CBD(カンナビジオール)について知っておくべきこと全て

ホーム / ブログ / 大麻について / CBD(カンナビジオール)について知っておくべきこと全て

CBD(カンナビジオール)について知っておくべきこと全て

目次

    ※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。

    大麻の成分の中で、2番目に多く含まれるカンナビノイド、CBDが注目される時代が世の中に到来しました。
    まだあまり知られていないCBDが私達の身体に与える『幸福な影響』について知りましょう。

    サティバ種の内部は化学物質が豊富で、多様なコレクションが含まれています。
    象徴的な高誘導THCや、私たちがよく知っているこれらの化合物達。

    しかし聞いた事はあるようで、実はまだあまり知られていないカンナビノイド、それがCBDです。

    CBDとは何か?

    CBDとTHCはどちらも広大なカナビス含有化合物ファミリー(合計で推定113)に属しており、各カンナビノイドは人体の内在性カナビノイドとは僅かに異なり、これらを摂取する事により体内で相互作用します。

    CBDはTHCの兄弟姉妹のようなものですが、THCの精神活性特性を持ち合わせていません。

    言い換えれば、THCのようなハイを誘発することは無いと言う事です。

    代わりに、それは他の何十もの方法で私たちの体に影響を与え、それらの多くは私たちに潜在的に利益をもたらす可能性を兼ね備えています。

    THCとCBD、この2つの化合物は類似性を共有しています。

    CBDはヘンプ(麻)とマリファナ(大麻)どちらから由来しているのか?

    CBDの高濃度マリファナは商業産業で好まれるカンナビスサティバの亜種から来ています。

    自然淘汰と現代の育種を重ね、ヘンプはCBDが豊富でTHCが少ない化学構造を持つ植物へ変化しました。

    そして、CBDオイル、CBDサプリメント、CBD化粧品などの消費者製品に関しては、麻が最適な機能を持った植物ですが、大麻がこのレースから外れているわけではありませんが、CBDコンテンツを選ぶ際は特別に育てられた品種を選ぶ必要があります。

    高CBD株は今は当たり前になりつつあります。
    これは勤勉なブリーダーの結果であり、CBDが優勢な遺伝子を持つ株の操作が出来た事にあります。
    過去20年間で、革命を引き起こしたのはCBDが豊富な株に対する大麻業界の弛まない探求の結果です。

    シードバンクは豊富な選択肢を提供してくれる巨大なマーケットとストックを準備する事が出来ました。
    これにより自家栽培者にとって、大麻株の交配や、CBDが豊富な母植物のクローン作成について心配する必要が無くなりました。

    しかし、CBDが優勢な株を作成することは思ったほど簡単ではありません。

    何故なら、それらは常に遺伝学に由来するからです。
    開花にかかる時間、病気に対する抵抗力を決定するのは植物の遺伝学です。
    これらの遺伝学はまた、内部のカンナビノイドとテルペンを制御します。

    遺伝学の重要性

    植物の発育の初期段階では、カンナビノイドの比率は選択された酵素によるカンナビノイド前駆体CBGAの生合成によって決定されます。

    ただし、3つすべてと結合することはできず、どちらのCBGAと結合するかに応じて、個体がCBDまたはTHCのどちらが優勢であるか(または両方の混合)を決定します。

    大麻植物はそれらの遺伝的継承によって厳密に成分が各個体で制御されています。
    したがって、同様のCBD株を交配したり、母植物のクローンを作成したり、反復を繰り返すことにより濃度を調整することができます。

    長年に渡りブリーダーは安定した表現型(フェノタイプ)の株を選び上記のプロセスを完成させるために取り組んできました。

    現在も各シードメーカーでは信じられない程の数の実験を行っており、CBDが優勢な大麻株の数は劇的に増加しています。
    これは、さまざまなCBD表現型の操作を重ね、ブリーダーが大麻内のカンナビノイドの比率を変更しているからです。

    これについては、後で詳しく説明します。

    CBDを手に入れることはパズルの一部にすぎません。 このカンナビノイドが注目に値する理由を理解するには、それが体にどの様に相互作用するかも知る必要があります。

    CBDはどのように機能するのか?

    すべてのカンナビノイドは、私達の身体にそもそも備わっている内在性エンドカンナビノイドシステム(ECS)と独自の相互作用を介して機能します。

    この広大な受容体のネットワークは、私たち人間の身体の中に存在し、私達の全ての身体機能のバランスを取れた状態を維持する機能を持った化学物質です。

    私たちの人間の生物学的システムのバランスが取れているとき、すなわち私たちの体は病気、障害、そして現代の生活の課題に対処するために、より良い状態である為に、本来準備ができています。

    ECSを活性化するために、外部から摂取したカンナビノイドは私たちの体全体の細胞にあるカンナビノイド受容体(CB1とCB2に分割)と結合します。

    これらの受容体は、化学信号を送る細胞に埋め込まれたタンパク質であるゲートキーパーとして機能し、何をいつ行うかを指示します。

    しかし、彼らは自分たちの思い通りに行動するだけではありません。 CB受容体がとる作用は、体内の位置と相互作用するカンナビノイドによって異なります。

    受容体は、どのカンナビノイドと結合するかという点で特に重要です。 このメカニズムは、錠と鍵のようなものです。

    受容体は、錠に一致する正しい形状のカンナビノイドを検出した場合にのみアクティブになります。

    カンナビノイドがさまざまな方法で体に影響を与えることができるのは、これらのアクセスポイントを介してです。

    CB1受容体の大部分は主に脳、消化器、中枢神経系に存在しますが、CB2受容体は私たちの免疫系に蔓延しています。

    たとえば、THCは、気分とモチベーションのバランスをとるCB1受容体を活性化するため、陶酔感を高めます。

    一方、CBDはあまり直接的なアプローチを取りません。

    以下は広大なカナビス含有化合物ファミリーの一部の薬理効果です

    鎮痛
    THC-A
    THC
    THC-V
    CBN
    CBD-A
    CBD
    CBC-A
    CBC
    CBG-A
    CBG

    痛みの軽減
    THC
    CBN
    CBD
    CBC

    抗炎症剤
    炎症を軽減
    THC-A
    CBD-A
    CBD
    CBC
    CBG-A
    CBG
    アノレティック

    食欲を抑える
    THC-V

    食欲促進剤
    食欲刺激
    THC
    CBD

    制吐剤
    嘔吐と吐き気の軽減
    CBD

    腸の抗運動促進薬
    小腸の収縮を減らす
    CBD
    Anixolytic

    不安を和らげる
    CBD

    抗精神病薬
    精神病の管理に使用される鎮静化
    CBD

    抗てんかん
    発作とけいれんの軽減
    THC-A
    THC-V
    CBD

    鎮痙薬
    筋肉の痙攣を抑える
    THC
    CBN
    CBD

    抗不眠症
    CBN
    CBD

    免疫抑制剤
    CBD

    抗糖尿病薬
    血糖値を下る
    THC-V
    CBD

    神経保護
    神経系の変性を防ぐ
    CBD
    Antipsioriatic

    乾癬治療
    CBD

    抗虚血性
    動脈閉塞のリスク軽減
    CBD

    抗菌
    バクテリアの成長を殺すか遅くする
    CBD
    CBC-A
    CBC
    CBG

    抗真菌剤
    真菌感染症治療
    CBC-A
    CBG

    抗増殖剤
    腫瘍/癌細胞の細胞増殖の阻害
    THC-A
    CBD-A
    CBD
    CBC
    CBG

    骨刺激剤
    骨の成長の促進
    THC-V
    CBD
    CBC
    CBG

    CBDと内在性カンナビノイドシステムとは?

    すべてのカンナビノイドはロックとキーのメカニズムを介して人体と相互作用すると述べましたが、CBDの相互作用はもう少し複雑です。

    カンナビジオールは、2つの既知のカンナビノイド受容体のいずれにもあまり結合親和性がありません。

    代わりに、ECS全体をサポートし、システムの動作方法を改善し、有益な酵素の生成を調節することによって、その影響力を発揮します。

    アナンダミド(AEA)の分解と破壊に関与する分子である酵素FAAH(脂肪酸アミド加水分解酵素)に抑制効果があると考えられています。

    CBDとのこの抑制反応は、より多くのアナンダミドが体内のシステムに残ることを意味します。
    AEAは、食事、睡眠、痛みの緩和などにプラスの影響を与える内部生成化学物質であるため、これは重要です。

    CBDはCB1またはCB2受容体と結合することを問題視しませんが、それは先に強調したロックとキーのメカニズムを完全にバイパスするという意味ではありません。

    CBDと相互作用する中枢神経系と末梢神経系にあるGタンパク質受容体はほんの一握りです。

    その一つにCBDに反応するTRPV-1(一過性受容器電位カチオンチャネルサブファミリーV-1)があります。

    TRPV-1受容体は、痛みの知覚、炎症、体温を仲介することが知られていますが、この相互作用の可能性は調査研究中です。

    側近効果

    これまで、カンナビノイドがどのように影響を及ぼし、CBDが酵素やニッチ受容体への影響を介してわずかに異なるアプローチを取るかについて説明してきました。

    私たちが議論していないのは彼らのコラボレーションです。

    THCとCBDの効果と相互作用の方法は大きく異なりますが、共通する特徴が2つあります。

    二つが一緒に働くとき、二つのそれぞれの能力は強化されます。

    実際、側近効果として理論的には全てのカンナビノイド、テルペン、フラボノイドに適用される現象が確認されてます。

    これが、フルスペクトルCBDオイルのような製品が非常に人気がある理由です。

    CBDはそれ自体でうまく機能しますが、THCや他のカンナビノイド/テルペン/フラボノイドも共存している場合、真の効果を達する事を多くの人が知っています。

    結局のところ、なぜ他のすべての化合物が同じ植物に一緒にあるのでしょうか?

    CBD:THC比

    CBDとTHCの相互作用は、ブリーダーと大麻愛好家の両方の目に留まります。

    それは、摂取するCBDとTHCの比率を調整することでハイを変えることができるためです。

    おそらく皆さんはハイやモチベーションを低下させない、一日中喫煙できる株が欲しいでしょう。

    大麻育種の進歩のおかげで、高レベルのCBDと最小レベルのTHC(25:1)を特徴とする個体、その理想的な大麻をマーケットで見つけることは可能になりつつあります。

    CBDとTHCの比率を微調整し続けると、他のすべての効果を調べることができます。

    8:1または2:1の比率は、当然THCのはるかに強いヒットを提供します。
    陶酔効果を感じ、向精神性の感覚があり支配的な力であるCBDは全体的なハイのバランスをとるのに役立ちます。

    最後に、CBDとTHCの割合が等しい大麻株があります。
    THCの効果に精通している人にはこれらをお勧めしますが、ECSに強力な影響を与える2つのカンナビノイドの究極の組み合わせです。

    両方を均等に摂取することで、あなたの幸福も等しく恩恵を受けます。

    CBDの効果とは

    CBDの仕組みや由来など、CBDの背景が確立されたので、最終的にカンナビノイドの機能とその潜在的な影響が何なのかを知ると言う目的にシフトする事ができます。

    CBDはECS全体がより効率的に機能するよう働き掛ける作用を持っていると言う事を踏まえると、CBDは何十もの生理学的プロセスに影響を与える可能性があることが分かってきました。

    以下で説明することは未だ何も証明されておらず、提示された仮説を確認するためにさらに多くの研究と臨床が必要な内容です。

    通常の薬の代わりに大麻を使用することは絶対にお勧めしません。
    実際、すでに健康上の問題に取り組んでいる場合は、大麻を試す前に医師に相談する必要があります。

    睡眠

    睡眠は、私たちの心と体にその日から回復する能力を与える重要なプロセスです。
    残念ながら、睡眠は多くの人間が無視しがちなことの1つでもあります。
    これは主に、娯楽へのアクセスと24時間年中無休の社会のストレスのためです。

    初期の前臨床研究はCBDがより安らかな夜の睡眠を得るための強力なツールである可能性があることを示唆しています。

    カンナビノイドは鎮静剤として作用するようには見えませんが、さまざまなメカニズムを介して健康的な睡眠/覚醒サイクルを促進すると考えられています。

    私たちの体の自然な概日リズムをサポートすることは、私たちがより早く眠りにつくのを助けるだけでなく、より深く眠るのにも役立ちます。

    リラクゼーション

    残念ながら、今日の現代社会では緊張と不安が遠く離れることはありません。
    さらに悪いことに、不安への取り組みは簡単ではありません。
    不安が発生する方法と理由は人によって異なります。

    ただし、不安のすべてのインスタンス間の1つの類似点は、5-HT受容体と神経化学的セロトニンの役割です。

    幸せな化学物質の愛称で呼ばれるセロトニンは、これらの受容体の活性化を通じて不安に直接影響を及ぼし、通常、運動や性別などの身体活動中に放出されます。

    心強いことに、研究者たちは、CBDが5-HT受容体とも相互作用し、セロトニン作動性伝達を調節することを発見しました。

    国際疼痛学会誌は、神経因性疼痛の動物実験を実施し「低用量CBDによる反復治療は、5-HT₁ₐ受容体の活性化を通じて不安を軽減する」と結論付けました。
    彼らはさらに、これらの結果がCBDベースの治療の「臨床試験の開始をサポートする」と付け加えました。

    筋肉の回復

    炎症はしばしば否定的な見方で描かれますが、それは重要なメカニズムです。
    それは私たちの体が感染症に取り組み、損傷した組織を修復するのに役立ちます。

    後者は、アスリートだけでなく、健康を維持したい人にとって特に重要です。 より強い筋肉を発達させることは、怪我のリスクを減らし、私たちを活発にそして私の健康を保つの事を助けます。

    私たちが炎症反応を起こした際に、それらを自己治癒する為にはまず強力な免疫システムが必要です。

    私たちの免疫システムが行うすべて自己治癒システムは、損傷した組織を修復するために日夜稼働し続けています。
    ですが、治癒し切れずに残ってしまう場合、そのシステムは時々混乱してしまいます。

    有毒な細胞ではなく健康な細胞を攻撃する可能性があります。これは、身体を、筋肉を回復を促進しようとしている場合にはとても残念な状態です。

    幸いなことに、大麻とカンナビノイド研究チームは、CBDが免疫応答の調節を助け、制御性細胞の注意を再び集中させることができることを発見しました。

    コレは最も重要なことです。
    言い換えれば、CBDとTHC、広大なカナビス含有化合物ファミリーは免疫システムを回復軌道に乗せることができると言うことです。

    CBDのTHCへの影響

    THCと一緒に働くとき、CBDはTHCが引き起こすバッドトリップから来る不安のいくつかを打ち消すと信じられています。

    CBDはハイの開始と、その持続時間を遅らせることにより、THCの興奮性効果にも影響を与えるようです。

    Journal of Psychopharmacology に発表されたランダム化プラセボ研究では、CBDの経口投与を受けたグループでTHC摂取後のパラノイアが減少したことがわかりました。

    CBDとTHCの両方の組み合わせは、潜在的な副作用を制限しながら、幸福への多面的なアプローチを提供する可能性があります。

    CBD
    てんかん

    おそらく最も有望な研究分野の1つは、てんかんに対するCBDの影響、特にドラベ症候群とレノックス・ガストー症候群です。

    どちらも主に子供に影響を与える深刻な病気であり、重症な患者の場合、1日に数百回の発作を起こす可能性があります。

    2018年、米国食品医薬品局(FDA)は、エピジオレックスと呼ばれるCBDの合成バージョンを承認しました。

    この薬は非常に効果的であり、ドラベ症候群とレノックス・ガストー症候群の子供たちの生活の質を大幅に改善しました。

    もちろん、CBDの精製バージョンと麻から抽出された天然バージョンの間には違いがあります。

    しかし、The Journal of Epilepsy Research は、データは限られているものの、CBDによる発作の治療を裏付ける証拠は有望であると結論付けました。

    CBDには副作用があるのか?

    潜在的な利点のリストが非常に多いため、CBDはあまりにも優秀過ぎて万能の様に読めたと思います。
    全てが真実ではありますが、心配すべき幾つなの副作用も事実あります。

    CBDに関する現在のすべての研究を詳細に調べるべく、世界保健機関(WHO)による包括的なレビュー

    入手可能なデータを調べた後、WHOは次のように述べました。

    『CBDは一般的に忍容性が高く、安全性が良好です。報告されている副作用は、薬物間相互作用の結果である可能性があります。』

    CBDによるいくつかの悪影響とは一体何か。
    読み解いていくと、どうやこれらは非常に穏やかな副作用ですぐに消えていくとWHOは報告しています。

    考えられる副作用は次の通りです。

    倦怠感
    下痢
    口渇
    胃のむかつき
    めまい

    これらの副作用の大部分は、投与量が普段よりも多かった場合に起きたと研究で記録されています。

    そうは言っても、CBDはすべての人にわずかに異なる影響を与えるので、その効果に慣れるまで低用量から始めることが重要です。

    WHOによって強調されたもう1つの重大な副作用は、CBDと既存の薬剤との間の相互作用の可能性でした。

    証拠は、CBDが特定の薬の分解を妨げる可能性があることを示唆しており、それが当てはまる場合は医師に相談する必要があります。

    相互作用は既存薬剤の効果を引き起こさないかもしれません。あなたの主治医に相談しアドバイスを貰いましょう。

    CBDは向精神薬なのか

    大麻サティバ種との関連にもかかわらず、CBDは向精神薬ではありませんが、向精神薬と見なされる場合があります。

    この問題に関する混乱は通常、THCとの関連から生じます。

    CBDとTHCはどちらもカンナビノイドですが、それらが体と相互作用する方法は大きく異なり、その効果も異なります。

    THCは、気分や動機付けに関連する脳の一部のCB1受容体に対する親和性により、高い値(ハイ)を脳内で生成します。

    このユニークな相互作用が現代世界の多くで大麻が禁止された理由です。

    一方、CBDは同じCB1受容体に対して親和性を示しません。 代わりに、ECS全体をサポートするために舞台裏で機能し、結果として向精神性の副作用を引き起こしません。

    CBDの耐性

    別の一般的な質問は、CBDの繰り返し使用が耐性に繋がるかどうか、そして同じ効果を感じるために摂取する量が増加するかどうか。いうならば多くを消費する必要があるかどうかです。

    繰り返しになりますが、これに答えるには、この問題の専門家であるWHOに問い合わせる必要があります。

    2018年のレビューの一環として、彼らはまた、「CBDは依存の可能性を示す効果を示さない」ことを特定し、さらに「CBDの娯楽的使用または公衆衛生関連の問題の証拠はない」と付け加えました。

    長期的な研究はまだ不足していますが(CBDの研究はかなり新しいです)、証拠は有望です。

    CBDを摂取する方法

    CBDの可能性は広大に見えますが、入手可能な製品ほど包括的ではありません。

    CBDには毒性がないため、さまざまな選択肢があり、それぞれに固有の長所と短所があります。

    CBDオイル

    舌の上または下にセットされたCBDオイルは、この化合物を楽しむための最も人気のある方法です。

    オリーブオイル、MCTオイルのおかげで、吸収率はかなり高いです。 CBDは疎水性(水をはじく)であるため、キャリアオイルの助けなしに体がそれを吸収するのに苦労します。

    形状変化させていないCBDを経口摂取しても効果はあまり得られません。

    あなたは望ましい効果を得るためにもっと量が必要と勘違いするでしょう。

    キャリアオイルに溶けたCBDは舌下で服用すると粘膜より吸収され、システムに直接当たります。

    喫煙CBD

    CBDの喫煙は他の消費方法と比較しても遥かに高いバイオアベイラビリティの恩恵を受けられます。

    バイオアベイラビリティとはCBDがその標的領域である血流に到達する量と速さを示すための重要な概念です。

    喫煙によるアクティブなCBDは、肺の毛細血管のおかげで、信じられないほど速く血流に到達します。

    そのため、わずか15分で効果を感じることができますが、CBDの食用または油と比較して効果が長くは続かないということです。

    CBDが豊富な大麻株には、他のさまざまなカンナビノイド、テルペン、フラボノイドも含まれています。 潜在的な側近効果のメリットを得るだけでなく、さまざまな味や味を体験できます。

    Vaping CBD

    vapingは喫煙よりもいくつかの重要な利点があります。

    まず、vapingは喫煙しているものを燃やさず気化させているので、有害物質が肺に入るリスクを減らします。
    第二に、vapingの生物学的利用能は喫煙と同じくらい良いです。

    CBD食用

    大麻の食用食品はクッキーやブラウニーから始まったかもしれませんが、今それは氷山の一角にすぎません。

    CBDのようなカンナビノイドは自然な味があり、それ自体は悪くはありませんが、すべての人に適しているわけではありません。

    CBDを注入した食用食品を作ることは、利点を失うことなく味を隠す便利な方法です。

    CBDの食用食品を摂取すると、その効果を感じる方法も変わります。 発症は遅れますが(最大1時間かかります)、効果はずっと長く続きます。 これは、CBDを吸引などによる補充することができず、より長い救済が必要な場合に理想的です。

    CBDのダビング

    ダブリグにはダブリグ専用の道具が必要になりますが、ダブは熟練したCBDユーザーにとっても究極の体験となります。
    何故に究極なのかの答えはシンプルです。それは初めの人にはあまりお勧めできない高度に濃縮された用量を摂取する方法だからです。

    CBD濃縮物(CBDアイソレート、CBDワックス、CBDシャター)をフラッシュ蒸発させることで、数秒で信じられないほどの効果を体験することができます。ダブリグを持ち歩くのは便利ではありませんが、一部の人にとっては、その効力は価値のあるものになるでしょう。

    CBDチンキ

    舌の下で摂取出来るサプリメントは、私たちの消化器系を介して吸収させる必要はありません。
    口の中の小さな毛細血管のおかげで直接血流に入ります。 迅速な効果が必要な場合、CBDチンキ剤は舌下にて僅か15分で効果を発揮します。

    同じことがCBDスプレーにも当てはまります。 鼻の内側には何百もの小さな血管が含まれているため、CBDには血流への直接ルートがあります。

    マーケットには様々なフレーバーのCBDチンキを見つけることが可能であり、オイルよりも少し魅力的です。

    そうは言っても、決定は個人的な状況とあなたにとって何が最善かによって決まります。

    経皮パッチ、および坐剤

    CBDの局所用薬は使いやすく(単に肌に擦り込むだけ)、あらゆる種類の肌に適しています。 有効成分は、血流に入るのではなく、局所レベルの受容体のみに焦点を当て、肌を落ち着かせ、潤いを与え、保護するのに役立ちます。

    経皮パッチは物事をさらに一歩進めます。
    CBDを特定の薬とブレンドすることにより、カンナビノイドが皮膚に浸透して血流に入る可能になります。これらのパッチはニコチンパッチと同じように機能し、有効成分の徐放を提供します。

    経皮パッチを超えた一歩を上の吸収をしたい場合は、CBD坐剤を検討してください。 それらはCBDの(潜在的に)より高い摂取を提供すると同時に、信じられないほど早く吸収されます。

    ただし、CBD坐剤の生物学的利用能はまだ検討中であり、それらがどれほど効果的であるかは正確にはわかっていません。

    CBDを投与する方法

    すべてのCBDメーカーが推奨用量を提供していますがCBDの理想的な用量は無いことを知っておくことが重要です。あなたが取る必要がある量は以下を含む要因に基づいています。

    代謝
    体脂肪
    製品の強み
    健康問題

    適切な用量が見つかるまで従うことができる一般的なガイドラインがいくつかあります。

    低濃度のCBDオイルから始めよう

    :少なくとも2週間は低濃度のオイルの使用にしましょう。あなたはその効果に慣れ、潜在的な副作用に対処する時間が与えられるます。
     

    CBDを1日1〜2回服用する

    :ほとんどの推奨事項には「1日3回まで」と記載されていますが、最初は1〜2回試してください。 繰り返しますが、CBDがあなたの身体でどんな働きをするのかを見つける時間を与えてくれます。
    少なくとも2週間は同じルーチンを守って下さい。CBDは非常に迅速に効果をもたらしますがルーチンに慣れるには少なくとも2週間かかります。

    CBD製品を組み合わせる

    :異なるCBD製品を組み合わせるのは可能で、それに応じて効果を調整することができます。
    午前中にいくつかのCBD食用食品を摂り、午後にCBDのバッズを吸うことには何の問題もありません。

    医師への相談

    :私たちは一般的にしか話すことができませんが、かかりつけ医は症例ごとにアドバイスを与えることができます。 あなたが特定の状態に対処するためにCBDを使用している場合、彼らは推奨用量について貴重な洞察を持っているかもしれません。

    マイクロドージングCBD

    マイクロドージングは​​化合物の欠点の1つを打ち消し、CBDの機能を上手に使う方法です。
    カンナビノイドの半減期(体内にとどまる時間の長さ)が非常に短いので、その影響を最大限に活用したい場合は、定期的な摂取が必須です。

    マイクロドージングのキーポイントは、少量摂取の頻繁な投与です。
    ただし、通常の投与と同様に様々な摂取方法を試して、自分に合ったものを見つける必要があります。 マイクロドージングが便利な場合は、CBDの毎日の摂取量を1日を通して少なくし使用回数を分割してみてください。

    ペット用CBD

    人間のCBDの基本をカバー出来ましたか?
    では、私たちの猫と犬の仲間に注意を向けてみましょう。
    実は猫も犬も内在性カンナビノイドシステムを持っています。彼らはCBDからいくつかのプラスの効果を感じる事が可能です。

    ペットに対するCBDの影響に関するデータのほとんどは逸話的なままですが、進行中のいくつかの生体内研究があり、考えられる影響は人間と同様に見えます。動物もまたCBDは神経系、免疫系、消化器系とともに脳に影響を及ぼします。

    ただし、注意してください。 すべてのCBD製品がペットに適しているわけではありません。 猫と犬はどちらも、麻に含まれる小さな化合物(テルペンとフラボノイド)に対してはるかに敏感です。 そのため、ペットに焦点を当てたCBD製品は、ペットに安全にするためにこれらの要素が除去されていますが、通常のCBDオイルはそうではありません。

    CBDは合法かどうか

    CBDの合法性は依然として論争の的となっています。 現代の世界のほとんどでは、CBDは購入して使用することが合法ですが、制限があります。

    CBD製品は麻に由来し、0.2%以下のTHC(ヨーロッパ)を含んでいる場合があります。

    THCの法的制限は、米国ではわずかに高くなっています(0.3%)が、ご存知のとおり、制限は住んでいる場所によって異なり、ナビゲートするのは難しい状況です。

    CBDを試す前に、自国の地方自治体に確認する必要があります。

    ほとんどの場合、問題はありませんが、再確認してください。

    また、信頼できるサプライヤーからCBDを購入し製品を独自にテストしていない物は避けてください。

    CBDのすべてのバッチに正確に何が含まれているかを確認しないと、手遅れになるまで問題があるかどうかわかりません。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド