

    一部の早咲き株はすでに収穫時期に近づいている可能性があり、その場合、芽はさらに成熟したように見えるはずです(毛状突起が多く、雌しべが濃い)。

    開花期4〜6週の栄養ガイド

    •栄養:この期間(5週目と6週目)は、ほとんどの大麻系統の開花期のピークと見なされます。
    植物に非常に注意を払い、栄養不足や過剰摂取の兆候がないか確認してください。
    つぼみのサイズによっては栄養素をもう一度適切量に合わせて、可能な限り最高の収穫を得るのに役立てることができます。

    この段階では、植物は窒素をあまり必要としないことに注意してください。

    窒素は開花期よりも、栄養成長期に重要です。

    リンとカリウムに加えて、顕花植物はカルシウムの需要が高いです

    •ストレス:何をするにしても、この段階で植物にストレスをかけないようにして、芽の成長を妨げたり、さらに悪いことに、雌雄同体(オカマ)を引き起こしたりしないようにします。
    ストレスは、死ぬ前に繁殖するための最後の1つの試みで、開花した雌に花粉と自家受粉を引き起こすきっかけを与えます。

    •サポート:新鮮な大麻の花の重さに驚くでしょう。
    植物が花の重さを支えるのに苦労している場合は、竹の棒と紐または植物のクリップを使用して、植物を直立させ、倒れたりしないようにしてください。

    •湿度と温度:カビや害虫の問題を回避するために、今後は湿度を30〜40%程度に保ちます。
    また、昼間の温度は最高25°Cに保ち、夜間の温度は約16〜17°Cに保ちます。

    NPK
    5ー12ー9 approx.

    EC
    1.5ー1.6

    HUMIDITY
    30−40% RH

    TEMPERATURE (Day/Night)
    24−26°C / 16−17°

    開花期6〜8週、開花と収穫の最後の段階

    6〜8週目は、ほとんどの系統の開花の最終段階になります。

    この段階までに、あなたの植物のつぼみは密でしっかりしていて、毛の厚い層で覆われているはずです。
    毛状突起は完全に透明から乳白色に変わり、一部は琥珀色になりらこれが収穫のわかりやすいサインです。

    収穫のタイミングはポケットスコープまたは拡大鏡を使用して確認できます。

    これらの最後の数週間、リン、カリウム、カルシウムは依然として最も重要な栄養素です。
    ただし、収穫の2週間前には、pHのバランスが取れた普通の水で植物を洗い流す必要があります。

    これにより、残りのすべての栄養素を摂取するように促し、芽の自然な風味を保つのに役立ちます。

    この最後の期間に、大麻は葉に保存されている残りのすべての栄養素を消費するので、いくつかの黄色の葉が現れます。

    ここでも、大部分の毛状突起が乳白色になったら、芽を収穫する準備が整います。

    早目に収穫された大麻は高揚し、陶酔感を与える傾向があります。
    一方、更に熟して収穫された大麻は、よりリラックスした症状になる傾向があります。

    完全には検証されていませんが、大麻植物はライフサイクルの終わりに向けて、より多くのCBN(THCの分解型)とミルセンを生成すると考えられています。

    開花期6〜8週の栄養ガイド

    •栄養素の洗い流し:収穫の2週間前に、必ずpHバランスのとれた水で植物を洗い流してください。

    •湿度:カビや害虫の問題を回避するために、湿度を最大30〜40%に保ちます。

    •つぼみの成熟度:2週間の水洗中は、植物に注意してください。拡大鏡などで芽を収穫する準備ができていることをチェックしてください。

    •48〜72時間の暗闇:大麻の効能を高めようとする場合は、収穫前に完全な暗闇の中で48〜72時間、大麻を放置することを検討してください。

    一部の栽培者はこのテクニックを好みます。
    このひと手間で大麻がより多くの毛状突起を生産するのを助けて、より強力な仕上がりになります。

    NPK
    4ー10ー7 approx

    EC
    1.7–1.8

    HUMIDITY
    30ー40% RH

    TEMPERATURE (Day/Night)
    24ー26°C / 16ー17°

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド