大麻をバルコニーで育てるトレンド!?

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻をバルコニーで育てるトレンド!?

大麻をバルコニーで育てるトレンド!?

目次

    大麻解禁国でも「大麻栽培を始めたいけど、室内にそんな広いスペースがない。」
    と悩む人たちがいます。

    そのため、大麻解禁国の特に都市部では、バルコニーでの栽培がトレンドになっています。

    バルコニーの栽培を始めることを考えている場合は、この記事を参考にしてください。

    バルコニー栽培のチェックポイント

    栽培スペースを確認する

    まず栽培スペースであるバルコニーの寸法を正確に測ってください。
    利用可能なスペースに応じて、あなたが育てる作物の最も効率よく生産できる生産的できる植物の数と鉢の数を計算します。

    バルコニーの向きを確認する

    バルコニーの向きを確認してください。
    バルコニーが北か南どちらの向きや、バルコニーの構造で作物に日光をどのぐらいの時間与えれるかが変わってきます。

    (この記事は海外サイトを翻訳しているので、お住まいの国や地域により、日照時間と方角は記載内容と違う場合があります)

    バルコニーが南向きであれば、作物は朝から日没まで自然光を受けます。

    真昼の直射日光が当たる場合、住んでいる地域によっては太陽が植物にとって非常に強いため、保護する必要があることを覚えておいてください。

    北向きのバルコニー、または日光を必要な時間直接当たらない場合、大麻植物が弱くなり、開花して芽を肥やすことができなくなります。
    オートフラワー品種を選択するか、ライトを設置するなど工夫してください。

    栽培スペースの環境条件を確認する

    風、大雨、湿気は植物に深刻な影響を与え、害を及ぼし、枝に害を与え、害虫の出現、病気などを引き起こす可能性があります。

    バルコニーに強い風が当たる場合、石やロープ、または拘束具で植物を固定して、植物の損傷や破損を防ぐ必要があります。

    フェミナイズド品種の注意点

    大麻は開花するために12時間の光と、12時間の暗闇が必要になります。

    室内栽培と違って、うまく開花期にしないとバルコニーで育てる作物は背丈がすごく高くなります。

    そしてバルコニー栽培では外の街路灯、隣のライト、または外部ライトなどの光が場合により12時間連続暗闇を邪魔します。
    これではうまく開花期を開始しません。

    オートフラワー品種は、開花期に入るために日長に依存せず、生後2〜4週間で自動的に開花します。

    種子が発芽してから10ー12週で収穫される非常に速い植物です。

    正しいマリファナ株を選択する

    これは非常に重要です。
    栽培する大麻の種類に応じて、植物の成長、世話、発達が大きく異なる可能性があることを明確にする必要があります。

    インディカ品種:これらの品種は、サティバ品種よりもコンパクトで、開花が速い小さな植物になる傾向があります。
    そのため、インディカ品種はスペースがない場合に優れた選択肢です。

    サティバ品種:インディカ品種に比べて、サティバ品種は開花時間が長く、背丈が大きくなる傾向があります。

    このタイプの品種を選ぶ場合は、あなたの植物の成長を制御下に保ち、裁量権を失わないようにし、植物が過度に成長するのを防ぎます。

    FIMまたは根尖剪定、低ストレストレーニング(LST)、メインライニング、ScrOg(緑の画面)、SOG(緑の海)などの栽培技術を実行して、植物の高さを制御し、作物の最大収量を生産しましょう。

    ハイブリッド品種:これらの品種はインディカとサティバのクロスで、両方の特性が組み合わされています。

    中程度のサイズのサティバ品種と比較して、中程度または短い開花期の大麻植物だったりします。
    (品種やインディカ、サティバの割合で変わります)

    鉢の注意点

    太陽が植物に直接当たる場合、それは根が40℃に達することを意味する可能性があります。
    これは非常に有害です。

    それを防ぐには、白いポットを使用し、直射日光を避けて土壌の温度をできるだけ下げます。

    ポットのサイズと植物の成長には直接的な関係があるため、ポットのサイズも非常に重要です。

    目立たない作物が必要な場合は、ポットのサイズを少し小さくして、植物の成長を制御および制限することを選択できます。

    においの注意点

    植物から発せられるにおいを嫌がる隣人がいた場合、この問題は重要です。

    フィルターや換気システムを使用できないため、バルコニーで育つ場合はさらに複雑な作業になります。

    解決策として、バルコニーの周りにラベンダーやバジルなどの芳香植物を配置すると、栽培を視覚的に隠すことができ、大麻の香りをカモフラージュできます。

    害虫や病気への配慮

    屋外で栽培することにより、植物は常に多くの害虫の攻撃にさらされます。

    害虫の攻撃の可能性を回避することを目的として生物学的予防処置を実施することをお勧めします。

    あなたのマリファナ作物の周りに芳香植物作物を置くといいです。

    これらは「カモフラージュ」として機能することに加えて、大麻植物が気付かれないようにするだけでなく、害虫忌避剤としても役立ちます。次に例を示します。

    カモミール:その色のため、それはスズメバチやてんとう虫などの多くの昆虫を引き付けます。
    さらに、それはアブラムシに対する殺虫剤として機能します。

    ペチュニア:アブラムシ、ナンキンムシ、カブトムシに対して有効です。

    マリーゴールド:美味しいマリファナよりも昆虫にとって魅力的です。
    アブラムシ、コナジラミ、ナンキンムシを撃退します。

    ニンニク:それは赤クモダニ、アブラムシ、他のダニやワームによる攻撃の防止と治療に非常に効果的です。
    その香りは生態学的な防虫剤や殺虫剤として機能します。

    バジル:多くの有益な昆虫を引き付けることに加えて、アザミウマ、アブラムシ、コナジラミに対しても効果的です。

    ローズマリーとセージ:さまざまな昆虫を遠ざけ、毛虫やコナジラミの予防に効果的です。

    タイム:コナジラミに効果的

    ラベンダー:この美しい植物は、ガ、アブラムシ、クモを大麻から遠ざけます。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド