屋外での大麻栽培に最適な土

ホーム / ブログ / 栽培について / 屋外での大麻栽培に最適な土

屋外での大麻栽培に最適な土

目次

    屋外での大麻栽培では、土壌を正しく準備することで、最終的な収穫物の品質と大きさが大きく変わります。大麻は、土の質や質感に特有の要求があります。ここでは、すべての条件を最適化するための簡単なガイドを紹介します。

    大麻に最適な土を選ぶということは、土の酸性度、質感、土固有の病原菌や害虫を観察するということです。自分で土を作るか、無菌の土を購入すれば、土の酸性度、栄養分、質感を完全にコントロールすることができます。同時に、土に植えることで、大麻の植物は土という生命体全体にさらされることになり、これを鉢の中に作り出すことは非常に困難です。

    いずれにせよ、栽培用土は栽培そのものだけでなく、最終的な収穫物にとっても基本的なものです。よく準備された土壌は、栽培期間中の問題を軽減するのに役立ちます。理論的には、土壌に栄養が行き届いていれば、植物はほとんど手をかけなくても成長するはずです。健康な植物は、必然的に素晴らしい土壌から始まり、大麻の栽培に最適な土壌がなければ、最適な収穫をもたらすことは決してできません。

    屋外用土の土質・組成

    大麻に最適な土質は、水はけがよく、ある程度の水分を保持できる軽量なローム質土壌です。ローム質の土壌は、砂、シルト、粘土が約40:40:20の割合で混ざったものです。

    1. 砂は多くの土壌の主成分であり、直径0.05mmから2mm程度の岩石や鉱物の粒子が特徴である。
    2. シルトは砂よりも細かく、0.002mm~0.05mmの粒子で構成されています。
    3. 粘土はさらに細かく、粒子の直径は0.002mm以下です。

    土壌の成分を調べる方法として、水を張った瓶の中で土を振り、粒子を沈降させる方法がありますが、より詳しい説明はこちらでご覧いただけます。

    土の中の平均粒径が小さいほど、水は通りにくくなります。コーヒーメーカーのようなものだと考えてください。もし、コーヒーをワンドに詰め込みすぎると、水がろ過されて入ってくることは不可能に近くなります。同じ原理で、砂質の土壌は水捌けが非常に早く、粘土質の多い土壌は水浸しになりやすいのです。

    地元の自然な土を使う場合は、必要に応じて砂、シルト、粘土などを余分に混ぜて、土壌の排水性や保水性を向上させることができます。砂利は、専門用語で直径2m~75mmの岩石や鉱物の粒子のことです。大きな石は、植物の根の障害にならないよう、可能な限り取り除くことができます。

    土壌が悪い場合は、市販の良質な土を購入し、既存の土壌に混ぜることを検討するとよいでしょう。また、堆肥やマルチング材、ブラッドミール、ボーンミールなど、栄養分の吸収をよくするための土壌改良材を加えてもよいでしょう。市販の土を購入し、袋や鉢に入れ、現地の土に触れないように育てることもできます。

    屋外での栽培のための土壌のpH調整

    大麻に最適なpHは5.5~6.5で、弱酸性になります。これよりも酸性やアルカリ性が強い土壌では、さまざまな欠乏症や毒性が生じる可能性があります。酸性またはアルカリ性に傾きすぎた土壌は、植物が栄養素を吸収して利用する能力を乱す。栄養素が最適な割合と量で吸収されないと、植物の品質と収量が最大にならず、結果として最終的な収穫が損なわれることになります。

    土壌のpHは、pH調整剤で調整することができます。これは通常、どこの園芸店でも購入できる溶液です。pHを下げる(酸性にする)ために最もよく使われる成分は、硫黄です。硫黄は、土の中によくいる特殊なバクテリアと反応して硫酸を作り、土を酸性にします。

    pHを上げるには、通常、農業用石灰を土壌に添加します。しかし、大麻の栽培者が硫黄や石灰を購入する必要はない。これらは通常、園芸店で溶液として販売されています。pHの調整方法については、こちらで詳しく解説しています。

    土壌にpH調整剤を加える前に、まず現在の土壌のpHを知る必要があることを忘れないでください。これは、土壌pHメーターで測定します。また、園芸店で購入することもできます。pH調整剤を土に加えるのは、現在の酸性の状態を知ってからにしましょう。

    屋外の土壌を殺菌する

    土に蒸気を当てて殺菌することで、多くの有害な細菌、菌類、昆虫を死滅させることができる一方、いくつかの有益な細菌を生存させることができます。大麻栽培用の良質な市販の土を購入した場合は、通常、土の殺菌は必要ありません。しかし、地元の自然な土を使用する場合は、可能な限り殺菌することが有用である場合があります。また、土の中にある不要な雑草の種を殺すことができるという利点もあります。

    しかし、殺菌は難しく、時間がかかるため、見落とされがちです。このステップを実施することが不可能な場合、害虫をコントロールする他の方法があります。有益な微生物や昆虫を土壌に導入したり、植物を傷つけずに害虫を撃退・殺傷する有機植物由来の化合物を導入したりすることができるのです。

    屋外の土壌を殺菌する方法には、さまざまな手法があります。太陽熱利用もその一つで、土を細かく砕くように十分に耕し、水をやり、透明なビニールシートで覆います。

    プラスチックのシートが太陽の熱と光を増幅し、土壌を十分に高温にすることで、望ましくない微生物のほとんどを死滅させることができるのです。土壌の温度が46℃(114°F)に達するのは4~6週間でないと、十分な効果が得られません。温度が十分で安定していることを確認するため、定期的にチェックし、耕し直す必要があります。

    時間的な制約から土壌ソラリゼーションが不可能な場合、蒸気を利用して土壌を殺菌することが可能な場合があります。大規模な農業では高価な専用機器を使用しますが、圧力鍋など家庭用の安価な蒸気源で土壌を殺菌することが可能です。

    また、小規模な栽培のために考案された方法もある。例えば、Hoddesdon grid methodは、常に沸騰したお湯を入れた浅い鍋の上に、耕したロームを鉄格子の上に重ねて蒸気が上がるようにする手法です。土壌全体の温度が82~88℃になれば、殺菌は完了です。

    屋外で栽培する。鉢、袋、それとも地面の穴?

    屋外での栽培には、鉢やプランターで育てる、栽培袋に入れる(市販の土が入ったビニール袋の場合もあれば、ヘシアンや通気性のあるプラスチックでできた専用の袋の場合もあります)、などの方法があります。また、地面に穴を掘って、その土に直接植えることもできます。屋外の土は、上記の方法で最適化することもできますし、検査で自然に大麻の栽培に最適であることがわかった場合は、そのまま使用することもできます。

    鉢や袋で栽培する場合、大麻の栽培に最適化されているだけでなく、有害な微生物が存在しないようにあらかじめ殺菌された市販の土を使用することができるという利点があります。デメリットは、容器の大きさによって植物が制限されることです。また、鉢植えの場合、定期的な植え替えや水やりが必要になります(透水性のある袋や地面に穴を開けた植物のように、地下水から受け取ることはできません)。

    一方、地面に穴を掘って植物を植えれば、植物は自由に成長し、根は最大限の地下水を利用することができます。そのため、植物を大きく育てることができ、メンテナンスの手間も省けますが、土壌病原菌や農業排水による汚染にさらされる危険性が高くなります。

    大麻に最適な土壌を選ぶことは、栽培者が言うほど複雑ではないことが多い。特に、大麻の栽培を始めたばかりで、特定のカンナビノイドを特定の量だけ収穫することにこだわらない人にとっては、そう言えるでしょう。大麻はほとんどどこにでも生育し、川床の横の湿った土でも、岩の多い山腹でも生育することが知られています。適切な質感とpHを持つ栄養価の高い土壌が出発点となり、その後、栄養剤とpH調整剤を使って栽培期間中に様々な調整を行うことができます。

    栽培中は植物の様子を観察し、必要に応じて土を調節してください。大麻の栽培は、時間と忍耐を必要とする学習プロセスであり、最高のものは仕事中に学ぶことができます。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド