CBD市場はどれくらいの価値がありますか?

ホーム / ブログ / CBD / CBD市場はどれくらいの価値がありますか?

CBD市場はどれくらいの価値がありますか?

目次

    ※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。

    CBD市場は多くの人がかつて予測していたものを遥かに超え、過去数年間で数多くの人々がCBDを試し始めました。

    この市場は新製品が登場しても成長し続けることが出来るのか?。
    CBD業界は本当にどれくらいの価値があるのか?。

    これらすべての問題について深め、現在店頭に並んでいる革新的な製品範囲について説明します。

    CBD市場の成長の分析

    今後5年間に予想されるcbd市場の成長
    2018年の世界のCBD市場の推定値は46億米ドルでした。

    2020年には、その数字は2倍になると予想されています。
    この驚異的な上昇傾向は、CBDが単なる流行ではないことを、企業、レクリエーションの顧客、および全体的なユーザーに同様に示しています。

    有名ブランドや小規模ベンチャーは、より多くの時間、エネルギー、思考をCBDに投資しています。

    現在、アメリカ人の33%がCBDを使用しており、ヨーロッパ全体、イギリスだけで見てもアメリカに負けず劣らずな市場です。
    CBD市場の急速な成長は止まる気配を見せていません。

    それどころか、それはかつてないほど大きくなりました。

    なぜCBDはとても人気があるのでしょう?

    2019年、人々はビヨンセやキムカーダシアンよりもCBDをグーグルで検索しました。

    しかし、なぜ、それはここまで人気があるのでしょうか?。

    ヨーロッパでは、産業用大麻は大部分が合法であり、CBDの新興企業に植物原料への広範なアクセスを提供します。

    カンナビノイドへのアメリカ人のアクセスに関しては画期的な農法案があり、この法案は2018年に可決され、50州すべてで産業用大麻を合法化しました。

    その法律のおかげで、利用可能な合法的なCBD製品が大幅に増加し、そのすべてが非常に需要があります。

    米国のウォルグリーンや英国のホランド&バレットなどの有名小売業者は、すぐに時流に乗り独自のCBD製品を製造しています。

    消費者の観点から見てもCBDは多くの効果が認められ、これまで以上に利用可能性が高まることに加え、CBDは忍容性が高く、世界保健機関による乱用の可能性がないと判断されました。

    これにより、消費者は、適切と思われるときはいつでも、心を落ち着かせる非向精神性カンナビノイドを安心して楽しむことができます。

    さらに、市場に出回っている膨大な数のCBD製品は、CBDオイルから局所用製品、CBDが豊富な大麻の花まで、誰にとっても有効的なバラエティに富んだ商品群があります。

    CBDの人気とCBD製品を使用しているユーザーとは

    調査によると、すべての年齢における人々がCBD製品を使用しています。

    ミレニアル世代やその他若年層はCBDの使用と効果について最も多くの肯定的な声を上げています。

    ただし、実際にはソーシャルメディアでのディスカッションにしか測定できません。

    40代、50代、そしてそれ以降の多くの人々もCBDを使用しています。
    全世代と各国のCBDユーザーがTwitterに思いを呟いてる可能性は低いため、このデータは少し信憑性に欠けます。どれだけの人がTwitterを試しているのかも分かりません。

    しかし、製品や情報が広まるほど、幅広い年齢層の人々がボーカルユーザーになることは間違いありません。

    家庭用ペットでさえCBDの恩恵を受けることができ、使用範囲がますます増え人気になっています。

    あなたはCBD製品はどこで購入しますか?

    農業法案の前は、ほとんどの人がオンラインでCBDを購入していました。

    最近では、定期的に訪れる食料品店やコンビニエンスストアで見つけることができます。日本国内でも路面店や大手量販店が参入してきました。

    量販店が売上高の57%を占めているのに対し、オンラインでは22%であるため、CBD製品を手に入れるのはこれまでになく簡単になっています。

    また、自然食品店、薬局、スモークショップ、さらにはペットショップ(もちろん犬や猫用)でも購入できます。

    おそらく最も信頼できるベンダーは、CBD業界で実績のあるベンダー、および/または種子からボトルまで徹底的な品質管理措置を実施しているベンダーです。

    ベストセラーのCBD製品

    これはらさらに技術が発達するにつれ、多くの方法でCBDを楽しむことが出来るようになるはずです。

    CBDオイル、チンキ剤、または食用など、市場には何百もの製品から選択出来る様になってきましま。

    CBDを注入したジュース、ソーダ、ビールもあります。これらを、それぞれの主要なカテゴリを簡単に見てみましょう。

    舌下

    舌下CBD製品には、濃縮物、チンキ剤、スプレーなどがあります。
    舌の下で投与されると、単に摂取する場合よりも生物学的利用能が高くなり、体に多くのCBDを吸収します。

    かつて人々がCBDを摂取する主な方法でした。
    確かに今でも人気のある方法ですが、製品の範囲がますます多様化するにつれて、注目が分かれましたが、市場には優れた舌下製品がたくさんあります。

    経口摂取

    最も一般的な消費方法の一つで、CBDを経口摂取できるカプセルや食用製品を見つけることが出来るはずです。

    カプセルにはCBDをより生物学的に利用できるようにする化合物が含まれていることがありますが、食用製品はこの吸収方法を自然に出来るようにします。

    CBDのようなカンナビノイドが脂肪分子とともに消化器系に入ると結合し、体に吸収されます。

    結果として、食用の形で摂取された用量は、同じ用量の「プレーン」を経口摂取するよりも効果的です。

    食用製品は最高レベルの生物学的利用能を提供してくれませんが、効果はしっかりあり、効果影響は比較的長続きします。
    さらに、幅広く、美味しく、摂取し易く便利という事実により、多く販売されています。

    ウィリー・ネルソンでさえ、CBDが注入されたコーヒー豆のラインを持っています。

    吸入

    THCと同様にCBDも気化、喫煙ができます。
    喫煙は大麻製品を使用する古典的な方法で、麻を原料とする花とワックスを常に見つけられれば直ぐに摂取することができます。

    ベポライズにて蒸気を吸うことは電子タバコをはじめ市民権を得ているので、マーケットにはCBD特有の蒸気を吸うデバイスの数が増えています。

    高いバイオアベイラビリティ、有効性、および迅速な効果を提供することに加えて、あなたのポケットやバッグ、ポーチにデバイスを入れる事が出来る小さなサイズがたくさんあります。

    とはいえ、吸入は通常の電子タバコや喫煙と同じリスクを伴います。 そのため、より多くの人々が他の方法を探しています。

    局所吸収

    話題の製品には、バーム、パッチ、ローションから化粧品やクリームまで、あらゆるものが含まれます。 これらは一般的に敏感肌などの表面の問題を和らげるために設計されています。

    CBD局所吸収は、私たちの皮膚にあるカンナビノイド受容体を介してその効果を発揮することができます。

    CBDは私たちの血流に入ることができませんが、それが適用される領域に局所的な影響を与える可能性を持っています。

    幅広い潜在的なアプリケーションの結果として、今後数年間でこれらの製品がさらに増える可能性があると予想されています。

    CBD市場の価値

    業界の急速なグローバルな性質を考えると、CBD市場が特定の瞬間にどれだけの価値があるかを正確に測定することは困難です。

    とはいえ、Grandview Researchは、2020年のCBD消費者健康市場は94.2億米ドルの価値があると予測しています。
    まだ「ニッチなCBD市場」しかない特定の国には到達するには難しい数字かもしれません。

    英国を例にとると、2020年前半にCBDへの支出が急増し、専門家は年間で4億5,000万ポンドの収益を予測しました。

    これは2019年から50%も増加しています。
    COVIDによって触媒されると考えられています。
    この大幅な増加にもかかわらず、ドイツは2023年までにCBDの売上高で英国を上回ると考えられています。

    スイスなど、他のヨーロッパ諸国も熱意を持ってCBDの時流に参加しており、自国の目覚ましい成長が見込まれています。

    米国では、すでに確立されたCBD産業が2019年から2020年にかけて14%成長し、近い将来、大規模ではないですが着実な成長が見込まれている産業の一つです。

    市場への大きな貢献

    CBDは非常に用途が広いので、企業はそれをあらゆる種類の通常の日常の製品に注入し始めています。

    コーヒーから炭酸水、フェイススクラブ、日焼け止めまで、あらゆるものに含まれています。 時間が経つにつれこれは主流になります。

    CBDの流行から最も恩恵を受けている業界の1つは、スキンケアと化粧品です。

    フェイスマスク、バスボム、ローション、CBDが注入された美容液などのアイテムはすでに見られますが、それは表面的な変化にしか過ぎません。

    美容製品は非常に用途が広く、革新の余地がたくさんあります。そのため、麻の葉で飾られた製品がこれからたくさん出てくるのは間違いありません。

    美しさを高めることと、日用品に風変わりさを加えることの間で、あらゆる種類の製品にCBDを加えることは明らかに次の大きなマーケティングトレンドになっています。

    とは言うものの、特定のアイテムの目新しさは時間の経過とともに衰えるものなので、消費者は一般的にCBDブランドへ支出はシュリンクしていくはずです。

    今後5年間に予想されるCBD市場の成長

    以上の事を考慮しても、CBD市場は一定期間上昇すると考えられるのが妥当でしょう。

    投資銀行のCowen&Co は、CBD市場が2025年までに160億ドルに達すると予測しています。
    さらに、Brightfield Group によれば、CBDを注入した飲料の市場では、現在から2023年の間に63%の収益率が見込まれています。

    北米が主要なプレーヤーですが、今後数年間はヨーロッパと南アメリカ、特に進歩的な大麻と麻の法律がある地域で大幅な成長が見られるはずです。

    全体として、CBD市場の将来は明るくエキサイティングなはずです。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド