SOG(緑の海)でオートフラワーを育てるメリット

ホーム / ブログ / 栽培について / SOG(緑の海)でオートフラワーを育てるメリット

SOG(緑の海)でオートフラワーを育てるメリット

目次

    大麻栽培を始めたばかりの方は、S.O.Gという言葉を目にして、どういう意味だろうと不思議に思ったことがあるかもしれません。大麻の遺伝的多様性のおかげで、栽培者として私たちは、栽培スペース、スケジュール、予算、植物のメンテナンスのレベルなどを、より実用的に適した特定の品種に適合させることができるのです。このページでは、シーオブグリーンの特徴、栽培のコツ、オートフラワーが最適な理由、そして短時間で開花する特性についてご紹介します。

    1. SOGシーオブグリーンとは?

    これは基本的に、部屋の壁一面を小さなサイズの均一な大麻の植物で埋め尽くすことを最終目的としていることを指します。意図的に小さな鉢で栽培し、栽培期間も非常に短く、トレーニングも行わず、密植しています。何をやっているのか分からない素人の設定に聞こえるかもしれませんが、この栽培スタイルには多くの利点があります。

    2. 関連する利点

    6.5Lの小さな鉢が一般的で、培地は少量で済みます。生育期間が短いため、根は鉢の底に固定され、いくらでも伸びる。
    生育期間中の養分は1、2回しか使用しないので、作物を生産するたびに養分をより長く持続させることができます。何度も栽培するうちに、ルートブースターや栽培用栄養剤の節約は明らかになり、作物の大きさによっては、1つの栄養剤ボトルが何サイクルも持つこともあります。
    部屋全体を花苗で埋め尽くすことは可能ですが、キャノピーにアクセスできるように通路を作る必要があります。緊急時に植物にアクセスできるのであれば、効率的な栽培方法として最適な場合もあります。
    開花が早く、7~8週間で開花する品種もあるので、1回の栽培サイクルを8~9週間に制限することも可能です。乾燥工程を含めても10週間という非常に短い期間で、大規模な商業栽培を実現することは容易である。
    商業栽培では、長い生育期間を経て、トレーニングや実践的なメンテナンスが必要になるのに比べ、年に数回の収穫を実現することができます。必要な作業は、クローンや苗の植え付け、開花、収穫、ローテーションのみです。
    植物の高さは30-50cm程度に抑えられ、寝室のクローゼットやロフト、天井の低い地下室などの低いスペースでもSOGのセットアップを成功させることが可能です。

    3. どの系統が良いのでしょうか?

    目標は、確実で信頼性の高い自動開花品種を使用して、できるだけ早く大麻を開花させることです。10週間以上かかるものは現実的ではなく、収穫から輪作までの日数を長くする必要があります。インディカ優勢またはハイブリッド品種は、海の緑のための理想的な選択肢です。節間がほとんどなく、低く均一な状態を保つことができるため、これらが最も好まれます。
    自動開花の最もよい事の 1 つは、それらが速いペースの栽培者を念頭に置いて作成されることです。ジェラートオート、ブラックベリーオート、ウェディングチーズケーキオートは、9週間ほどで収穫することが可能です。
    1つの主なコーラが太い側枝に囲まれて成長する大麻の株は、最適な候補となります。この品種に関連する成長構造は、開花が始まると、均一でトップヘビーなグリーンブランケット効果を可能にします。

    4. オートファーミングのコツ

    1. オートフラワーは、ボトリティスのような空気感染する病原菌にさらされる時間を短縮するのに非常に優れています。インディカ優位の品種は、しばしば植物の病気に対してより抵抗力があり、シーオブグリーンに適した選択と言えます。

    2. 信頼性が高く、実践的なトレーニングやメンテナンスをあまり必要としない自動開花株を探してみてください。初心者の方や、まだ栽培のコツを掴んでいない方にお勧めの品種です。

    3. 通路はゆったりと歩けるようなスペースを確保してください。植物の処理が必要な場合、簡単にアクセスでき、自由に作業できることが重要です。

    4. 植物が栽培テントの側面や部屋の壁に触れないようにする。植物の周りの空気の流れを一定に保つことは非常に重要で、開花中に湿った壁に触れさせることは危険です。 

    5. ポンプとドリップエミッターを使用すると、特に35株以上の大きな畝で作業する場合、作業と肉体労働を大幅に削減することができます。1日15分、すべての作業を行うタイマーをセットしておくと、作業が軽減され、毎回腰を痛めずに済みます。  

    5. 最後に 

    12〜14週ごとに収穫している生産者が、なぜ自動開花品種を使ったシーオブグリーン農法に切り替えたいと思うのか、その理由はいくつもあります。まず、9~10週間ごとに輪作ができること、そして電力使用量、栄養剤の使用量、植物の育成を減らすことができることが挙げられます。
    一方、多くの生産者は、植物と直接触れ合い、5~10週間の成長期を楽しむこと以上に好きなことはありません。しかし、現実には、小さな苗をたくさん使っても、大きな苗をいくつか使っても、壁一面に芽が生えた部屋は常に同じ量の収穫があるのです。
    この記事を読んで、早く、生産的で、ストレスのない新しい栽培方法を発見していただけたら幸いです。あなたの畑に高級な花を咲かせるために、がんばってください。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド