1平方メートルでいくつの作物を育てることができますか?

ホーム / ブログ / 栽培について / 1平方メートルでいくつの作物を育てることができますか?

1平方メートルでいくつの作物を育てることができますか?

目次

    これは、初心者が室内で大麻栽培を始めたいときに最もよく聞かれる質問の1つです。
    自分用の大麻の栽培を始めたい方は、できるだけお金をかけずに自分のニーズを満たすことを望んでいます。
    そのためには、成長スペースを最大限に活用する必要があります。

    自然界の植物サイズを決定するものは何ですか?

    大麻が自然の中で育つとき、植物のサイズを制限するものは何もありません。

    閉じた空間では育っていないため、屋外で栽培された大麻植物は、高さが3m以上になることもあります。

    屋内栽培の場合、栽培スペース、照明、栄養素、培地が限られているので、植物の成長を完全に管理し、高さ、茂み、芽の量を決定することもできます。

    そのためにまずは、光のタイプとポット(鉢)のサイズを調整します。

    屋内の植物のサイズを決定するものは何ですか?

    大麻植物が成長するサイズを決定する主な要因がいくつかあります。

    それらはすべて、好みに合わせて調整でき、成長スペースと成長している作物の状態に応じて調整できます。

    遺伝(サティバ、インディカ、ハイブリッド)

    一般的に、サティバ品種は背丈が高く薄くなり、インディカ品種は背丈が低く短くてふさふさすると言われています。

    サティバとインディカの選択は、作物の成長に影響を与える主な要因の1つです。

    最近のほとんどの栽培者が栽培している大麻はハイブリッドと言われ、純粋なインディカとサティバの遺伝学の混合であり、サティバまたはインディカどちら寄りのハイブリッドかにより、背丈が決定されます。

    サティバ優位のハイブリッドはトレーニングを適用しないと2mを超える高さになる可能性があります。
    インディカハイブリッドは最大1.4mに達する可能性があります。

    予め、栽培テントの高さとサティバかインディカどちらの大麻を栽培するか確認しておきましょう。

    ポットサイズ

    ポットのサイズも非常に重要な要素です。
    根が下に成長する量は、植物のサイズに直接比例します。

    ポットのサイズが大きいほどに作物は大きくなります。

    収量のサイズは、選択したポットのサイズによって異なります。

    オートフラワーを栽培する際は、ポットサイズを大きくしすぎないことをお勧めします。

    5Lポットで、オートフラワーは中程度の高さで成長します。
    11Lポットのオートフラワーは完全な高さに成長します。

    スペースに問題がない場合は、11〜12Lのポットで植物を最大限に成長させることをお勧めします。

    ライト

    サイズだけでなく、樹脂の量と芽の密度にも、光の適用範囲と光量が影響します。

    小さなスペースで多くの植物を育てると、高い部分の葉など日陰を作り、作物の下部に残されたものは適切に発達することができません。

    そのため、グローライトを購入する前にグロースペースのサイズを知る必要があります。

    これにより、すべての植物を満足させることができる十分な光量範囲をを確保できます。

    トレーニング

    植物のトレーニングテクニックは多数ありますが、それらはすべて同じ目標を持っています。

    植物の成長に、スペースを合わせる必要があります。

    オートフラワーについては、低ストレストレーニング(LST)テクニックを使用するか、緑の海(SOG)メソッドを使用して栽培室を最大限に活用することをお勧めします。

    栽培スペースの面積を計算する方法

    栽培スペースの面積を計算するのはかなり簡単です。

    成長する空間の長さと幅を測定します。
    長さ(縦) × 幅(横)です。

    例は次のとおりです。
    長さ= 2および幅= 3
    2 × 3 = 6 m2の面積があります。

    栽培スペースの面積に基づいて、必要なライトの光量とそれに適合させることができる植物の数を計算できるため、これは非常に役立ちます。

    ポットサイズに基づいて植物の数を計算する

    例では、1m2のスペースに15リットルポットを5鉢育てた場合で計算していきます。

    植物の数に成長スペースの面積を掛けると、植物の数を計算できます。

    たとえば、成長スペースの幅は2m、長さは3m(2 × 3 = 6)であり、成長スペースの面積は6m2になるとします。

    1m2のスペースに植物を5鉢育てた場合で計算すると、6m2のスペースだと30鉢育てることができます。

    表に基づくと、1m2で15 Lポットに5つの植物を配置できるため、面積に植物の数を掛けます。

    5植物× 6m2 = 30植物です。

    これは、6m2のスペースに15Lポット30本の植物を収めることができることを意味します。

    テーブルを見て基本的な計算を行うだけで、これを任意のサイズの拡張スペースに調整できます。

    栽培スペースにもっと多くの植物を収めたい場合は、長方形のポットを使用することをお勧めします。
    これにより、スペースを無駄にすることがなくなります。

    植物の数に基づいて光の光量を計算する

    照明器具には、電球とLEDの2種類があります。

    LED

    LEDのw数を調べる場合、個々のLEDの品質はメーカーによって異なるため、自分で計算することは不可能です。

    照明器具のマニュアルの推奨に従うか、メーカーに直接問い合わせてみてください

    それでもわからない場合は

    250WLEDは400W電球と同じ光量

    と、覚えておいてください。

    LEDについて、このガイドを引き続き使用する場合は、すべてのLEDが異なるため推奨されませんが、ワット数を1.6で割る必要があります。

    2500Wの電球が必要な場合、LEDでは2500W÷1.6 = 1562WのLEDになります。

    電球

    電球はLEDと異なり、植物に必要なワット数を計算する方法が多くあります。

    私たちは6m2の広大なスペースを作り、その中に30鉢の植物を収めることができることを計算しました。

    通常、プラントごとに約75Wが必要になるため、表に従って、6m2の成長スペースにある30の作物に必要なワット数を計算できます。

    植物の数に基づいて電球の光量を計算する方法

    前の例のように、植物の数に75Wを掛ける必要があります。

    したがって
    この例では30鉢x 75w = 2250Wになります。

    これは、6m2の栽培スペースで15Lのポットで30本の植物を栽培するには、2250Wが必要であることを意味します。

    これら状況で植物のトレーニングはどのように役立ちますか?

    たくさんの植物育成技術がありますが、オートフラワーで問題なく行えるこ​​とはほんのわずかです。

    タイダウン方式と緑の海(sea of green)です。

    タイダウン方式

    このテクニックを使用すると、枝が開くのを助け、光がより深く届くようにして、複数の芽の部位とより密な芽をもたらします。

    これを行うことにより、栽培スペースに収まる植物の数を減らすことができますが、収量は大きくなります。

    例を続けると、6m2の成長スペースがあれば、30の植物を収めることができます。

    ですが、このタイダウン方式を適用すると、ポットのサイズにもよりますが、約15鉢に低下します。

    一般的なガイドについては、次の表をご覧ください。

    タイダウン方式では、ポットのサイズにもよりますが、6m2あたりの植物数は約12本に減少します。

    この例では15Lポットを使用していたため、表に従って、面積に植物の数を掛ける必要があるため、6 × 2 = 12になります。

    つまり、タイダウン法を適用すると、6m2の面積に12の植物を収めることができます。

    これらの12のプラントに必要なワット数を計算するには、プラントの数に75Wを掛ける必要があるため、12 × 75W = 900w

    900Wが必要で400W電球1つ + 250W電球2つを配置するスペースがない場合は、1000W電球を使用できます。
    これはあなたの植物にダメージを与えることはなく、それらをより活発に成長させるだけです。

    シーオブグリーン(SOG)

    SOGで栽培する場合
    栽培作物数はタイダウン法よりも多くなり、なんらかのトレーニングなしで植物を育てるよりも背丈が高くなります。

    これは、植物のトレーニング方法が植物のサイズを制御しながら、できるだけ多くの収穫量を得ることが目的であるためです。

    この方法は、光をすべての芽の部位に等しく到達できるように、ゆっくりと植物を均一な林冠に訓練することで構成されています。

    以下は一般的なガイドです。前述のように、スキルとニーズに応じて、植物の数を増減できます。


    シーオブグリーンで成長するための光の効力を計算する方法。

    要約すると
    面積が6m2で、15Lポットに30本の植物(トレーニングなし)を収めることができました。

    2250Wの照明が必要となります。

    この例では、15Lポットで成長しているので、SOGの6m2の面積に収まる植物の数を計算するには、面積サイズに15Lポットのm2あたりの植物数を掛ける必要があります。

    その結果、6×6 = 36鉢になります。

    つまり、36鉢の植物を6m2の緑の海に収めることができ、ワット数を計算するには、植物の数に75Wを掛ける必要があるため

    36× 75w = 2700wになります。

    結論として

    サイズに関係なく、栽培テントに収まる植物の正確な数はありません。
    それを本当に定義するのは、予算、遺伝学、設備、環境の組み合わせです。

    このガイドは、初心者が理解するのに役立ちますが、結論としてはすべて好みの問題です。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド