大麻の種類?インディカ?サティバ?なにが違うのか?

ホーム / ブログ / CBD / 大麻の種類?インディカ?サティバ?なにが違うのか?

大麻の種類?インディカ?サティバ?なにが違うのか?

目次

    インディカとサティバ大麻の違いとは?

    インディカとサティバ大麻にはいくつかの決定的な違いがあります。 インディカとサティバの品種の詳細と、それらを区別する方法について読み進めて行きましょう。
    大麻コミュニティでは、インディカ対サティバの議論は終わりがないようです。
    しかし、遺伝学は大麻の植物の見た目の特性、効果、および風味について、何が考察できるでしょうか?。

    大麻の分類法を理解する

    インディカとサティバの違いをよりよく理解するためには、まず全体的に大麻の分類を見ることが大切です。
    大麻は、1750年代にカールリンネによって最初に分類されました。

    リンネは、この属が単型(1種のみを含む)であると信じており、スウェーデンの植物学者であるカンナビスサティバL.リンネは、当時ヨーロッパ全体で広く栽培されていた麻の植物を使用してこの分類を行いました。

    1785年、フランスの博物学者ジャンバティストラマルクは、リンネの品種とは異なる別の大麻の種の概説を発表しました。
    ラマルクは、この種をCannabis indica Lamと呼び、非常に貧弱な繊維で形成されていたが、人を酔わせる物としてはうまく機能したと提唱しました。
    彼の説明は、彼がインドで集めた植物に基づいていました。

    20世紀、ロシアの植物学者D. E. Janichevskyは、ロシアで自生している3番目の種類の大麻を特定しました。

    これは現在カンナビス・ルデラリスとして知られています。

    1970年代に、分類学者と植物学者は、大麻植物を最も詳細に分類する方法をもう一度発見しようとしました。
    インディカ、サティバ、ルデラリスの適切な分類についてはまだ議論がありますが、科学者は、大麻の品種の間には3つの異なる種の違いが分かることを証明するのに十分な違いがあると信じています。

    この記事では、インディカとサティバの品種のみに焦点を当てます。

    インディカとサティバの違いは何なのか。

    インディカとサティバの最も明らかな違いは、植物の見た目の特徴にあります。
    アメリカの植物学者リチャードE.シュルテスと研究者チームは、サティバとインディカを次のように説明しています。

    サティバ:背が高く、緩く枝分かれし、葉が狭い
    インディカ:円錐形で短く、葉が広い

    インディカとサティバの大きな違いは、地理的な起源を見ることで説明できます。
    以下では、サティバとインディカの多くの違いを詳しく見ていきます。

    カンナビスサティバ

    大麻サティバは、温暖な熱帯気候に自生しており、タイ、ベトナム、コロンビア、メキシコ、さらにはアフリカの一部で自然に成長しているのを見つけることができます。

    長くて暑くて湿気の多い夏に対処するために、サティバ植物は背が高くなり、節間の間隔が大きくなり、芽が小さくなり、葉の間隔が狭くなります。
    これは当然、これらの地域の高湿度やカビや害虫などの脅威から植物を保護するのに役立ちます。

    サティバ植物は背が高い傾向があるため、通常、屋外での栽培に適しています。
    この植物は特に夏が長くの暖かい熱帯気候での栽培に向いてます。

    成長の違い:開花ストレッチ(開花準備)

    インディカとサティバの植物は、劇的に異なる成長率とパターンを示す傾向があります。
    ただし、これらの違いは開花期が始まるまであまり明らかになりません。

    インディカ植物は成長速度を早めることで、ある程度の高さを獲得し、密集したふさふさしたキャノピーを形成しますが、サティバ植物の開花はいくつかの深刻な問題があります。
    光の周期の変化は、ホルモンのカスケードを引き起こし、光に向かって上向きに発芽します。
    場合によっては、この現象(「開花ストレッチ」と呼ばれる)により、植物のサイズが2倍になることがあります。
    地面の奥深くや大きなコンテナに植えると、サティバは3m以上に成長する可能性があります。

    カンナビスインディカ

    一方、インディカの植物は、ネパール、インド、および夏が寒くて短いインド亜大陸の他の地域のような、より寒く、乾燥した、山岳地帯に自生しています。
    これらの条件に対応するために、カンナビスインディカは開花時間が短くなり、葉とつぼみが密になりました。

    インディカ植物は、身長が小さく開花期が短いため、屋内栽培に最適です。
    それらはトレーニング技術を使用して簡単に操作でき、多くの「見た目の魅力」を備えた素晴らしい厚い芽を生み出す傾向があります。
    開花速度のおかげで、インディカ植物はまた、一部の栽培者がより短い時間で収穫量増やすことを可能にします。

    インディカとサティバの区別

    18世紀にさかのぼる植物の記録は、2つの大麻の亜型(サブタイプ)の視覚的な違いを説明しています。
    これらの形態学的な違いは、葉から花まで、各亜型(サブタイプ)の解剖学的構造の全体に現れます。

    葉の違い

    葉を見ることで最も簡単には区別することが出来ます。
    インディカ植物は先が太くより大きい扇形の葉を持っていますが、サティバは先が細く、より狭くて長い扇形の葉を生成します。

    客観的にみると、多くの栽培者は背の高さのみに基づいて2つの違いを知ることができます。
    インディカの植物は背が低く、よりずんぐりしていますが、サティバの品種はより長く細く、ノード間のスペースが広くなっています。

    花の密度

    手入れの行き届いたつぼみに関しては、インディカやサティバの違いを理解するには経験が必要ですが、2つのサブタイプも異なる特徴を持つ花を生成します。
    言うまでもなく、ほとんどの現代の株は両方の亜型(サブタイプ)の雑種であり、花だけを見ることによって優勢な亜型(サブタイプ)を決定することはほとんど不可能です。

    一般的に言えば、サティバの芽はより軽く、より長く、より薄く、そしてよりふわふわです。
    たぶん、サティバのつぼみの袋は、密度が少ないため、はるかに多くの材料が含まれているように見えます。逆に、インディカの芽は通常、はるかにコンパクトでしっかりしています。

    アロマと味

    インディカとサティバの植物は効果に顕著な違いがありますが、味だけではなく、真の大麻愛好家はそれらを区別する必要があります。
    テルペンとして知られる植物性化学物質の香りは、雑草の鮮やかで満ちた味と香りを支え、各菌株はこれらの分子の異なる比率を含んでいます。

    純粋なサティバとインディカの植物は、経験豊富な喫煙者が区別できるユニークなテルペンプロファイルを備えています。
    インディカの芽は蜂蜜と果物のより甘くて豊かな味がありますが、サティバの植物はより素朴で燃料のような味を生み出します。

    インディカとサティバは異なる効果を生み出しますか?

    それらの形態学的な違いに加えて、大麻コミュニティはまた、それらの効果に基づいてサティバ株とインディカ株を区別します。
    実際、大麻コミュニティのほぼ全体が、サティバ株は高揚し、活力を与えているのに対し、インディカ株は強力な鎮静剤であることを認めています。

    しかし、このコンセンサスはどこから来たのでしょうか?

    サティバとインディカの大麻の効果は本当に大きな違いがあるのですか?
    一部の専門家は、大麻の効果を説明するためにインディカとサティバという用語を使用する根拠がないと言います。

    2016年、ジャーナル誌Cannabis and Cannabinoid Researchは、International Cannabis and Cannabinoids Institute(ICCI)の研究開発ディレクターであるEthanRusso博士へのインタビューを公開しました。
    このインタビューで、ルッソは、「インディカやサティバのような用語が、特定の植物の化学物質、したがってそれが生み出す効果についての考察を植物から得ることは実際は不可能です」と述べています。

    ハイタイムズの印刷版では、カリフォルニアのスティープヒル研究所の最高研究責任者であるキムロン・デセザーレ医師が同様の議論をしました。
    彼は、インディカとサティバは、その植物の見た目の特性以上の事を語ることはできないと主張しています。

    インディカとサティバのカスタムブレンド(ハイブリッド)

    今日市場に出回っている大麻の品種のほとんどは、サティバとインディカの両方の遺伝学を備えたハイブリッドです。

    インディカとサティバの物理的な違いに加えて、いくつかの研究は、2つの品種が異なる濃度のテルペンを含む可能性があることも示唆しています。
    これは、それらが異なる効果を生み出す理由の別の要因である可能性があります。
    たとえば、いくつかの情報源は、高濃度のミルセンに「重いインディカ」大麻株の特徴的は鎮静品質だとはっきり述べています。

    ミルセンは、ホップ、タイム、レモングラス、マ​​ンゴー、カルダモン、そしてもちろん大麻を含む多くの植物に見られるテルペンです。
    土っぽい、わずかにコショウのような香りを放つと言われており、高濃度では、独特の眠い効果を持つ大麻株を与えると考えられています。

    テルペンやカンナビノイドなどの個々の化合物を調べるだけでなく、これらの化合物が互いにどのように相互作用し、それによって大麻の使用経験を変える可能性があるかを考慮することも重要です。
    大麻の化学成分が互いに相互作用する可能性は、世界の主要な大麻研究者が「側近効果」と呼んでいるものです。

    この記事では、インディカとサティバの違いを取り巻く疑惑のいくつかを明らかにしたいと考えています。
    純粋なインディカ株と純粋なサティバ株の間には明確な形態学的な違いがありますが、残りの違いは特定するのが難しく、遺伝学以上の単純なる仮説も含まれます。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド