大麻は永久機関!?クローンの取り方

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻は永久機関!?クローンの取り方

大麻は永久機関!?クローンの取り方

目次

    大麻のクローンとは?

    クローンとは、親植物から切り取った部分からコピーを作成することを意味します。
    切り取った枝は自身で根を育て、親植物とほとんど同じ植物(「クローン」)に育ちます。
    クローニングは、栽培者が新しい大麻植物を作るための簡単、迅速、かつ経済的な方法です。
    大麻のクローンは親と同じ遺伝を持つので、新しいプラントは同じ品質と特性を持つことになります。
    味がよくて、効能が良い、収量が多い、トリミングしやすいなど、好きな品種の更にお気に入りの個体があれば、その個体のコピーを育てることができます。

    大麻からクローンを得る方法

    大麻のクローニングは、植物の一部を切り取り、茎から新しい根を育てます。
    インターネット上で大麻のクローン作成について色んな方法が発信されており、手順などが違う場合があります。
    あくまで参考にして、ご自身で最良の方法を見つけてください。
    適切なクローン作成を開始するために、まず大事なことは健康な個体を選択することです。
    味、効果、収穫量、トリミングのしやすさや、クローンは親株の性質をコピーして引き継ぐので、自分が思う最良で健康な個体を選択しましょう。

    大麻植物をクローンするために必要なもの

    • クローンを採取したい健康な植物
    • メス、カミソリ、または鋭利なはさみ
    • スターターキューブ(Rockwoolキューブ、Rapid Rooters)
    • クローニングゲル(またはクローニングパウダー)
    • クローンに適した穏やかな光

    (*低ワットのCFLグローライトまたはクローンや苗木用の特別なライトが理想的です。)

    道具を消毒するための高耐性アルコール
    オプション:暖房マット、ミニ温室、または湿度ドーム、「pHダウン」
    最初に行うことはクローンをつくる大麻の準備ができているかどうかです。クローン作成の準備ができたら、道具を消毒する必要があります。
    切りたてのクローンはバクテリア、微生物、汚れに非常に敏感です。
    きれいな道具ときれいな作業環境を作ることはクローンの成功に不可欠です。消毒が済んだら、枝を切り取ります。

    刈り取りに最適な場所は、植物の下半分の新しい枝です。
    切り口は45度の角度で、10ー20cmの長さが必要です。
    植物のどの場所の枝からでも挿し木をとることができますが、母植物の下半分は上半分の挿し木よりも早く根が育ちます。

    大麻のクローンを切ったらすぐに、コップ一杯の水に入れます。
    これは、気泡が茎に入るのを防ぐのに役立ちます。
    刈り取り部に大きな葉や大きな扇状葉がある場合は、それらも切り取ります。

    クローンに大きな葉が多すぎると、光合成によってエネルギーを浪費する可能性があり、新しい根の確立により多くの時間を費やすはずです。
    一部の品種は水だけでクローンを育てることができますが、発根ヘルパーと発根ホルモンを含むクローニング製品は、クローンがより早く根を確立するのに役立ちます。

    発根ヘルパーは、ゲルまたは粉末の形で入手できます。
    カットを行ったカッティングの底をすぐにゲルまたはパウダーに浸し、カットを密封します。
    両方のタイプを使用して、最初にカッティングをゲルに浸し、その後に発根パウダーに浸します。製品の説明を読んで正しく使用する方法を理解してください。

    ガイドラインとして、スターターキューブに入れるカッティングの領域全体をゲルで覆います。
    湿らせたスターターキューブにクローンを慎重に置きます。
    キューブの底を少し押して、すべてがしっかりと密封されていることを確認してください。

    自動クローン、湿度ドーム、ミニ温室がある場合は、新しいクローンを中に入れます。
    これは、クローンの周りに閉じ込められた水分を維持するのに役立ちます。
    若いクローンはまだ根がないので、成長するには空気から水分を取り込む必要があります。

    必須ではありませんが、湿度ドームまたはミニ温室は、クローンの成長に大きく役立ちます。

    母植物からフレッシュカッティング

    葉の表面を減らす
    大きな葉を維持するのは難しいです

    クローニングジェル
    2〜3分浸透させる

    中型のコンパクトな土に穴を開ける

    準備完了!
    新しい植物を安定した状態に置きます

    新しいクローンの世話をする方法

    クローンは、暖かくて湿った状態で置かれるべきです。
    湿度ドームを使用しない場合は、1日に数回クローンをミストします。
    湿度を70〜80%に保つようにしてください。

    クローンに最適な温度は22ー25°Cです。
    涼しい場所で育つ場合は、暖房マットを使用して温度を抑えることができます。クローンに適したライトについては最初の数日間はライトを必要としません。その期間が過ぎたら、弱いCFL電球または特別なグローライトを使用して、クローンと苗を成長させます。

    既存のグローライトを使用する場合は、ライトをさらに上に移動してクローンとライトとの距離開ける必要がある場合があります。
    重要なのは1日24時間照明を供給せず、クローンに18/6の照明スケジュールを維持することです。
    暗闇の期間、根は成長します。根がロックウールやスターターキューブから出てきたら、クローンを移植する準備ができています。

    クローンニングの成功率を上げるのためのいくつかのヒント

    新しいクローンには根がないことに注意してください。
    それらには湿った霧の状態が必要です。
    特に最初の1週間は、頻繁に霧を散らして葉を湿らせます。

    カビの成長に注意してください。
    クローンが湿度ドームの下にある場合は、カビが成長するのを防ぐために、1日数回上部を持ち上げます。
    必須ではありませんが、穏やかな栄養液を噴霧すると、クローンの成長に役立ちます。

    発根ゲルまたはクローニングパウダーを決して汚染しないようにしてください。
    瓶の中のほんのわずかなほこりや汚れは、あなたのクローン作成の努力を台無しにする可能性があります。
    ジェルやパウダーを使って、ジャーを直接ジャーに浸さないでください。
    常に必要な量のゲルまたはパウダーを取り、外部トレイに入れます。
    そこにクローンを浸します。
    クローニングゲルとパウダーを暗くて涼しい場所に保管します。

    大麻植物をクローンするとき、クローンは常に親と同じ年齢で同じ成長段階になります。
    クローンを取るのに最適な時期の1つは、母植物を開花する直前です。
    必要だと思うよりも多くのクローンを育てるのをためらわないでください。
    すべてのクローンが常に成功するとは限りません。
    特にクローンを初めて使用する場合はなおさらです。ほとんどのクローンは数日で発根するはずですが、発根するまでに数週間かかるものもあります。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド