大麻栽培におけるカルシウムとマグネシウムの欠乏を解決する方法は?

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻栽培におけるカルシウムとマグネシウムの欠乏を解決する方法は?

大麻栽培におけるカルシウムとマグネシウムの欠乏を解決する方法は?

目次

    カルシウムとマグネシウムの欠乏を解決する方法は?

    カルシウムとマグネシウムの欠乏は、大麻栽培者の間で最も一般的な問題の1つです。
    多くの場合、「カルマ欠乏症」と呼ばれる問題であると考えられていますが、実際には2つの異なる要素が原因です。
    成長中に健康そうに見えた植物は、黄褐色の斑点、紫色の茎、成長不良を示し始め、開花期に病気になります。
    それは手入れの不備によるものですが、どの要素が原因なのかどうかを知る必要があります。
    最も支配的な欠乏症は通常、窒素、鉄、またはカルシウムとマグネシウムです。
    微量栄養素とCaやMgなどの二次主要栄養素を区別する必要があります。
    これら2つは、良好な植物の成長と発達に不​​可欠であり、これらがなければ、または欠乏すると、植物は細胞構造を適切に発達させ、バイタルサインを正しい段階に維持できないことを理解する必要があります。

    カルシウムとマグネシウムはなぜ重要なのか?

    カルシウム、マグネシウムが不足、または過剰がある場合はどうなりますか?CaとMgは、植物が適切に成長し、繁栄するために不可欠な二次主要栄養素です。
    カルシウムは植物の細胞壁を強化し、その構造を維持するための主要な要素の1つです。したがって、植物は成長し、根、葉、茎、花を形成し、外部の脅威から身を守り、温度を調整し、ガスを交換するためにカルシウムを必要とします。
    さらに、根系では、カルシウムが栄養素の分解を促進するため、植物はそれらを吸収して吸収することができます。
    カルシウムが不足すると、細胞壁の完全性が損なわれます。
    この欠如は、葉の劣化が見られ、葉の色が失われ、小さな潰瘍が現れる場合に明らかです。
    マグネシウムは、クロロフィルの生成と生産の基本要素の1つであり、植物に特徴的な緑色を与えるため、適切な光合成にはマグネシウムの適切な供給が不可欠です。
    この要素は、酵素の活性化と植物内での糖の生成と輸送にも関与しています。
    このため、植物にMgが不足していると、葉系の明らかな欠乏、病弱な外観、斑点の外観を通じて、植物にMgが現れ始めます。
    植物が呼吸せず、日光を吸収できない場合、植物はその定数を発達させず、生命力を失います。
    そのため、CaとMgの摂取量を適切に維持することで、作物の損失を防ぐことができます。

    カルシウムは不動の要素なので、植物はその保護区から必要な場所に移動することができないため、これらの兆候を新しい葉で最初に観察します。
    カルシウムの吸収が十分でない場合、上部の若い葉が影響を受け、鋭くて見やすい茶色の境界線に囲まれた黄色または茶色の斑点を示し始めます。
    さらに、カルシウムは、植物の成長のさまざまなポイントに近い神経の移動を確認することが不可能であるため、古い葉と若い葉の両方に欠乏があることを教えてくれます。
    さらに、植物の根を確認できれば、根の量が少なく、根の成長速度が通常より遅いことがわかります。
    これらの根は効率が悪く、栄養素の吸収が少なく、病気や腐敗を起こしやすくなります。
    これは、隣接または不定根が通常のように栄養素を吸収する能力を失うためです。
    一般に、植物は私たちが期待するほど大きくも早くも成長せず、カルシウムの不足によって引き起こされるこの弱さのために、更にもろくなります。
    開花後期に発生すると、つぼみの重さで茎が折れてしまうこともあります。
    逆に、マグネシウム欠乏症になっている場合、目にする兆候は、一番下の古い葉にあります。
    マグネシウムは可動性の要素なので、植物が欠乏した場合、最も適切な方法で成長と繁殖を続けようとして、最も古い葉から最も新しい葉に植物を移すことができます。

    これらの下の葉は、静脈の間で黄色に変わり始め、中央領域をまだ緑に保ち、錆びた茶色の斑点が、マグネシウムを必要とする古い葉に現れます。
    さらに、マグネシウムは根系にも影響を与え、栄養の吸収能力を低下させる可能性があります。

    CaとMg欠乏症が発生するのはなぜですか?

    植物の成長に多くの労力とリソースを費やし、それが不足しているように見える問題を示し始めたとき、私たちが通常考える最初のことは、その問題を解決するために何かを追加する必要があるということです。
    しかし、現実にはこれが常に真実であるとは限らず、カルシウムとマグネシウムの欠乏が問題のアイテムの不足によって常に引き起こされるとは限りません。
    私たちが使用する水の種類、基質の酸性度、またはそれが見られる温度など、栄養素の吸収に非常に重要な影響を与える他の要因があります。
    肥料の不適切な使用、または水耕システムの使用における肥料の適切な用量の欠如が原因で、欠陥が発生することもあります。
    カルシウムは簡単にブロックされる可能性があり、LightまたはCocoタイプの基質でこれらの元素を使用することは極めて重要です。

    水の種類

    上記の症状が見つかった場合、最初に評価する必要があるのは、灌漑に使用する水の種類と水質です。
    カルシウムとマグネシウムは水道水に最も豊富なミネラルであり、水の最終的なEC値に影響を与えます。
    軟水はECが0.2以下であり、カルシウムとマグネシウムはあまり含まれていません。ECが0.8以上の場合、水は硬いと見なします。
    このタイプの水は、通常、気候が風水と海水に支配されている地域で見られます。これらの場所では、カルシウムとマグネシウムのレベルが高くなっています。
    原則として、硬水域で栽培している場合、植物が欠乏の兆候を示さない限り、カルシウムとマグネシウムのサプリメントを使用する必要はありません。
    逆浸透水、蒸留水、または雨水を使用する場合、ECがほぼ0から始めることがわかっています。
    つまり、この水には塩分が含まれていないため、植物に与える前に準備する必要があります。

    解決策:各専門家のスタイルに応じて、0.2〜0.4のECに達するまで、Biomag’s Calmagなどのカルシウムとマグネシウムのサプリメントで灌漑用水を準備します。
    次に、残りの栄養素を追加して、すべての要素が正しく寄与するようにします。

    基質の酸性またはアルカリ性
    多くの場合、欠乏は基質に十分なカルシウムまたはマグネシウムがないという事実によるものではなく、根の環境が過度に酸性または過度にアルカリ性であり、これが植物による栄養素の吸収を可能にしないためです。

    解決策:毎回、植物に水をやる直前に栄養素ミックスのpHを調整し、pHが6.2〜6.5の最適範囲内にあることを確認してください。
    有機的にpHを調整することで、基質内の健全な生態系が保証され、栄養素の利用可能性が向上し、より健康的で生産的な植物になります。

    根の温度と湿度

    根域の温度が高すぎたり低すぎたりすると、植物による栄養分の吸収が完全にブロックされます。
    これは、なぜ彼らの植物が欠乏を示すのかを発見しようとするときに多くの栽培者が注意を払わない要因ですが、それは非常に簡単な解決策を持っています。
    さらに、基質の水分が多すぎると、カルシウムとマグネシウム(およびその他の栄養素)の同化も阻害されます。
    たくそんの水を与えればいいという思うかもしれませんが、良い排水がなければさらに深刻な問題を引き起こす可能性があります。
    さらに、排水や灌漑が多すぎると、基質や培地の栄養素や要素が絶えず失われます。

    解決策
    基材が20°Cから25°Cの温帯温度であること、および基材に完全に乾燥させてから再度水をやるように散水を配置するようにしてください。

    カルシウムとマグネシウムの真の必要性

    上記の原因をすべて除外しても、植物がまだカルシウム、マグネシウム、またはその両方をさらに必要とする兆候を示している場合は、基質の元素が実際に不足している可能性があります。
    いくつかの品種と遺伝学はこれらの要素でより要求が厳しく、より大量にそれらを必要とすることを知っています。
    さらに、植物は生き物であり、それぞれに異なるニーズがあることを忘れてはなりません。

    解決策:植物の栄養計画に組み込む天然のカルシウムとマグネシウムのサプリメントを使用します。
    BiomagのCalmagは、天然の認定製品であり、すべての灌漑で使用するのは非常に簡単です。
    一部の市販のカルシウムおよびマグネシウム溶液は、肥料と組み合わせて使用​​される窒素濃度を含み、開花中に過剰施肥を引き起こす可能性があります。
    この問題を回避するために、Biobizzはフミン酸をベースにしたカルシウムとマグネシウムのサプリメントを作成しました。
    これは、CaとMgの同化を助け、最終製品が非常に安定するようにします。
    自然なCa / Mgサプリメントを探している生産者は、Biobizz Calmagが合成原料を避け、水耕栽培システム、または追加のカルシウムとマグネシウムを必要とするLight・MixまたはCoco・Mix基質で成長し続けるのに最適な選択肢であるとわかります。
    Biobizz Calmagは、灌漑ごとに、Biobizzの他の製品と組み合わせて使用​​できます。
    基質、ココナッツ、水耕栽培システムでの使用に適しているため、投資と数か月の努力の後に良好な収穫を得ようとする栽培者の栽培キャビネットで欠くことのできない非常に用途の広い製品になっています。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド