LEDライトを最大限に活用して大麻を成長させるための5つのヒント

ホーム / ブログ / 栽培について / LEDライトを最大限に活用して大麻を成長させるための5つのヒント

LEDライトを最大限に活用して大麻を成長させるための5つのヒント

目次

    近年、LED技術が急速に進歩しているため、より多くの大麻栽培者が屋内操作のためにLEDに切り替えています。

    ほんの数年前は目新しいものでしたが、HIDランプと同様の働きがあり、より手頃な価格になっています。
    LEDには、エネルギー消費量が少ないことから、丈夫で寿命が長いことまで、多くの利点があるため、さまざまなスキルレベルの屋内栽培者に最適です。

    LEDで大麻を栽培している場合、または切り替えを計画している場合は、ここにいくつかのヒントがあります。

    LEDグローライトを選択するときに何を探すべきか

    LEDグローライトを購入する前に、何が利用できるかを知っておくと役立ちます。
    現在、大麻の栽培に使用できるLEDには主に3つのタイプがあり、それぞれに長所と短所があります。
    選択するべきLEDライトの種類は、正確に何を求めているのか、および予算によって異なります。

    LEDグローライトの3つの主なタイプ

    標準(「紫」)LED

    これらの標準的なLED照明器具は、栽培用に利用可能な最初のタイプであり、今日でも広く利用されています。
    これらのライトには、コンパクトな器具に多数、場合によっては数百の小から中ワットのLED(1つのLEDあたり3〜5ワット)が含まれています。
    大麻栽培者は、これらを「紫」のライトと呼ぶことがあります。
    これは、赤と青のLEDが組み合わさって紫の色合いを発することが多いためです。
    これらの標準的なLEDライトの最大の利点は、価格です。
    ほとんどが海外で製造されており、eBayやその他のオンラインで豊富に見つけることができます。

    欠点は、低品質であることが多いことです。
    それらは信頼性に欠ける可能性があり、光出力は他のタイプのLEDよりも低いことが多く、低収率につながります。
    これを改善するために、標準のLEDには、赤と青に加えてCOBLEDライトまたはUVLEDが含まれるようになりました。
    これは、収量と芽の品質に役立ちます。

    COB LED

    COBは「チップオンボード」を意味します。
    COB LEDは、異なる色のLEDが照明器具全体に散らばっているのとは対照的に、1つの小さなチップ上に何百もの小さなLEDが搭載されています。

    COBは最も効率的なLEDの一つです。
    COBは、太陽の自然光スペクトルに似た非常に強い白色光を生成します。
    COBの1つの利点は、その強度により植物の樹冠への浸透性が良く、最終的な収量は高品質のHIDランプの収量に近づくことです。
    また、健全な成長に最適な光のスペクトルを持ち、エネルギー効率が非常に高いです。

    欠点は、COB LEDを搭載した高品質のライトは、安価な紫のライトと比較してかなり高価であることです。
    一部のグローライトメーカーは、複数のCOB LEDを1つの器具に組み合わせ、レンズや反射板を装備することがよくあります。

    1つのCOBのみで構成されるライトも利用できます。
    これらの単一COB器具は、エリア全体に光を分配するために、いくつかの器具を均等に配置することができるので、より大きな栽培スペースに適しています。
    ほとんどの生産者は、植生と開花のために動作する光のスペクトルを持つCOB LEDを使用していますが、植生や開花に特別に調整されたスペクトル(「色温度」)を持つものもあります。

    スプレッドスタイルLED

    スプレッドスタイルのLEDは、大きなパネルまたはボードに分散された多数の小さなLEDで構成されています。

    商業温室で広く使用されているスパイダースタイルのLEDやラックスタイルのLEDライトもあります。

    スパイダースタイルのLEDライトはフラットパネルを使用せず、代わりにLEDを備えたスパイダーのような「アーム」を使用します。

    スプレッドスタイルのグローライトの主な利点は、最もエネルギー効率の高いLEDのひとつであるということです。
    つまり、使用しているワット数で最大の光を得ることができます。

    欠点は、スパイダースタイルのライトなどの高品質のスプレッドスタイルのLEDが非常に高価なことです。

    LEDライトで成長することの利点

    LEDライトには、HIDなどの他のタイプのグローライトと比較していくつかの利点があることはすでに説明しました。
    これは、次の成長への操作のためにLEDを選択する理由の完全な要約です。

    LEDライトはよりエネルギー効率が良い

    HIDライトと比較して、LEDははるかにエネルギー効率が高いです。
    それらはより少ない電力を使用し、長期的には操作するのに非常に少ない費用で済みます。
    高品質のLEDライトは、かなりの費用がかかる場合がありますが、時間の経過に伴う節約によって、ほとんどの場合、投資する価値があります。
    同様に、高品質のLEDライトは、HIDと比較して寿命が長く、HIDは時間の経過とともにパフォーマンスが低下する傾向があり、頻繁に交換する必要がありますが、優れたLEDライトは、メンテナンスを必要とせずに何年も使用できます。

    LEDは熱くならない

    LEDは、HIDライトと比較してはるかに少ない熱で発光します。

    これは、温度を最適に保つために栽培室やテントに追加の冷却システムを必要としないため、大きな利点になります。
    夏に成長する種類だったり、たまたま温暖な気候に住んでいる場合に特に有利です。
    欠点は、あなたがどこか寒いところに住んでいるなら、寒い時期にヒーターを考慮する必要があるかもしれないということです。
    しかし、LEDは時間の経過とともにお金を節約するので、ヒーターを購入するためのコストを補うことができます。

    LEDを使用すると、植物を光に近づけることができます

    LEDは発熱が少ないため、植物へのストレスが少なく、悪影響を与えることなくライトを植物に近づけることができます。
    より高い光強度はより高い収量に変換されます!

    LEDライトはあなたの給水スケジュールを減らします

    ライトによって生成される熱が少ないので、ポットの土はより長く湿ったままになり、水をやる回数が減ります。
    HIDからLEDに切り替えたばかりで、植物が大量の水量に慣れている場合は、LEDの下での新しい散水スケジュールに注意する必要があります。
    そうしないと、植物に水をやりすぎてしまう可能性があります。

    必要な栄養素は少なくなります

    大麻に水を与えるときは、通常、栄養素を注入して行います。
    水やりの回数が減るだけでなく、植物が必要とする栄養素の量も減ります。
    養分の節約に加えて、頻度の低い水やりや給餌のスケジュールは養分の蓄積を減少させるので、養分のロックアウトや植物の欠乏のリスクが低くなります。

    LEDで成長する:栽培の各段階について考慮すべきこと

    前に触れたように、多くのタイプのLEDには、大麻の植生(成長)段階と開花段階の両方で機能する固定光スペクトルがあります。
    このようにして、種子から収穫までの成長全体を通して同じ光を使用することができます。

    これはほとんどの人にとって便利ですが、各成長段階で最良の結果と最適な効率を得るためにライトを微調整したい人もいます。

    この目的のために、一部の市販のLEDライトには、植生スペクトルまたは開花スペクトルをアクティブにするスイッチがあります。
    成長の各段階で考慮すべきいくつかの要素があります。

    LEDライトと苗

    種子が発芽するとすぐに、大麻植物は成長するために光を必要とします。
    しかし、より成熟した植物と比較して、苗は強い光にとても敏感です。
    そのため、強力なLEDから始める場合は注意が必要です。

    LEDに調光オプションがある場合は、ライトをより低い強度に変えます。
    これが不可能な場合は、ライトを苗から遠ざけるようにさらに上に移動することを検討してください。
    一方で、ライトを上に動かしすぎないように注意してください。
    これにより、苗がとげとげしく成長する可能性があります。

    同様に、LEDに植生または開花の光スペクトルのいずれかをアクティブにするスイッチがある場合は、植生の光に設定します。

    この場合、ライトは通常、この段階に最適な「より涼しい」青みがかった光を発します。
    タイマーを1日あたり18時間の明かり、6時間の暗闇に設定します。

    苗が成長し、強くなり、栄養成長段階の最も頑強な部分に近づくにつれて、光の強度を徐々に上げることができます。

    植生中のLEDライト

    光量は 1 日 18 時間、暗闇 6 時間に設定してください。
    中には、植物の成長を最大限に引き出すために、20~24時間の光の下で育てることを選択する栽培者もいます。

    順調に成長していれば、健康的で強く、ふさふさとしているはずですが、代わりに太ってしまった場合は、植物に十分な光が当たっていない可能性があります。
    植物のキャノピーに向かって光を下げるか、調光器がある場合は光の強さを上げてください。

    どのくらいの期間植物を育てるかは、通常、スペースの広さに依存します。
    技術的には18-24時間の光の下で植物を成長させることができますが、そうしないと植物は単に大きくなりすぎてしまうので、開花に切り替えたい時が来る可能性が高いです。

    大麻の株の中には、開花初期にかなり(最大で2倍以上)伸びるものがあることを知っておきましょう。
    開花に切り替える時期を決める際には、この点を考慮に入れてください。

    開花用LEDライト

    光周期性大麻は、日照時間が自然に減少し始める晩夏に開花を開始します。
    屋内では、光のスケジュールを12時間の明かりと12時間の完全な暗闇に設定することで開花を誘導します。
    LEDライトに開花スイッチが付いている場合は、開花モードにしましょう。

    室内で12~12時間のスケジュールで開花させる場合は、12時間の暗闇が途切れないようにすることが重要です。
    ですから、テントや温室に外からの光が入ってこないようにしてください。
    そうしないと、開花した植物を植生に戻してしまったり、潜在的に二卵性などの他の問題を引き起こす可能性があります。

    LEDに調光器が付いている場合は、今こそライトを最大輝度にするか、開花段階の植物からの推奨距離までライトを下げましょう。
    この距離がどれ位かわからない場合は、グローライトの生産者の推奨事項を利用してください。

    ※ライトの強度を上げたり、位置を下げたりする場合は、一度に変更するのではなく、数日かけて少しずつ変更してください。
    あまりにも突然の変更は植物にストレスを与えてしまいます。

    オートフラワーとLED

    光周性ではなくオートフラワーを栽培しているのであれば、わざわざライトを12時間オン/オフに切り替えて開花させる必要はありません。

    収穫までの間、オートフラワーは1日18~24時間程度の光量にしておけばいいのです。
    LEDライトに開花スイッチが付いている場合は、オートフラワーの大麻が開花してからでも使用する必要があります。
    これは、収量を増やすのに役立ちます。

    LEDとHIDグローライトと比較して

    MH/HPSなどのHIDライトは、良質なLEDよりも安価でありながら、最高品質の大麻を育てるための信頼性が高いため、現在でも広く使われています。
    さらに、栽培テントのキットにはHIDライトが含まれていることが多いので、多くの新規栽培者は、LEDではなく、これらのライトから始めることになります。
    もし今、LED に切り替えるべきかどうか迷っているのであれば、ここではいくつかの側面について考えてみましょう。

    予算はいくらですか?

    最近ではLEDグローライトを「安価に」入手できますが、あまり品質は良くありません。
    高品質のLEDが必要な場合は、通常、良好な歩留まりを約束し、長持ちするライトを入手するために、いくらかのお金を費やす必要があります。
    そのため、予算が限られていて、多額の費用をかけたくない、またはできない場合は、安価なLEDを選ぶのではなく、当面はHIDを継続するのが理にかなっています。

    HIDライトは、成長と開花をサポートする素晴らしい仕事をします。
    実際、パフォーマンスに関しては、かなりの量のLEDを凌駕することができます。

    HIDランプによって生成される熱は賛否両論である可能性があります

    すでに述べたように、HIDランプは大量の熱を発生します。

    したがって、栽培室の熱が懸念される場合は、必ずLEDを調べてください。
    これにより、排気および冷却システムにかかる追加の費用を節約できます。
    一方、寒い環境で育つ場合は、HIDを使用すると、追加の暖房を必要とせずに、HIDを使用して植物の栽培室を快適に保つことができます。

    どのライトがより良い(そしてより多くの)芽を育てますか?

    MH HIDライトと比較して、LEDを使用した場合の芽の質や収量に違いはありますか?

    一部の生産者は、MHランプはLEDと比較して、収量や「よりきれいな芽」を与えると言います。

    しかし、HIDの方が収量は良いかもしれませんが、LEDライトの方が味が良く、全体的に大麻の質が良いと言う人もいます。
    本当に「より良い」ものとは何か、解釈によって様々です。

    LEDが他のタイプのグローライトとどのように比較されるかについての追加情報については、大麻用のさまざまなタイプのライトの長所と短所に関する記事を読むこともできます。

    LEDで成長するときに問題を回避する方法

    COBライトなどの最新のLEDグローライトは、HIDからの光と同じくらい強い光を発することができます。
    植物がLEDに近すぎると、葉の変色や白化、栄養不足、あらゆる種類の成長障害を伴う「軽いやけど」につながる可能性があります。
    このため、LEDを大麻植物から適切な距離に保つことが重要です。

    これはタイプによって大きく異なるため、すべてのタイプのLEDの適切な距離について「1つのサイズですべてに対応」するという推奨事項はありません。

    それはLEDが発している光の量、またランプがレンズまたは反射板も使用しているかどうかなどに関係します。
    ライトの製造元は、付属の説明書またはWebサイトに、推奨するキャノピーからの距離を記す必要があります。

    ただし、原則として、ほとんどのLEDは、健康的で活発な成長をサポートするために、植物の上部から約30〜45cm離れている必要があります。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド