CBDティーの作り方

ホーム / ブログ / エディブル / CBDティーの作り方

CBDティーの作り方

目次
    CBDティーの作り方 | 2020 | Plant&Hemp™CBDの人々...

    ※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。


    CBDティーは、日々飲み物にカンナビジオールを毎日摂取するのに最適な方法です。
    CBDの芽、既製のティーバッグ、チンキ剤などを使用してCBDティーを淹れることができます。 その方法をご紹介します。

    お茶は長い歴史を持つ芳香飲料です。
    Camellia sinensis種のお茶のリラックスの効用は比類のないものです。
    CBDを摂取するために、お茶はとても効果的な方法です。

    CBDとは?


    CBDは、大麻植物由来のカンナビノイド化合物の1つです。
    この化学物質はほとんど大麻であり、一度消費されると多くの生理学的結果を生み出すことができます。
    カンナビノイドTHCは、向精神性の誘発の高さで有名ですが、CBDにはそのような副作用はありません。
    しかし若干は、心と体に影響を与える可能性があります。

    CBDは幅広く研究をされており、文献中でも、invitroとinvivoで興味深い結果が出ています。
    この研究は正確ではありませんが、日々進歩を遂げています。

    CBDティーの利点

    お茶はCBDを摂取するシンプルな方法で、喫煙をしない人にとってはとても理想的な方法かもしれません。

    良質な睡眠をとることができます
    CBDのリラックス効果は科学的に立証されており、 2019年に発表された臨床研究では、落ち着きがない、または睡眠不足であると報告した72人の成人グループにCBDが投与されました。
    この研究では、最初の1か月以内に、48人の患者(66.7%)の睡眠スコアが改善しました。

    就寝前にCBDティーを飲むことによるリラックス効果は、カモミール、ペパーミント、バレリアン、またはメラトニンを醸造に加えることによってさらに強化することができます。

    健康的な肌をサポートします

    CBDを含むカンナビノイドは強力な抗酸化特性を示すことが示されています。
    そのため、CBDはフリーラジカル(細胞構造に損傷を与え、しわやその他の老化の初期兆候をもたらす分子)に役立つ可能性があります。

    緑茶と紅茶はそれ自体がフラボノイドと呼ばれる抗酸化物質が豊富です。(大麻にも含まれています)したがって、CBDを注入したお茶を定期的に飲むことは、輝きのある若々しい肌を維持するのにより効果的かもしれません。

    胃のむかつきを抑えることができます

    CBDは、胃のむかつきや吐き気を感じ方にも役立ちます。
    British Journal of Pharmacologyに掲載された論文には、セロトニン受容体の間接的な活性化により、内在性カンナビノイドシステムの操作が役立つ可能性があることが示されています。

    リラックス効果があります

    CBDにはリラックス効果があると報告されています。
    これにより、CBDティーは長い一日の終わりに飲むことでリラックス効果を促すことに繋がります。
    確かに、神経に対するCBDの鎮静効果は、広範な研究の対象となっており、カンナビノイドを従来の医薬品の将来の代替品にさえ検討しています。

    CBDティーの種類

    あなたの好みのCBDティーを見つける方法があります。
    最も簡単な方法の1つは、従来のハーブティーを用意するのと同じように、ティーインフューザーを使用しCBDが豊富な株の芽や葉を淹れることです。
    ただし、比較的濃いお茶を淹れるには、芽よりも多くの葉が必要になるのでご注意ください。

    CBDの芽は、他の種類のお茶、つまり緑茶、黒茶、またはハーブティーとブレンドして、両方の最高の品質を利用することもできます。

    植物材料(CBDまたは麻の花)、または既製のCBDティーバッグに加えて、CBDチンキおよび他の製品を使用して醸造物にCBDを注入することもできます。
    ただし、一般的なCBDオイルは、水とオイルが混ざらず、有益な化合物が醸造所に均等に分配されないため、お茶には最適ではありません。

    CBDティーの作り方と飲み方

    CBDティーメリットは、前述したものだけではありません。
    これまた、様々な方法で抽出することがでいきるのもメリットの一つです。
    それは、黒茶、緑茶、赤茶からハイビスカス、マテ茶など、お好みのお茶にCBDを追加するだけです。

    さらに、寒い季節にはリラックスできる温かい飲み物として、または暑い夏にはさわやかな冷たい飲み物として、ホットおよびコールドの両方でCBDティーを楽しむことができます!

    重要なのは、カンナビノイドは従来のお茶の化合物のように、水にうまく吸収されないことです。
    カンナビノイドは脂肪源には、よく溶けます。これが、大麻バターと大麻ココナッツオイルがとても人気がある理由です。
    それらは、カンナビノイドを適切に吸収する脂肪ベースを提供し、幅広い食品や飲料に非常に簡単に追加できます。カンナビジオールをお茶に加えると、CBDを適切なレベルで含むよりカロリーの高い飲料を作ることができます。

    より効果的で便利なオプションは、すでに準備されたお茶に高強度のCBDチンキを数滴使用することです。
    これにより、効率的な摂取が可能になります。

    相乗効果を利用する

    さまざまなテルペン(大麻や他の植物に見られる芳香族化合物)は、CBDの治療作用の一部を強化することができます。
    いわゆる相乗効果は、カンナビノイドとテルペンが相乗的に作用して、より深い効果を生み出すことを示唆しています。
    たとえば、多くの植物や果物に含まれるテルペンのリモネンとリナロールは、リラックス効果と鎮静効果の点でCBDと相乗効果があります。

    水で直接

    通常のお茶のように、CBDが豊富な大麻や麻の花を単独で淹れることができます。
    または、お気に入りのティーミックスに雑草を加えることもできます。これはある程度は機能しますが、すべての有益な化合物を抽出するのにあまり効果的ではありません。

    バターまたは脂肪に溶解したCBD

    小さじ1杯のカンナバターをカップに加え、お好みのティーバッグを加えて、お茶を淹れるだけです。カンナバターを完全に溶かし、数分間浸してからティーバッグを取り出します。牛乳、はちみつ、砂糖を加えて味わう。

    CBDチンクチャー

    お湯やお茶にCBDチンクチャーを数滴加えるだけです。
    アルコールベースのCBDチンキが最も効果的ですが、飲酒中にビールを数回かき混ぜると、CBDオイルも効果を発揮します。

    簡単な2つのCBDティーレシピ

    ここでは2つのCBDティーのレシピをご紹介します。
    最初のレシピは、大麻/麻の花とティーバッグまたはストレーナーを使用してお茶を作ります。
    2つ目のレシピは、CBDチンクチャーでCBDティーを作るものです。

    CBD摂取に際する注記
    ほとんどの人はカップあたり5〜50mgのCBDを目安にしますが、10〜25mgが適切な中間点です。
    使用するチンキ剤の滴数、またはCBDの芽/カンナバターの量は、特定の製品のCBD濃度によって異なりますのでご注意ください。

    レシピ:たっぷりのCBDで作られたCBDティー

    材料
    ティーバッグ1個分のCBDティー(既製または挽いたCBDフラワーにお茶を混ぜたもの)
    蜂蜜大さじ1
    レモンの皮1個
    シナモンスティック1本
    お湯1カップ
    オプションでクリーム、砂糖、蜂蜜を準備

    手順
    はちみつ、シナモンスティック、レモンをマグカップに入れます。
    既製のティーバッグをマグカップに入れます。 または、CBDの花を挽いてお気に入りのお茶に加えてから、ミックスをティーインフューザーに入れるか、ティーバッグに戻し、マグカップに入れます。

    沸騰していない熱い水で満たしてください。
    3〜5分間浸します。 推奨される浸漬時間は、使用しているお茶の種類によって異なります。
    ティーバッグまたはストレーナーを取り外します。
    クリーム、砂糖、または蜂蜜を加えて味わう。 かき混ぜる。
    カップに淹れてお楽しみください!

    プロのアドバイス
    CBDティーを冷やしてはいけません!大麻の有益な化合物を活性化するためには熱が必要です。
    しかし、淹れた後、さわやかな冷たい飲み物を楽しみたいのであれば、冷やすことも可能です!

    CBDの花を他の種類のお茶と混ぜる必要はありません。
    単独で醸造することもできます。しかし、多くの人にとって、味が少々「草っぽい」と感じることが多いため、風味を加えて飲むことが多いです。これも個人の好みに寄ります。

    費用を抑えたい場合場合は、THCがまったくないか微量しかない適切なCBD株を使用してください。普通のマリファナから作られた大麻茶はとても費用がかさみます。

    レシピ:CBD Tincture で作るCBDティー

    CBDチンキはおそらくあなたのお茶に大麻や麻を加える最も簡単な方法です。
    醸造後にCBDチンクチャーを数滴加えるだけで、それだけです!定期的にかき混ぜる必要がありますが、利用可能な場合はCBDオイルを使用することもできます。


    材料
    水1カップ
    CBDチンクチャー
    黒、緑、ハーブなどの茶葉

    指示
    鍋に水を注ぎます。中火から強火にかけ、水を沸騰させます。
    水が沸騰したら、鍋を火から下ろします。茶葉を鍋に入れ、蓋をします。
    約5分間浸します。
    茶葉を濾します。
    CBDチンキを加えてかき混ぜます。
    数分待ちます。
    カップに淹れてお楽しみください!

    まだまだ改良の余地があります
    CBDティーのベースとして使用するハーブは数多くあります。同様に、CBDティーに仕上げを施す前に、レモン、蜂蜜、砂糖、またはシナモンを追加することも是非お試しください!

    CBDティーの種類と効果継続期間
    CBDの効果で、絶妙にリラックスした感覚が得られます。しかし、これは人によって異なる場合があります。それがどのような効果をもたらすかを確認するには、低用量から始めて、どのように感じるかを試しながら、必要に応じて量を増やすのが良いでしょう。

    CBDの効果持続期間も人によって異なります。体重、代謝、CBDの摂取経験など、すべてが持続時間に影響を与えるます。通常、経口摂取されたCBDの影響は、約2〜5時間続く可能性があります。

    CBDティーは減量にも使える?
    減量にCBDが効果があるという研究結果はありません。しかし、CBDは食欲抑制剤として作用し、し体重を減らす手助けになると信じている人もいます。お茶自体が減量を促進する特性を持っている可能性があるため、CBDとCamelliasinensis植物からのお茶の組み合わせはこの効果を高める可能性があるのかもしれません。

    CBDティーの副作用は?
    CBDの副作用は一般的に軽度でまれにおこるものとされています。この有無にかかわらず、みん推奨用量を守る必要があります。 CBDは無毒であると広く信じられていますが、特定の薬と相互作用する可能性もあるため、不安な場合は医師に相談してください。

    どのくらいの頻度でCBDティーを摂取してよいのか?
    CBDティーは適度に楽しむ必要があります。
    お茶があなたの好ましいCBD摂取方法であるならば、あなたは1日あたり2から3杯で十分であると思うかもしれません。
    一方、カプセルやその他の方法でCBDを経口摂取する場合は、1日1杯に制限してください。 いずれにせよ、常に日々のCBD摂取量をミリグラムで記録することをお勧めします。

    CBDティーに適した大麻株

    https://cd-labs.com/product/cdl-cbd-buds-fem/
    https://cd-labs.com/product/cdl-harlequin-fem/

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド