大麻の栄養素は、なぜ?いつ?どのようにしてを与えるか?

ホーム / ブログ / 大麻について / 大麻の栄養素は、なぜ?いつ?どのようにしてを与えるか?

大麻の栄養素は、なぜ?いつ?どのようにしてを与えるか?

目次

    大麻は栄養素に敏感であり、植物に適切に栄養を与えることと化学物質でそれらを燃やすことの間には微妙な境界線があります。

    大麻の発達に必要なすべての栄養素は、自然に環境に存在しています。ただし、植物がさらに速く成長し、より良い最終製品を生産できるようにするには、肥料(濃縮栄養素)を植物に与える必要があります。

    以下に、大麻にいつ、どのように、そしてどれだけ栄養を与えるかについて学んで下さい。

    大麻と微量栄養素を理解する

    大麻は3つの栄養素を大量に必要とします。
    これらの主要栄養素は、窒素(N)、リン(P)、およびカリウム(K)であり、大麻の健康の基礎を形成します。
    そのため、これらの3つの栄養素は通常、NPK比の形で肥料製品の前面と中央に配置されています。
    各値の数値が高いほど、その特定の栄養素の濃度が高くなります。

    しかし、大麻が生き残り、繁栄するには、3つ以上の栄養素が必要です。
    また、カルシウム、マグネシウム、硫黄などの二次栄養素が植物の成長に重要な役割を果たすことを期待しています。

    カルシウムは細胞壁の発達に重要であり、土壌の塩分を減らすのに役立ち、土壌改良剤として使用すると水の浸透を改善します。

    マグネシウムは、光合成と炭水化物代謝に重要な役割を果たし、植物の細胞壁の安定化にも役立ちます。

    硫黄は、葉緑素の形成とタンパク質、アミノ酸、酵素、ビタミンの生成に必要であり、植物を病気から守ります。

    これに加えて、植物はまた、それにもかかわらず非常に重要である少量の他のいくつかの栄養素(微量栄養素)を利用します。
    これらには、ホウ素、塩素、銅、鉄、マンガン、モリブデン、および亜鉛が含まれます。

    すべての大麻肥料が同等に作られているわけではありません
    市場には多くの異なるブランドの大麻栄養素があり、それらはかなり異なる可能性があります。

    通常、肥料は次の4つの領域で異なります。

    ・栄養素比率:ブランドが異なれば、最適な栄養素比率も異なります。

    ・成分:異なる肥料ブランドは、最も化学的な(または「人工的な」)ものから最も自然なものまで、完全に異なる成分を使用して同じ栄養素比率を達成できます。

    ・土壌または水力:土壌の養分は、水耕または無土壌養液とは大きく異なります。
    成長培地用に設計された肥料のみを使用するようにしてください。

    ・サプリメント:多くの肥料ブランドも「サプリメント」を製造しています。
    これらの製品は通常、低いNPK比を含み、代わりに成長の特定の側面を後押しするように設計された他の栄養素を特徴としています。
    たとえば、一部のサプリメントは本質的に糖液です。

    一般的に、サプリメントでいっぱいにする前に、マクロ栄養素と二次栄養素に対する植物の需要を満たすことにもっと集中することをお勧めします。
    栄養素を過剰に摂取すると、化学的相互作用や栄養素の燃焼(肥料焼け)が発生する可能性があり、収量のサイズと品質に大きな影響を与える可能性があります。

    これらのコア栄養素を植物に与えることを決めたら、より大きく、より強力な収穫を生み出すために、より複雑な給餌スケジュールに進んでください。
    これらは植物が成長に使用する主要な栄養素ではありませんが、それでも植物の健康のさまざまな側面で非常に重要な役割を果たしています。

    苗木期、成長期期、開花期のための栄養素の要件

    大麻の栄養要求量は、それがどの段階にあるかによって異なります。

    苗木の栄養素

    大麻の苗は種子からすべての栄養素を取得し、根系が発達するにつれて葉を介して水分を吸収します(そのため、暖かく湿った環境に保つことが重要です)。

    苗木が生後約3〜4週間になるまで、栄養の供給を開始する必要はありません。
    生後3〜4週間になると、3〜4枚の本葉が発達し、栄養成長期に入ります。

    成長期期の栄養素

    一部の栽培者は、苗木が栄養成長期に入り始めた直後に、軽い2:1:2肥料(NPK比があります)で1週間給餌を始めることを選択します。
    このステップは、植物に肥料を導入し、栄養素の燃焼を回避するための優れた方法です。
    ただし、一部の栽培者は、4:2:3の肥料で植物をすぐに開始して、成長を開始するという素晴らしい結果を目にしています。

    後期栄養段階(発芽後のおよそ6週間)、あなたは積極的に彼らが強い、健全な葉を開発する助けにあなたの植物の栄養素を増加したいと思います。
    ほとんどの栽培者は、この段階までに10:5:7の肥料を選びます。

    これらの高められたレベルの窒素は、あなたの植物が甘美な緑の葉を生産し、開花に間に合うようにたくさんの芽の場所を発達させるのを助けます。

    成長期の終わりに向けて、窒素レベルを下げます。
    ほとんどの栽培者は、栄養段階の最後の週に7:7:7の肥料を使用します。

    成長期期の栄養素比率

    初期の野菜:2:1:2 – 4:2:3
    中野菜:10:5:7
    後期野菜:7:7:7

    開花期の栄養素

    開花期は、大きな樹脂の花の成長を促進するために、より少ない窒素とより多くのカリウムを必要とします。
    開花の最初の2週間、ほとんどの栽培者は5:7:10の肥料を顕花植物に与えます。
    これからは、カリウム濃度を常に他の部分よりも高く保ちながら、すべての面で栄養素を増やし続けるのが一般的な習慣です。
    開花中期までに、ほとんどの栽培者は6:10:15の養液を使用します。

    開花の最後の数週間、栽培者は収穫前のフラッシュへの移行をスムーズにするために栄養素を減らします。
    この段階までに、NPK比が4:7:10のより穏やかな肥料を使用するのが一般的です。

    開花期の栄養素比率

    早咲き:5:7:10
    中咲き:6:10:15
    中遅咲き:4:7:10
    遅咲き:pHバランスの取れたフラッシュ

    大麻にはどのくらいの頻度で栄養を与える必要がありますか?

    ほとんどの肥料ブランドは、顧客にフィードチャートを提供しています。
    これらのチャートを理解することは、植物に適切な栄養素を適切なタイミングで提供するための鍵です。

    フィードチャートは通常、12〜13週間の成長サイクルを示します。
    サイクルの週は通常、グラフのx軸に沿って一覧表示されます。
    これには、各週の日長などの情報も含まれる場合があります。

    最も重要なことは、飼料チャートは、どの時期・週に、どの栄養素をどの比率で植物に与えるかを概説することです。
    栄養素は通常、週に1回適用され、ほとんどの肥料ブランドは、水に対する飼料の比率(リットルまたはガロン)を提供します。
    一部のフィードチャートでは、ソリューションのPPM範囲も提供される場合があります。
    もしそうなら、PPMメーターを購入し、栄養素を測定してから給餌の精度を高めてください。

    植物に栄養を与えたら、土壌のPPMと導電率をチェックして、植物が栄養分を適切に吸収していることを確認することをお勧めします。

    栄養素を準備する方法

    結局のところ、給餌をミスすることが収穫を妨げる可能性があります。
    しかし、大麻に餌をやるのはとても簡単です。
    次の手順に従ってください。

    1. あなたの水を準備します。可能であれば、水を約22°Cに加熱して、根による吸収を高めます。
    2. 肥料の指示に従って栄養素を加え、かき混ぜます。PPMまたはECメーターを使用して、正確な測定値を取得します。
    3. 必要に応じて、硝酸またはリン酸のpHダウンサプリメントを使用して飼料のpHを調整します。
    4. PPM、pH、および温度が適切になったら、植物に栄養を与え、PPMまたはECメーターを使用して流出量を測定し、植物が栄養素を適切に吸収していることを確認します。

    PPM、PH、および水温の重要性

    PPM、または100万分の1は、水または成長培地に存在する栄養素の量の測定値です。
    植物の過給または過少給餌を避けるために、常に土壌のPPMを測定するか、培地を成長させて、まだ栄養素が含まれているかどうかを確認することをお勧めします。
    次の給餌時に培地に栄養素が存在する場合は、過給を避けるために、飼料チャートで推奨されているPPMから培地のPPMを差し引きます。

    植物に餌をやるとき、pHと温度は等しく重要な指標です。
    どちらかが少しでもずれている場合、あなたの植物はそれらの栄養素を吸収するのに苦労するかもしれません。
    したがって、給餌するときはいつでも、栄養溶液を肥料ブランドが推奨するpHに保ち、水温を22°Cに保ちます。

    より良い給餌のためのヒント

    ここでは、問題なく給餌を確実に行うための簡単なヒントをいくつか紹介します。

    キレート化を強化する

    ほとんどの高品質の栄養素には、化学キレートが含まれています。
    有機栽培者の場合は、フルボ酸やフミン酸などの天然キレートを使用して、植物が鉄や亜鉛などのミネラル栄養素をよりよく吸収できるようにすることができます。
    キレートは、正に帯電した栄養素を負または中性の電荷で囲み、植物の細孔バリアを通過できるようにすることで機能します。

    葉への餌やりを試してください

    葉面散布(大麻の葉に細かい霧を噴霧する)は、栄養不足や害虫/病気に取り組むための優れた方法です。
    また、マグネシウムやカルシウムなどの二次栄養素、または微量栄養素である亜鉛、鉄、マンガンの短期間の摂食にも特に効果的です。

    常に洗い流す

    栄養素は非常に重要ですが、収穫した芽に栄養素が残ってほしくないのです。
    そのため、収穫前に少なくとも1週間は植物をpH中性の水で洗い流すことが重要です。
    洗い流すと、植物は貯蔵した残りの栄養素を消費し、きれいで滑らかな煙になります。

    大麻の栄養素に関連する問題

    過給または過少給餌は、大麻にストレスを与え、損傷を与える可能性があります。
    次の栄養関連の問題に目を離さないでください。

    PHの不均衡

    pHの問題は、培地、水、栄養素の不均衡によって引き起こされる可能性があります。
    pHの不均衡は、植物の健康に劇的な影響を与え、栄養素のロックアウトや欠乏など、他の多くの問題を引き起こす可能性があります。
    未処理のままにしておくと、pHの問題が植物の成長を劇的に妨げ、収穫のサイズと品質の両方を低下させます。

    栄養素のやけど

    栄養素のやけどは通常、成長培地での過給または栄養素の蓄積によって引き起こされます。
    植物は、ほぼ90°上向きに曲がり黄緑になり、紅色・マゼンタ、または紫の茎または枝を持つ濃い緑色の葉を発達させます。
    開花植物は、急速に枯れる前に黄色い萼とシュガーリーフを発達させます。
    通常、肥料を徐々に再導入する前に、少なくとも1週間は根をpH中性の水で洗い流すことによって処理されます。
    PPMとECを測定すると、栄養素のやけどを防ぐのに役立ちます。

    栄養素のロックアウト

    養分ロックアウトは、植物の根の周りの養分蓄積、またはpHの不均衡によって引き起こされ、利用可能な養分を吸収できなくなります。
    栄養素のロックアウトは栄養素の不足につながり、葉の黄変、葉の先端の焦げ目、葉の形とサイズの不規則性、茶色の斑点を引き起こす可能性があります。症状は、植物に不足している栄養素によって異なります。
    通常、フラッシュ、pHチェック、および栄養素調整で処理されます。

    過給

    化学肥料やブースターを過剰に与えると、植物が火傷する可能性があります。
    化学肥料の高濃度の性質は、初心者の栽培者が簡単に植物を痛めてしまう可能性があることを意味します。
    過給の明らかな兆候には、黄色または茶色の変色を伴う乾燥した焦げたように見える葉、焦げた縁、および上向きに曲がった先端が含まれます。
    ルーキー栽培者は、既存の栄養素の問題を改善するために、より多くのサプリメントを購入することになりますが、それは事態を悪化させるだけです。
    過給は、根のフラッシュ、pHの安定化、および新しい給餌スケジュールで迅速に処理する必要があります。

    栄養不足

    栄養素の欠乏は、栄養不足または栄養素のロックアウトによって引き起こされる可能性があります。
    窒素、リン、カリウム、または二次栄養素の不足は、乾燥した葉、黄色または茶色の葉、および変色した茎などの症状を引き起こす可能性があります。
    栄養素の不足は、より多くの栄養素を増やす/導入するか、最初に栄養素のロックアウトを改善することによって治療されます。

    大麻用の有機肥料と化学肥料

    化学肥料よりも有機栄養素の使用を常に推奨します。
    合成物とは異なり、有機栄養素は土壌に放出され、植物に吸収されるのがはるかに遅いため、栄養素の燃焼やその他の摂食問題の可能性が劇的に減少します。

    有機栄養素は土壌自体にも利益をもたらし、植物を保護し、植物と連携して機能する微生物の豊富な生態系の開発をサポートします。
    有機質土壌も時間とともに良くなり、屋外の栽培者にとって理想的です。有機栄養素が有毒な流出を引き起こさないという事実はまたあなたの収穫が環境に与える影響を減らします。

    ここでは有機物がすべてですが、化学肥料にも長所があることは理解しています。何よりもまず、それらははるかに速く吸収されます。
    つまり、効率が重要な状況(たとえば、欠乏症を治療する場合など)に適しています。

    合成肥料が栄養素の正確な特定の比率に注意深く作られているという事実はまた、あなたがあなたの植物が何をどの容量で摂取するか?
    より多くの要素をコントロールしなければなりません。

    有機栄養素の利点

    • 環境への影響が少ない
    • 土壌の質と健康を高める
    • 化学肥料よりも持続可能
    • より良い味(好みの問題でもありますが)

    合成肥料の利点

    • より速く吸収される
    • 栄養素の比率がダイヤルインされます(より詳細な制御)
    • よりアクセスしやすい

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド