大麻栽培のよくある10の質問

ホーム / ブログ / 栽培について / 大麻栽培のよくある10の質問

大麻栽培のよくある10の質問

目次

    大麻の栽培は、細部にまで注意を払い、時間、労力、お金をかけて行う必要があります。
    リソースを最適化し、収穫量を最大化したいのであれば、以下に大麻栽培に関するよくある質問への回答を記載しているのでチェックしてください。

    大麻の栽培は必ずしも難しいものではありませんが、間違いを犯す可能性もあるでしょう。
    大麻の成長を手助けし、より豊富な収穫を期待するための、大麻の成長についての10個のよくある質問をご紹介します。

    大麻を栽培する際に遺伝学はどのように重要ですか?

    遺伝学は、大麻の収量、味、香り、そして全体的な成長の形質に重要な役割を果たしています。
    種子の選択は、最終的な結果に大きく影響するため、栽培プロセスの中で重要な役割を果たします。

    系統に関しては、栽培者によって好みが分かれるでしょう。
    パワフルな大麻を好む人もいれば、元気を助長するものを好む人もいるでしょう。
    また、ストーンしてしまうインディカもしくはCBDを多く含む薬用品種を好む人もいるでしょう。

    大麻の遺伝子を選ぶ際には、栽培環境も重要な要素です。
    狭い室内で栽培する場合は、自動開花型(オートフラワータイプ)の品種が最適です。
    あるいは屋外での栽培を計画していて、巨大な大麻の木を育てたいと考えているかもしれません。
    気候などの他の要因も、遺伝学を選択する際に重要な役割を担います。

    大麻の栽培に最適な環境とは?

    大麻を栽培する方法は、土のポットに種を蒔く方法から、高度な水耕栽培のセットアップまで様々な方法があります。
    土、ココナッツファイバー、粘土小石など、様々な基材(栽培用培地)から選ぶことができます。
    水耕栽培のようないくつかの技術は、全く基材を必要としません。

    何が良質な大麻の土壌を作る?

    • 軽い質感:軽くて風通しの良いものを選びます。
      そうすることで、根がによく成長し、酸素を吸収しやすくなります。
    • 水はけが良い:水はけが良いこと。
      大麻は「濡れた状態」が長く続くことを嫌うので、水はけが良いこと。
    • 保水:ポットからの水の排出が早すぎるのも最適ではありません。土が適度な期間、水(と栄養分)を保持できるようにする必要があります。
    • 最適なpH:土のpHレベルは約6.0でなければなりません。
      5.8~6.3程度であれば問題ありませんが、それ以上でもそれ以下でも良いのですが、pHが低いと収量が落ちてしまうので注意が必要です。
    • 養分:大麻を栽培するために作られた土には、すでに栄養素が含まれているはずです。
      ほとんどの市販の土壌には、3~4週間の生育に十分な栄養分が含まれています。

    初めて大麻を栽培する場合は、評判の良いブランドの既製品を購入するのが最善の方法です。
    これらはすでに適切な構造を備えており、十分な栄養分が含まれているため、すぐに栽培を始めることができます。

    • プロのヒント:有機栽培をしたい場合は、自分でスーパーソイルを作ることができます。
      堆肥やコウモリのグアノなどの有機物は、植物の栄養分を生産する有益な微生物の成長をサポートします。
      この方法だと追加で養分を与える必要はなく、植物に水を与えるだけで良いのです。
      自然がすべてを引き受けてくれ、良質な芽を与えてくれます。

    大麻の栽培には養分が必要ですか?

    大麻栽培には栄養素が必要になります。
    しかし気をつけていないと致命的なミスをしてしまう可能性があるので、注意する必要があります。

    栄養素が増えたからといって、それに比例して作物が大きくわけではありません。
    実際に、過剰な栄養補給はよくある失敗で、これは最も一般的な間違いの一つです。
    苗や若い植物には養分は全く必要ありません。
    あなたがオートフラワーを栽培している場合それらもまた、光周植物よりも少ない栄養素で問題ないのです。

    店舗で土を購入した場合は、すでに肥料が含まれている可能性があります。
    これらの栄養素は通常3~4週間持続しますが、これは植物の生長期の平均的な期間でもあります。
    言い方を変えれば、良い土であれば開花期が始まるまで養分を与える必要はないでしょう。

    大麻は、成長の各段階で異なる濃度の栄養素を必要とします。
    ここでは、生育期と開花期に推奨されるNPK(窒素、リン、カリウム)の比率をご紹介します。
    (一例なので参考程度に捉えてください)

    • 成長期NPK:植物成長の間、大麻は窒素の多くの高:低:中 のNPK 比が望ましいです。(3:1:2)
    • 開花NPK: 植物は成長をストップし、芽の生産にエネルギーを費やしているので、低: 高: 中 のNPK 比率で、少しの窒素を、多くのリンとカリウムを必要としています。 (1: 3: 2) 開花期、最後の数週間で、芽の発育を促進するためには、NPK 比率を 0:3:3 に変更することをお勧めします。

    大麻には、これらの基本的な多量栄養素に加えて、カルシウム、鉄分、亜鉛などの微量栄養素も必要です。
    栄養素には、通常マクロ栄養素と微量栄養素の両方が含まれています。

    • ヒント:植物に栄養素を与えることは、コツの一部に過ぎません。同様に重要なのは、水や養分の溶液が適切なpHを持っていることです。
      不適切なpHレベルでは、たとえ栄養素が存在していても、植物は栄養素を取り入れることができません。
      土壌で栽培する大麻の最適なpHレベルは6.0~7.0pHです。
      pHダウンまたはpHアップ製品で、水のpHを調整することができます。

    あなたが上級の大麻栽培者であれば、有機栽培でより簡単にすることができます。
    有機肥料を使用すれば、微生物が大麻を養ってくれます。

    室内栽培に最適なライトは何ですか?

    すべての要素の中で、光はおそらく栽培作業で最も重要な部分であり、光量は多ければ多いほど良いです。
    最高のライトを手に入れるには、コストと収穫量のバランスを見極め、多くの選択肢の中から適切なタイプのライトを見つけることが大切です。

    • CFLs:コンパクトな蛍光灯は、一般的なライトソケットに収まり、広く利用されています。これらの低照度ライトは、苗や野菜の栽培にのみ使用され、わずかな電気しか使用しません。
    • HIDライト:HID(高輝度放電)ランプには、主にMH(メタルハライド)とHPS(高圧ナトリウム)の2種類があります。
      MHランプはベジギングに、HPSランプは開花に使用することができます。
      それらは多くを電気を使用し、多くの熱を生み出します。
    • LEDライト:今成長のための現代 LEDライトは HIDライトに匹敵し、価格はかなり下がりました。
      LEDの最大の利点は、HIDよりもはるかに少ないエネルギーを使用することです。
      しかし、品質のいいLEDは初期費用は高くつきます。

    ちょうどあなたが栽培をスタートした場合、評判の良いメーカーからの「フルスペクトル」のLEDライトをみてみてください。
    フルスペクトルライトは、成長期や開花期に適していることを意味します。
    これはお金をかける価値がある要素なので、手を抜いてはいけません。

    • いくつかのライトは、より強力な芽のための植物の毛の生産を増加させるという UVB 光を放ちます。
    • 大麻を燃やさないでください!ランプを大麻から適切な距離に置くことで、光による火傷(葉の白化やしわくちゃな状態になること)を避けることができます。
      推奨される距離については、メーカーに問い合わせてください。
      苗や若い植物は特に光のストレスに弱いことを覚えておいてください。

    栽培テントにファン(扇風機)は必要ですか?

    栽培テント内にファンを設置し、安定した空気の流れを植物に送り込むことで、多くのメリットを得ることができます。

    • 湿度の高い空気の滞留によるカビの発生を防ぐ
    • そよ風で茎を強化する
    • ダニおよび菌類のブヨのような害虫を抑止する
    • 芽の腐敗を防ぐ

    しかし、送風し過ぎないようにしましょう。
    ファンをセットして、植物に過度のストレスを与えたり、ダメージを与えたりすることなく、そよ風が吹くようにしましょう。

    大麻栽培に最適な気候は?

    室内での栽培に最適な気候を得るためには、温度と湿度の2つが重要です。
    健全な成長のためには、この2つを最適化する必要があります。
    しかし、それぞれの最適値は、植物の生育段階によって異なります。

    種子〜幼苗期
    湿度 65–70%
    温度 20–25°C

    成長段階
    湿度 40–70%
    温度 22–28°C

    開花期
    湿度 40~50%(カビに注意)
    温度 20–26°C

    後期開花期(収穫の1-2週間前)
    湿度 30–40%
    温度 18–24°C

    どのくらいの頻度で水をやる必要がありますか?

    間違った水やり(水のやりすぎ)は、大麻を栽培する際に最もよくある間違いです。
    頻繁に水をやりすぎると、カビや真菌、根腐れ、養分のロックアウトなど、様々な問題を引き起こします。
    水の与えなさすぎは植物を脱水させ、成長を阻害しますが、過剰な水やりよりは脅威ではありません。

    適切な水やりの方法

    水やりの合間に土が乾くように、水やりの頻度を少なくします。
    土の中に指を入れて調べてみてください。
    上部3-4cmが乾いていると感じたら、水やりをすることができます。

    大麻の水やりはあまり問題になりません。
    植物が一時的に水不足で渇いて垂れ下がったとしても、水を与えれば数時間以内に回復するのが一般的です。

    • ヒント:水やりのタイミングかどうかを確認する良い方法は、乾燥した状態と水に浸した状態のコンテナの重さを比較することです。この方法では、鉢を持ち上げることで、水が必要かどうかを知ることができます。

    植物トレーニングによって、より太いバッツを作れますか?

    剪定、トッピング、LST(低ストレストレーニング)などの技術は、確かに有益です。
    室内栽培の場合、これらのテクニックは、利用可能なスペースを最適化することができます。(つまり平方メートルあたりの株数を増やすことができます)植物訓練は、より多くの光がより多くの発芽部位に届くことを意味するので、より多くの太い芽を出すことができるはずです。

    屋外で植物の枝を優しく曲げたり、縛ったりして、ストレスの少ないトレーニングを行い、より水平に成長させることで、より慎重に成長を促すことが出来ます。

    • アドバイス: ヒモや針金で植物を支え、重い芽が出てきても植物が耐えられるようにしましょう。
      これらは、ストレスの少ないトレーニングを行う場合にも便利です。

    大麻の芽を収穫するのに最適な時期はいつですか?

    誰しも適切な時期に収穫したいと思っています。
    早すぎず、フルサイズに成熟した蕾を収穫したいと考えていると思いますが、早すぎず、また遅すぎずといったタイミングで収穫をしてください。

    収穫時期が近づいているということは、ほとんどの葉が黄色くなり、雌しべ(芽に生えている髪の毛のようなもの)が白から濃いオレンジ色や茶色に変わることでわかります。

    • ヒント:植物を見ただけでは、収穫時期を正確に判断することはできません。
      より確実な方法は、つぼみの上にある小さなキノコの形をした突起であるトリコームを調べることです。
      トリコームの色が変化することで、芽の準備ができたことを示します。
      ルーペを使ってよく観察してみましょう。
    • トリコームがはっきりしている: 収穫はまだ数週間先です
    • トリコームは乳白色:THCの生産量が最大に達し、収穫からまだ1-2週間
    • いくつかのトリコームは琥珀色や茶色になり、残りのトリコームは白色のままです:収穫に最適な時期

    多くの栽培者は、トリコームの一部(10-20%)が琥珀色になった時点で収穫します。
    この時点で、芽の中のTHCの一部がすでに分解され始めています。
    これは、すべてのトリコームが白くなっているときに比べて、よりリラックスしたハイな気分にさせ、幻覚効果をもたらします。

    大麻を栽培する上で、乾燥とキュアリングは重要ですか?

    乾燥工程とキュアリングは非常に重要です。
    乾燥とキュアリングを行うことで、芽の香りと力強さを十分に発揮させることができます。
    収穫後の数週間は、栽培全体と同じくらい重要だと言う人もいます。

    • 蕾を乾燥させる:収穫した後は、暗い部屋で風通しが良く、相対湿度が45~55%程度の場所で乾燥させます。
      乾燥はゆっくりと行い、7~12日ほどで完了します。

    芽が乾いているかどうかを確認するには、小さな枝を持って曲げてみましょう。
    枝が折れたら、芽が乾いていることになります。
    ただ曲がっているだけの場合は、乾くまでにもう少し時間がかかります。

    • キュアリング:バッズが乾いたら、蓋付きのビンに入れます。
      空気を入れるスペースがあるので、3/4くらいの量を入れます。瓶は食器棚のような乾燥した暗い場所に置きます。

    キュアリングは毎日チェックするようにしましょう。

    毎日、ビンの蓋を開けて30分間、つぼみに「呼吸」をさせます。
    そうすることで余分な水分が抜け、新鮮な空気に包まれます。
    すべてのつぼみが呼吸できるよう、よくかき混ぜてください。
    キュアリングプロセスは、4-8週間からそれ以上かかることができます。
    待てない場合は、2週間後にいくつかのつぼみを試すことができますが、最良の結果を得るためには、その間待つべきです。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド