ウェット?ドライ?大麻のトリミングガイド

ホーム / ブログ / 大麻について / ウェット?ドライ?大麻のトリミングガイド

ウェット?ドライ?大麻のトリミングガイド

目次

    多くの大麻栽培者は収穫を栽培の最終段階のように扱っていますが、それは本当の収穫ではなく完成な終わりには、ほど遠いです。

    見た目を改善するだけでなく、大麻の花をトリミングすると、喫煙がスムーズになり、効力が高まり、カビの発生も抑えられます。
    トリミングプロセスの各ステップをカバーし、方法を比較対比し正しく行う方法を知りましょう。

    大麻をトリミングする内容、時期、方法。

    ほとんどの栽培者は、収穫時期が栽培サイクルの中で最も重労働であると認識しています。

    あなたは遂に、何ヶ月にも渡り苗木から成熟したバッズを実らせた大麻植物を!長い労働の成果を試食することができます!

    ただし、まだやるべきことがあります。
    花を乾燥、硬化(キュアリング)保管、するために適切に準備する必要があります。 正しく行うと、見た目、味、煙が良くなるバッズになります。

    それはあなたのかけた時間と努力を本当に価値ある物へ変えます。

    重要なステップは、プラントから枝を切り取った後、バッズからシュガーリーフ取り除くことです。

    コーヒーショップや様々なルートで手に入れたパッケージングされたナゲットのようなバッズを覚えていますか?

    これらは栽培写真によるマニキュアされた結果です。
    マニキュアとはトリミングの別名です。

    これらのバッズは、より良い香り
    より良い煙をもたらします。
    良いトリミングを施したマリファナは保存状態の後も新鮮なままを維持されます。

    大麻の芽をトリミングする必要があるのは何故か?

    シュガーリーフをトリミングすると、バッズにカビや余分な物がないことを確認するのに役立ちます。
    それだけでない主な理由を分析してみましょう。

    見た目

    味、香り、効果は大麻の最も重要な側面です。
    ユーザーによっては見た目はそれほど重要でない場合も勿論あります。

    結局のところ、手入れの行き届いたバッズを保存容器から引き出すほど気持ちの良いものはないと言うことです。

    バッズをしっかりトリミングすると、単なる花から、棚の最上部に置かれる相応しい物に変わります。

    香り

    すべての株は、その香りを支えるテルペンのユニークなブレンドによって提供されます。

    シュガーリーフもテルペンを含んでいますが、最も多く含むのはバッズの中央部分になります。

    適切なタイミングでトリミングして、これらの芳香族分子を生成する腺である毛状突起が取れないようにします。

    スムース

    残っているシュガーリーフは喫煙すると肺に負担がかかります。
    THCもバッズに比べはるかに少ないため、捨てるのが最善です。

    つぼみを整えると、コーヒショップや手に入れたパッケージンングされた最高のバッズと同じくらい滑らかになります。

    カンナビノイドの内容

    カンナビノイドとテルペンを生成する毛状突起のほとんどはバッズに存在します。

    シュガーリーフと毛状突起を生成しますが、その数はバッズに比べると遥かに少なくないです。

    あなたのバッズから無駄なリーフを切り詰めた後、カンナビノイドに対する植物材料の比率は比べ物にならない物になります。

    大麻をトリミングするタイミング

    なぜそれを行う必要があるのか​​が分かったので、それを正しく行う方法を知る必要があります。

    先に述べたように、大麻の花のトリミングに関してはタイミングが重要です。

    ただし収穫する前に、トリミングのメリットを最大化するためには手順があります。

    これらのステップには、フラッシング(ケミ抜き)が含まれます。
    これは、植物の成長培地に純水を供給することを含みます。
    慣れていない人にとっては、収穫前に必要な栄養素不足を招いてしまいます。

    このステップは、大麻が収穫時期の前に貯蔵された栄養素を最大限に利用することをより、滑らかでより風味豊かなバッズへ変化をもたらします。

    ほとんどの栽培者は、開花期の最後の終わりに約2週間作物を水のみで育成させ内部の残留物を循環させ洗い流しをします。

    バッズを適切にトリミング、乾燥、硬化させると、エッジが鈍くなり、芳香特性が向上します。

    バッズを収穫した直後に刈り込むことを好む栽培者も勿論居ます。
    彼らはそれに応じて芽を乾かすことを好む栽培者もいます。

    これらの手法は両方とも、独自の利点と欠点を備えています。

    トリミング:ツール

    大麻栽培関連のプロセスと同じように、それを成し遂げるためには適切なツールが必要です。

    湾曲したトリミングはさみ

    栽培者なら誰でも、湾曲したトリミングはさみが収穫とトリミングの両方が非常に簡単になると知っています。

    丸みを帯びた刃はつぼみの付け根にぴったりとフィットし、枝から安全に切り取ることができます。

    大麻のバッズの自然な曲線と同じ高さに切り、栽培者は花に損傷を与えることなくシュガーリーフを取り除くことができます。

    これらのはさみは、トリミング中の事故へ対処するのに役立つ快適なPVCグリップとバネ抵抗を備えています。

    適切なスタッシュジャー

    処理を終えたバッズを全てどこに置く予定ですか?
    バッズはあなたのテーブルの上に置いたままにすることはできません!

    気密性があり、比較的、便利なものが必要です。

    気密ジャーは、内部のメイソンジャーを絶縁状態に保つブランドのシリコンスリーブを備えています。
    BPAを含まず、再生可能な麻繊維から作られた蓋は、鮮度を維持し、テルペン含有量を最適化するのに役立ちます。

    トリミングの種類

    大麻を手でトリミングするには、ウェットとドライの2つの方法があります。

    あるいは、芽は機械を介してまとめて処理することができます。
    異なる栽培者には独自の好みがありますが、それらはすべて同じ最終結果になります(すべてがうまくいく場合)。

    以下の各方法の手順と長所/短所を説明して、どちらが好きかを確認しましょう。

    ウェットトリミング

    ウェットトリミングとは、花を収穫した直後にシュガーリーフを切り落とすことです。
    彼らはまだたくさんの水を保持しているので、花は濡れたままで非常に粘着性があります。

    1.つぼみを収穫します

    湾曲したトリミングはさみを使用して、ノードの近くの各枝を切ります。 各ブランチはいくつかのバッズを付けています。

    トリミングの間、それらは枝に取り付けたままにしてください。
    植物全体を剥がすまで、つぼみを積んだ枝を大きな瓶またはバケツに入れます。

    2.道具を集めて、手を準備します

    ハサミとトレイを準備し、iPodをオンにして、コーヒーを飲みながら、前の作業を進めてください。

    手を洗い、よく乾かしてください。 次に、手が樹脂で固まるのを防ぐために、ラテックス手袋を着用します。

    3.トリム

    各枝を1つずつ拾い上げ、湾曲したはさみを使用して、各芽の小さなシュガーリーフ全てを慎重に切り取ります。

    多くの栽培者は、根元から始めて、円形に上向きに作業して、均一で丸みを帯びるようにします。

    シュガーリーフ一部は、バッズの本体によってほぼ完全に隠されます。

    花を傷つけずにできるだけ取り除きます。 シュガーリーフの痕跡は常に残ります—心配しないでください。

    4.乾燥と硬化

    手入れの行き届いたバッズを燃やす前に、バッズを乾かして硬化させる必要があります。
    ファン付きの軽く暖房された部屋の物干しラックに置きます。
    乾いたら、硬化のために瓶に入れる前に、枝から個々の芽を取り除きます。

    ドライトリミング

    対照的に、乾式トリミングは、乾燥と硬化の間に行われます。
    乾いたつぼみはべたつきがはるかに少なく作業効率が高そうですが、トリミングするのが少し難しいです。

    その方法は次のとおりです。

    1.収穫と乾燥

    根元で植物を切り、扇風機のある暖かい部屋に逆さまに吊るします。

    2.処理

    完全に乾いたら、個々の枝を切り取り、トリミングのために取っておきます。

    3.ツールを準備

    乾燥状態が落ち着いたらiPodから音楽を流してハサミをつかみます。 ここでも手を洗い、手袋をはめてください。

    4.トリム

    各芽からシュガーリーフをすべて切り取ります。 はさみを使用して、枝から各芽を一度に1つずつ切り取ります。 これにより、硬化と保管が容易になります。

    5.硬化プロセスを開始します

    よりスムーズなヒットとより良い風味のためにあなたのバッズを硬化ジャーに入れてください。

    機械のトリミング

    手作業でトリミングすることで、栽培者はバッズを加工する際に細部に細心の注意を払うことができます。

    自家栽培者は大量のバッズを心配する必要はありません。
    しかし、商業生産者は、手作業によるトリミングをやや古風なものと見なしており、代わりに機械を使用して仕事を作業効率を最大限のスピードで成し遂げています。

    トリミング機は、さまざまなサイズと形状で、さまざまな価格でマーケットに提供されています。

    商用グレードの機械は、一般栽培者の人々には手の届きにくい価格帯にありますが、ストックの歩留まりを良くさせます。

    小規模生産者の作業リストからタスクを削除するための小規模なデバイスも存在します。

    すばらしいライフハックのように聞こえますが、それでも欠点があります。

    機械は大麻の花に損傷を与えるという評価があります。
    それらは時間を節約できますが、トレードオフを許容できるかどうかを判断する必要があります。

    各トリミング方法の長所と短所

    ウェットトリミングのメリットとデメリット

    粘着性のある状態と湿度の高い状態と環境ではカビを防ぐのに役立ちます。

    収穫後の直線的なプロセスなので、芽の乾燥が速すぎて、風味のニュアンスが少なくなる可能性があります。

    バッズはシュガーリーフなしでより速く乾きます。芽は密度が低くコンパクトになりますが、一部の栽培者はこれを嫌います。

    乾燥ラックでより多くの芽を乾燥させることができます。

    ドライトリミングのメリットとデメリット

    湿度が低い場所に最適です。シュガーリーフは湿気のポケットを蓄え、カビにつながる可能性があります。

    つぼみは素晴らしくコンパクトになり、ドライトリムのバッズは刈り取りたての最初の色を失います。

    花はゆっくりと乾燥し、風味をそのまま維持します。乾燥したシュガーリーフはさらに小さくなり、きれいに切るのが難しくなります。

    ブログの感想、種子のお問い合わせは

    ウィッカーID
    cannabisdnalabs
    *ウィッカーのダウンロード、使い方はこちら
    https://cd-labs.com/security/wickr-me/

    Twitter
    フォローお願いします
    https://twitter.com/cdl420420

    大麻栽培youtubeチャンネル
    チャンネル登録よろしくお願い致します
    https://www.youtube.com/channel/UCmvMrMJQCdY88-smrNIFpBQ

    取扱いブランド