CBDオイルと大麻オイルの違い

ホーム / ブログ / CBD / CBDオイルと大麻オイルの違い

CBDオイルと大麻オイルの違い

目次

    CBDオイル、THCオイル、大麻オイル、ヘンプオイル…一体何が違うのですか?
    ほとんどの場合、違いがわからず、何を入手すればよいかわかりません。
    でも、心配はいりません。
    これから、すべてのオイルの種類をこの記事で説明します。

    CBDオイルと他のCBDサプリメントの潜在的な利点は、近年広く議論されています。
    CBDは痛みを和らげるのに役立つ、またはリラックスしてより良い睡眠を得るのに役立つと主張する人もいます。
    ある人は高い幸福感を得るために毎日のサプリメントとしてCBDを使用します。
    しかし、自分に合ったCBD製品を見つけることは、必ずしも簡単ではありません。

    CBDオイル、ヘンプオイル、大麻オイル、CBDチンキなど、すぐに入手できないものにはさまざまな種類があり、何を入手するかを決めるのが難しい場合があります。
    規制ガイドラインの欠如と誤解を招く情報はあまり問題にはなりません。
    では、CBDオイルと大麻オイルはどうですか?
    それらは同じものではありませんか?

    CBDオイルと大麻オイルの違い

    CBDオイルは大麻オイルと同じではありません。
    どちらも同じ種の植物(大麻サティバ)に由来しますが、CBDオイルと大麻オイルは大きく異なり、まったく別の法律に該当します。
    さらに、CBDオイルと大麻オイルは通常異なる目的で消費されます。

    以下からが、それらを説明する記事です:

    CBDオイル

    CBDオイルはほとんどの場合、産業用大麻から作られています。
    麻は娯楽用大麻と同じ種ではありませんが、非常に重要な違いが1つあります。

    それは、向精神薬の成分であるTHCの量がごくわずかであるということです。
    ただし、麻にはCBDと、CBDA、CBC、CBGA、CBN、CBCAなどの他のカンナビノイドが含まれています。

    CBDオイルは、THCを除いたこれらのカンナビノイドのすべて(またはほとんど)を特徴とすることがよくあります。
    一部のCBDオイルには、バイオアベイラビリティ(処方の速度と有効性)と風味を高めるために、ヘンプシードオイルまたはオリーブオイルが追加されています。

    ヨーロッパの多くの地域で、麻は合法と見なされるためにTHCの含有量は0.2%以下でなければなりません。

    この値は、米国では0.3%THCでわずかに増加しています。

    微量なCBDオイルは生産中にさらに減少するため、これらの製品には本質的にTHCはまったく含まれていません。

    麻から作られたCBDオイルはあなたをハイにすることはできません。
    そのため、CBDオイルはEU全体および他の国で合法的に入手可能です。

    フルスペクトルCBDオイルVSCBDアイソレート

    CBDオイルを購入しているときに、「フルスペクトル」オイルまたは「CBDアイソレート」というフレーズに出くわすことがあります。
    これらの用語はどういう意味ですか?

    フルスペクトルCBDオイル

    フルスペクトルCBDオイルには、CBDだけでなく、CBN、CBDV、CBG、CBC、CBDAなどの他のカンナビノイドも含まれています。
    また、大麻に風味と色を与える物質であるフラボノイドとテルペンも含まれています。

    なぜこれらの物質が大切ですか?
    これらの「マイナーな」カンナビノイドと他の物質は、「側近効果」として相乗的に作用すると考えられています。

    本質的に、麻の活性化学成分は、より大きな効果を生み出すために、その成分のみよりも合わせた方が効果を表します。
    その結果、フルスペクトルオイルは、側近効果の恩恵を受けようとしている人々の間で人気があります。

    CBD分離

    一方、CBD分離株は、CBDのほぼ純粋な形態(99.9%)であるため、他のカンナビノイド、フラボノイド、またはテルペンを含んでいません。

    フルスペクトルとCBD分離は、どちらが良いですか?

    それに対する明確な答えはありません。

    CBD分離物には、CBDの最も純粋な形態であるという利点があります。
    向精神作用のリスクはなく、薬物検査では何も出ません。
    CBDアイソレートは無味無臭であるため、レシピへの追加に適しています。
    しかし、知っている消費者の間では、これらのいわゆる「植物全体」の処方の可能性について学ぶにつれて、フルスペクトルのCBDオイルがより人気になる傾向があります。

    フルスペクトルCBDオイルVSCBDアイソレート

    大麻オイル(「THCオイル」)

    CBDオイルとは何なのか、そしてその他の種類のことがわかったので、大麻オイルの説明に移ります。

    この物質はまったく別の話です。

    まず、「大麻油」、または「THC油」という用語は、多かれ少なかれ同じことを意味します。
    名前から推測できるように、これらの製品はすべて、THCという1つの大きな類似点を共有しています。

    大麻油はCBD油よりも多くの(通常ははるかに多くの)THCを含んでいるだけでなく、産業用大麻とは対照的に、娯楽用/医療用大麻に由来しています。
    高レベルのTHCを含む製品は依然として多くの国で麻薬と見なされているため、たとえばカナダのような確立された大麻市場のある場所に住んでいない限り、大麻油を入手するのは困難です。

    より多くの顧客を獲得することを期待する「大麻油」、そして当然のことながら、需要は高まっています。
    しかし、私たちの目的のために、大麻油について話すとき、私たちは高レベルのTHCを含む「本物」を意味します。

    カンナビノイドの量などが異なることを考えると、大麻油を服用している人は、CBD油を使用している人とは異なる理由で服用する傾向があります。
    THCが豊富な処方が痛みや不眠症などの問題に役立つと感じる人もいれば、娯楽目的で(ハイになるために)それを使う人もいます。
    娯楽と医療の両方のユーザーは、あらゆる種類の理由でこの「液体大麻」を好むかもしれません。
    まず、それは喫煙よりも健康的であると考えられています。
    さらに、大麻油は大麻のようなにおいがすることはなく、投与がより簡単で正確であり、その効果はより強く、より長く続く可能性があります。

    THC —ストーナー(大麻常習者)だけではありません

    私たちには常にCBDの利点ばかりが聞こえてきますが、今では
    主要なカンナビノイド(CBDとTHC)の両方が存在する場合、大麻がその有益な効果をより発揮する可能性があると言われています。
    同様に、研究は特定のタイプの痛みを治療するために、THCの追加用量がCBD単独よりも効果的であるかもしれないことを示唆しています。
    言い換えれば、これは患者がTHCを含む大麻油を欲しがる正当な理由です。

    その法的地位のために、eBay(インターネットオークションサイト)や角を曲がったところにあるヘッドショップで大麻油を見つけることはできません。
    ただし、薬用の大麻油を合法的に入手できる例外があります。
    たとえば、ドイツの患者であるか、薬用大麻が合法である別の国に住んでいる場合、医師はあなたに大麻油を処方することができます。
    診療所であなたの医療カードでそれを入手してください。

    理論的には、これは素晴らしいことですね。
    しかし実際には、多くの医師は、誰にでも大麻の処方箋を手当たり次第配ることはありません。
    多くの場合、他の治療法が効果を示さない場合にのみ、大麻を処方します。

    ヘンプオイルについてはどうですか?

    ヘンプオイル

    ヘンプオイル(またはヘンプシードオイル)は、ヒマワリ、ゴマ、またはホホバオイルなどが置いてある健康食品店や素敵なスーパーマーケットで見つけることができます。
    ヘンプシードオイルは、ヘンプシードからのコールドプレス抽出物です。
    カンナビノイドは一切含まれていないため、CBDやTHCは含まれていません。

    しかし、これは麻(種子)油が役に立たないということではありません。
    抗酸化物質、オメガ3および6脂肪酸、タンパク質が豊富なスーパーフードとして、それ自体が非常に健康的であり、食事に栄養価をプラスして提供するために使用できます。

    ヘンプシードオイルは、肌に潤いを与え、柔らかくするため、化粧品や美容製品にも広く使用されています。
    CBDや大麻油を使用するのと同じ理由で大麻種子油を使用することはありません。
    さらに、前述のように、CBDオイルはその効果を高めるためにヘンプシードオイルが注入されることがよくあります。

    CBDチンキ

    一部のメーカーは、CBDチンキを「CBDオイル」として販売していますが、これは技術的には正しくありません。
    CBDオイルには、カンナビノイドが結合するためのオリーブ、ヘンプシード、またはその他の種類のキャリアオイルが含まれていますが、チンキ剤はアルコール(またはグリセリン)を使用します。

    これらの製品は、CBDオイルと大麻オイルの両方に非常に似ている可能性があります(カンナビノイド含有量によって異なります)が、すべての人がそれを望んでいるわけではありません。
    たとえば、局所的に使用されるチンキ剤は皮膚を刺激する可能性があり、主にCBDや大麻油ほど人気が​​ないため、チンキ剤の規制が緩和されることがよくあります。

    最終的に、何を使うかは個人的な好みと使用の理由によって異なります。

    リックシンプソンオイル

    リックシンプソンオイル(RSO)は、もう1つの大麻調合剤です。

    元エンジニアで大麻の支持者であるリックシンプソンによって普及されました。
    シンプソンは、アルコールを使用してカンナビノイドを抽出し、炊飯器を使用してアルコールを蒸発させ、強力な抽出物を残す方法を開発しました。

    この調合の正確なカンナビノイドの情報はさまざまですが、THCとCBDの両方が含まれていることが知られています。

    RSOも炊飯器があれば、自宅で簡単に作れます。
    リックシンプソンオイルが他と異なるのは、かなりの量のTHCを含む非常に強力な大麻抽出物であるということです。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド