オート品種の栽培スケジュール

ホーム / ブログ / 栽培について / オート品種の栽培スケジュール

オート品種の栽培スケジュール

目次

    オート品種栽培、週ごとのガイド

    大麻のオート品種は日照時間を変えなくても自動的に開花期に入り短い時間で素晴らしい結果をもたらします。

    種子から大体10週〜12週で収穫できます
    (品種にもよります)

    初心者でも上級者でも、楽しく簡単にこれらの品種を育てることができます。

    オート品種は種子から収穫まで8〜10週

    オート品種は通常、種子から収穫まで8〜10週間かかります。
    ただし、完全に成熟するまでに最大12週間かかる品種もあります。

    オート品種は成長速度が速く、背丈がコンパクトなので
    まずは収穫してみたい初心者や、栽培スペースがあまり取れない方にオススメです。
    病原菌や害虫に対する耐性もあるので、屋外栽培にも適しています。

    ただし、オート品種の収穫量はフェミナイズド品種を最大まで成長させた物と比べると劣ります。
    簡潔さがオート品種の最大の利点です。

    オート品種のライトスケジュール

    名前が示すように、オート品種(自動開花株)は開花期に入るのに光サイクルの変更を必要としません。

    基本的なライトスケジュールはライトを18時間オン、6時間オフ
    光合成と成長率を最大化させたい場合は24時間オン

    この特性により、屋外栽培者は1つの栽培シーズンで複数の収穫を達成できます。

    理論上、早春に毎週種子を発芽させ、8週間後の最初の収穫から毎週収穫することができます。

    PHに関する注意

    土壌のpH値は、植物が内部の栄養素にどれだけうまくアクセスできるかを決定します。
    pHが高すぎる(アルカリ性)または低すぎる(酸性)になると、栄養素のロックアウトが発生し、欠乏症が発生します。

    大麻植物は、土壌のpHが6〜6.5の間で繁殖します。
    pHテスターを使用して、成長全体のpHを追跡します。

    オート品種、週ごとの栽培方法ガイド

    第1週:発芽および初期生育段階

    発芽には通常1〜3日かかります。
    (遅い個体は発芽に1週間以上かかることもあります)

    種子は活性化して根を土壌に送り、新芽を地表に送ります。

    発芽プロセスを開始するには、適切な土壌ミックスを準備する必要があります。

    オートフラワーは日長の品種ほど栄養素を必要とせず、軽くて風通しの良い土壌を好みますので適切な栄養が入っている土壌を用意しましょう。

    種子が発芽したら土に10〜15mmの穴を開けます。
    種子を直接播いて、後で再植栽するストレスを回避します。

    移植は植物にショックを与え、オートフラワーは非常に速く成長するため、回復に苦労します。

    穴に種を置き、土で軽く覆います。次の数日で苗が出てきます。

    発芽において最適な環境要因は、重要な役割を果たします。

    あなたの発芽成功率を高めるために湿度と気温は以下を参考にしてください

    70〜90%の相対湿度(RH)
    22〜25°Cの気温

    第2週:後期生育段階

    これであなたの苗が現れ、光合成のプロセスが始まりました。
    250W LEDライトは、屋内での成長を促進するのに十分な電力を提供します。(ワット数は栽培規模によります)
    この設定を使用すると、1平方メートルあたり1つの大きな植物を育てることができます。

    しかし、ストレスの少ないトレーニングを使用すれば、この力のもとで4つの植物を栽培することができます。

    LEDはエネルギー効率が高く、熱の発生が少なく、ユーザーが光のスペクトルを切り替えることができます。
    栄養段階の間にライトを青色の設定に切り替え、タイマーを設定して、選択したライトスケジュールに合わせます。

    第3週:成長期前半

    3週目は、ストレスの少ないトレーニングと最適な状態の維持で構成されます。
    この時点で、オートフラワーは成長期(栄養段階)に入ります。

    新しいファンの葉が形成され、光合成が増加することに気づくでしょう。
    第3週には、次の環境要因を目標にします。

    50%RH
    20°C気温

    この時点で植物の高さは約15cmです。

    キャノピーの先端から1mほどぶら下がるようにライトを再配置します。
    これにより、光ストレスを危険にさらすことなく、最適な光合成が可能になります。

    室内で成長する場合、開花期の生産性を高めるために3週間目にLST(低ストレストレーニング)を適用します。

    メインの茎の途中で柔らかいワイヤーを結んでから、茎を地面と平行に静かに曲げ、ワイヤーのもう一方の端をポットの縁に取り付けて固定します。

    これにより、天蓋が平らになり、芽の場所が光源にさらされます。

    第4週:成長期後半

    第4週の間、植物は開花期の初めに近づきます。

    今週は、いくつかのマイナーなトレーニング調整と開花のための準備で構成されます。
    最適な成長のために、次の環境条件を目指します。

    45%RH
    20°C気温
    天蓋から70cmの光
    24時間あたり0.5lの水

    植物の節に、いくつかのプレフラワーが形成されていることに気付くかもしれません。

    開花期が近づいているため、開花中に植物にストレスがかからないように、トレーニングを終了する必要があります。

    第5週:開花期の始まり

    5週目で開花が始まります。
    ノードに毛が生えた小さな袋が見え始めます。
    これらは徐々に粘着性のある樹脂状の芽に変わります。

    今週は、引き続き環境条件を調整し照明を調整します。
    この時点で、植物の高さは約30cmになります。室内で成長している場合は、次のパラメータを目指します。

    45%RH
    23°C気温
    天蓋から65cmの光
    24時間あたり1リットルの水

    LEDライトの設定を青から赤に変更します。この光のスペクトルは、発芽プロセスを促進し、開花初期の段階で植物の成長を助けます。

    肥料は開花期の栄養レシピに変更します

    リン、カリウム、カルシウム、マグネシウムの需要が高く、窒素の必要性は少ないです。

    第6週:匂いが気になる時期

    この時期になると、大麻はそれぞれのつぼみの場所で増殖しています。

    均一な天蓋が、均一な大きさの芽の一貫した広がりを生み出すので、トレーニングが効果を上げ始めていることに気づくでしょう。

    6週間目にカビのリスクを最小限に抑えるため、湿度を少し下げます。 これらのパラメータを目指します:

    40%RH
    24°C気温
    天蓋から45cmの光
    24時間あたり1.5リットルの水

    つぼみから突き出ている奇妙なバナナのような構造に注意してください。
    これは、あなたの植物が雌雄同体であり、それ自身に受粉しようとしていることを示しています。

    近くの植物を受粉させないように、栽培スペースからこれらを取り除いてください。
    ありがたいことに、雌雄同体は珍しいですが、それらはまだ探す価値があります。

    第7週:定期的なチェックが重要です

    第7週の目標はメンテナンスです。
    グロールームのバランスを保つことに時間とエネルギーを集中させます。

    湿度が高くなりすぎると、カビの問題が発生する可能性があるため、特に注意してください。

    虫眼鏡で定期的なチェックを行い、アザミウマやクモダニなどの害虫を探します。

    葉の栄養素不足の兆候をチェックし続けます(pHの問題が原因である可能性があります)
    次の条件を維持することを目指します。

    40%RH
    24°C気温
    天蓋から45cmの光
    24時間あたり1.5リットルの水

    第8週:フラッシングとデフォリエイト

    この時点では、つぼみは厚く樹脂のように見えます。
    ほとんどのオートフラワーはすぐに収穫できる状態になります。
    植物が遅れているように見えても、心配しないでください!
    まだ7週目であるかのように扱い、芽がより大きくなった後に続行します。

    8週目の環境条件

    40%RH
    25°C気温
    天蓋から45cmの光
    24時間あたり1.5リットルの水

    第8週の初めに、植物の洗浄を開始する必要があります。
    まず最初に、この段階で植物への給餌を停止します。

    土壌をできるだけ多くの水で満たし、土壌が空になるのを待ちます。

    このプロセスを次の2週間にわたって数回繰り返します。
    フラッシングは余分な栄養素を取り除き、あなたの芽に滑らかな味を与えます。

    今、あなたのトリマーに手を伸ばし、落葉を開始します。
    この方法は、歩留まりをさらに向上させるために、低ストレスのトレーニングと一緒に非常にうまく機能します。

    作物の下部から小さなファンリーフを切り取り、キャノピーの上部近くにあるみすぼらしいファンリーフを切り取ります。

    これは、光への露出を増やし、カビのリスクをさらに減らすのに役立ちます。

    第9週:フィニッシュラインアプローチ

    あと少しです!!
    あなたのハードワークと献身は、ジューシーな樹脂の芽の形ですぐに報われます。

    ただし、この壮大な瞬間の前に、傾向があるいくつかの仕事がまだあります。

    最終的な侵入やその他の問題を回避するために、これらの環境要因のバランスを保つよう努力する必要があります。

    40%RH
    25°C気温
    天蓋から45cmの光
    24時間あたり1.5リットルの水

    葉が変色し始め、落ちることさえあります。
    これは心配しないでください。

    これはあなたがあなたの植物を首尾よく洗い流したことを意味しています。

    第10週:収穫

    あなたの労働の成果を享受する準備はできましたか?
    多くのオートフラワーが10週目に収穫できるようになります!

    大部分の毛状突起が乳白色で、雌しべが赤みがかった茶色の色相になったときに、芽が切り取られる準備ができていることがわかります。

    つぼみのいくつかが熟していて、他は熟していないことに気付いた場合は、段階的に収穫してみてください。

    キャノピーの上部に近い芽が最初に終わることに気付くでしょう。
    あなたがあなたの植物を訓練したとしても、いくつかのつぼみは他のものより自然に光の近くに座ります。

    また、タイムラインのこの時点で植物が遅れている、または進んでいるように見えても心配しないでください。

    つぼみを収穫したら、乾燥と硬化のプロセスを開始して、美味しいトップシェルフの収納場所を確保します。

    オート品種はこちら
    https://cd-labs.com/product-tag/autoflower/

    大麻オート品種専門ブランドの商品はこちら

    https://cd-labs.com/brand/fast-buds/


    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド