ジョイント?ブランツ?スプリフ?

ホーム / ブログ / エディブル / ジョイント?ブランツ?スプリフ?

ジョイント?ブランツ?スプリフ?

目次

    ※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。

    https://www.leafly.com/news/cannabis-101/whats-the-difference-between-joints-blunts-and-spliffs?jwsource=cl

    皆さんは大麻を吸うときには、パイプやベポライザーに詰めたりシガレットペーパーで巻いてジョイントにして吸うのが一般的ですね!
    今回はジョイントに注目して行きましょう!

    ジョイント、ブラント、スプリフの定義

    大麻を紙などで巻いて吸う場合、大きく分けて3つ種類が有ります。ジョイント、ブラント、スプリフです。
    それは、その含有量(大麻とタバコの比率)、および圧延材、タバコ、麻などによって定義できます。


    ジョイントとは何ですか?

    ジョイントは、間違いなく大麻を消費する最も象徴的な方法です。
    小型で持ち運びが簡単で、どこにでも持ち運び、好きな場所で吸えます。

    それらは通常白い薄い巻紙の中に巻かれた大麻で構成されていますが、ノベルティ紙にはすべての色と味があります。
    紙は大きくても小さくてもよく、麻、米、紙などでできています。
    さまざまな種類があります。

    多くの場合、ジョイントにはローチまたはフィルターが付いています。これにより、ロールに安定性が加わり、指先を焦がすことなくジョイントを最後まで吸うことができます。

    ブランツとは何ですか?

    ブランツとは、葉巻の外側の葉またはブランツラップで巻いた大麻です。
    これらのラップはタバコでできており、大麻に活気とエネルギーと風味を加えます。

    通常、それらはジョイントよりも大きく、はるかに長持ちします。

    スプリフとは何ですか?

    スプリフはジョイントのようなものですが、巻紙にタバコと大麻を混ぜ合わせています。
    彼らは通常、ブランツよりも多くのタバコを混ぜているので、タバコよりエネルギッシュで騒々しい効果があります。

    Spliff喫煙者は、大麻とタバコの比率を好みに合わせて混ぜます。

    巻紙も色々

    乾燥大麻をジョイントで吸う時に巻紙は非常に大切です。
    厚紙、薄紙、麻紙、匂い付の巻紙、ブランツペーパー、葉巻など沢山有ります。
    それぞれによって、風味、燃える速度、無添加、などの特色が有り好みで選ぶことが出来ます。

    巻き方も重要で均一に巻かないと片焼けしてしまい、うまく吸えません均一に巻きましょう。

    ジョイント、ブラント、スプリフの人気は地域によって異なり、世界中のさまざまな地域での大麻文化を反映しています。
    ジョイントよりヨーロッパでは、スプリフが優勢です。
    ただし、これは大麻の普及率とアクセス可能性が高まるにつれて変化する可能性があります。

    米国の喫煙者は、たばこの健康への悪影響もあって、スプリフよりもジョイントを好む傾向があります。

    呼び名も国によって違います。
    たとえばヨーロッパでは、名前が逆になっています。
    ジョイントは大麻とタバコが入ったロールを指しますが、スプリフはロールされた大麻だけを指します。 これは、「ジョイント」が1つではなく2つのアイテムを組み合わせた意味であるためです。

    ジョイント、ブランツ、スプリフも巻き方が色々進化してクロスジョイントやカンナガーなどの、もはや芸術とも言える物が沢山出て来ています、

    貴方も好きな巻き方を探して下さい!!

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド